2007年11月 の記事一覧

    写真を写すのは難しい・・・

    一日中雨が降ったり止んだりのお天気で、太陽が出ていなかったお陰で少し肌寒い。
    とは言っても20℃をちょっと切るくらいだから、この時期にしたらさほど寒くはないけどね。
    動きやすくて快適な気候です、熱いのも寒いのも嫌い(笑)

    シロマメじいちゃんはどこをウロウロしてるんだか・・・
    おごじょはいつものように呼んだら飛んで来たけど、あいも変わらずおごじょの餌は持ってきてない、なんでやねん!
    シロマメは人目につくところにいつもいたが、おごじょは臆病者なのでいつも隠れていた。
    人がくるとそそくさと逃げるので、おごじょのことをみんな余り知らないんじゃないかな?
    でも餌やりさんはおごじょを知ってるはず、なのになぜ差別するんだ?
    今度出会って聞いてやる!(怒)

    ギズオがまだ出てきていなかったので、先日どこへ帰るのか見た場所に行って名前を呼ぶと・・・いたいた!走って出てきた。
    やっぱり場所替えをしている、しかし今度は周りに何もない駐車場だ。
    そんな所でなにをするんだ?、車以外何もないよ?
    っていうか、隠れる所があるのか?

    大型車の下なら隠れられるけど、車体の中に入るんじゃないよ!
    急に動いたら危険極まりないのに、冬になるとはよく大きな車の下にもぐりこむ。
    今度中に入って隠れる所があるかどうか調べなきゃ!
    はい、またもやカギのかかった所へ不法侵入です(爆)
    でもフェンスを登らなくても、出入り口の戸とフェンスの間が開いているので、体を横にすれば簡単に中へ入れるんですけどね。
    何のためのカギ付きの出入り口にしてるのか?、といつも不思議に思うんですがね(^O^)きゃはは

    昨晩次女が来て沢山写真を写していった。

    あんまり上ばかり見てると、首が痛くなるよ~

    一生懸命何かを見ているオレンジとネーブル。

    こんなときは表情が真剣ですね~(笑)

    こちらはオレンジとグリコ。
    こうやって並ぶとやっぱりグリコは小さいね。

    はい、もちろんやらせです(爆)
    カメラの上でじゃらしを振りながら写してます。
    電気の下でフラッシュ無しで写すので目が光らない、やっぱり黒目が大きいほうが可愛いもんね(笑)

    そしてゆずのポートレート集です。

    可愛いバージョンのゆず

    可愛い表情をしているゆず、まあこちらも一生懸命何かを見てますがゞ(^^* えへ

    アンニュイなゆず・・・でも本当はムカッかも?(爆)

    アンニュイな表情のゆず、でも本当は「上ばかり見るのに疲れた・・・」でしょうね、多分(笑)

    沢山写しても使える写真はごく僅か、なにせ動き回るのでピンボケばかりですから。
    でも何かの拍子に可愛い写真が写せる・・・そう何分の一かの確率しかないけど、デジカメはいらなければ捨てられるので便利です。
    でもほとんどが「要らないや」で悲しいですが(爆)

    子猫の虐待事件

    子猫の虐待事件があったという連絡を貰った。

    まずはこの写真を見ていただきたい。

    保護されて間のなく

    体中に接着剤をつけられ、民家の庭に投げ込まれた。
    発見時は両前足がくっつけられており、歩くことが出来ないので転がって来たそうだ。

    前足をくっつけられていた頭に沢山ついている

    何とか取れるだけ取り病院へ。

    弱ってぐったりしている

    顔にも沢山の接着剤がつけられている。
    もしどこかで誤って自分でつけたとしても、顔にはまず接着剤はこんなにつかないと思う。
    なんといっても匂いが強烈だから、鼻の効く動物は接着剤になど顔を突っ込まないものだ。
    一昨年保護したボンド(現奏太君)は海岸の空き地にいたのだが、そこは建物がない所なので不法投棄されたものがいっぱいあった。
    多分その中にはまったのだと思う、写真を見たら分かるように下半身に重点的についているから。
    ボンドは頭や顔には余り接着剤はついていなかった、前足で顔をこすったときについた程度だ。
    しかしこの子は顔や頭にかたまってついている、故意に誰かが塗ったようなつき方のような気がするが・・・

    頭についていた前足は、接着剤で真っ黒

    ボンドは保護時は接着剤が固まっていたが、そしてあちこち動いたので釣り人が捨てていったテグスが体中に巻きついていたのだ。
    そのうちに接着剤が固まって動けなくなっていたのを保護したのだが、じっとうずくまっていたので脇はくっついてしまっていた。
    この子はあろうことか足を引っ付けられていた!
    動きたくても動けない、どんなにもがいたか!苦しかったか!
    まったくなんてことをするんだい!(怒)

    病院で切れる所はカットしてもらった

    接着剤をつけられた状態でどれくらいの時間いたのだろう?・・・衰弱しているので、やはり長時間手足が動かない状態だったのだろうと思う。

    もちろん警察にも届けた、しかしこんな小さな子猫をいたぶるとは何たることを!
    この子は、投げ込まれた家の人が保護してくれたからよかったようなものの、そのまま放置されていたら苦しんで死んだことだろう。
    生き物をおもちゃにしてはいけない、こんな簡単なことですら分からないバカがいるんだもんなぁ・・・

    家につれて帰り猫缶を食べたあとは、ただひたすら眠っているそうだ。
    かなり衰弱していそうで、接着剤がいくらか取れて体が自由になり、お腹いっぱい食べれて暖かい寝床に入ったら、やっと安心したのだろう眠るばかりとか。
    しばらくはゆっくり静養させてやって、早く体力の回復をさせてやらないとね。

    さて、この件で警察は動いてくれるのかな?
    こんな悪質なことをする者は捕まえないと、どんどんやることがエスカレートするよ?
    重大犯罪が起こる前に未然に防がないと、こんなことをする奴は次にどんなことをするか分からない。
    届けだけで済まされたら、なんのための動物愛護法が制定されたのか分からない。
    警察にすればつまらない事件かもしれないが、動管法がある以上は捜査をしなければ!

    本来は便利であるはずの物が凶器に変わる・・・こんなことが日常に平然と起こっていることが怖い。

    接着剤の取り方

    オレンジのお届け

    朝から快晴、そして暑いくらいの気温でとても過ごしやすい日になった。
    そんな中をお待ちかねのオレンジのお届けに向かった。
    お届け先はお隣の明石市なので、高速道路を使っていけばすぐに着くという近場でして。
    しかも地図を見れば大変そうに見えた道中も、通ってみれば「あれ?ここは前にとおったことあるし?」
    そう、昨年鹿児島のくまさんの保護犬の代理のお届けをした道、な~んだ簡単に行けるじゃん(⌒⌒)v

    待ち合わせ場所にしていた駐車場に着いたのが、約束していた時間よりかなり早めだった。
    道中が停滞も無くスムーズに走れたので(迷わなかったし(爆))、余分にみていた時間を消化せずに着いちゃったんですね~
    これは本当に私としては珍しいこと、いつもは時間を余分に取っていても迷うので遅刻だもん(*^.^*)エヘッ
    まあたまにはこんな珍しいこともあるんですね、今年は異常気象だし~(笑)

    頭の中は逃げることでいっぱい(笑)

    電話をかけると里親さんは走ってきてくださった、あらまあごめんなさい。
    でも若いしスポーツマンなので、乱れた息すぐにも元に戻る・・・なんとまあ羨ましいこと(爆)
    待ち合わせ場所から自宅までは里親さんが横に乗って下さっての道案内、お陰で迷わずに到着できましたぁ~
    しかも家に着くと、これまた飛びっきり美人の彼女がお待ちかね、オレンジ君よかったね(笑)
    キャリーから出てすぐはさすがのオレンジもへっぴり腰、でもすぐに短い尻尾をピンと立ててましたけどね。
    おもちゃを振ってもらったら、先ほどまでのへっぴり腰はどこへやら・・・さすがに「人見知り」という言葉は辞書に無いオレンジです(*^^;;

    まあちょっと前を見てやるかヽ(´o`;lll オイオイ

    しばらく遊んでもらったらもう俺様流のオレンジ、な~んの心配も無い子なので助かります。
    骨格も体つきも根性も、全部が太い子ですから安心です(笑)
    茶トラの性格といわれるものをみんな持っているオレンジなので、里親さんにもすぐに馴れると思います。
    っていうか、私がいる間にすでに馴染んでましたけど(爆)
    オレンジのような子のお届けはとても気が楽、見ていてもすぐに馴染んでくれるものね。
    大らかな性格の子は育てるのも楽だし譲渡も楽なので、精神的負担が軽くて助かります。

    ボクの名前は蜜柑になりmした~

    そしてご用意下さっていた命名式(爆)
    今日からオレンジの正式名は「蜜柑」になりました。
    天然坊やですが、どうぞ蜜柑君をよろしくお願いいたします。

    里親希望を下さった時点から、里親さんはブログを立ち上げておられました。

    「みかんの日常」

    子猫探しから始まるブログで、里子を貰うことが無い私には、里親さんになろうと思っている人の心境がよく分かりとても勉強になりました。
    初めての猫、さてこれからどんな悪戦苦闘の日々が始まるのか?、とても楽しみにしております(爆)

    さて、家に帰ると一番賑やかな子がいなくなったので静か・・・と思ったけど違った~
    もっと五月蝿いのがいた、その名はグリコ(笑)
    「おおっやっと帰ってきたか、んじゃあ遊んでよ~」「はいはい」
    ネーブルはさすがに寂しいのかしきりに鳴いている、産まれたときから一緒にいたので寂しいのだろう。
    私の姿が見えると一番に鳴いて、猫缶を持っていくと一番にかぶりついて、猫じゃらしを振ると一番に飛びついていた子がいなくなるとさすがに静か・・・というか、ちょっと寂しいね。
    でも大丈夫、交代要員がいるのですぐに同じことをしている奴がいる・・・はい、それはもちろんグリコです(爆)

    夜になると寒くなった、日中との気温差が大きいので余計そう思うのかもね。
    気温が下がると外の子の食欲が増す、みんないつもより多めに食べていたが、今年は食べだすのが遅いくらいだ。
    この調子だったら一気に寒くなるからかもしれないね、一杯食べてしっかり皮下脂肪をつけて、びっしり下毛の詰まった被毛にならないと!
    寒い冬を元気に過ごすためには、今からしっかりと食べておかなきゃね!

    休日は忙しいです(笑)

    昨日にも増して暑い日だった、もう11月だってのにね。
    そして休日は恒例のフードの整理だ。
    フード類は定期的に片付けないと、あちこち散乱してどうしようもなくなるので仕方ないですわ。
    使った分の補充をして、開いた所にまた別な所から持て来た物を積んでっと。
    やりだすとエンドレスな作業ですなぁ・・・(><。)。。

    昨日蜜柑君の里親さんからフードのカンパをいただいた。
    何を貰うって?、そりゃあフードを貰うのが一番嬉しいです、ありがとうございました~♪
    そしてエディ君の里親さんからも、友人が買ったけど食べなかったから、とフードを送ってくださった。
    先日も送っていただいたが、食べないからといって処分するのはもったいないですからね。
    外の子は何でも食べるので、フードをいただくと本当に嬉しいです、こちらもありがとうございました~♪

    実はエディ君は春に亡くなっている、まるで仲良しのロイ君のあとを追うように・・・
    そのショックが大きかったので、里親さんはと暮らすのが怖かったそうだ。
    だろうね、続けて若い子を亡くしてしまったら、誰だってまた病気になるのでは?と怖いよね・・・
    でもそのうちに「この子!」と思う子に巡りあえるから、それまで待っていてやってねと伝えていた。
    そしてその「この子」に巡りあえたそうだ!、よかったよ~♪
    ロイ君とエディ君の写真は沢山有るけど、記録として何も残していなかったので、今回はブログを立ち上げられ記録に残されるそうだ。

    「青と金とサチ」

    ロイ君とエディ君は、生きた時間は短くてもとても可愛がられて幸せでした。
    あの子達もきっと「ボクたちのような不幸な子を助けてやって!」そう言っていると思います。
    不思議なものでご縁のある子はすんなりと来ます、ブルー君とシトロンちゃんもあっという間に来たとか・・・そうです、縁とはそんなもんなんですね。
    きっと来るべくして来た子たちなんでしょう。
    これからまた「のいる生活」を楽しんでくださいね♪

    今夜は暖かかったので餌やりが楽だった。
    でも何か変?、あちこちで不在の子が多いのはなぜ?
    マメサブとユキちゃんもいない、ミケさんも出てこない・・・粗ゴミを捨てに行ったときはミケさんがいたのに、餌やりの時には出てこなかった。
    ミケさんはハウスを作ってベランダで面倒を見てもらってるから安心だけど、いつも餌やりのときに貰う缶を楽しみにしてるのに?
    でも誰かに貰ったのかもしれない、粗ゴミの日は結構人が動くからね。
    とにかくいないマメサブとユキちゃんの分を置いて餌やりに行ったが、帰りに寄るとどちらもノソノソと出てきた。
    どうしたのかと心配したけど、暖かい夜なので散歩にでも行ってたのかな?(笑)

    駐輪場は誰も来ていない、なんで?
    しかしキジトラのおっさんは待ってましたが(笑)
    もうすぐシーズンに突入するからね、予行演習をしてるのかな?←まさか!
    モカの母ちゃんは大声で鳴きながらやって来た、いつも食欲旺盛な子ですわ(^w^) ぶぶぶ
    体も丸くなってらしくなった、この調子がずっと続いてくれると嬉しいんだけど。
    口内炎は厄介な病気だもんね、いずれまた大きな波がやって来ると思うが、その時も大過なく過ぎて欲しいもんです。

    まだちょっと表情が硬いね

    甘夏は少し馴れてきて、撫でてやっても体を硬くして逃げなくなった。
    ベッドの中でコロンとひっくり返ったりしている、撫でてもらうのが気持ちがいいことだって分かったのかな?
    まだ少し顔が険しいが、耳はもう水平にならない。
    かなりの臆病者なので、馴れるまでは時間がかかりそうだね。
    慌てなくてもいいからゆっくり馴れようね、人間も怖い人ばかりじゃないからね(笑)

    なんか文句ある?・・・いいえ・・・

    寝転んでテレビを見るのに楽なようにと、サマーベッドに座布団を敷いて寝転んでいるのだが・・・
    私がいないときはたちのベッドと化します。
    家庭内半野良のジャックとキンタ、アメ君の横にへばりついて寝てました。
    デジカメを向けたら凄みのある顔で睨まれた。
    「あの・・・そのベッド私のですが・・・」「それが何か?」「あ・・・いいえ何でもないです・・・」(爆)

    シロマメ

    10月27日に出会ってからいなくなったシロマメ・・・今日行方が分かりました。
    例の餌やりさんに電話をかけてきて欲しいと手紙を入れていたので、夜に電話がかかってきた。
    その時にシロマメの行方を聞いたら、弱っていてヨロヨロしていたとかもう死んだとか言うので、詳しいことを聞いたが要領を得ない。
    夕方にずっと餌をやっている年配の男性がいるのだが、その人に聞いたらと言うのでその男性の家を聞いた。
    電話を切ってすぐにその男性の家に行き、シロマメの消息を聞いてきた。

    10月28日にいつもの時間(6時過ぎ)に餌を持って歩道を歩いていると、生垣の所から白いものが見えたので見に行ったら、シロマメが上半身を歩道に出して死んでいたそうだ。
    どこにも傷は無かったので自然死のようだと・・・そして顔を見るととても安らかな顔をしていたとか・・・
    体はまだ少し柔らかかったらしい、だったら息を引き取ったのは1時間ほど前なのかな?

    27日はいつものように焼きいわし食べた、容器を引き上げに行ったときも焼きいわしを2匹食べた。
    いつもと変わらずだったのに・・・急に老衰になることも無いので、多分心臓麻痺だと思う。
    引越しで置いていかれた人懐っこい白猫が産んだ子で、平成6年の3月生まれのシロマメ、子猫のときから知ってるから長い付き合いだったね。
    長く患うこともなく逝けた・・・それがせめてもの救い・・・
    出来たら最後は看取ってやりたかったが、その男性が見つけたのもシロマメの意思、仕方ないよね・・・

    2002年9月23日

    2002年9月23日、去勢はしていたがまだボス時代の名残のあるころ。

    いつもいた場所に埋めてやろうとしたのだが、地面に木の根が張って穴をほれなかったので、斎場で焼いてもらうように連れて行ったそうだ。
    いつの間にかいなくなって、どこで死んだのかも分からない外の子たち。
    せめてシロマメの行方が分かっただけでもよかったと思う。
    ある日突然いなくなりそれっきりの子がほとんど、外の子の最後を知ることは本当にまれなことだ。
    シロマメの最後の様子を知ることが出来ただけでもよかった!

    2002年9月23日

    2002年9月23日、もうこのころには歯が痛かった。

    何度ももうダメだと思いながらも復活した子、でも自由奔放に好きに生きてこれたので、シロマメは自分の一生を後悔していないと思う。
    最強のボスをしたし、去勢して引退したのちはこうやってみんなに気にかけてもらったし。

    2002年11月15日

    2002年11月15日、体も丸かったころ。

    ずんぐりむっくりの首の無い体型に、強面の凄みのある顔。
    なのになぜか憎めない子で、多くの人にあそこの白い猫と言ってもらっていた。
    13歳と7ヶ月の長生きをして、多くの人にせっせと餌を運んでもらって・・・そして最後は苦しむことなく逝って・・・大往生だねシロマメ。

    2005年9月18日

    2005年9月18日、このころはまだ痩せていない。

    私が悲しむと思ったのかな?、最後は元気な姿だけを見せてくれたのかもしれないね・・・
    「また明日ね」と頭を撫でて別れたときのシロマメは、焼きいわしを美味しそうに食べていた。
    だから私の目には、美味しそうにご飯を食べていたシロマメがいるだけ、それでいい・・・
    そう私の中には、行く手を阻むようにゴロンゴロンと転がって甘えていた1歳半までと、眼光鋭く周りを見回しながら歩いていたボス時代と、去勢後の好々爺になった穏やかなシロマメがいる。
    今もどこかで元気にしている、そう思っておこう。

    2007年1月2日

    2007年1月2日、まだ13歳になる前なのに、外の子は老化が早い。
    それだけ環境が厳しいってことなのか・・・

    午後遅くから降り出した雨は、餌やりのころになっても止まない。
    ギズオはまた駐車場にいたのでフェンスの角まで誘導し、フェンスに傘を引っ掛けて雨除けをして餌をやった。
    そこなら地面は濡れているが傘を引っ掛けれるので雨には当たらない、本当は毎晩そこで待ってくれてるのが一番いいんだけど。
    人も通らない奥のほうで安心だろうにね、餌場の移動をさせたいのだけど、相手がギズオだからなぁ・・・

    雨が降るとモカの母ちゃんが来れない。
    でもキジトラのおっさんも工場にいる黒猫も、車の下に隠れたりして待っていた。
    駐輪場は誰もいなかったが、置いておけばそのうちに来て食べるからいいけど、お弁当にして食べる子は置いておけないから来ないことには食べれない。
    いやほんと!、雨降りの日は苦労しますなぁ・・・

    ボブとグリコの里親募集を始めます

    朝から曇り空で今にも雨が降りそうなお天気、なのに一日中雨は降らず・・・鬱陶しいったらありゃしない!
    不安定なお天気の日は気持ちも落ち着かない、生き物ってなんてお日様の恩恵に預かってるんだ、とみょうなところで納得(笑)
    明日はお天気になるのかな?

    あけっちさんからボブの写真が届いたので、急いでページを作った。
    しかし今年は中以上の子の里親募集の動きが鈍い、この暑さが原因だろうが、それにしても・・・(; ̄^ ̄)ん~
    まあね、保護してくれる人が増えてきたので、需要と供給のバランスが崩れているんだろうけど。
    それにを飼う人も増えてきているとはいっても、もうかなり行き渡ってるだろうしね。
    そんな中をボブとグリコの里親募集を始めます。
    素敵な里親さんに出会えますように・・・

    なのに飼っている子を平気で捨てる人がいる、だからボブのように大きくなってから捨てられる子がいるんだよね。
    こんなことしてたらエンドレスだよ・・・いったん飼いだしたら、終生面倒を見るのは飼い主の義務と責任だよ?
    それをまるで飽きたおもちゃを捨てるように捨てる、人間ってなんて残酷な生き物なんだい!(怒)
    地球環境を平気で壊しているのも人間、生き物の命を大切にしないのも人間。
    やっぱり人間が地球のガンだって言われるのは、当たり前だよね・・・

    昨晩は雨で出て来れなかったモカの母ちゃん、車の下から飛び出して走って迎えに来る。
    こら~っ!飛び出したらあかん!、もし車が来たらどうするんや!
    最近はかなり馴れてきて(しかし何年かかったんだ?、3年?4年)、自転車の明かりが見えると鳴き出すようになった。
    いや鳴かんでもええってば!、そんなに大声で鳴いたら餌やりしてるのが分かっちまうってば!
    最近は好調なモカの母ちゃん、一日食べないと背中の皮がお腹にくっつくらしい・・・(爆)

    でも「餌が来た!」と飛んで出てくるけど、ミニ缶をやるときにうっかり顔に手が近づくと、今も変わらずシャカ-ン!
    この間も引っかかれたっけ、だからいつもスプーンでやってるんだけどね、それでも引っかかれるんだもんなぁ・・・
    甘えて鳴いていても気は許さない、そうだよ外で生きていくのにはそれくらいでなくっちゃね。
    でも私を引っかくのは止めてくれ~(笑)

    曇っていても雨さえ降らなかったらいいのさ、どうせ夜だし曇っていても関係ないもんね(^w^) ぶぶぶ・・・
    風が無かったので寒くなかった、これからの季節は少し風が吹いただけでも気温が下がるので、寒い中を待っているかと思うと切ない。
    せめてものできることは、栄養のあるものを沢山食べさせてやることだけ。
    しっかり食べてしっかり太って、来たるべき冬に備えておくれ!

    「何か用?」「いえ・・・」爆

    プーさんが何を思ったのか子部屋に入ってきた、そしてさっさとケージの一番上のベッドに入り爆睡。
    おチビさんたちは闖入者にびっくりして見てるだけ・・・(笑)
    そんなことは意に介さないプーさん、満足するまで寝たらワイヤーパネルの前で「開けて~」と待ってました。
    飄々とした性格で争うことをしないプーさん、大人がゴロゴロいるところよりも、子ケージで寝る方が静かでよかったのかな?
    背中をトントン叩いたらいちおうは顔を向けた、しかしこの後また寝ちまった・・・(爆)

    プーさんはシロマメより8ヶ月若いだけ、今月で13歳になる。
    家の中にいる子と外にいる子と・・・外見だけでもこれだけの違いが出るんだよね・・・

    なんか減ったような気がするが・・・気のせい?(爆)

    ネーブルがそんなプーさんのような子だ。
    昨日来ていた次女も「ネーブルはほんまにええ子や~」と言ってた。
    「プーさんみたいな子やったら、5匹おっても1匹分やな」といつも話している。
    でもまあネーブルの方がかなり甘えたさんですが(笑)
    ゆずもネーブルも里親さん募集中です♪

    タヌキはいなくなった?

    今日は長女の誕生日だ、あの日は朝病院へ行くときはとても寒かった。
    何かあったときはその時の環境をよく覚えているもんだ、だから朝車に乗るときに寒くて震えたことを覚えている。
    なのに今日は何?、全然気温が違いますが?
    まだ薄い上着を着るぐらいで充分、事務所の中はニットなどとても着ておれないくらい。
    人が大勢集まると暑くなってクーラーがいるし、なんだって今頃クーラーなんだ?

    アメリカでは山火事が延焼し甚大な被害を及ぼしている、空気の乾燥が火を広げたそうだ。
    他方ジョージア州では100年に一度の大干ばつが起きている。
    地球温暖化は異常気象を起こし、色んな形の大きな災害を起こしているのだが・・・
    大干ばつかと思えば大洪水、そしてやってくるハリケーンはレベル4や5クラスがやってくる。
    アメリカも真剣に温暖化対策を考えないと!
    アル・ゴア元副大統領が告発した「不都合な真実」、どんどん事実になっていくのがとても怖い。
    ニュースを見ていると悲しい話が多くてイヤだね・・・

    雫の母ちゃんの姿を見かけなくなってから、もう3ヶ月近く経つ。
    随分と馴れて迎えに出てくるようになっていたのに・・・
    その頃にはもう地面に埋めている鉄鍋の中に、周りに置いているカモフラージュ用の大きな石や砂が入っていた。
    カラスや鳩も食べに来るが、鳥は大きな石を落としたりしないし、砂を容器の中にわざわざ入れたりしない。
    砂や石を落とすのは、砂かけをしたり食べた残りを隠そうとするからだ。
    結構大きな石を置いているのに、それを落とせるのはタヌキ以外に考えられない。

    そんな状態がここ3ヶ月続いていたが、しかし今日始めて石や砂が入っていなかった。
    しかも底に少しカリカリまで残っている、これも無かったことだ。
    タヌキは山に帰ったのかな?、それとも餌に飽きて他の場所に移動したのかな?
    餌を置くときには周りにタヌキの気配は無いので、置いてからしばらくしてから来てるんだと思う。
    タヌキが来るまでに雫の母ちゃんが食べに来てればいいが・・・でも来れてないだろうな・・・
    超臆病なあの子のことだもんね、タヌキが怖くて来れないと思う。
    だったらどこで食べてるんだろう?、それよりもどこへ行ってしまったんだろう?
    近くに餌場は全く無いのに・・・タヌキのバカヤロ-!

    帰るときにフェンスの向こうを見たら、細い通路の所に何か黒い物体が!
    何かの死体には間違いないのだが、なら中ぐらいの大きさだから母ちゃんじゃない。
    でも真っ黒なのよね・・・もしかして母ちゃんが痩せたくらいか?
    そう思って懐中電灯で照らしてみても、暗いし遠いしでよく分からない。
    フェンスにへばりつくようにして何とか分かったのが・・・カラスでした。
    くちばしを向こう側に向けてたので分かりにくかったのだが、やっとくちばしを確認できてカラスと分かった。

    しかしまたカラスが死んでた?、春には鳩が死んでいてその後2週間ほどしてカラスも死んでたんだけど?
    最近カラスが増えているから、勢力争いでもしてるのかな?
    マメサブたちの餌場の横のゴミ箱も、毎朝カラスがたむろして漁っている。
    この前出勤時にいたので数えたら、7羽も並んでた~( ̄O ̄;)
    ゴミを引っ張り出して回りに散らかしている、それを見たらまたがしたっていう人がいるだろうに。
    気がつけば片付けるが、それが毎日だもんね・・・タヌキも獰猛だけどカラスも大して変わらん!(怒)
    外の子は人間からの脅威だけではなくて、自然界の生き物からの脅威もあるから大変だ・・・

    可愛いバージョンのグリコ♪

    こうやってると可愛いでしょ?(笑)
    でもその実体は?、はいもう元気がよすぎてたまりません。
    ワイヤーパネルを開けると同時にダッシュで飛び出すグリコ、すばしっこいったらありゃしない!
    ネーブルは「ダメ!」というと出ないのに、グリコはそんなこと聞いちゃいません(爆)
    でも出たはいいけど途中で何か見つけては立ち止まるので、あえなく御用になっとります(*´▽`*) プッ
    そんなところはまだまだ子供ですね~

    何やら文句を言ってるようです(笑)

    そしてグリコはよく鳴く、まあ文句を言ってるんでしょうが(笑)
    なので写真を写すとこんな顔でよく写るんです。
    文句を言ってる証拠写真ですね。
    って言うのはウソで、甘えん坊なので鳴いてるだけですが(*^^*) フフ

    砂粒の恐怖(爆)

    里親募集の掲示板の記事がまた無くなりました。
    前回も海外からのスパム記事を削除したら無くなりました。
    パソコンに詳しくないのでよく分かりませんが、スパムを削除すると記事が消えるようになっているのかもしれません。
    投稿くださった皆様には大変ご迷惑をおかけし、申しわけありませんでした。
    記事を投稿されるとメールが来るように設定してありますので、記事は再掲載できます。
    ただ、まだ新しい掲示板を見つけておりませんので、すぐに再掲載できません。
    申しわけありませんが、もう少しお待ちくださいませ。


    しかしスパムを仕掛けてきて、そのスパムを削除したら他の記事も一緒に削除されるように出来るんでしょうか?
    プログラムそのものがよく分からないので、2度も同じことが起きるのが信じられません!
    それともパスワードを盗まれているとか?
    ハッカーは凄腕ですから簡単なパスワードくらい読み取ってしまうでしょう、だからその可能性は有ると思います。
    さて困ったことになりました・・・

    次女の家にグリコが来た時に、トイレ用に砂を買っていた。
    そのトイレ砂を先日持ってきてたので、子猫たちには砂トイレを使っていたのだが・・・
    もう!もう!部屋中砂だらけ・・・歩くと足の裏が砂まみれ・・・ついに頭にきて砂トイレを撤去。
    甘夏にも砂トイレを入れていたので、まずは甘夏用のトイレを買ってこないと!
    ということでホムセンへ行き、ケージ用のトイレを購入してきた。

    帰ってきてから掃除機をかけたが、かけてもかけても砂が出てくる。
    まるで砂漠にいるみたい・・・←かなりオーバーですが(^^;;;
    でもそれくらい砂が沸いて出てくる、座り込んで掃除機をかけてるのに?
    ケージを引っ張り出してみたら、奥のほうにも落ちてるし・・・
    必死で掃除機をかけるのにまた一粒、こっちにも一粒(><。)。。
    何で沸いてくるの?、ベッドだって掃除機をかけてるし、隙間用のノズルにも差し替えてるのに?
    もうイヤぢゃ・・・あたしゃ砂は嫌いぢゃ・・・砂漠には住めないタイプの人間です(笑)

    グリコが余りにも悪ガキなので、本日はかなり厳しく叱ってみた。
    おおっ!あれだけ叱っても平気だったのに、なんと「ダメ!」と言うと顔を見るようになった、進歩だ~(爆)
    ふむふむ、言葉を理解するようになったということは、順調に成長しているということだ。

    こんなのお茶の子さいさいさ!

    しかしいくら怒られても、平気でこんなことをしてますが・・・_(_ _*)

    駐輪場の八われの子がここ10日ほど見かけない。
    最後に見かけたときは、道路を渡って来てモカの母ちゃんの所にいた。
    その時にキジトラのおっさんがいたのだが・・・
    ひょっとしておっさんが追いかけたので、道路に飛び出し車に轢かれたのか・・・

    人馴れしているから、たまに通勤や通学の人に猫缶を貰っていた。
    以前も1週間ほど出てこなかったことがあるが、こんなに長い間いないのは初めてだ。
    キクママの最後の子で、余りにも小さかったのですぐに去勢できず、しっかりと食べさせて太らせてから去勢をした子だ。
    それが4年ほど前で、ギズオと前後して去勢をした。
    その後はよく太って元気にしてたんだけどなぁ・・・

    見かけたのは、シロマメを最後に見かけた頃と時期は同じだったと思う、その後は全く見かけなくなった。
    今年のシーズンに次々と新しい子が来て大騒ぎをしたが、増えたと思ってもすぐにまた減っていく。
    外の子はいつどんなことがあるか分からない、あの子も事故でなければいいけど・・・

    雫の母ちゃんの所も変化ありだ、今日は昨日よりも沢山カリカリが残っていた。
    上に乗せる混ぜご飯は無くなっていたが、それを誰が食べたかは分からない。
    やはりタヌキは移動をしたのかな?、そうだといいんだけどね。
    混ぜご飯を食べているのが雫の母ちゃんで、本当にタヌキがいなくなったのなら出てくると思うんだけどなぁ。
    元気でいてくれるといいんだけどね・・・

    新しい里親募集掲示板

    昨日削除されてしまった掲示板の代わりを探すのに忙しい・・・仕事どころじゃありませんって!(爆)
    最初はCGIで設置しようと思い設置法を覚えていたが、よく考えたら掲示板をアップするサーバーがいるんだわ。
    今のHPのサーバーはまだ写真を掲載したいので、容量が足らなくなると思う、多分ね。
    だったらサーバーを借りる金額より安く掲示板が借りれる、しかもメンテもしてくれるし・・・
    そこでむくむくと頭をもたげるのが、大好きな他力本願教でして(^^;;;

    結局わけありの子たちの里親募集掲示板と同じ所で借りました~、「SEKKAKU-NET」です。
    そしてこちらが「里親募集掲示板」です。
    ここはサポートがしっかりしていて、設定変更が出来なくても問い合わせるとサポートの方で変更してもらえる。
    設定変更を覚えるのが面倒なので助かってます、はい!(笑)
    今日申し込んですぐに入金したけど、入金確認の時間前にもう問い合わせをして、何ヶ所も変更をしてもらいましたさヾ(- -;)コラコラ
    他力本願教は絶好調だすぅ~(爆)

    最初に記事が削除されたときには、私が間違えて削除したのかと思ったりもしたが・・・
    しかし昨日は設定画面からではなくて、掲載された記事にパスワードを入れて削除した。
    すると一瞬にして消滅・・・やっぱり前回も記事削除が原因だったんだわ・・・
    もうむかつくったらありゃしない!!、何が楽しくて迷惑千万なことをするのやら。
    自分の腕試しかもしれないけど、他人に迷惑をかけるようなことをするとロクな死に方をしないぞ!(怒)
    と、まあしばらくは怒りに燃えましたが、よくよく考えるとさっさと掲示板の変更をしなかった私が悪いわけでして・・・(m。_ _)_ ハンセイ
    今度はスパム対策がしっかりしているからね、しかも自分では何もしなくていいし(笑)

    掲載された方には大変なご迷惑をおかけし、本当に申しわけありませんでした。

    雫の母ちゃんのところにはタヌキが帰ってきたらしい・・・カリカリは全然残っていなくて、代わりに砂がたんまり入ってました。
    帰ってこなくていいのに、何で帰ってくるのさ!
    あの砂は食べたあとに後ろ足で砂を蹴って入れているのかな?
    タヌキはイヌ科の動物だから、犬のように後ろ足で砂かけをするのかな?
    とにかくそのお陰で雫の母ちゃんがいなくなった・・・どこへいったんだろう?、元気にしてるのかな・・・

    4~5日前にミミのいる公園に、青い首輪をした黒猫が来ていた。
    餌をやったが近づいてこない、外が怖いのか人間が怖いのか・・・
    その子が今日キママの餌場にいた、チョケが今食べている所だ。
    前よりも近づいては来るが、ある程度まで来たらそれ以上来ない。
    どこかで引っ掛けると危ないので、首輪をはずしてやろうと思うのだが、触れないのでどうしようもない。

    お弁当を一つやったらすぐに食べだしたが、その子が食べているのを見たチョケが食べに行けない。
    あれ?チョケって案外気弱なんだ(笑)
    あの場所なら幾らでも隠れる所があるので、そこにいてくれるといいんだけどね。
    多分未去勢のオスだと思うから毎晩来れば捕まえれる、明日も来るかな?
    帰りに容器を引き上げに行くとチョケがまだ待っていた。
    気が弱いことのばれたチョケ、やっぱり黒猫が怖くて食べられなかったようだ。
    仕方が無いのでいつものように餌を置く真似をしたら、改めて食べに行った・・・なんちゅう情けない奴なんだい(爆)

    いちおうは隠れる振りをしておこう

    叱られて隠れているつもりのグリコ、お~い見えてるでぇ~(爆)

    どっちがどっち??

    黒猫同士が遊んでいたら、境目が分かりませ~ん!
    大きなネーブルに果敢に挑戦するグリコ、でもネーブルはかなり迷惑そう(笑)
    毎日元気に飛んだり跳ねたり、子猫パワーにはついていけませんわ・・・

    美味でした~(笑)

    本日は昼間からご馳走をいただく日でして(笑)
    先月職員旅行で東京へ「おのぼりさんツアー」をしようということになっていたのですが・・・
    日本の南に突然現れた台風が関東地方へ向かったので、もし行って帰れなくなったら困ると旅行は中止になった。
    その代わりと言ってはなんですが、豪華なお食事で誤魔化そうか?というこちになりまして(*^.^*)エヘッ
    ホテルでステーキの鉄板焼きをいただいてきました~

    その後はエステということになっていたけど、私は足がよくこむらがえりになるので足をしてもらった。
    でもマッサージではなくてエステだったのね、足はつるつるお肌になったけどマッサージ効果は余り無かった・・・って当たり前か?(爆)
    9月ぐらいから、朝起きるときにこむらがえりが頻繁に起きるようになった。
    元々よくなっていたけど、最近は特に多いいなぁ。
    検索したらカリウムが不足すると筋肉が弱るとか、そうなの?
    それと冷えもあるし使いすぎもあるし、いったいどれが原因なんだろう?
    今度は足裏マッサージに行ってみようかな?

    しかしいつまでも暑いね~、もう11月の中旬に入ったのに今日の気温は20℃ほどある。
    上着を着ていたら暑い、Tシャツ1枚で歩いている人も多かったな。
    お日様の下にいると11月だなんて思えないくらい、今頃に「暑いね~」なんて言うのも変な感じですわ。
    まあ外の子にとっては、このくらいの気温が過ごしやすくていいんだけどね。
    朝晩が冷えると気温差が大きくて体調がおかしくなりそう、狂った季節はいつ元に戻るんだろう?

    駐輪場の八われ君がやっと出てきていた、約2週間ぶりくらいかな?
    やっぱり誰かに餌を貰っているのかもしれないね、何度かあの子の相手をしている人を見たことがあるので、通勤か通学の帰りにやってくれてるのかも?
    近くのコンビニで買ってやってるのかな?、何度か空き缶を持って帰ったことがあるから。
    小柄な子だったけど去勢後は太っている、でもかなり少食な子だからミニ缶1個くらいで足りるのかな?
    それだったらそれでいいんだけど、食べたあとはマンションなどの奥の方に入ってしまうからね。
    そうすると見かけないのでやはり心配になる、普段の居場所の分からない子は難しいです・・・

    昨日の黒はいなかった、また動いちゃったのかな?
    最初に見かけた所からだとキママの餌場はそんなに遠くない、だから多分近辺を移動してるんだろうと思うけどね。
    それに最近は公園にがいないので(昔は沢山いたけど)、公園の茂みなんかに隠れてるのかもしれないし。
    カリカリとお水は餌箱に入れてあるから、食べに来ればいつでも有るけど。
    ただし夜が明けるとカラスと鳩に食べられてしまう、早く環境に慣れないと食いっぱぐれちゃうよ。

    置き餌をしている餌場は、夜が開けると同時にカラスや鳩の餌場と化している。
    残ったのを片付けてくれるほうがいいのだが、お皿を放り出すわ、お水はひっくり返すわ・・・
    カラスと鳩はお行儀が悪いのが困りもの、見つからないように箱をカモフラージュしていても、お皿が転がってると餌場が見つかるので困るんだけど・・・
    特にカラスはあの太いくちばしでひっくり返すからね。
    それに最近カラスが増えてきてるので、餌場も取り合いになってるんじゃないのかな?
    カラスが来るしタヌキが来るし、なんかそのために餌を置いてるような気がする・・・以外の扶養家族が増えたら困るよ~!

    ネーブルは甘えん坊です

    甘えん坊なネーブルはすぐに側にやってくる。
    いかにも甘えていますという感じの、可愛らしい声で鳴いてアピール(笑)
    でも性格がおとなしいので、そっと側に来て甘えるだけ。
    本当にネーブルは性格のいい子だ、保護してから一度だって威嚇をしたことが無いし。
    それに黒の毛は本当にキレイ、艶々と光り輝いている。
    私はなぜか黒にご縁があるが、どの子を見ても黒の被毛のキレイさにはいつも目を奪われている。
    ネーブルのように生え変わったばかりの被毛は特にキレイ、若くて活力があるってことなんだろうね。
    いやいや、その若さが羨ましいのですが(爆)