2005年09月 の記事一覧

    防災の日

    早くも9月になった、1年の3分の1が済んでしまったんだね・・・早い!
    今日は防災の日で関東大震災があった日なのだ、全国各地で防災訓練が行われているようだが、防災意識は日常的に持っていないといざというときに間に合わない。
    台風のように進路が解って上陸する時間が解っていても、被害は甚大なのだからね。
    ましてや何時襲うかもしれない地震だったら、もうその時の自分の即断即決に頼るしかない。
    防災訓練を繰り返すと体がいくつかを覚えている、とっさの時には考えるより先に体が動くようにしておかないと!

    最近は日本各地で大きな地震が起きている、台風といい地震といい異常なくらい頻発しているのが怖い。
    東南海地震も騒がれているし、関東大震災の時からまたひずみが溜まっているので、その地域も危ないとか。
    それに各地に点在する活断層も、エネルギ-の解放を何時するか解らない。
    思えば毎日が危険と隣り合わせの生活なのだ、毎日意識しろって言うのも無理な話だが、やはり日頃から自分のマニュアルを作っておくほうがいいかもしれないね。
    いきなり襲ってきた阪神大震災、でも物資や情報の集積所は各市区町村だってことを知っていただけ、他の人よりも物資も情報も早くに手に入れることが出来た。
    やはり何でも知らないより知っている方が、どこでどんな役に立つか解らないね。

    日中はまたもや真夏!、暑かった~!
    でも夜になると涼しい風が吹いている、夜の気温が下がるだけでもとてもありがたい。
    田園地帯や田舎に住んでいる人には想像できないだろうけど、都会の夏の夜は本当に暑いのだ!
    ヒ-トアイランド現象で、日中温められたビルや道路のコンクリ-トからの熱が放出され、やっと明け方幾分涼しいかな?というくらいの暑さなのだ。
    そこに日本の夏独特の湿気が有るので、本当に息が詰まりそうなくらいの日がある。

    母の実家の田舎に行くと、日が落ちてしばらくしたらとても涼しくなる。
    山や川や田んぼや草っぱら、植物が茂っているだけでこんなに違うものか!と感心してしまう。
    深夜になるにつれて真夏でも肌寒く感じるし、家の中で寝ていても夏蒲団をきて寝ないと寒いくらいだ。
    夜がぐっすり眠れるだけで夏バテ度が随分違う。
    人間は少し肌寒いくらいにしてお布団を着て寝て、自分の周りに熱の含まれた空気があるほうがぐっすり眠れるそうだ。
    暑いからと何も着て寝ないような時の方が熟睡できないらしい、布団にくるまれてほのかな暖かさの中にいるほうが眠れるらしい・・・とテレビで実験をしていた。

    そうだよね、真冬に暖かいお布団の中にいるのは幸せ♪、出たくな~い!と思うから寝坊するんだけどさ(爆)
    人間は暖かさに包まれるのが気持ちいいんだろうね、それも春先のようなほんわかさに・・・

    遠慮がちなトム君

    ちゃあさんがくれた大理石の使い方・・・トムはロンすけと同じ使い方をしてまっせ~(爆)
    入り口に置いてある大理石にはモモが寝ている、それもちゃんと正しい使い方をしてね。
    風の通り道なので涼しい、大理石の上ならもっと涼しいとモモが申しております、ありがとうね~♪

    おちんまりとジャック

    おちんまりと大理石の上に座っているジャック。
    こ奴はいつでも逃げれるようにと思っているらしい、冷たくて気持ちがいいけどいや~な奴もいるし・・・どうしよう?
    いや~な奴って誰じゃ!(`□´)コラ!

    里親募集を始めよう!

    長女が保護した子猫たちの里親募を始めなきゃ!、そう思って写真を写しに行って来た。
    しかし、しばらく見ないうちに大きくなったな~!、子猫の成長ってあっという間だね。
    この子たちはちょっと個体が大きいのかな?、お母さんがメスにしたら大きかったのでそうかも知れない。
    やはり先祖に洋種の血が混じっているのだろう、三毛さんもちょっと変わった色だしね。
    もうしようがないね、どんどん混血が進んでいくから定着しつつあるのかな?

    ちょうど着いた時に婿殿がごはんをやっていた。
    あの~知らない人が来てるんですが?と子猫に話しかけても、食べるのに必死で気がつかない(爆)
    食べた後は逃げ回ったくせに、ご飯を食べている時は周りが見えてませんが?o(^▽^)o キャハハハ
    そんなところが子猫なんだよね、目の前のことしか見えていない。
    だから環境が変わってもすぐに順応できる、人も猫も子どもの時は純真でいいね~♪

    みんな人見知りをして逃げ回るけど、しばらくしたらすぐに慣れて平気。
    キジブチの女の子が一番人懐っこくて、顔を見ては鳴いていた。

    キジブチの女の子

    三毛さんは覆面をしていてちょっと見には怖そうに見えるのに、逃げ足は一番早くてあっという間に行方不明に(爆)
    かなりの臆病者のようだけど、他の子がタワ-に登って遊びだすと、私がいるのを忘れて飛んで出てきた、お~い!

    覆面三毛の女の子

    茶白の男の子も負けないくらい逃げ足は早いが、捕まえるとすぐに慣れちゃう・・・やっぱり茶白だ~!
    最初捕まえた時にはビックリしてフ-シャ-と盛大に怒っていたのに、次に捕まえたらもう平気とは!、君は良い性格をしてるね♪

    茶白の男の子

    白黒ブチの男の子も隠れていたけど、みんなが遊びだすとついつい出てきちゃう間抜けさ(^u^)プププ
    白黒の子は甘えん坊になるというから、ぼくの将来は・・・ははは♪

    白黒ブチの男の子

    まだ子猫だもんね、こんなもんですわ~

    とりあえずペ-ジは作ったが、バナ-を作る時間がなかったのでまた明日ね。
    まだまだ里親募集の掲示板には子猫がワンサカだね・・・今年も暑いからまだ生んでるのかな?
    保護してくれる人が増えたからなんだろうけど、いつまでも子猫が途切れないなんて、やっぱり猫たちの栄養状態がよくなってるんだろうね。
    それなら尚更避妊や去勢をきちんとしないと!、これからも不幸な子が無限増殖してしまう。

    野良猫もそうだけど、それよりも飼い猫の繁殖制限をしないのには腹が立つ!
    そんな人は生まれたら捨てればいいさ!、その気持ちが私には解らない。
    小さくても命あるものを、平気でゴミのように捨てれるなんて・・・やっぱりそんな人は、人として最も大切な優しさという心が無いんだろうね。
    情けないことだ!

    残暑が厳しい・・・

    台風14号の関係なのか蒸し暑いったらありゃしない!
    昨晩も深夜になるほど蒸していたが、今日などは日中からムシムシとした何とも言えず暑い日だ。
    アメリカで甚大な被害を与えたハリケ-ンのカトリ-ナ、被災地の放映を見ていたら水がなかったら阪神大震災と同じ状況のように見える。
    倒壊した家々、避難所の人たちの疲労困憊、間に合わない救援・・・危機管理を叫ばれているが、実際には人の力では災害地は間に合うように行くのは困難だと思う。

    被災地に行くまでに道路の寸断や倒壊家屋が有って、そこまで中々たどり着けない事態になることが多い。
    文明社会ならばこそ機動力を発揮できるのに、肝心の道路や橋が使えなければその機動力も発揮できない。
    食料もない状態なので略奪が横行しているとか、銃社会なので銃撃戦もあるという・・・なんということを!
    連邦危機管理局(FEMA)の現場責任者が、テレビのインタビュ-に「なぜ車のない人たちを、車を手配して避難させなかったのか」と言っていたが、そんな済んだことを言ってる場合じゃないだろ!とむかついた!
    次々と病気になって亡くなっているのに、そんな責任のなすりあいを言ってないで仕事しろよ!
    他所の国の事ながら腹が立つ、被災者になってみろどれだけ大変か解るぞ!

    阪神大震災を経験しているので、被災後の現場の混乱は言葉などでは言い尽くせないこと、そしてどれだけ不安と恐怖の中にいるかということを知っている。
    救援に来ている者がそんなことを言っちゃいけないよ、過去をどうこう言うのは被災地が元に戻ってから、今は被害に遭われた方たちのためにただひたすら救援活動をして欲しいと思う。

    さてそのカトリ-ナほどでもないが、台風14号はかなり大型の台風らしい。
    夏台風らしく迷走して、結局は現在の進路は九州方面の直撃コ-スをとっている。
    数年前にも鹿児島では大きな被害が出た、シラス台地のもろい土質なので大雨には弱い。
    台風14号は気圧も低く935ヘクトパスカルということだから、大雨にも注意が必要だ。
    とは言っても自然災害には大して打つ手もないのだが・・・願わくば台風の勢力が弱ってくれますように・・・

    最近はシロマメがすっかりブラシのとりこになっている。
    食事後はブラッシングタイムとばかりに、ゴロンと転がってブラシをかけてもらうのを待っているのだ。
    シロマメはお腹の毛の量がとても多い、それにお腹にブラシをかけてもらうのが好き。
    手足もブラシをしてやると手先をニギニギして喜んでいる、後ろ足もブラシをかけてやると嬉しいらしい。
    お腹からわきの下にかけてブラシをすると万歳をしている・・・って、これじゃ全身じゃん!(爆)

    あれだけ体を触られるのが嫌いな子だったのに、ブラシの魔力にはまってしまったらしい。
    そうだよね、背中や手足なんかは充分に掻けないもん、それに全身マッサ-ジをしてるようなものだから、体の血の巡りがよくなって余計気持ちがいいのかな?
    この頃ではおごじょにするよりシロマメの方が時間が長い、と言うかシロマメがスタンバってるのでしないとしょうがないのだが(爆)
    いつもその辺でゴロゴロしているので、白猫というよりもグレ-猫のシロマメだが、ブラシをかけるようになってからは少し白猫らしくなってきた。
    最盛期のボスをしていた頃は凄い色になってた、それが今じゃ白猫に見えるもんね~ヾ(@^▽^@)ノ わはは

    2005.11.5のシロマメ

    ちょうど3年前に写したときのシロマメ、まだボスのころの名残が残る強面の顔つきだね。

    2005.8.11のシロマメ

    1ヶ月前に写したシロマメ、すっかり外見もおじいちゃんになってしまった。
    外の子は外見も中身も老化が早い、同じ年のプ-やミ-はまだ若々しいのに・・・それだけ環境が厳しいって事なんだろうな・・・

    外の子の居場所

    台風14号は、どうも西日本直撃コ-スを取っているような・・・
    昨年散々台風に痛めつけられたのに、今年も早々と直撃台風がやってきている。
    大きな目がはっきりと出ている台風で、勢力もかなり強いらしい。
    その影響からか今日は一日中かなり涼しい風が吹いていた、窓を開けていると寒いくらいだ。
    台風の目に入った南大東島では、午後8時32分に瞬間最大風速55.6メ-トルを記録したそうだ。
    ゆっくりとしたスピ-ドで進んでいるので、かなりの期間風が強くなりそう。

    昨年広島にいた次女は2度大きな台風に出会っているが、今度こちらに帰ってきて早速台風がやってきた。
    あの子は台風を連れて来る台風娘なのか?、ある意味台風娘ではありますが(爆)
    2個目の大きな台風のときに(すでに何号だったか忘れてるし(^^;;;)マンションの7階に住んでいたのだが、「強風で窓ガラスが割れそう!」とメ-ルをしてきていた。
    あの台風では運送会社のトラックが強風でドミノのように倒れた、瞬間最大風速が60メ-トルを記録したっけ。
    今回の台風もかなり勢力が強いので、昨年のような被害が出ないといいけど・・・

    台風や集中豪雨が来るたびに、外にいる子達のことがとても心配だ。
    人間よりも本能が強いから、上手に逃げてくれるとは思うけど・・・それでも強風で飛ばされていないだろうか?とか、危ない所に避難しているんじゃないのかな?、などと気になって仕方がない。
    台風が過ぎ去ったあとに無事を確認できた時は、どれだけほっとするか。
    猫は個体が小さいので何処にでも潜り込めて逃げられるが、逆に少しの雨風でも吹き飛ばされたりするので、いつも危険と隣りあわせなのだ。

    夜になってから雨が降り出した、明日も一日お天気が悪いらしい。
    公共施設の通用門の所にいた子が、公園からやってくるタキシ-ド猫を嫌って直線にして200メ-トルほど東の方に移動している。
    とても気の弱い子なので、餌を横取りしに来るタシキシ-ド猫を怖がっているのだ。
    でもだだっ広い工事現場を通ってくるから、今日のような雨の日はやってこれない。
    明日も雨だと言っているしその次の日は台風が来るとか、3日も食べれないんだよ?、どうする・・・
    この前見かけた所まで行ってみたが、そこも雨宿りが出来ないような場所なので今日は見つけられなかった。
    どこにいるんだろう?、いる場所さえ解ればそこに持って行ってやれるのだが。
    臆病なんてもんじゃないからね、どこかに隠れてるから見つけようがないなぁ・・・

    同じ場所で動かない子もいれば、そうやって他所から来る子を怖がって自分が動いてしまう子もいる。
    それとは逆に、シロマメやおごじょやキママのようにずっと同じ場所にいる子もいる。
    どちらがいいとは言えないけど、シロマメやおごじょやキママが幸運なだけかもしれない。
    そんなに酷いことをする人も今までにいなかったし、緑地の多い割には餌やりさんが猫を見つけやすい場所なのだ。
    小さい緑地にいる子は見つかりやすいが、シロマメやキママのように公共施設の緑地なら比較的安全で居心地がいいようだ。
    すぐ側に隣接して小さな公共施設が有るので、狭い範囲だから虐待をして猫の悲鳴など聞こえたらすぐに解る。
    案外隠れる所も有って、シロマメのいる所やキママのいる所は外の子にしたら居心地がいいのかもしれない。

    外の子もこうやって運のいい子と悪い子に別れるんだろうね。
    運の悪いという子は、性格的に臆病だから逃げ回るってのもあるけど、やっぱりその場所に行き付けるということが運がいいのだろう。
    駅前にいる子達に比べたら、シロマメたちやキママやマメサブたちは住んでいる環境は本当にいいと思う。
    シロマメもおごじょもマメサブも猫ハウスを持っているし、冬には毎日カイロを入れてもらえる。
    キママは猫ハウスを持っていないが、公共施設の奥の方に人の入ってこない場所があり、そこを自分だけが使っている。
    駅前の子達は工場や民家の路地で暮らしているので、時々汚れているからどんな所で寝てるのだろう?
    外の子に関わると色々と心配の種は尽きないね・・・

    お気楽マメサブ

    いつもノ-テンキなマメサブ、今日も大声で鳴きながら現れた。
    お前ってやつは!、外の子は大声で鳴いたら居場所がばれちゃうんだぞ!、ったく~ヽ(-∀-;)ォィ

    なぜか子猫が来た・・・

    台風接近なので風雨が強い、車で出勤して帰りに買い物に寄った。
    荷物を降ろしてから、長女の家にコロイダルとチャ-ガを届けに行ったら、夫婦で買い物に行き食事に行くとか。
    食事をおごってもらう代わりに運転手をしてきました~(爆)

    食事中に近所の餌やりをしている男性から電話があった・・・ドキッ!
    電話の内容は、餌やりに行っている海岸に昨日から子猫がいて、昨日は雨が降っていたので廃車の中に入れておいたらしい。
    今日行ってみるとまだ同じ場所にる、どうしようと言うことだった。
    一生懸命外猫のお世話をしている男性だ、家につれて帰ると親が怒るのでつれて帰れないという。
    それは・・・しょうがないね、今ちょうど募集中だし一緒にすればいいや。

    家に帰ってから届いた子は黒っぽいキジトラの子、昨日は何とも無かったのに今日は目やにで目が塞がっている!、とおろおろしていた。
    目やには出ているけどまだ風邪症状は酷くないが、猫缶を鼻先に持って行っても解らないのか食べようともしない。
    口の中に指の先に乗せた猫缶を入れてやって、口を閉じると噛んでいるから大丈夫だ!
    2度ほどそれをしただけで急に食べだした!、お腹がすきすぎて食べることを忘れてたんだね。

    ご飯を食べない子は、指の先に猫缶を乗せて上あごに当たる様に入れてやり、口を閉じさせてとにかく食べ物の味と匂いを教えればいい。
    そうすれば、味と匂いで食欲中枢を刺激されて食べ物だと認識する、いったん認識するとお腹がすいているので食べることを思い出すのだ。
    そうやっておチビはチャ-ガを混ぜた猫缶をガツガツと食べていた、食べたので箱に戻すと鳴いて怒る!怒る!

    2005.9.5保護した子

    仕方がないので出してやると平気で歩いてる・・・あぁ~あ、やっぱり捨てられた子だわ・・・
    抱いてやるとゴロゴロと言っているし、私の後を小走りでついてくる。
    海の近くの茂みの中にだよ?、食べるものも無いしまして台風がくるんだよ?、まだ生後40日くらいなんだよ?、雨風の中にいたら死ぬのは解ってるだろ!、バカヤロ-!!!
    と、無性に捨てた奴に腹が立つ(怒)
    梳き櫛で梳いてもノミの糞は付かない、ってことは捨てられてすぐに見つけてもらえたのかな?
    まだ運がよかった方だが、昨日だったら目やにも出てないだろうに、私に遠慮をして保護が言えなかったらしい。

    2005.9.5保護した子

    今日行って見たら昨日と同じ場所にいるし、目やにが出て目が開いていなかったので、もう酷い病気になってると驚いて電話をしてきたのだ。
    つれてきてからコロイダルで目を拭いてやったら、すぐに目やにも取れて綺麗になった、ちょっと安心かな?
    でもドルが強烈に苛めている、追い詰めていくのでおチビは怖がってるし・・・もう!
    キクと末っ子争奪戦をしていたくせに、新たなるライバルの出現でそっちの方は忘れている(*´▽`*)プッ
    猫でも末っ子の座を奪われそうになると危機感を覚えるのか?(爆)

    2005.9.5保護した子

    おチビはドルチェックにビビッてへっぴり腰でそっと逃げている、そこをドルが唸りながら追いかけて行って、何をするのかと思えば唸りながら舐めてるし?
    お~い、おもちゃじゃないぞ!(爆)
    大人猫が順番にチビチェックに来るので、おチビさんは固まっていた。
    これはうちに来る子の宿命ですわ、なにせお祭り猫ばかりなので「何?このチビ?」「あれ?見たことない子がいるよ?」だもんね~(◎^^◎)笑

    通用門のところで待っている子がいた!、いつもよりほんの少し早く出て行ったので雨が降っていない、助かったよ~
    雨の降っていないうちに来ていたのだろう、すぐに物陰から出てきて食べていた。
    可哀想に、昨日食べていないからお腹がすいてたんだろうね。
    雨が降ってくるから早く食べないと!、そう思っていたら何とか食べ終わるまで降らなかった。
    雨が当たる所で食べるので気が気じゃない、こんな日は一日でいいのに明日もだって!
    台風14号さん、通っていくのはいいけど出来るだけ大きな被害は置いていかないで下さいね!

    台風ナ-ビ-

    ノロノロ台風は各地に大きな被害を出しながら、まだしぶとく日本列島を狙っている。
    いい加減にどっかへ行ってくれ!な気分、台風の進行速度が遅いので居座られると1日がかりだ。
    沖縄列島や九州地方を順番に通過して、今は山口県から日本海に抜けて、今度は北海道方面に向かっている。
    まだ進行方向が定まらない、夏台風は迷走台風なので油断できないな・・・
    ニュ-オ-リンズを壊滅させた超巨大ハリケ-ン「カトリ-ナ」より、今回の14号の方が暴風雨圏が大きいと言う。
    アメリカでは14号をス-パ-ハリケ-ンに認定をしたらしい・・・そんなのいらんって!

    アメリカと日本では風速の計測法が違うそうだ。
    日本では10分間の風速の平均を取って「風速○○メートル」というらしいが、アメリカでは1分間の風速で決めるらしい。
    1分間だけなら風速の強い時はかなりの数値が出るよね、基準が違うから二つの台風を比べてもどうなんだろう?
    国が違えば基準も違うし考え方も違うってことね。
    今回のカトリ-ナが襲ったニュ-オ-リンズは、海抜0メ-トル以下の都市だったのですり鉢状の街、なので余計に水の被害が大きかった。

    この街は以前からそんな危険姓を指摘されていたそうだが、大きな被害が出ない限りその警告も無視されるものなんだろう。
    アメリカ史上最悪の自然災害になってしまったが、実際に災害が起きてみないと警告の意味も理解できないんだろうね・・・哀しいことに!
    災害はいろんな意味で人災の要素が強い、一番の要素は乱開発だけど。

    各地で川の氾濫や山の地すべり、そして土石流も発生している。
    街が水没しているし死者や行方不明の方たちが多数いる、災害が起きるとニュ-スを見るたびに悲しい出来事が映し出されるね・・・
    人間でも抗いがたい自然災害、小さき者たちが無事でありますように・・・そう祈らずにはいられない。
    広範囲に渡って雨量の多い雨雲が有り、まだこれから雨量の増す地域もあるとか。
    台風の進行方向に当たる地域の方は、充分以ご注意ください。

    昨日のおチビはすっかり慣れて、一人でその辺をコロコロと遊んでいる。
    ドルも慣れたのか飽きたのか余り構わなくなった、おチビはそんなことはどっちでもいいんだろうけど(笑)
    子猫用のカリカリをやると、一生懸命口に入れて噛もうとするんだけど噛めない、まだちょっと無理かな?
    でも食い意地が有るのでもう大丈夫、保護した男性がお世話になると差し入れしてくれたレトルトを、フガフガ言いながら必死で食べていた。
    食い意地のある子は元気な証拠、2日も外で頑張れたんだからきっと健康に生まれたんだろうね。
    しばらく様子を見てすぐに里親募集をしてやろう、甘えん坊な子だから今度はうんと可愛がってもらおうね。

    さくらちゃんの写真が届いた。

    さくらちゃん

    しばらく見ないうちにすっかりお姉さんになってるし~(*^.^*) うふ♪
    うにゃうにゃ鳴いているので避妊の相談に病院へ行く予定とか、女の子は結構成長の早い子が多いからね・・・
    早めに避妊手術を出来るのなら、してやったほうがいいかもしれないね。

    一日だけ秋?

    台風一過爽やかな秋風、そう思わせるような気持ちのいい風が吹き、気温も低めだった。
    朝はまだ強い風が吹いていたが、次第に風も止み日が射してきて爽やかな一日で気持ちいい♪
    でも天気予報予報では明日は残暑が厳しいそうだ、今日だけ束の間の秋の爽やかさの日らしい・・・
    今朝の10時で電車が動いていなかったら全休になっていた、でも電車は普通に動いてたし~!(爆)
    どちらにしてもゆっくり行くつもりだったので朝寝、はよ出ておいで~と電話があった・・・(ー_ー;)行かねばならぬのね・・・
    ってことで朝はゆっくりと出勤、しかし朝さぼったお陰で午後からは大忙しぢゃ、え~ん罰が当たっちまった・・・

    台風14号は各地に記録的な大雨を降らせている。
    四国の早明浦ダムは貯水量がほとんど無かったのに、一日にして貯水量が100パーセントになった、すごっ!
    いかに今回の台風が降らせた雨が多量だったか解る話だね。
    台風が通った東側に位置する地域では、余りにも大量の雨が一度に降ったので洪水や土砂崩れが起き、時間が経つほどに被害状況の大きさがニュ-スで流されている。
    被害に遭われている方の中には高齢者が多数おられるが、どうしても過疎化してしまった町には高齢者の方たちが残っているので、今回はそういう方たちが犠牲になられている・・・いたましいことだ。
    まだこれからが本格的な台風シ-ズン、こんな災害はもう沢山!

    キジチビ君はとてもおとなしい、遊ぶのを見てものんびりしてるし~(笑)
    お腹がすいてもアピ-ルしない、お皿に入れてやるとガツガツ食べるのに、自分から欲しいとは余り言わないのはなぜ?
    性格がおとなしいのかな?、遊ぶのも一人遊びのほうが好きなようだし、すぐにどこかの隙間に入り込んで寝ている。
    体の調子は悪そうには思わないが・・・多分環境の変化でまだ戸惑っているのかもしれない。
    ドルがコロンコロンと転がして遊んでいるが、格別怒るわけでもないし逃げるわけでもないしね。
    かなりのんびりとしている天然坊やなのかな?、だったら扱いやすいくていい子だわ♪

    トムとキジチビ

    トムの横に置いてやったら逃げるでもなくぼ-っとしている。
    トムも初日は「誰や?こいつは!」と一度怒っただけで、あとはこのとおり。
    穏かな性格の子なのでおチビが側に来ても気にしていない、おチビも怖がらないから以前は一緒に大人猫がいたのかな?
    他の子たちが側に来ても平気、もしかしたら親と一緒にいたのかもしれない。
    だったら兄弟がいたんじゃないのかな?、この子だけいたようだけど他に兄弟がいたのなら、多分一緒に捨てられているはず。
    保護した人はおチビだけで他にはいなかったと言っていた、う~んよく解らんな・・・・

    トムとキジチビ

    おチビは体も今のところは小柄、もっと運動量が増えるて食べるようになると解らないけどね。
    お腹がカエルのようになるくらい食べないから、まだもう少し体力がついてないのかな?
    まあゆっくりと大きくなればいいさ、カリカリだって噛めないくらい小さいのだからしょうがないしね。
    その子によって体質が違うので、しばらくは様子見かもしれない。
    鼻水も目やにも出していないから風邪引きではなさそう、だったら食欲が出てきてくれるといいんだけど・・・

    やっぱり残暑ですわ

    やはり天気予報が当たった、残暑が厳しくてお日様がカンカン・・・
    でもさすがに真夏と違って気温は高いのに、風が湿気を含んでいないのでとても爽やか♪
    これなら少しくらい暑くっても我慢できるし~(⌒⌒)v
    日中は暑くても朝晩は少し涼しくなったので過ごしやすい、こうやって少しずつ秋になっていくんだろうね。

    台風14号の被害状況は本当に大変なことになっている、時間が経つごとに各地から情報が入るとその被害は全国に及び、大雨の被害で各地で洪水と土砂崩れで寸断され、孤立してしまっている所が沢山ある。
    山深い地域は道路が土砂崩れで寸断されているので、生活物資が無くなっても救援にも入られない。
    まして高齢者の方が多い地域なので救援活動も中々進まないだろうね、悲しいことに・・・
    被害に遭われた方たちが、どうぞ一日も早く日常を取り戻すことができますように・・・

    キジチビ君は今朝から急にお腹がすいた~!と鳴きだした、おおっ!やっと普通の子猫になったのか?(爆)
    かなりの甘えん坊で人間大好き♪、可愛らしい声で鳴きながらやってくる。
    それにトイレも一度で覚えて自分で入っている、でもおしっこやウンチをしながらニャ-ニャ-鳴くのよね。
    何でそんなに鳴くんや?と思うくらい鳴いている、一種の癖なのかな?(*´▽`*)プッ
    一人で何かで遊んでいることが多くなったし、昨日までのように寝てばかりでもなくなった。
    やっと体力が少しついてきたのかな?、ご飯くれ~と言えるようになったら元気になった証拠だもんね。

    パソをしている椅子の上に置いてやると、座布団に一生懸命モミモミをしてゴロゴロと言っている。
    お母さんのおっぱいが恋しいんだろうね・・・だよね~、まだちっちゃいもん!
    お腹がすいたり寂しくなると鳴きながらやってきて、私の足の甲の上に片手をそっと置く、可愛い~!
    そして座布団にモミモミ、こりゃ~この子は相当の甘えたさんですわ(笑)
    それにかなりおとなしい、遊ぶのも走るものおしとやか・・・という、とても静かな子ですわ。
    まだ小さいので解らないけど、多分この子はおとなしくて性格も穏かなんだろうね。

    特大と特小

    アメ君の尻尾にじゃれていたら、アメ君に愛のムチを貰ってるし~
    子猫が大好きなアメ君のこと、酷くはしないけど余りの体格差が・・・アメ君は前足だけで勝負できます(爆)
    おチビはとてもマイペ-スな子のようで扱いやすい、1週間ほど様子を見てすぐに里親募集をしてやろうと思う。
    台風が来る前日に保護された強運の子なんだから、きっと幸せになれるさ!

    チビちゃんがんばる!

    台風の置き土産のお陰で空が綺麗♪、昨日から山の緑がくっきりているし。
    都会の空気は汚れているので空が綺麗じゃない、夏の青空も目に痛いほどには青くないもの。
    キラキラと瞬く星を眺めていたら、子供の頃に田舎で見た壮大な天の川が見たくなった。
    今では田舎でも見れない天の川・・・もう一度「星降る夜」を体験してみたいものだね。
    ちなみにこのブログは天の川、でも本物が見たいよ~!

    重陽の節句

    今日は9月9日「重陽の節句」の日だ。
    そう聞いても知らない人の方が多いだろうが、五節句の中のひとつで「菊の節句」とも言われている。
    菊の花びらを浮かべたお酒を飲めば長寿に恵まれる、という中国の故事にならった行事だ。
    季節を大切にしていた時代には故事にならって祝っていたそうだが、今では重陽の節句すら知らない人の方が多い。
    同じ五節句でも1月7日の「人日」は七草がゆで、3月3日の「上巳」はお雛様、5月5日の「端午」と7月7日の「七夕」も今でも盛大に祝われるが、9月9日の「重陽」はなぜか忘れられている。
    特に9月はお月見が有るので余計なのかな?、古き良き時代のしきたりも少しずつ形を変えていくものなのかもしれない。

    日中は残暑が厳しいが夜になるとぐっと気温が下がる、今日も過ごしやすい気温になり気持ちのいい風が吹いていた。
    真夏のように夜も昼も暑いと体が休まらないが、この時期になると夜だけでもほっとする。
    しかし気をつけないとこの時期から夏バテも本格化するよね、体も夏の暑さから解放されてほっとするのかな?
    なのにお盆前から鳴いていたコオロギの声が聞こえなくなった、なんでだろうね?
    これからは違う種類の虫の声に代わっていくのかな?、公園が多いので茂みの中から虫の声が聞こえると、そんな時は秋を実感できるんだけどね。
    でもまだまだ日中は暑いから、もう少し虫も本格的な秋になるのを待ってるのかもしれない。

    おチビさんは今日も元気だが、保護猫お決まりの少し便が緩いになってきた。
    下痢ではないがやはり少し柔らかいので、ちょっと気をつけてやらないといけないね。
    環境が変わり食べ物が変わるので仕方がないが、子猫なので下痢には充分注意をしてやらないといけない。
    あいもかわらず大きな声で鳴きながらうんちをしている、出にくいのかな?と思って見ると柔らかいからそうでもないのにね。
    鳴きすぎて少しえずいていた、やっぱり出にくくてきばっているのかな?

    何見てるの?

    でも今のところは食欲は有る、食べているお皿に触るとすかさず前足で押さえるもん(笑)
    食い意地は充分なようなのでいいんだけどさ、ちっちゃくてもすることは一人前だと思わず笑ってしまうね。
    しかしおとなしい、このくらいの大きさの子は他に猫がいると喜んで遊ぶけど、一人でその辺をウロウロして遊んでいるから、一人遊びのほうが好きな子なのかもしれない。
    走り回ることは余りしないで、トコトコト歩き回っているという感じかな?
    もう少し体が大きくなると解らないが、久しぶりのおとなしい子だから楽ちんで嬉しいですわ(爆)

    六郎のお見合い♪

    本日は六郎をご希望された方とお見合いの日、茶トラの甘えん坊な子をずっと探されていたそうだ。
    長女とほとんど年齢の変わらない方で、初めて猫を飼われるそう。
    ずっと猫を飼いたかったのだけど、きちんと準備をしてからと決めておられたとか。
    それは嬉しいことです、衝動的に飼って結局はほったらかし、という人に爪の垢をやってくださいな。
    やはり生き物を飼うのだから、とマンションのオ-ナ-にも了解を取り、そして勉強もされたとか。
    そうです、本来は全ての人がそれだけの意識を持って欲しいのです!
    六君、君は本当にいい人にご希望いただいたね。

    駅前で待ち合わせをしたのだが、着くともうお友達と一緒に待ってくださっていた。
    長女は今日はバドミントンの練習でいなかったが、婿殿は何処にも行かないで家にいるように言っていたので、賢く待ってくれていた(爆)
    しかし肝心の六郎・・・いつもはフレンドリ-なくせに、今日に限って逃げるか~?
    玄関の下駄箱の上が定住の地のうめは歓迎してくれたのに、人間大好きな六郎が今日は機嫌が悪い。
    昨日会った時は普通だったのにどうした?、急に機嫌が悪くなったのか?、それとも知らない人でびっくりしたの?

    でも何度かつれてきてなだめているうちに落ち着いた、やれやれ・・・猫の気落ちは解りませんな~
    六郎は茶トラだが色が変わっている、表面に薄くスモ-クがかかっているのだ。
    最初は薄汚れているのかと思ったけど、何度洗っても茶トラの色の上に薄くスモ-クのかかったままだった。
    こんな色合いの茶トラは初めてだったのでちょっとビックリ、洋種とのミックス化が進んでるんだね・・・
    五郎はパステル気味の茶トラで、薄めの色合いが綺麗な子だ。
    かたや六郎はスモ-クのかかった濃い目の茶トラ、茶トラも色々で本当に千差万別になってきたね。

    体の小さいキジトラのすずは人間が大好き♪
    本日もお客様の膝の上でゴロゴロと言っていた、すず可愛い~♪と気に入ってくださったけど・・・茶トラご希望だったのでは?(爆)
    そのうちに落ち着いて私のひざの上で寝だした六郎、落ち着いてくるといつもの調子が出てきて余り人を怖がらないもんね。
    多分すぐに馴れてくれると思いますよ~、今日はちょっと虫の居所が悪かったのかな?
    フロ-リングの上で写真を写すと、色が一体化してしまう六郎。
    でも手足にスモ-クがかかったいるのが解るでしょ?

    フロ-リングと一体化の六郎

    チビキジの体重を量ったら473グラムだった、まだまだちっちゃいね。
    仕草も鳴き声も可愛いのでひょっとしたら女の子?、とよく確認したら・・・女の子でした~(爆)
    保護した人がオスみたい、そう言っていたのだ「あ、そう」で済ませていたけど・・・
    まあいつものことですからお許しを(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!