ミミ永眠

    交差点そばの公園で、ギズオと一緒にご飯を食べていたミミ・・・2008年の春に避妊手術をして、その後来たり来なかったりを繰り返したあと、全く来なくなっていた。
    そしてその後の5月28日にギズオを見たのが最後になり、ミミもギズオも行方不明になった。
    そのミミが3年ほど前に突然現れ、以前通り食べに来るようになったのだが・・・6年ほどどこにいたんだろ?不思議な子だ。
    ミミは右前足を持ち上げて歩く、手術の時に見てもらったが異常無しなのに、いつも地面に前足をついて歩いたことがない。
    ただし!走るときは右前足も使って走ってたんだけど?ヾ(~∇~;) コレコレ
    だから見間違うようなことはまずない子だ。

    とにかく臆病すぎるくらい臆病な子なので、用心深くどこかで食べていたんだろうと思う。
    そうでなかったらこんなに長生きできないもんね、2008年当時もう成猫だったから、そのとき1歳だったとしても今年で9歳だ。
    もっと年長なら10歳を優に超えているという・・・やはりキクママといいミミといい、用心深すぎるような子は隠れているときの方が多いから長生きなのかも?
    毎晩来て待っているので、もうこのままここでやってればいいかと思っていたのに、なんか動きが変?
    う~ん、公園の片隅の暗がりでやっているのでよく見えないけど・・・でも焼きガツオをやったらどこに落ちたか分からなくて探してる・・・え?
    明るいところに誘導してよく見ると、左目が真っ白になって飛び出してるよ!!
    そのころには傍にいても逃げなくなっていたので、いつも持ち歩いている洗濯ネットをかぶせ急きょ保護した。

             これ以上よくならないし悪くならない・・・何なんだ?

    連れて帰ったらおびえて鳴いてばかり・・・そりゃそうだよね、ずっと外の生活からいきなり知らない家の中だもん、怖いのはあたり前だ。
    目の方は最近そうなったようではないしで、とにかくしばらく様子を見て、ミミが落ち着いてから病院へ連れて行った。
    でも時間が経っているようで、それが外傷なのか目の疾患なのか分からない。
    飲み薬も必要ではないくらい経過しており、あとは目薬って・・・いや!それは無理!触れないよ~(_ _ ;;
    ということでそのまま・・・でも右目も白濁しているからどちらの目でもよく見えてないのではと思う。
    それに目が白内障になっているのなら、もう12~3歳くらいかな?

             まあ本猫は気にしてないのでいいかぁ~(笑)

    3段の段数に、広いL字型に切った板を入れている60×90の大きなケージに入れたら、案の定入口を開けていても出ようとしない。
    まあいいけどね、白夜は1年半モカの母ちゃんは2年そのゲージから出てこなかったから、広くて居心地がいいのかも?(笑)
    どの子も酷く臆病な子たちなので、自分のお城ができるとそこが安全だから出たくない・・・ってことなんだろうね。
    白夜はケージから出したら、締めてある扉を必死で開けようとしたもん、やはりその子にとっての安全地帯というのがあるのだと思う。
    しかし冬の保護は慣れるのが早い、だってベッドの下にソフトアンカが入っているのでヌクヌク、ベッドから出ようともしないもんね~(笑)

    9月20日の夜遅く、電気を消してやろうと見にいくと・・・トイレの中で痙攣していた・・・
    大きく口を開けてあえいでいたが、そんな酷い発作を見るのは初めてだった。
    そっと抱き上げてトイレの横に寝かせ様子を見ていたら、しばらくしたら発作は収まったけど・・・でも動けなくなっていた。
    右側を下にして横たわったまま、しかしまた発作を起こすので動かせないから、トイレをのけて広くしシーツを敷き詰めておいたが・・・
    それでも少しずつ動こうとする、動くとまた発作を起こすから危ないんだけどね・・・言い聞かすわけにもいかないし、ミミのような子は人間がそばにいると余計怖いようだし・・・
    仕方ないので1時間に1回くらい見に行くだけにし、シーツを変える以外はミミの好きなようにさせていた。
    翌日はなっちゃんのウンチ出しの日なので、獣医さんに症状を言い聞いてみたが・・・実際に見てないから無理だし・・・
    う~ん、触るだけで逃げ回るような子を病院へ連れて行ったら、それこそまた発作が起きるからどうしようもないね。
    多分心臓だと思うけど、目のことがあるので外傷から来る脳の損傷かも?があるが、それだったらどうしようもない。

    お水とスープを置いておいたら、最初のころはお水は飲んでいた。
    スープもたまに飲んでいたが、家庭内野良なので強制給仕は出来ない。
    お水もシリンジで落とすが、1滴落とすたびに唸って怒るので、発作が起きないかとビクビクものだった。
    輸液という方法もあるのだけど、もし心臓発作なら水分の補給がダメなときがあるので聞いてからと思い、病院で聞いてみたが・・・
    体自体はむくみもない、だったら少しずつの輸液なら大丈夫だろうということで、水分は輸液で補える。
    しかし食べ物は無理だぁ~無理やり捕まえて強制給仕をしたら、暴れまわって症状によくないし、また発作を起こすし・・・心臓発作を起こした子は難しい(_ _|||)

    それでもミミは頑張った・・・でも10日目に力尽き・・・10月1日に旅立ちました。

             やっと楽になったミミ・・・ゆっくり休んでね

    ギズオに会ったら遊びに来てって言ってね、そう言づけたけど・・・聞いてるかな?(笑)
    でもね、写真を写したのを見てあっ!と思ったことがあり・・・濃いピンクのデンファレの花の色が・・・なんで紫色なの?
    他の花の色はそのまま出てるのに、このデンファレの色だけ違ってるってなんで?
    今までの子にもこの花はよく入れてやってる、その時はちゃんとピンクに写っていたのに、ミミのはなんでこうなる?
    写真全部がこの紫色になっており、数枚だけが違う色に写ってるのじゃないからね・・・こんな色じゃなかったのに!
    ひょっとして、これがミミの返事かな?・・・などと、良い方に受け止めましょうかね・・・
    今頃はギズオと再会してるかな?もう体も楽になってるから、一緒に走り回っているのかな?
    この次生まれてくる時は、人懐っこい甘えん坊な子で生まれてくるんだよ、そう言い聞かせておいた。
    聞いちゃいないだろうけど・・・(^^;;

    前回に掲載していたおチビさんは、10日ほどおお試しに行ったけど帰ってきた。
    生後半年ほどの柴犬さんとの相性次第だったが、どうも怖がって手が出ていたそうで・・・
    だよね~自分の何十倍も大きな体をしてるんだから、子猫には怖くて当たり前だと思う。
    それにまだ生後半年なら子犬と同じ、全力で飛び掛かって来るのでそりゃ~余計に逃げると思うよ?
    このおチビさんはとっても甘えん坊さんで、着いたその日の夜から奥さんのお布団に潜り込んだらしい(笑)
    人には慣れているけど、勢いのある子犬には・・・慣れてないからね・・・C= (-。- ) フゥー
    奥さんはおチビさんがとても気に入って、連れて帰ったきたその日の夜は寂しくて泣いたとか・・・お気の毒に。
    まあこれもご縁のもの、仕切り直して募集です(⌒⌒)v

             今はイケメン君です(笑)
      
    10月に入ってから夏日が続いていたので募集の掲載は見合わせていたけど、やっと秋の気配になったから掲載しましょうかヾ(ーー )ォィ
    なんかね、ちょっと今士気が上がらないのはなぜ?(爆)

     

    また子猫きた~(_ _ ;;

    長女の会社の鉄のふたがしてある暗きょの中で、この子が鳴いていたらしい・・・

           名前はまだない(爆)

    現場のある会社で多数の車が往来し、扱っている物が石油系の物なので溝とか暗きょの中は油が流れ込み、その暗きょや溝の中で猫が死んでいることが時々あるそうだ。
    見つかった時は日中だったから、人が大勢いたおかげで鳴き声に気が付いてくれたよう、これが夜なら・・・う~ん、気が付かないままだろうなぁ・・・

    保護時から2日後に病院へ行き体重を量ると560グラム、しっぽが520グラムだったのでほぼ同じくらいの月齢の子かな?
    多分生後1.5か月くらい、細くても元気な子だ。
    ワクチンにはまだ早いからウイルス検査だけ、どちらもマイナスなのでほっとした(笑)
    週末になると、現在山ガールをしている長女は八ヶ岳に行く予定とか・・・なにぃ~!?
    まだ数時間ごとに食べさせないといけない子なので、一日に何回も長女の家に行くのはご免こうむりたい・・・ってことで、しっぽを預かってもらっている次女に反強制的に預かり飼育をお願いした(笑)

    ところが・・・この子はウンチはトイレでするが、おしっこの方は時々ソファーにするらしい。
    それも頻繁ではないけど、放牧するとソファーの決まった場所でご用をたすとか・・・それはイカンヤろ~ってことで、結局我が家に来てまして・・・(笑)
    ん?最初から放牧してるけど、トイレに飛び込んでおしっこしてるけど?
    大の方はトイレでしてたけど、小の方だけソファーで時々・・・ってことだったんだけどね?
    うちではどちらもちゃんとしてる、ってことは?レザーのソファーの匂いにつられて?それとも子猫用の小さなトイレがご不満だった?
    トイレには燃料タイプのチップを使っていたようだが、うちは猫用のヒノキのトイレチップを使っている。
    さて、このおチビさんはどれが気に食わなくて、そしてどれが気に入ったんだ?(笑)
    よく分からないけど、人にも生活する上で気にいると気に入らないとがあるからね、猫だって何かが気に入らないときもあるさ・・・だと思う。
    とりあえずはトイレトレーニングをしなくてもいいようなので、その後はずっと放牧していた。
    見ていると、遊んでいても急にトイレに飛び込みご用をたしているので、トイレの大きさとチップが気に入らなかったのか?と思っている。
    まあ・・・改善されたのならそれで良し!ですわ(笑)

           イケメン君です(⌒⌒)v

    保護時から人馴れしていた子で、抱かれるのも好き遊んでもらうのも好きという・・・何だってこんな小さな子を捨てるんだよ!と腹立たしい(怒)
    もし鳴き声に気がついてもらえなかったら?暗い暗きょの中で人知れず死んでいただろう。
    そんな子が沢山いることは分かっている、でもそれは人の罪・・・なんで子猫が生まれないようにしておかないんだ!と腹が立つ。
    人間は自分勝手だよね・・・

    このおチビさんは、長女の職場に来ている運送会社の人がお試しをさせてほしい、そう言ってるそうだ。
    家には柴犬がいてるけど、奥さんが猫を飼いたいと言ってるそうなので、きちんと見守ってくれると柴犬は賢いから慣れてくれると思う・・・触られるのが好きな子だからね、きっと慣れるのも早いだろうし・・・
    まあとりあえずは、1回目のワクチンの接種後にお試しかな?
    お試しがうまくいくといいねv( ̄ー ̄)v

    尻尾はまだ決まっていない、やはり8月は1年のうちの最大の難関の月のようだ。
    まあこれは昔からなので仕方がないんだけどね。

           お行儀が悪いけどごめんね(笑)

    この子は3か月半くらいになるかな?
    少し人見知りが始まってるいるが、おとなしくてとても扱いやすい子だ。
    月齢通りに他の子と走り回って遊ぶけど、しかしとにかくおとなしい(笑)
    大人猫になると静かな子になるんだろうね・・・キジ白系の子はおとなしい子が多いけど、しっぽはその典型かな?( ̄w ̄) ぷっ

           尻尾もイケメン君ですよ~v( ̄ー ̄)v

    この顔を見ても分かるように、いささか気弱なもんで・・・(爆)

    *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

    ゆずたんの写真が届いているけど・・・思わずクス♪
    私のお団子ウィッグをいたずら半分にかぶせてみましたら。。。めちゃ嫌な顔をしておりますが・・・ぷっ
    ゆずたんは、かぶりものがめちゃ苦手らしく、かぶせられると固まるんです。。。
    ゆずたんのズラ姿⇒其の名も「ゆずら」です~(爆っ)
    父曰く、「こんなおばさんおるよのぉ~」って(爆笑)

    おいおい・・・(爆)

           ウィグは要らん!!とお怒りモード中(笑)

    お怒りモードが表情に出てますよ~(爆)

           かなり怒ってるもよう

    猫部屋の子たちには、少しでも涼しく暮らせるようにと・・・
    保護部屋のチィの画像ですが、今年の夏は、エンボス加工のぼこぼこ素材の(そう、浴衣のしぼり風)寝具で過ごしてます♪
    涼しい素材のお布団やら、タオルケットやらを今までせっせと選び用意していましたが、涼しい素材の掛け/敷きカバーを利用することで(なんでもかんでもぼろでもくるんで)汚れても、簡単にカバーだけを洗えてすぐ乾かせるのでとっても楽で便利◎

    と日々工夫中とか・・・いいことですよ、頑張って!(笑)

           エンボス加工の布は涼しい?(笑)

    ちょっとした工夫でお世話が楽になる・・・はい、私も実践中です。
    でも言い方を変えると、私の場合は「ズボラ」するための創意工夫ですが(^^;;

    アメ子ちゃんは、毎年恒例の夏の終わりのお洗濯・・・じゃなくて、夏の汚れを落としてもらいましたとさ(笑)
    アメ子の方は寒くなる前に洗っておこうと言うことになったみたいで私がいない時にお風呂に入っていました^_^;
    実家の猫の時は噛みつき、猫キックと凄いことになっていたのですが、アメ子はジッと固まっていたそうです^_^;
    しかし猫は洗った後の姿がとても面白いです^_^

           水も滴るいい女・・・のアメ子ちゃんです(笑)

    アメ子ちゃんはとてもおとなしい子なので、暴れなくてよかったですね。
    でも短毛種なのであまり痩せて見えない(笑)、これが長毛種なら「これ誰?」状態の全くの別猫になるのですが・・・
    アメ子ちゃんは大変身しないですね~(⌒∇⌒)

                 さて、夏の汚れは落ちましたか?(笑)

    ぽんこちゃんの写真も届いている。
    教授が亡くなった後は教え子の方が引き取ってくださり、そのうえ教授の住居だったログハウスを購入され、ぽんこちゃんを連れて時間があれば訪れておられるそうだ。
    今夏は教授の山荘で過ごしました。
    写真は中2階のロフトになりますが、みんなで「ぽんぽんランド」と呼んでいます。
    配置されている家具のほとんどがぽんちゃんのベット、ツメとぎで、ぽんちゃんの専用部屋になっています。
    夏場は家の熱気がこもるのですが、ちょうど過ごしやすい季節になったようで、ぽんちゃんもロフトのキャンプ用デイベッドの上でひなたぼっこをして過ごす日が多くなりました。
    家のなかで一番気持ちよく、快適に過ごせる場所をよく知っています。

                 教授と暮らしたログハウス・・・また来れてよかったね

    後輩や友人のお義姉さんが、ぽんちゃんのために、麦わら帽子やぽんちゃんをモチーフにしたうちわなどを作ってくれました。
    私が出張するときに友人や後輩にペットシッターをお願いしても、どうも女王様気質のようでシャーシャーいって、友人や後輩を従えていますが、そんなちょっと人見知り体質にもかかわらず、みんなから愛されています。


             ぽんちゃんお正月してる!(爆)

                  手編みの帽子、とてもお似合いですよ~(*^^*) フフ

    教授は亡くなるまで・・・ぽんちゃんの名前を呼んでおられたそうだ。
    それほど愛されて可愛がってもらったぽんちゃんも、今年でもう8歳・・・
    譲渡後も何度か教授が電話をかけてこられ、猫の飼育のことで相談されたことがある。
    そんなに一生懸命ぽんちゃんのことを考えてくださっていた教授・・・先立たれることは、どんなに辛くて悲しかったことでしょうか・・・
    でもご心配なく、あなたの教え子さんが変わらず可愛がってくださっています。
    飼い主さんが亡くなると不幸になる子が多い中、ぽんちゃんはとても幸せな毎日を送っていますからご安心ください。
    猫や犬などの動物たちは、霊魂と言われる亡くなられた個人のエネルギー体が見えていますので、時々ぽんちゃんのところに遊びに来てやってくださいね。
    教授と出会えることを、ぽんちゃんはとても喜ぶと思いますから・・・

    今年の夏は異常気象だ!

    8月に入ってからの餌やりタイムは涼しくて、自転車で走っていたら気持ちのいい日が続いていた。
    そうだよね~ まだ少し空き地のあった30年ほど前までは、お盆を過ぎると夜は少し涼しくなって、「やっぱりお盆を過ぎると涼しくなるね~」が季節の挨拶だったっけ。
    ん?違う違う、今言ってるのはお盆前の話だ・・・あれ?じゃあこの時期に夜が涼しいっておかしいよね?
    いつもの年なら、餌やりの時間でもまるでミストサウナの中にいるような、じっとりと汗ばむ蒸し暑い夜なのに・・・今年はどうしたんだ?
    と思っていたら、お盆になったころからいつもの夏が戻ってきたぞ!
    暑い夏は帰ってこなくていいってば!(怒)

    東日本の方では天候不順が続き、日照時間が足らなくて作物の育ちが心配だそうな。
    東京も連日雨が降り雷が鳴りと、やはり天気が良くないらしい。
    異常気象を言われるようになって久しいが、いよいよそれが本格的になってきたのかな?
    将来日本は亜熱帯になるとかいう話を読んだが、今亜熱帯の南の方はその時には熱帯になるそうだ。
    ではそうなると北の方は?温暖な気候になり穀倉地帯になるそうだが・・・まあ、私の生きてる間はそうならないと思うので、まだまだ四季は楽しめるだろうけどね(笑)
    などと、かなり暑さに当たったようなことを妄想している今日この頃・・・(^^;;

    やはり8月の里親募集は難しい、しっぽの募集を始めているけど中々のよう・・・
    今は里親会とかがメインなので、ネットの掲示板自体が少なくなってしまった。
    時代の移り変わりとともに里親募集も変化し、ネットのような広域なものではなくて、身近な方たちが対象の里親会という形になってきている。
    それはいいことだと思う、お届けも近いと楽だし何事かあってもすぐに駆け付けれるしで、やはり近隣の人に里親さんになってもらうほうがベストだと思う。
    しかし里親会ね・・・私は行く気にはならないんだけど?まあ急がなくていいから、のんびりと募集しましょうかね・・・(笑)

           しっぽ2か月半

    ここ数年は餌やりの時に子猫を見ることが滅多になかったのに、今日は工場の前の車の陰にしっぽくらいの子が2匹いた。
    あれ?この辺で子猫を見ることなんてなかったのに・・・う~ん、悪い予感がする・・・いや悪寒か?
    もう少し東の方でも先日中猫を見たし、どうもまた最近はTNRがされてないのでは?と思える。
    TNRをするとその時は子猫を見なくなるが、他の場所からやってきたり取りこぼしたメスがいたりして、早ければ翌年、遅くても数年以内にまた元の木阿弥になりやすい。
    だから餌やりをしながら新人さんがくれば捕獲しているが、近隣全部をしているわけではないので、こうやってまた増えていく・・・
    TNRをしてくれている人がいるようだけど、継続してくれていないのならこれからがちょっと心配だ。
    困ったことだなぁ・・・(_ _|||)