カテゴリ:里親募集 の記事一覧

    また子猫きた~(_ _ ;;

    長女の会社の鉄のふたがしてある暗きょの中で、この子が鳴いていたらしい・・・

           名前はまだない(爆)

    現場のある会社で多数の車が往来し、扱っている物が石油系の物なので溝とか暗きょの中は油が流れ込み、その暗きょや溝の中で猫が死んでいることが時々あるそうだ。
    見つかった時は日中だったから、人が大勢いたおかげで鳴き声に気が付いてくれたよう、これが夜なら・・・う~ん、気が付かないままだろうなぁ・・・

    保護時から2日後に病院へ行き体重を量ると560グラム、しっぽが520グラムだったのでほぼ同じくらいの月齢の子かな?
    多分生後1.5か月くらい、細くても元気な子だ。
    ワクチンにはまだ早いからウイルス検査だけ、どちらもマイナスなのでほっとした(笑)
    週末になると、現在山ガールをしている長女は八ヶ岳に行く予定とか・・・なにぃ~!?
    まだ数時間ごとに食べさせないといけない子なので、一日に何回も長女の家に行くのはご免こうむりたい・・・ってことで、しっぽを預かってもらっている次女に反強制的に預かり飼育をお願いした(笑)

    ところが・・・この子はウンチはトイレでするが、おしっこの方は時々ソファーにするらしい。
    それも頻繁ではないけど、放牧するとソファーの決まった場所でご用をたすとか・・・それはイカンヤろ~ってことで、結局我が家に来てまして・・・(笑)
    ん?最初から放牧してるけど、トイレに飛び込んでおしっこしてるけど?
    大の方はトイレでしてたけど、小の方だけソファーで時々・・・ってことだったんだけどね?
    うちではどちらもちゃんとしてる、ってことは?レザーのソファーの匂いにつられて?それとも子猫用の小さなトイレがご不満だった?
    トイレには燃料タイプのチップを使っていたようだが、うちは猫用のヒノキのトイレチップを使っている。
    さて、このおチビさんはどれが気に食わなくて、そしてどれが気に入ったんだ?(笑)
    よく分からないけど、人にも生活する上で気にいると気に入らないとがあるからね、猫だって何かが気に入らないときもあるさ・・・だと思う。
    とりあえずはトイレトレーニングをしなくてもいいようなので、その後はずっと放牧していた。
    見ていると、遊んでいても急にトイレに飛び込みご用をたしているので、トイレの大きさとチップが気に入らなかったのか?と思っている。
    まあ・・・改善されたのならそれで良し!ですわ(笑)

           イケメン君です(⌒⌒)v

    保護時から人馴れしていた子で、抱かれるのも好き遊んでもらうのも好きという・・・何だってこんな小さな子を捨てるんだよ!と腹立たしい(怒)
    もし鳴き声に気がついてもらえなかったら?暗い暗きょの中で人知れず死んでいただろう。
    そんな子が沢山いることは分かっている、でもそれは人の罪・・・なんで子猫が生まれないようにしておかないんだ!と腹が立つ。
    人間は自分勝手だよね・・・

    このおチビさんは、長女の職場に来ている運送会社の人がお試しをさせてほしい、そう言ってるそうだ。
    家には柴犬がいてるけど、奥さんが猫を飼いたいと言ってるそうなので、きちんと見守ってくれると柴犬は賢いから慣れてくれると思う・・・触られるのが好きな子だからね、きっと慣れるのも早いだろうし・・・
    まあとりあえずは、1回目のワクチンの接種後にお試しかな?
    お試しがうまくいくといいねv( ̄ー ̄)v

    尻尾はまだ決まっていない、やはり8月は1年のうちの最大の難関の月のようだ。
    まあこれは昔からなので仕方がないんだけどね。

           お行儀が悪いけどごめんね(笑)

    この子は3か月半くらいになるかな?
    少し人見知りが始まってるいるが、おとなしくてとても扱いやすい子だ。
    月齢通りに他の子と走り回って遊ぶけど、しかしとにかくおとなしい(笑)
    大人猫になると静かな子になるんだろうね・・・キジ白系の子はおとなしい子が多いけど、しっぽはその典型かな?( ̄w ̄) ぷっ

           尻尾もイケメン君ですよ~v( ̄ー ̄)v

    この顔を見ても分かるように、いささか気弱なもんで・・・(爆)

    *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

    ゆずたんの写真が届いているけど・・・思わずクス♪
    私のお団子ウィッグをいたずら半分にかぶせてみましたら。。。めちゃ嫌な顔をしておりますが・・・ぷっ
    ゆずたんは、かぶりものがめちゃ苦手らしく、かぶせられると固まるんです。。。
    ゆずたんのズラ姿⇒其の名も「ゆずら」です~(爆っ)
    父曰く、「こんなおばさんおるよのぉ~」って(爆笑)

    おいおい・・・(爆)

           ウィグは要らん!!とお怒りモード中(笑)

    お怒りモードが表情に出てますよ~(爆)

           かなり怒ってるもよう

    猫部屋の子たちには、少しでも涼しく暮らせるようにと・・・
    保護部屋のチィの画像ですが、今年の夏は、エンボス加工のぼこぼこ素材の(そう、浴衣のしぼり風)寝具で過ごしてます♪
    涼しい素材のお布団やら、タオルケットやらを今までせっせと選び用意していましたが、涼しい素材の掛け/敷きカバーを利用することで(なんでもかんでもぼろでもくるんで)汚れても、簡単にカバーだけを洗えてすぐ乾かせるのでとっても楽で便利◎

    と日々工夫中とか・・・いいことですよ、頑張って!(笑)

           エンボス加工の布は涼しい?(笑)

    ちょっとした工夫でお世話が楽になる・・・はい、私も実践中です。
    でも言い方を変えると、私の場合は「ズボラ」するための創意工夫ですが(^^;;

    アメ子ちゃんは、毎年恒例の夏の終わりのお洗濯・・・じゃなくて、夏の汚れを落としてもらいましたとさ(笑)
    アメ子の方は寒くなる前に洗っておこうと言うことになったみたいで私がいない時にお風呂に入っていました^_^;
    実家の猫の時は噛みつき、猫キックと凄いことになっていたのですが、アメ子はジッと固まっていたそうです^_^;
    しかし猫は洗った後の姿がとても面白いです^_^

           水も滴るいい女・・・のアメ子ちゃんです(笑)

    アメ子ちゃんはとてもおとなしい子なので、暴れなくてよかったですね。
    でも短毛種なのであまり痩せて見えない(笑)、これが長毛種なら「これ誰?」状態の全くの別猫になるのですが・・・
    アメ子ちゃんは大変身しないですね~(⌒∇⌒)

                 さて、夏の汚れは落ちましたか?(笑)

    ぽんこちゃんの写真も届いている。
    教授が亡くなった後は教え子の方が引き取ってくださり、そのうえ教授の住居だったログハウスを購入され、ぽんこちゃんを連れて時間があれば訪れておられるそうだ。
    今夏は教授の山荘で過ごしました。
    写真は中2階のロフトになりますが、みんなで「ぽんぽんランド」と呼んでいます。
    配置されている家具のほとんどがぽんちゃんのベット、ツメとぎで、ぽんちゃんの専用部屋になっています。
    夏場は家の熱気がこもるのですが、ちょうど過ごしやすい季節になったようで、ぽんちゃんもロフトのキャンプ用デイベッドの上でひなたぼっこをして過ごす日が多くなりました。
    家のなかで一番気持ちよく、快適に過ごせる場所をよく知っています。

                 教授と暮らしたログハウス・・・また来れてよかったね

    後輩や友人のお義姉さんが、ぽんちゃんのために、麦わら帽子やぽんちゃんをモチーフにしたうちわなどを作ってくれました。
    私が出張するときに友人や後輩にペットシッターをお願いしても、どうも女王様気質のようでシャーシャーいって、友人や後輩を従えていますが、そんなちょっと人見知り体質にもかかわらず、みんなから愛されています。


             ぽんちゃんお正月してる!(爆)

                  手編みの帽子、とてもお似合いですよ~(*^^*) フフ

    教授は亡くなるまで・・・ぽんちゃんの名前を呼んでおられたそうだ。
    それほど愛されて可愛がってもらったぽんちゃんも、今年でもう8歳・・・
    譲渡後も何度か教授が電話をかけてこられ、猫の飼育のことで相談されたことがある。
    そんなに一生懸命ぽんちゃんのことを考えてくださっていた教授・・・先立たれることは、どんなに辛くて悲しかったことでしょうか・・・
    でもご心配なく、あなたの教え子さんが変わらず可愛がってくださっています。
    飼い主さんが亡くなると不幸になる子が多い中、ぽんちゃんはとても幸せな毎日を送っていますからご安心ください。
    猫や犬などの動物たちは、霊魂と言われる亡くなられた個人のエネルギー体が見えていますので、時々ぽんちゃんのところに遊びに来てやってくださいね。
    教授と出会えることを、ぽんちゃんはとても喜ぶと思いますから・・・

    また里親募集です

    手のひらに乗るくらいの乳飲み子の時や、片手で捕まえれるくらいの子猫の時は「可愛い♪可愛い♪」と可愛がるのに、2か月半になる頃には体も大きくなり動きも激しくなるので、「家を汚す」とか「物を壊す」とか「動き回ってうるさい」とか言って、あれだけ可愛がっていた子を平気で捨てる・・・
    猫は物じゃないんだよ!とは言っても、日本の法律は人間以外の動物は「器物」としている。
    DNAの形成がほんの少し違うだけで人間と動物に分かれるけど、みんな近いDNAを持つ生命体なんだけどなぁ・・・
    とブーブー文句を言ってみても、捨てられた子が幸せになれるわけでもなし・・・

    12月中旬くらいから、餌場に黒い中猫とキジトラの中猫が現れた。
    どちらも人馴れしており、「何かおくれ~」と鳴きながら近くまで来る・・・あ~あ、また捨てられてるよ、この寒空に!
    これだけ人馴れしてるんだったら可愛がっていただろうに、そ思うんだけどね。
    それでも子猫時代を過ぎると邪魔者扱いか・・・と悲しくなる現実、またかい!!

    キジトラは女の子なので先に保護し、1月13日に避妊手術をした。
    この時の体重が2.8キロなので、生後半年くらいの中猫としては小柄な方だ。
    仮名はリリーにしたが、リリーのように楚々とした子ではない!ヾ(@^▽^@)ノわはは
    どうも猫嫌いらしく、他猫が来るとぶっ飛んで逃げる・・・あれまぁ・・・
    近づくとこの子がフーシャーと言ってるので、御年16歳になるサスケが面白がって近くに行くんだけど・・・もう必死で威嚇してる(笑)
    しかしだねぇ、猫も16歳になると(3月生まれだけど)悪賢くなって、威嚇するのが面白くて暇つぶしのちょっかいをかけているという・・・なんか見てて笑える!
    本猫は人間には甘えん坊さん、でもお仲間の猫は天敵だと思ってるらしい(爆)

    気弱さんなリリーです(笑)

    黒猫は男の子なので、1月25日に少し遅れて手術をした。
    体重は4.4キロあるがっちりとした体の持つ主だけど、中身はスリベタの甘えん坊さんなのだ(笑)
    外にいる時はニャーにゃーのアピールが凄くて、人家の近くなので怒られたらとヒヤヒヤもんだった。
    ところが保護したとたんにアピールになった・・・ということは?もう食べ物をもらうのに必死だったんだね・・・
    もう捨てた奴にそのぢ方を見せたやりたい、そう思うけど、捨てた奴は多分「それが何か?」と平気なんだろうね。
    そんな奴だから平気で捨てれるんだろうし・・・
    仮名は聖とかいて「セイ」、ちょっと気合を入れて名付けた(爆)
    クリッとした目の可愛い子だ。

    そして先日保護したチビ猫、この子も1月13日に避妊手術をした。
    その時の体重が1.8キロというかなりの小柄だったけど、外見はチビでも中身はしっかり成長していたらしく、お正月明けくらいから初めての交配期が来てうるさく泣いていたのだ・・びっくり~!
    いやいや、同じく小柄だったキクは1年たっても交配期が来なかったけど、おチビさんは成長の方は順調だったようで(^^;;;
    しかし体が小さいだけに超がつくぐらいの臆病者、ケージから出すとすぐに行方不明になるし、探して捕まえようとするとフーシャーと威嚇しまくり。
    ケージの中にいる時はスリスリべたべたの甘えん坊なのに・・・その変身の仕方を見ると、よほど外が怖かったんだろうと思う。
    まあね、捨てられてから必死で生きて来たんだろうし、いた場所はカラスが沢山いるところなので追いかけられただろうし。
    よくカラスに襲われなかったと驚いたくらいだが、その臆病さならうまく隠れてカラスに見つからなかっただろうと思える。
    ないが幸いするか分からないね(笑)
    仮名はソル、ラテン語の太陽だ、体が小さいのでせめて名前だけでもでっかくと・・・(爆)

    微妙に目を合わせないんだよ~(笑)

    まだページを作ってないので、ページを作ったら追加で掲載します。

    アメ子ちゃんが活躍中とか(笑)
    最近のアメ子の報告ですが…これといって変化もなく元気に走り回っています(^^;
    隙をみて台所に行き足がベチャベチャになり嫁に怒られる…逃げる…隙をみて台所に行く…の繰り返しです(^^;

    ということだそうで・・・
    こんなに美猫さんになりました♪

             美猫さんなアメ子ちゃんv( ̄ー ̄)v

    私が保護した時は、精神的にも肉体的にもかなり落ち込んでいる子がいる。
    そんな子が里子に行って十分に可愛がられると、みるみるうちに猫本来の姿に戻っていく・・・それが見れることが本当に嬉しい!!
    捨てられて当初は生きていくのに精いっぱい、そしてh時間の経過とともに人間に迫害されてどんどん人間不信になり、逃げ回って隠れる生き方をせざるを得なくなる・・・
    そんな子たちが、新しい環境で本来の姿を取り戻していく、これは本当に嬉しいことなんです。

    アメ子ちゃんはとてもおとなしい子で、最初に現れた川の傍の公園から動かなくて、いつ行っても同じ場所の近くをウロウロしていただけだった。
    私の姿を見ると慌てて逃げていくのだが、途中で後ろを振り返ることもしないし、そんなに遠くまで逃げなくてもいいだろ!と思うくらい向こうまで行ってしまっていた。
    そんな子が、お母さんに叱られても平気で同じいたずらをするようになったなんて・・・いやいや、あの姿を思い出すと感無量です!

    小さな子猫時代を過ぎると、そうやって平気で捨てる奴の多いこと!
    遺棄は100万円以下の罰金、そんな法律を作っても知らない人がほとんどだし、何より事件にしないんだから法律の意味なし(怒)
    と怒ってみても・・・現実に捨てられてるんだからね・・・里親募集するしかないか・・・
    ってことで、またもや里親募集をはじめます。

    るぅちゃんはすっかり馴染んでます・・・いい子だ~♪

    台風18号が去った後は冷たさを含んだ風が吹いており、おおっやっと秋が来たのか!と思わせてくれる(笑)
    台風が来る前はまるで真夏のよう、さすがにクーラーは入れなかったがかなり暑かった!
    今年は上陸する台風が多く、日本列島水浸し状態だ。
    日本の土壌は帯水性があって干ばつには強いらしいが、もう十分に帯水しているのでもうけっこう!という声が、地面の下から聞こえるような気がする・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

    今まであまり台風とは縁のなかった東北地方や北海道に今年は台風が上陸するが、これも地球の気圧配置が変わったからなのかな?
    将来は北海道が温帯性気候になり、日本の穀倉地帯になるとかいう話もありで・・・
    だからロシアが北海道に来たいのかな?シベリア鉄道の延長という大義名分をもって・・・
    それは止めておいた方がいいと思うんだけど、さて政治家たちはどうするんだろうね?

    この異常気象なら、まだ台風が来るのかもしれない。
    現に台風19号が台湾近海に発生し、その影響からかまだ夏の気温のところが多いようだ。
    このまま次々と台風が発生すると、農作物に影響が出て困るよね・・・自然災害の多い国だけど、年を経るごとに数も規模も大きくなるのが気になる・・・

    ルルをお届けして1か月になるので、今日は様子を見にいってきた。
    ベッドの足元に置いてあるソファーとベッドの間に隠れていたので、首筋をもって引っ張り出したら・・・逃げてえらくお怒り。
    シャーから始まってプシャーになり、次は歯を剥きだして怒っていた(爆)
    「へえへえすんませんな、いらんことしたんかな?」と思ったけど、まあ猫はこんなもの。
    1か月会わなかったらすっかり忘れられて、「お前は誰だ~!」になっているもよう(笑)
    写真を撮ろうとしたら・・・おやまあ、偉そうに唸ってもあいも変わらずのあかんたれぶりで、目を合わそうとしない( ̄w ̄) ぷっ

           見なかったことにしよう!らしいよ(爆)

    で・・・続けて写したら、もっと横を向いてしまった。
    ペロペロと口の周りを舐め回っていたので、かなり怖かったらしい・・・すっかり忘れられたんだね(笑)

           見ないぞ!見ないぞ!絶対にそっち見ないぞ!らしい(爆)

    そうだよ、それでいいんだよ・・・それはもうそこのおうちに馴染んでいる証拠、ここがボクのおうちと思っている証拠。
    里親さんに甘やかしてもらってるので、とっても居心地がいいらしい(爆)
    だよね、うちにいるとその他大勢だけど、今はるぅちゃんだけだから十分すぎるくらい可愛がってもらえるもんね。
    私がいつも望んでいる形がそこにある・・・そう、すっかりそこのおうちの子になっている姿が・・・
    わたしはいつも保護するだけ、幸福を引き寄せるのは自分の力・・・るぅちゃんんはすっかり里親さんを虜にしているよう゚゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
    可愛くて可愛くてしかたがないそうで、一緒にいれることがとても嬉しい・・・と喜んでくださっている。
    でもそれはるぅちゃんの力でなし得たことだから、よかったね♪と頭を撫でてやりたかったけど・・・顔を見たら、お怒り解けずでシャーッ!ですと(爆)

    上から写したら顔の白い部分がハレーションを起こして、るぅちゃんが光り輝いている・・・あらまあo(^▽^)o キャハハハ

                目をそらす・・・でも見えてるよ~ヾ(@^▽^@)ノわはは

    脱走防止対策と階段状に物を置いて窓まで行けれるようにしてもらっているので、暇さえあれば外を眺めて「ピャーピャー」と鳴いているとか・・・このピャーピャーは、里親さんのるぅちゃんの鳴き声の表現(爆)
    一生懸命鳴いているるぅちゃんなのに、下を通る人は誰も気づいてくれないそうで・・・それは残念(笑)
    寝ている時もパソコンで仕事をしている時も、遊んで~と鳴きながらやってくるそうだ。
    長い時は3時間ぐらい遊んでやるとか・・・お~い、それは甘やかしすぎだよ~(爆)

    という、非常に恵まれた環境にいるるぅちゃん、これだけ可愛がって貰えたらもう言うことはないですね。
    そしてお母さんも弟さんも触れるようになったとか・・・おおっ!まだまだ甘やかしてくれる人が増えそうで・・・
    何とも幸せな毎日を過ごしているるぅちゃん、なんだか私もほっこりとして嬉しいです(⌒⌒)v
    まだ1歳半と若い子ですから長い猫生があります、これからも一緒に楽しい毎日を送ってくださいね。
    ありがとうございました。

    ルルのお届け

    2月に保護していた半長毛の白黒猫のルル、子猫のシーズンだけどダメ元でいいや~と里親募集をしていた。
    さすがに子猫わんさかなので、これは秋に再掲載かな?と思ていたら・・・なんと!希望者の方が現れたのです(笑)
    7月に16歳の愛猫を亡くされてからは、涙にくれる毎日を過ごされていたそうだけど、これではイカン!と再び猫を飼おうということでメールをいただいた。

    初めて飼った猫だったそうなのでなおさら悲しみは深く、ついつい思い出しては涙が流れるそうだ。
    まあそれは仕方がない、犬よりも密着度の高い猫の場合は、亡くなった時の喪失感は大きいと思うからね。
    しかも里親さんは難病指定の大きな病気をされていて、なんとか快方に向かうのを見届けるようにしてその子は亡くなったそう・・・う~ん、まるで見守ってくれていたような・・・
    生後7か月の時に愛護協会から譲り受けた子で、半年たっても「お水は飲んでる」「ご飯は食べてる」「トイレは使っている」と確認できる程度の馴れ方だったとか・・・
    しかしその後は何とか馴れて、一緒に寝るまでになったそうだ。
    しかしまあ・・・その状態でよく家庭内野良にならなかったこと!と驚いた~(笑)

    初めての猫でそれだけ手がかかり、しかも16歳の長寿だと沢山すぎるくらいの思い出ができてしまうから、ペットロスになってしまうのは当たり前・・・でもそれだけ賢くていい子だったってことで・・・
    いつも思うんだけど、なんで犬や猫は人間に比べてあんなに寿命が短いんだろう?
    うちにも今年15歳になるキクとサスケがいるけど、あと何年生きれるんだろう?と考えるたびに哀しくなるからね・・・
    密着度が高ければ高いほど、手がかかればかかるほど、どうしても思い出はたくさんできてしまうもの・・・

    ルルは昨年の秋に公共施設の傍の餌場に突然現れ、臆病ながら微妙に人馴れしていた子だった。
    まだ若い?子猫の分類に入るくらい?と思われる中猫くらい、だけど未去勢なので喧嘩を吹っ掛けられたら「受けて立ちましょ!」だったので、道路に飛び出して危ないったら!
    大きな猫を見ると隠れたり逃げたりするが、出会ってしまうとかかってこられるので喧嘩をする、そんな感じの穏やかな性格の子だった。
    しかし道路に飛び出すのを何度も見るし、ある日は黒猫とセンターラインの上で喧嘩をしているしで、もう限界!と2匹とも何とか捕まえて手術をしたのだ。
    ルルはまだ早いかな?と思ったが、捕まえてみれば歯は永久歯・・・生後半年くらいだった。
    黒猫は捕獲器がいったが、ルルは道で出会って背中の方から抱き上げてキャリーに入れれた・・・ああ、やっぱり飼われていた子だ・・・

    その後リリースをしたが、賢い子だったから色々と困ったことが!
    階段から降りてくる私を迎えに来るし、自転車で走りだすと先に餌場に行くし、挙句に餌やりから帰ってくるのを待ち伏せして、最後に行く餌場まで自転車の後ろをついて走ってくるし・・・
    もうこれはあかん、外に置いておけんわってことで保護をしたという、何ともユニークな子なのだ(笑)
    でもね、それだけ賢いってこと、一度もトイレの失敗はないし、他の子と喧嘩をしたこともないし、突然閃いてつけたルルという名前で数回呼んだだけで覚えたし。
    そんなルルを見ていると、なんでこんな賢くていい子を捨てるかなぁ・・・とむかっ腹が立った!!

    しかし今になって思うのだが、そんな飼い主の元にいても幸せになれなかっただろうから、捨てられてたほうが良かったかも?
    いや待てよ?ひょっとしたら賢い子なので、自分の未来を察知して家出をしたのかも?・・・なんて思ったりヾ(@^▽^@)ノわはは
    とにかくそんなに先住さんを可愛がっていた人なら、ルルもきっと幸せになれるだろうと。
    でも今日でこの家とお別れが分かるのか、お届け前に写真を写したら・・・ちょっと不安そう、目線を合わさないのよね・・・

           今日は何かある!と不安そうなルル(笑)

    夕方の方が都合がいいとのことなので(私も同じくですが(笑))、5時過ぎにつくように出た・・・つもりだけど、5分前に侵入する道路の入り口についてしまった。
    しかしそこは学童用の道路なので17時までは進入禁止だって!
    方向音痴なのに超珍しくスムーズに行ったと思ったのに・・・やっぱりダメだった~!(爆)
    ということで、ぐるっと回っていこうと前進したのはいいが・・・これをするから迷子になるのよねということで、またもや迷ってしまった(^^;;;
    でもその近辺は以前によく行っていた場所、この辺を行ってやれ!とばかりに右折をしたら、無事目的の道路に出た!←どうだ!まだ動物的カンは衰えていないぞ!(^^*) ホホホホ
    そしておまけのドジは、「え~とおうちはどちらでしょう?」と電話をしたら、「まさにそこです!」と言われた・・・え?ここなの?着いてたんだ・・・ってか(爆)

    キャリーに入れるときは暴れまわたルルも、知らないおうちなので今度はキャリーから引っ張り出しても出てこない(笑)
    まあ仕方ないけど、どの子でも同じ反応をするからね。
    部屋の隅にトイレを置いてもらっているが、そのまだ向こうの隅っこで丸くなっていた。
    さすがにビビりのルル、顔を隠して丸くなって隠れているつもりらしい(笑)
    少し経ってから、写真を写すので里親さんに抱っこしてもらうことにして、ベッドの上に乗せたら・・・やっぱり緊張して固まってた!

           ベッドの上に乗せたら緊張してます(笑)

    抱っこしてもらっても最初のうちは緊張しまくりだったけど。

           ただ今緊張中?(笑)

    時間の経過はえらいもので、少しずつ緊張がほぐれていく・・・

           ちょっと緊張がほぐれたかな?

    時間が経てば「ここがボクのおうち」と分かるだろうし、賢い子なのですぐに色んなことを理解出来るだろうし・・・
    1か月後にまた来ますということで預けてきたが、人馴れしている子なので大丈夫だろうと思う。
    名前は近い発音の「ルゥ」にするそう、あ・・・今も時々そう呼んでるので、自分の名前だとすぐに覚えますよ~(笑)

    馴れだすと早いと思いますので、急がず慌てずで馴らしてやってくださいね。
    ルルのことをよろしくお願いいたします<(_ _)>

    白黒猫はかなりの甘えん坊さんになる傾向があり、うちのキクちゃんのようになるかも?(笑)

           超が幾つつくか分からない甘えん坊さん(笑)

    今年の3月で15歳になったキク、先日病院で検査をしたら今のところは異常無し。
    でも体重が1歳くらいの時と同じ2.6キロになっていた、一番重い時でも3.1キロだったので、年齢からくる痩せを考えるとこんなものか・・・
    黒い毛の部分に白髪が沢山、どうしても老いが見えてしまうね・・・
    名前を呼ぶと返事をするので、ついつい呼んでしまう・・・すると、名前を呼んでばかりはいやや~撫でて~とすぐに来てくれるのはキクだけ(笑)
    他の子は名前を呼んでも返事も無し!お~い・・・(爆)

           キクちゃん15歳、ずっと元気でいてね

    でもね、中には白黒猫でもこんな子がいて・・・

           手に負えない家庭内野良の小菊・・・最強!

    こ奴は小菊、なにせ最強の家庭内野良!
    保護した時は盛大にゴロゴロを言っていて、スリスリベタベタの子猫だったのに・・・何でこうなったんや?と不思議なくらい。
    名前を呼ぶとシャーッ!傍に行くとフーッ!手を出すとシャカ~ン!と引っかかれ、女の子は猫も「いけず」で困っとります(_ _ ;;

    里親募集を始めなきゃ!!ですが・・・(^^;;;

    保護っ子のルル、早く里親募集をしなきゃ!と思っているけど・・・中々その気にならない(笑)
    私は何でも勢いでするタイプなので、テンションを上げなきゃ!です( ̄ー ̄;
    でもルルは絶好調、毎日よく食べてよく遊んで・・・プクプクと順調に太ってます(爆)

           つばさとお遊び中

    この子は夜鳴きをする、とはいってもグルルルゥ~という鼻声の甘え声だけど(笑)
    夜になるとスイッチが入るのか、そんな声で鳴いて誰かを呼んでいるんだけど・・・寝静まってから遊ぶな!ですが( ̄w ̄) ぷっ
    しかし基本とてもいい子だ、遊ぶと体が大きいので迫力があるけどね、でもそんなにドタバタしないし荒いこともしない。
    ニコンやつばさの若者たちで遊んで、しばらくするとおとなしくなっているから、スイッチの切れるのも早いようだ(爆)
    性格は少々臆病、これは持って生まれたものなので仕方がないが、他には少々ノーテンキもありそうだから、臆病が長続きしない(爆)
    面白かったり興味があることには飛んで来る、さっき怖がってたくせに!と思わず笑ってしまうほど忘れっぽいという、なんとも面白い性格の子なのだ。
    抱いてもじっとしているけど、何かの拍子に驚いて飛び降りたりするが、でも抱けるし名前を呼んだら来るしなので、安心できる環境ならかなりの甘えん坊になると思う。
    他の子に慣れるのに1ヶ月ほどかかったのは、慎重なのか臆病だからなのか・・・
    しかし慣れると、猫同士仲良く遊んだりしているし一緒に寝たりしているから、他猫はダメということはないようだ。

           もうかなりの貫禄だよ~(笑)

    9月初旬に見かけた時は短毛だったけど、9月29日に手術をしたときによく見たら尻尾の毛が長かった。
    これは半長毛になる子だと思ったら・・・やっぱりなりました(笑)
    きれいな毛並みになってて体も大きいので、大型の子が好きな人にはもってこいの子かも?です(*^^*) フフ

           悪ガキそうに見えるけど、中身は・・・(爆)

    と一生懸命「ルルはいい子だ」のアピールをしてますが・・・早く投稿しろよ!ですね・・・はい、がんばります(^^;;;

    実は・・・昨年の11月に頂いていた近況報告、まだ掲載してませんでした・・・すみません!(m。_ _)/ ハンセイ
    まずはアメちゃん、でも最近はお嬢ちゃんがアメ子ちゃんと呼んでいるとか、なのでこれからはアメちゃん改めアメ子ちゃん(笑)

    アメ子の体調なども心配ないと思います。
    毎朝ドアの網戸から鳥を眺め隙をみて洗面台に上がり嫁に怒られ、またある日は玩具に飽きた態度をみせながらいきなり猛ダッシュ!こんな毎日を過ごしています。
    餌もいつものカリカリと特定のおやつしか食べないので健康面も大丈夫だと思います。


           アンニュイなアメ子ちゃん(*^^*) フフ

    ということですが、いつも変わりない毎日を送っている・・・それが何より健康でつつがなく過ごしているということです、嬉しいですね~♪
    超が幾つつくかわからないほどの甘えん坊さんなアメ子ちゃん、今はご家族の皆さんに可愛がられてとっても幸せそう!
    あの走り回って逃げていたのが嘘のような毎日、幸せになれてよかったね♪
    そして・・・アメ子サンタさんに変身!(爆)

           アメサンタさん・・・困ってる?(爆)

    サンタさんのお仕事は大変なので、ちょっと緊張してる?(笑)
    アメ子ちゃんはとても扱いやすい子です、里親さんにはそう言ってたのに・・・結構おてんばをしているよう。
    何だかとても普通の猫になってて、それがまた嬉しくて・・・
    まだまだお転婆度が成長しそうですね、でもそれを楽しみにしておりますo(^∇^)o

    もみさんのお便りも頂いているが・・・ちょっと悲しいお便りだった・・・
    10月24日に愛犬マロンが天国へと旅立ちました。
    春頃より腎臓を悪くし、点滴投薬とがんばってきましたが、15歳を目の前にお空に旅立ちました。
    マロンはどのニャンコも受け入れてくれる優しいワンコでした。
    今はマロンのいない生活にも少しずつ慣れてきましたが、やはり寂しいです。


              マロンちゃんありがとうね

    中々馴れないもみさんを、傍で辛抱強く見守ってくれていたマロンちゃん・・・ペキニーズの黒色のワンコさん・・・
    ポケットサイズなら内緒で連れて帰りたい!、そう思ったくらいの本当に性格の良い子のマロンちゃん。
    いつも傍にいた子がいなくなるのは、言葉に出来ないくらい寂しいですね・・・

    そしてその時もみさんは・・・
    もみちゃんですが、最近こんなことがありました。
    それは、マロンが息を引き取る朝、私達がまだ寝ている時いつも以上にもみちゃんは私達の頭をベチベチたたいてました。
    マロンは前日から身体がもう動かなかったので、もしかして…と思い私は飛び起きました。
    そしてもみちゃんが起こしてくれたに数分後マロンは息を引き取りました。


    もみちゃんは私達を起こそうとしてくれたのか、ただただお腹がすいていただけなのかわかりません。
    ただ、主人はもみちゃんが「マロン」とも聞き取れる「ミャロン」と言った、と言うのです。
    そして「マロンがどうかしたん?」と寝ぼけ眼で返事をしてまた寝たそうです…。
    なんでその時に起きへんかったん︎ おもわず主人に突っ込みましたが…。
    もみちゃんが本当に言ったかどうかは定かではありませんが、マロンの最期を悟り私たちを一生懸命起こそうとしてくれていたのではないか?と信じています。


    いかがですか?不思議な出来事ですね。
    動物たちは危機を人間が分からない方法で知り、そしてその危機を教えてくれているのかもしれません。
    マロンちゃんの最後の願いが聞こえたのか感じたのか・・・もみさんはきっとマロンちゃんの声が聞こえたのでしょう。
    そのもみさんのドアップ!をどうぞ(笑)

               もみじさんのドアップ!(笑)

    もみさんは今では超甘えん坊になってるけど、中々馴れなかった気難しいサビッ子さんだった。
    そんなもみさんを受け入れてくれてどんなに有難かったか・・・マロンちゃん、もみさんに優しくしてくれてありがとう!

    土砂降りの雨の中でびしょ濡れになって泣いていた子達、トム君とジュリーちゃんたちと中々仲良くなれなかったもみさんだけど、今ではこうやって一緒に寝てる・・・かなり微妙な距離だけど(笑)

           今は仲良しです♪

    腕白坊主のトム君は今も嫌いだそうで、よく喧嘩をしているそうだ。
    でもまあそのうちに飽きてきて落ち着きますので、もう少しのご辛抱を!(爆)
    で・・・この面白い写真を見てくださいな、「○○○は見た!」の世界のよう・・・なんとも言えない距離感のナイスショット!・・・もみさんごめん!ヾ(@^▽^@)ノわはは

               もみじは見た!(爆)

    もみちゃんの甘えっぷりは相変わらず。
    かまって欲しい時、お腹がすいた時、甘えたい時は1匹ず〜っとミャーミャー鳴いてます。
    時々抱っこしたまま家事をすることも。
    あんたは人間か〜️っと突っ込みたくなるくらいです。
    そして話しかけると大抵ミャーと返事してくれるので、これまた人間の言葉がわかってる?かのような錯覚を覚えます。
    もみちゃんの甘えっぷりは相変わらず。かまって欲しい時、お腹がすいた時、甘えたい時は1匹ず〜っとミャーミャー鳴いてます。時々抱っこしたまま家事をすることも。あんたは人間か〜️っと突っ込みたくなるくらいです。
    そして話しかけると大抵ミャーと返事してくれるので、これまた人間の言葉がわかってる?かのような錯覚を覚えます。


    凄い変身ぶりですね、逃げ回っていたのは誰?と、それこそ突っ込みたくなります(爆)
    猫も人と同じで相性があり、どうしても相性が合わない子がいます。
    もししょっちゅう喧嘩するようなら、もみさんとトム君に「よく話し合いなさい!」とお説教をしてください(笑) 
    ひょっとしたら喧嘩もレクレーションかもしれませんよ、それともストレスの解消かな?(*^^*) フフ
    でも激しい喧嘩をしないのなら、お互いに居ることは妥協していると思いますので、ほっておいても大丈夫だと思います。
    若くて元気な子達ばかりなので大変ですが、よろしくお願いいたします。

    なんともお久しぶりの子からのお便りが~!(笑)
    2002年に藤沢市に行ったももちゃん、今は横浜市に転居されたそうだ。

               ももちゃん16歳、でもとても元気(*^ー゜)v

    今は横浜で元気に暮らしております^ - ^16歳になりました。
    もう直ぐ17歳ですね。


    すご~い!もうすぐ17歳って・・・
    里親さんは男性だけど、実家にも多頭でいるので猫に慣れておられる方なのだ。
    それにとてもよく気がつく優しい方だから、ももちゃんのこともよく面倒をみてくださっている。
    なんだかとっても嬉しくて・・・次女の友人が飼えなくなったと連れてきた時は、本当に腹が立ったけど・・・今はその方がももちゃんにはよかった!そう思える。
    なんだかね・・・気持ちがほっこりして、ももちゃんに「もっともっと長生きするんだよ」と話しかけてしまった(爆)
    嬉しいお便りありがとうございました、これからもももちゃんをよろしくお願いします<(_ _)>