カテゴリ:日常 の記事一覧

    お天気に振り回される・・・

    昨日の変なお天気・・・にわかに曇り、六甲山の山並みが雲で覆われる・・・ゴロゴロと雷。
    お昼前にいきなり暗くなって、大雨が降りそうなお天気になった。
    でもゴロゴロは遠ざかり、申し訳程度にパラパラと雨が降っておしまい!←これは午前中。

    午後遅く4時過ぎからいきなり真っ黒になり、まるでもう夜のような・・・と窓の外を覗いていたら、急に大粒の雨が降り出した!
    窓に当たる音がいつもより大きいけど?と思ったが、雹が降ってるようには見えなかった。
    なんなんじゃぁ~、このお天気は( ̄□ ̄;)
    しかし退社時間にはまだある・・・帰るまでにはやんでくれ~!とみんなで叫んでいた(爆)
    願いが叶ったのか陽が差し出し雨は何処への状態、あの激しい雨はいったい何だったんだ・・・

    しかし本当に不安定なお天気が続くね。
    一昨日はまた関東地方の上空に寒気が入り雹が降ったとか、登山道で落雷に遭い亡くなった方がおられるとか・・・
    なんとも最近はお天気に振り回される。
    とぶつぶつ文句を言っていたら、Twitterに「神戸市の工事現場で落雷後男性が倒れていた」とニュー速が!
    もっと奥の方の山間部の北区の工事現場で、雷雨からの撤収作業中に被害に遭ったそうだ。
    今も意識不明のようだが、なんとか助かってくださるといいのにね・・・
    とにかく、余りの異常気象ぶりに振り回される毎日ですわ。

    保護して3年半ほど経過している白夜は、やっと甘えるということを覚えたようだ。
    撫でてやると首をすくめていたのが、今では亀のように首を伸ばしている(爆)
    座っている私の膝の上に前足を乗せて、ゴロゴロ言いながらフミフミをしたのだ。
    「おおっ、やれば出来るやん!」と思わず言っちまったぜ(@^▽^@)ノわはは
    白猫でブルーアイのキレイな子なので里親募集をしてやろうと思ったのに、アレルギーを持っていて時々酷い炎症を起こすので諦めた。

    一昨年にはお腹中ズルムケ状態になり、人間用の腹巻で包帯代わりにしたことがあるし・・・
    保護時の大怪我のところで毛が生えていないところもあったりするので、免疫が弱いのか異常があるのか。
    性格は体の大きさに反比例してビビリン虫、未だに精神的ショックで食べれなくなったりする。
    そんな時はケージに入れてやり、単体で隔離すると治るという・・・猫嫌いの猫の上に、余りに弱虫過ぎるんです・・・(爆)
    そんな白夜も多分もうシニアの仲間入りをしてくらいの年齢だと思うが、昨年の秋くらいからウエットしか食べなくなった。
    先日病院で診てもらったが、口内炎はないけど歯肉が炎症を起こしているそうだ。
    ビビリンな子は、物を食べて痛かったらもう恐怖で食べれなくなる。
    だから多分カリカリを食べたときに痛かったので、「あのカリカリが僕の口の中を痛くしたんだ!」と思っているのだろう(爆)

    口内炎になった子が、飛び上がるほどの痛みを初めて経験したあとで食べ物を入れた容器を見て逃げる子がいる。
    そんな子は「入れていた容器が口の中を痛くしたんだ!」と思う子で、翌日同じ容器を持って行くと逃げていってしまう。
    人間のほうは「え?・・・私が何をしたんや?」と驚くが、猫には餌の入っている容器が口の中を痛くした「犯人」という認識なので、逃げられて落ち込まないようにね(爆)
    そんな時は餌入れを変えてやるといいけど、その変えた容器でも同じく「痛い!」思いをするので、また違う奴に痛くされた~!と思うのだ(^▽^)o キャハハハ
    まあしばらくは容器を毎日変えて、痛みに慣れて食べるようになるまで辛抱強く相手をしてやるしかない。
    口内炎の痛みに慣れて、何とか食べれるようになるまでになるけど・・・
    あ、でも薬を飲ませるのは忘れないでね←食べないので難しいけど(笑)

    窓際の新聞紙トイレの上は猫様のお休み処、そして人気スポットなんだけど・・・独り占め状態だった白夜のお休み処は、最近は侵略者多数になりつつ・・・(笑)

          心優しいトム君は諦めの境地らしい( ̄ー ̄)ふっ

    トムとキクが日中もご使用

          トムの行く所について回るキク・・・迷惑ぢゃ!(爆)

    夜になってもまだ占拠してるし・・・

          プーさんも参加しております(笑)


    おまけにプーさんまで参加してるしぃ~!(爆)

          テーブルの下でたそがれる白夜はん・・・


    で、弱虫白夜はテーブルの下に避難中・・・o(^▽^)o キャハハハ
    まあしばらくはそこで我慢して、そのうちにトムもキクも他に行くからね。
    こうやって順番に居場所を変えております。
    猫も日常の変化が欲しいらしい・・・(爆)

    原発問題に異常気象、野豚政権のあまりのいい加減さに凶悪事件などなど、今の日本の現状は目を覆いたいほど・・・
    そんな時には動物たちの楽しい動画を見て癒されてくださいませ~♪

          子熊たちの電車ごっこ?

          アシュリーおねえさんと愛犬パッズィーの演技

          息をのむほどに美しい地球

          大泥棒のダスティが改心した?

          ツイッター上でRTされまくってる猫の画像

    ではでは、楽しんでくださいませ~♪



    お世話になりました!

    今年も残すところあと一日・・・
    時間の流れが年々早くなっているような・・・
    と最後の最後までブツブツとぼやいております(笑)

    今年もお世話になりありがとうございました。
    新しい年が、人にも動物たちにも優しい年でありますように・・・と切に願っております。

    2012年も変わりませず、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>ぺこっ


    東日本大震災

    東日本大震災が起きてから2週間が過ぎた。
    その上に福島原発の事故も加わり、悲劇はなおさらに深くなりつつある・・・
    メルトダウンもささやかれているのに、東電も政府も危険はないと言っている。
    しかも責任者の東電の社長も管総理も顔を見せずで、いったいどうなっているのか?
    引きこもってる場合じゃないだろ!(怒)

    私は時事問題とかスピ系をよく見ているが、今回の地震を予知していた人のブログにも数年前から見に行っていた。

          幸福への近道   

    この2月16日の記事に今回の自身の予言のようなことが書いてある。
    パソコンがまったくダメな方なので、チャネリングで聞いた事を原稿に手書きで書き、それをボランティアでブログに書き込んでもらっているのだ。
    今までにも予知はあったが、「陸前高田」などと地名をはっきりと言うのは珍しい。
    そう思っていたら今回の大災害だ。

    2チャンネルでも騒いでいたらしいが、一番驚いたのはご本人だろう。
    後になって「当たった!」と思うのだけど、その時は「ふ~ん」と思うだけで終わる。
    それが予知というもんだけど。
    それを今になって本人を責めるとは、いささかいき過ぎなのでは?
    文章を読めば分かるけど、心根の暖かな穏やかな人だ。
    こんな大災害になる前に何とか出来なかったのか・・・そう自分を責めて辛いのは本人なのに・・・
    本当に自分勝手な人が多いのには悲しい限りだ。

    昨年だったか一昨年だったかの記事に、「長田神社のお祭りが懐かしい、お稚児さんが出て」なんてことが書かれてあった。
    え?長田さん?、お稚児さん?、なんと!私も小6まで同じ神社の氏子でしたが?
    小6のときに祖母と家を入れ替わって住むようになったけど、住所変更をしなかったので小中とその地域の学校へ通った。
    ひょっとしてご近所さん?、などと思うのですが・・・
    小学校は違っても中学校は同じ、何てことかもしれませんね。
    もちろん同級生ではなくて先輩なので、顔見知りじゃないですけど(笑)

    当時の長田神社のお祭りは、沢山のお稚児さんがきれいに着飾り練り歩いたもんですわ。
    うちの3軒ほど西隣のおじいさんが、天狗のお面をかぶり出演していた。
    普通でも子供心にも怖そうな大きなおじいさんだったのに、天狗に扮して現れたときにゃ・・・飛んで逃げたのをおぼえている。
    小さなときのちょっとしたトラウマになって、今でもそのおじいさんが扮した天狗を覚えているという・・・(爆)
    同じお祭りを共有している人なので、なんか余計に親近感を持っていつもブログを見ております、はいっ!(^^;;;

    私は阪神大震災を経験している。
    しかも激甚地区に住んでいるのだが、これは本当に経験しないとあの酷い状況は写真や映像では分からないと思う。

    かくいう私も今回の大震災では被災者ではない。
    しかし、形は違うが災害の恐ろしさや悲惨さは共感できる。
    今は個人情報の関係で報道関係者も人的な被害部分は報道しない。
    しかしこんなブログもある・・・

    ***********************************

          UNBELIEVEABLE ground movement(信じられない!大地が動く!)

    この記事はかなり悲惨な写真が掲載されているので、ショックを受ける恐れのある人は見ないで下さい。
    特に最後には以前被爆された方の治療中の写真が掲載されています。
    このブログを見られる方は自己責任でお願いします。

    ************************************


    こういう大災害になると遺体の損傷が激しい。
    阪神大震災の時には近くの公共施設が遺体安置所になったが、日数が経るに従って収容される遺体の損傷が激しく、45リットルのゴミ袋に入ってくるようになった。
    それも最初のころは大きく膨らんでいたのに、そのうちに半分になり3分の1になり・・・
    焼け跡から収容された遺骨は洗面器に入っていたが、半分にも満たなかった。
    次女の同級生のお祖母さんの遺骨は、小さな花瓶にいっぱいしかなかったそうだ。

    二つの建物に300体以上の遺体が収容された。
    実家のあった所は区内で死亡者が一番多く、生活道路を挟んで向かい側の町は死亡者が2番目に多かった地域。
    収容されていた遺体は、どれだけ見知った人がいたことか・・・何日もずっと数珠をポケットに入れたまま・・・
    あんな思いはもう二度としたくない・・・

    今回の東日本大震災は、原発事故のために救援活動の遅れが目立っている。
    原発事故のために避難した地域では救援活動にも入っていないので、亡くなられた方たちの遺体も放置のままとか・・・

          福島原発避難地域内、弔う事も出来ず、ご遺体は雨ざらし!

    なんともいたましい限りだ・・・

    しかし今の政府は機能しているのか?
    原発事故のの真実を一日も早く国民に公開すべき!
    沢山の苦しんでいる方たちのためにも、一日も早く普通の生活の出来る環境に戻してあげて欲しい!

    大きな災害が起きると動物たちも同じく悲惨な目に遭う。
    牛やニワトリの飼料が入ってこなくなり、次々と餓死していっているとか・・・
    避難所には犬や猫と一緒に入れないので、車で寝泊りをしている人がいるとか・・・
    被災地をさまよっている子達も沢山いるそうだとか・・・

    ペットたちに救援の手も差し伸べられたようだが、なにしろ被災地が広い!
    かといって私に出来ることは寄付しかないので、Yahooも楽天もポイント募金が始まるとすぐに募金をした。
    あとはその都度振り込んでいこうと思っている。

          東北関東大震災の迷子動物情報の掲示板
          
          東北地震犬猫レスキュー.com

    人も動物も一日も早く救われますように・・・

    大地震と津波と・・・

    大変な大災害が起きてしまった。
    刻一刻と亡くなられた方の数が増えていく・・・
    週末は普段見ないテレビもつけっ放しだったが、見れば見るほどに心が痛む・・・

    亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

    災害は思いがけないときにやってくる。
    準備を!備蓄を!と言われているが、哀しいかな人とは自分が災害に遭わないと気づかない。
    ましてや今回のような大規模な地震とその後の時間をおかずの大規模な津波に襲われると、いくら備蓄をしていてもあっという間に流されていってしまう。
    本当に着の身着のまま、命からがら逃げた人には何も無い。

    災害後のこれからが本当に大変なのだ。
    支援をしようという人の参考に・・・まとめられたページがあるので紹介します。

          備蓄

    原発事故関連です。

          福島第一原発3号機

    この原発事故では、菅首相が視察に行くので水の注入を待つようにと言い、そのために冷却が遅れ爆発したとか・・・

          菅災だわ

    先日のエジプトの騒乱のときもこんなことがあったとか無かったとか・・・

          政府専用機は

    これが事実だとすると由々しき問題、どこぞの国はすぐに専用機で自国民を救出したってのに・・・
    火の無いところに煙が立つのが政治の世界なのか?
    種火があったからこそ火が出たのでは?
    支持率が下降の一途の菅政権にあってこの非常事態・・・不幸が重なる!!
    とすると、今回の原発事故の件は重大すぎる問題!!
    どうなるんだ原発事故・・・

    ちょっと嬉しいことも・・・

          日本はマナー世界一

    私は阪神大震災のときに震度7だった地域に住んでいます。
    震災を経験して思ったことは、直後は多方面から色んな支援が入ってくるけど、本当に支援が必要なのは少し落ち着いてからだと・・・
    活断層タイプの震災よりも広範囲に被害が広がるプレート型地震は、被害が広域なので手厚い支援の手が届かない所がたくさん出来ると思います。
    一人ひとりが何が出来るかよく考えられて、被害に遭われた方たちのために息の長い支援をしてあげてください。

    あの日のことを・・・

    忘れない、忘れたい、いや忘れたくない・・・人によって思いは様々・・・
    阪神大震災から早くも15年が過ぎた、もう15年、まだ15年・・・

    同じ場所にいても地震の揺れの感じ方はそれぞれ違う、それに場所によっても随分と違うものだ。
    そして何より人間は感性の動物だから、あの大災害後の思いは人それぞれ違うはず。
    心無い人は「まだそんなことを言ってるのか」とか、「いつまでそんなことを覚えているんだ」とか言うそうだ。
    特に遠方に避難した人たちは、そんなことをよく言われたらしい。
    だから何としてでも帰ってきたかったとか。
    それは余りにも酷い・・・忘れたくても忘れられない、その思いの中で苦しんでいる人たちが多いのに・・・
    私も当時経験したことは今でも鮮明に覚えている、どんな小さなことでもすぐに思い出せるくらいだ。
    忘れようと思っても「心」が忘れさせてくれないのだ。
    ましてや、愛する人を亡くした人は特に忘れられないだろうに・・・

    瓦礫の中に埋まっている人の声が消えてゆく、火の海の中から「助けて、熱い!」と叫ぶ声が聞こえる。
    そんな人たちを助けることが出来なかった、そう助けに行った人たちも心に傷を負っている。
    人の力の無力さ、自分の目の前から命が消えてゆく。
    救助に行った人たちは言葉にして悔しさを語っていたが、その記憶は一生消えることはないだろう・・・
    しかし言葉として話せる人はまだいい、言葉に出来ないほど辛い体験をしている人たちばかりなのだから、そんな心無い言葉を投げつけないでほしい・・・
    被災した人たちは沢山の思いを引きずっているんだから・・・
    それがどの程度かは個人差はあっても、生あるうちは決して忘れられない。
    いや、忘れてはならない、風化させてはならない・・・思い出だけが、亡くなった方たちの生きた証なんだから・・・

    今年は寒いといわれているが、年々温暖化が進んで暖冬傾向にあるので、体が温かさに慣れたのかな?
    阪神大震災2週間後の1月の下旬に近くの歩道の角っこの広い部分に、断水だったので共用の水道の蛇口を16個つけてくれた。
    あちこちから車で水を汲みに来たりと一日中人が途切れることがない、そうなると当然沢山の水がこぼれるわけでして・・・
    歩道と道路の境目は地震の揺れで段差がつき、30センチほど歩道側が盛り上がっていた。
    そこへ水が流れて行き、1月の下旬といえば寒さが一番厳しいときだしで、その段差部分から凍っていく。
    坂になっている部分が凍るので滑って危ない、しかも滑って転ぶとその先は道路・・・
    何度も砂をかけたりムシロを敷いたりしていたが、需要が多いのですぐに水がいっぱいになりまた凍るの繰り返し。
    そんなことを思い出せば、今は水が凍ることもないしでかなり冬が暖かくなっている。
    今の寒さが通常の冬といわれている気候なのでは?
    などと、衝撃的な体験をすると色んなことを覚えているので、こんなところで比較できるのが哀しい・・・

    さくらちゃんの近況が届いているが、Wiiという新しい遊び相手が出来たそうな(笑)

    先日Wiiを購入したのですが、スーパーマリオをしていると画面の中で動くのが気になるのか、テレビにジャレてゲームができません(苦笑)

    こんなことや

             これは何でしょうか?はてな?

    こんなことをして遊んでいるそうです(笑)

             チョイチョイ・・・あれ?捕まりませんが?

    早いもので、さくらちゃんが我が家にきて半年です。
    小さかった身体もすっかり大きくなり、当初の2倍以上長くなりました。
    前の子がお気に入りで良く寝ていたクッションを同じように気に入り、私がそれを枕に寝ていると無理やり座って私を押しのけて座ってきます(笑)
    また、先日父が散歩でどんぐりを拾ってきたのですが、それを目の前に置くと楽しそうにコロコロ遊んでいました。
    さすがは子供、好奇心旺盛で何でも興味を示します。


             新聞紙はおもちゃの定番です(笑)

    新聞を読んでいる時は、やはり定番ですが邪魔をして…どころか、後ろから飛びかかってきたりします(笑)
    相変わらず人なつこく、ゴロゴロいってくれるのが本当に可愛いです。
    帰省していた兄や親戚の子もさくらちゃんに夢中で、可愛い可愛いと喜んでいました。
    全く人見知りをしないで懐くので、皆に愛されています。

      
             さくらちゃんを守ってくれる優しい手・・・

    里親募集を見たときに応募してよかったと、本当に毎日のように思っています。

    ありがとうございます、そう言っていただけると私も「里親募集をしてやってよかった!」と、とても嬉しいです
    さくらちゃんはご家族3人、6本の大きな優しい手に囲まれています。
    可愛いがられ愛されるために生まれてきた小さな命・・・どの子もみんな同じように、大きな優しい手で包まれてほしいと願っています。