2008年07月 の記事一覧

    ツバメの巣立ち

    朝ツバメの巣を見るのが日課になっているが、今朝見たら・・・あれ?2羽しかいないけど??
    もう成鳥になっていたので、3羽は巣立ったらしい。
    お昼前に見たときは3羽になっていた、巣立った子が「やっぱりもうちょっと巣にいよう」と思ったのか、また帰ってきていた(笑)
    夕方も3羽だったが、電線には巣立った2羽と親鳥がとまっていた。
    ツバメは最後の一羽が巣立つまでファミリーが見守ると言われている、だから巣立った2羽も夕方には帰ってきているのだろう。

    あと残り2羽

    そのビルで働いているらしい巣を見上げていた男性と話しをしたが、なぜツバメが来なくなったのか教えてくれた。
    一昨年だったか雛がカラスに襲われたらしい、雛を咥えて持っていったとか。
    その後は、ツバメがその場所が怖くて寄り付かなかったそうだ。
    カラスね、やっぱりか・・・でも最近はカラスが少なくなった。
    生ゴミの出し方の工夫をするようになってから減ったようだ、ネットをかけたりしているのでカラスがゴミを漁れなくなったのだろう。
    その話をしてお互いに「これでまたツバメが来れるね、良かった~」と話したのだが・・・

    それだってカラスが悪いんじゃない。
    不用意なゴミの出し方をしていたのでカラスが集まり、必然でその場所に居付いたのだから。
    賢いカラスのことだ、生ゴミがあるので餌場として安定していることと、人間より自分たちのほうが強いということをすぐに覚えたのだと思う。
    人の営みの中に入ってこれる種類の鳥だったので、本来の住処ではない都会でも暮らせたのだろうね。
    生ゴミという餌がなければ居つかなかったろうに・・・
    タヌキも同じような理由で都会に住み着いているのだろうが、雑食性の鳥や動物はほんと逞しい!

    家庭内野良の中でも凶暴さはぴか一の雫、写真を写すのも遠くから出ないと写せませ~ん。
    この距離だと拡大したらピンボケ状態・・・この時も逃げようとして構えてたんだから・・・しかし雫は相が悪い、まるで指名手配の犯人のよう(爆)

    別名「盗っ人顔」の雫(爆)

    病院へ行く時は網で捕まえて、それからネットに入れてキャリーに収容。
    しかし攻撃的な子なので、ネットの中からでも飛びかかってくるし、うっかり体を触ると噛みに来るし(--;)
    臆病すぎるからなおさら攻撃してくるのだが、とにかく雫を捕まえるのは大捕り物になってしまう。
    空中を飛びながらおしっこを飛ばすし、壁は垂直に登っていくし・・・奴も必死なら私も必死です!(爆)

    その雫はかなり神経質で、缶をやっても匂いを嗅いでからでないと食べない。
    なので薬を入れているとばれるんです~、嫌がらせに砂かけしやがるし!
    缶の好みもかなし厳しく、嫌いなのはやはり砂かけ・・・ゞ(ーー*)おいっ
    でも最近では私の目の前をウロウロするようになったので、ほんのちょっとだけ進歩(笑)
    家庭内野良になる子はなる子で、その子なりの理由が有るんだと思う、だから無理に馴らさないで好きにさせている。
    人間だってだって、自分の一生は自分の好きなように生きたいもんね。
    とは言っても、砂かけをするのを見たらやっぱりむかつく~!(爆)

    モカの母ちゃんは今日も来て食べたが、以前のパターン通りの食べ方なので、やはり餌やりさんは来なかったのかな?
    それとも「こっちの方が美味しい」と帰ってきたのかな?(笑)
    きじとらのおっさんも久しぶりにやって来た。
    あいも変わらずあっちにフラフラこっちにフラフラ、ある意味キジトラのおっさんの生き方は羨ましいかも?(^^;;;
    ノーテンキな性格のくせに喧嘩っ早い、でも人間には適当に慣れているので愛想はいい。
    外で生きていくための知恵が身についているのだろうが、他の子もそれを見習って欲しいもんだね・・・

    里親さんのお母さんが、ゆずたんを抱っこして外を見せてやっています。
    あれまあ・・・甘やかされてる~(笑)

    何を一生懸命見ているのかな?

    こちらも同じくお母さんに抱っこされているゆずたんですが、なんかお腹の方が「どすこい」になってませんこと?(*^^*) フフ

    いつまで経っても赤ちゃん?(笑)

    順調に大きくなりすぎたゆずたんなので、ただ今ダイエット中だとか。
    でも無理なダイエットはしないでね、急がず慌てずでゆっくりと減らしていかないと、急いで減らしたらリバウンドが怖いという・・・
    何時の日にかスリムなゆずたんになれればいいですからね~(なれるのか?(爆))

    モカの母ちゃんはご帰宅なのか?

    朝からとってもいいお天気、今日は一日気持ちよく過ごせそう♪
    なんて思うのは甘かった・・・午後も遅くから、一転にわかにかき曇り・・・天気予報が当たってもた~!
    最近よく当たる天気予報、当たらずでも腹が立ち、当たっても腹が立つって、これいかに?(爆)

    しかし帰る時も帰ってからも降りそうで降らない、分厚い雲が低く垂れ込めていたのにね、変なの?
    餌やりに出ると少し降っていたが、傘が無くてもいいかくらいだったのに、出てしばらくすると本降りに。
    くっそ~やっぱり降るか?
    と、むかついていたらまた止んだ・・・予報では大雨かもと言っていたのにそうでもないし、降ったと思ったらすぐ止むし。
    梅雨の末期のお天気はなおさら不安定、頼むから最後に集中豪雨が来るってのは無しにしてよね!

    今朝見たらツバメは1羽だけが寂しそうに巣の中にいた、お昼前にもまだ1匹だけ。
    親鳥はせっせと餌を運んでいるし、兄弟達は交代で電線にとまっているし。
    ツバメの親子は情が深いね、ちゃんとみんな巣立ってそれぞれが一人前になるまでお互いに見守り合うなんてね。
    人がすでに忘れ去ってしまっているものをツバメの中に見て、人間がいかにバカなのか改めて感じてしまった・・・

    帰りに巣を見るとまた2羽になっていた。
    最後の子は個体が弱いのかな?、発育が遅いのかな?、だから心配して側にいてやってるのかな?
    しかし体を見てもほか子と大きさは変わらないし、羽も尾羽もちゃんと成長している。
    数年前に巣立てずに地面に落ちていた子がいたが、その子はやはり尾羽がみすぼらしかった。
    その時の子の事を思えば、今回最後になっている子はちゃんと異常なく成長している。
    一番末っ子なのかな?、だから甘えん坊だとか?(笑)、それともビビリンさん?、だから飛び立つのに勇気が要るのだとか?(^w^) ぶぶぶ・・・
    などなど、勝手に想像して毎日ツバメさんで楽しませてもらってます~(爆)

    モカの母ちゃんはまた帰ってくる気なのかな?
    今日で3日間待っていたし、以前と同じように食べていた。
    またまた短期間だったね・・・年に何回かこんなことを繰り返している。
    決まった餌やりではなくて、スーパーの帰りに何かやるとかかも?
    モカの母ちゃんはスーパーの近辺にも行くので、その辺がビンゴかもしれないね。
    何やらよく分かりませぬが、気まぐれな餌やりなら最初からするな!!(怒)

    クロさんは最近グルメになってきて、混ぜご飯にもう一度混ぜているミニ缶の好き嫌いをしている。
    キママの横で食べていたからね、取られたら困るとクロさんもスペシャルメニューをやってきた。
    最近ではすっかりグルメになってしまい、日によっては餌に口もつけない時がある・・・\(`0´)/キイッッ
    フードジプシーになったらイヤなので、持ってでるミニ缶も毎日色々と替えているが、好き嫌いをして食べなかったら努力も水の泡ですわいな。
    クロさん以外の子はみんな何でも食べるのに~!
    しかも餌が気に食わないと焼きがつおを狙ってくる、本日はまたもや最後の場所で待ち伏せされ、見事二本目をゲットされちまった・・・

    少しは凛々しくなったかしらん?(爆)

    青葉の目がまだすっきりしないので里親募集に入れない。
    鼻気管炎からの結膜炎だが、なんでこんなに長引くんだろうね?
    ほんの少し目やにが出ているだけだけど、私が気にしすぎるのかもしれませんが(^^;;;
    固体の小さいおチビさんなので余計気になるのかも?、まあ過保護なんでしょうね(笑)

    ゆっくりと狙いを定めてから動きます、早くしろ!

    遊ぶのも男の子なのにおとなしい、それも性格も有ると思うけどね。
    女の子なのに活発すぎるくらいだった茜ちゃん・・・少しその元気を分けてやっておくれ~(爆)

    その元気過ぎる茜ちゃん、今も変わらず飛び回っているようです。
    でもまだ子猫なので遊び疲れるとぐっすりとおねむ、寝てる姿はとっても可愛いんですけどね、起きれば・・・(爆)

    ぐっすり寝て充電してからまた遊ぼうね♪

    里親さんのお父さんはが大好きだそうで、昼間家にいるときはトイレとお水を自分の部屋に持って行き、茜ちゃんと遊んでいるのだとか。
    お姉さんのご主人もが好きで、男性陣に遊んでもらえるのでなおさら活発になるという・・・というのは嘘ですけど(爆)
    小学生の姪御さんたちも毎日遊びに来てくれるしで、お転婆度に益々研きがかかっております。
    お父さんが抱っこしている写真を送ってきてくださり、茜ちゃんを大切そうに抱っこしているのを見ると自然と顔がほころびます。
    でも茜ちゃんはお父さんの顔を手でペチンしてました、これこれ・・・o(^▽^)o キャハハハ

    そして誰もいなくなった・・・ツバメですが(爆)

    毎朝の日課のツバメの巣の観察・・・ああ・・・もういなくなっちまった・・・
    昨日最後まで残っていた子は、今朝早く巣立って行ったらしい、そして誰もいなくなった・・・(爆)
    親鳥が何度も巣に餌を運び巣立ちを促していたが、やっと勇気を出して外に出て行く決心をしたらしいね。
    無事に巣立てて嬉しいような哀しいような、私も親鳥と同じ心境になっていたもよう(笑)
    元気に大きくなって、また来年帰っておいでね♪

    天気予報ではお天気は悪くなると言っていたのに、日が照ったり曇ったりのお天気。
    雨が降るって言ってたのにね、なんとことを話していたら・・・またもや雲が厚く垂れこめた!
    何とか帰るまでは雨は降らなかったが、家に帰ってしばらくすると突然雷が鳴って土砂降りになった。
    大きな雷の音がしていたからね、もうこれで梅雨が明けるのかな?
    梅雨明け前の雷さんはしばらく暴れていたけど、すぐにどこかへ行っちゃった。
    なので餌やりのころまでに雨が止み、雨上がりの涼しい中で餌やりができました~(*^ー゜)v

    モカの母ちゃんはもうすっかり元通りのよう、ちゃんと待っているようになった。
    体は痩せていないし食べる量も変わらない、まだなんとか口内炎は治まっているようだ。
    このままの調子でいってくれたらいいけど、真夏の暑さで夏ばてをしたらどうなることやら。
    秋口の夏の疲れが出る頃から調子が悪くなり、冬になったら口内炎で苦しむというパターンを繰り返してきた。
    モカの母ちゃんは夏ばてをするタイプなのかな?、だとするとこれからが要注意だね・・・

    おごじょは悪くもならず良くもならず、現状維持でせいいっぱいかも?
    体には多少の肉がついてきたし、食べ方も以前よりは早くなった。
    でも治る病気ではないからね・・・おごじょも夏が心配だけど、今まで持っただけでも奇跡のようなもの。
    何時なにがあっても仕方がないと覚悟はしている、そう言いながらでも今もまだおごじょは生きている。
    おごじょの強い生命力には本当に感心するが、苦しみながら生きているのも辛かろうに・・・

    プーさんは11月になると14歳になる。

    プーさんはもうすぐ14歳

    も年をとると腰や背中の肉が落ちてきて下がるし、体重もほんの少し減った。
    でも黒なのにまだ白髪が出ていない、黒くて艶々とした毛をしている。
    同じ年のミーは痩せてきて毛質もちょっとぱさついてきたのに、プーさんはまだそんなこともない。
    もやはり個体差があるのだろうね。

    同じ黒のモモもすでに10歳、でもまだ白髪はありません(笑)

    久しぶりのモモ

    プーさんの目は薄い黄色でモモの目は濃い黄色、その差だけなので暗闇で黒を見ると誰か分からない。
    サスケも薄い黄色の目をしているが雫は濃い黄色だ、暗闇でその黒が4匹並ぶと、誰が誰か全く分かりませ~ん!
    でもこうやって比べてみると顔立ちは違うのにね、瞬間に見比べるとよく分からないという・・・人間の目も案外当てにならんもんですな(*´▽`*) プッ

    情けない目をしてます(笑)

    青葉はいつも眼軟膏を入れているので、目の周りが濡れているように光っている。
    だから写真を写すと泣いているように見える・・・でもビビリンだけど、泣き虫じゃないよ~(笑)
    余りドタバタと暴れまわる子じゃないので、遊んでいても静かなもんです。
    まあ体が小さいからそう思うだけかもしれないけど、本当に扱いやすいおとなしい子ですわ。
    明日か明後日にはワクチンを打ちに行き、もう一度目を診て貰おうと思っているが、もうあと少しがなんで治らんのかなぁ・・・

    おごじょがいない・・・

    もう梅雨が明けて真夏になったよう・・・各地で真夏日が記録されている。
    まだ酷暑にはなっていないが、それも間もなくのようだね。
    低体温で新陳代謝の悪い私には、真夏は苦難の日々になりまする。。。( ̄へ ̄°)
    1週間経ってやっと鼻声も何とか治まったのに、今度は暑さかい・・・

    今朝ツバメが巣の中に出たり入ったりしていた。
    追いかけるようにもう一羽のツバメが入っていく、あれまた巣作りをするのかな?
    そう思って見ていたら・・・しばらくするといなくなった。
    どうも最後に残っていた子が、また巣に戻ろうとしていたので怒られたらしい(笑)
    その後はだれも帰ってこなかったので、多分そうだと思う。
    飛び回るより巣にいるほうがいいと帰る子もいるんだと、ツバメの性格も色々でちょっとおかしかった~

    このベッドちょうどいいわ♪

    キクママが青葉のケージを占拠している。
    子猫用の小さなケージに小さなベッド、それが2.7キロしかないキクママにはちょうどのサイズらしい(^w^) ぶぶぶ・・・
    この頃ではたまにしか自分のベッドで寝ない青葉なので、自宅を取られても別に気にしてはいないようだ。
    あっちこっち好きな場所で寝ているし、気が向けばハンモックで寝ているし。
    体も柔軟だが心も柔軟な子猫、その心を無くさずに大きくなって欲しいもんですなぁ(笑)

    ボクは遊ぶのに忙しいよ~

    その青葉は子猫らしく元気に遊んでいる。
    おもちゃで遊びキクママの尻尾で遊びと、動き回るのが楽しくて仕方ないらしい♪
    しかし本当におとなしい子だ、小柄なのもあるからそう思うのかもしれないが、とにかく遊んでいても余り音がしない。
    子猫が遊ぶと、物を落とす音やおもちゃを振り回す音が聞こえるもんだけど、青葉はそういう音を余り出さないのだ。
    ショコラ君(パイン)もそんな感じだったが、やはり青葉も性格がかなりシャイなんだろうね(笑)

    暑い時は窓辺にいるに限るわ

    暑いので窓を開けているが、その窓に最近へばりついているのがキママだ。
    下には竹のマットを敷いてやってるので涼しいし、風がよく通るので気持ちがいいらしい。
    保護時は窓の側が怖かくて逃げていたが、今は環境に慣れたのか涼しい場所を巨体が占拠中(笑)
    まだ今は風が通るので涼しいけど、梅雨が明けて本格的な夏になると窓を閉めてクーラーを入れる。
    そうなると、外が見えなくなった!とキママが怒りそうな気がするなぁ・・・(ーー;)うーん
    あいも変わらず気難しいキママ、嫌いも同じくのキママ、子猫のようにもっと柔軟な心を持って欲しいのですが・・・無理か?(爆)

    おごじょがいない、どうしたんだろう?
    昨日は元気によく食べていたのに、どこへ行ってしまったんだろう?
    ハウスの中にはいなかったが、暑いので最近は中で寝ていないからどこか他で寝ているのだろうか?
    でも毎晩きちんと来るのを待ってたんだけどな・・・

    ミミも今夜は来なかった。
    あの子は他に餌場を持ってるのかな?、例のスーパーの近くはもうやってないはずだけど?
    居場所は会社などの建物の裏の方のはず、だったら人が入ってこないので貰えないと思うけど・・・
    もしまたスーパーの方まで行ってるのなら、注意しないと危ないのに!
    数匹の子が突然いなくなったので、何か食べさせられてのでは?と言われてるのに。

    猫が可哀想と餌をやっても、人通りがある目立つ場所は危険がいっぱいだ。
    自分のやり方を優先しないで、猫のためを考えて餌やりをしてくれるといいんだけどね。
    そこは餌をやる時間も場所も猫嫌いには目に付いていた、当然何らかの妨害をされるのは分かると思うに・・・
    ミミは臆病すぎるくらいの子だから、餌やりをしていてもそんな場所には出て行かないと思う、だから生き残れたんだろうに・・・
    ほんの小さな体で世間の片隅でひっそりと生きているのに、それさえも汚いという現代人の心の狭さ。
    排除することが最良のことなんだろうか?、それをよく考えて欲しいのだけどね・・・

    おごじょは元気でした~

    午後になってからご近所友人から電話があった。
    「今日やで、覚えとうか?」・・・え?今日って・・・何??
    「今晩6時半やろ」・・・慌てて横にあるカレンダー見たらまら6月やし~、7月にして見ても何も書いてないし~(^^;;;
    「今夜ってなんやったっけ?」「みんなで飲みに行こうって言うとったやん」、あっ!そうや、久しぶりにみんでのみに行こうってことやったんや・・・
    すっかり忘れておりました(いつものことだけど)、でも私が忘れてるってるのをよく知ってるもんですなぁ(そりゃあ前科山盛りだからかさ)(爆)

    おごじょは今夜は待っていた、よかった!
    昼間様子を見に行った時には昨晩置いてきた餌を半分食べていたが、それがおごじょが食べたのかどうか分からないので、やはり心配だったけど・・・元気にしてたのでほっ♪
    以前は離れた所まで遊びに行ったりしていたから、夜行った時にはいないことがあった。
    でも痩せて調子が悪くなってからはいつも待っていて、いなかったことが無いので何かあったのかと思ってしまう。

    もし遊びに行ってたのならそれだけ元気になったってこと、だと嬉しいんだけど。
    体はあいも変わらず骨と皮だけど、活力が出てきて遊びに行ったのなら、それはそれで喜ばないといけないよね。
    これで良い方に向かうのか、それとも悪い方に向かう束の間の元気なのか・・・まあそんなことを考えても今の様子じゃ仕方ないか・・・

    食べている場所がまた汚れてきたから、気持ちよく食べさせてやりたいので掃除をしてきた。
    よけの2リットル入りのペットボトルを置いてあるので、そのお水2本分を使ってきれいに流しておいた。
    そんなの置いてもは怖がらないから無駄なのに、掃除をする時には私が助かるという便利グッズが側にあります(^ Q ^)/゛ アハハハ
    箒で何度もこすってお水を流したので、これでしばらくは大丈夫だろう。
    公園へ行きペットボトルにまたお水を入れておいて元の場所へ、それは次回の掃除用のストックになりますです、はい(爆)

    帰りにマメサブたちの所に寄ると、珍しいことに一緒に寝ていた。
    最近昼間の居場所の分からないマメサブなのに、今日は居るなんてどうしたんだか。

    いつまでも仲良しさん♪

    カリカリと焼きがつおをやってからしばらく遊んでやったが、歩いている私のあとを喜んでついて回っていた。

    いつもこうやって盛大に甘えてくれます

    外見に似合わず甘えん坊で弱虫のマメサブ、でもまあそのお陰で好きな人に可愛がってもらえるんですけどね。


    草の中は気持ちいいのかな?

    草むらで気持ちよさそうにコロンコロンと転びまわる、草刈をしたあとの伸びかけた柔らかい草なので気持ちいいんだろうね♪

    どすこいマメです(爆)

    ついでにお体の手入れをば(^m^ )クスッ
    口の中が痛くて少し痩せたけど、薬を飲ませているので少し復活、またどすこいのお腹になっております(爆)

    遠くから見るとキレイな白猫のユキちゃん

    ユキちゃんは遠目に見るとキレイな白なんだけどね・・・

    近くで見ると、鼻水でブタの鼻です(爆)

    近くで見ると・・・鼻気管炎の後遺症で年中鼻水が出ているので、鼻の周りが濡れて「ブタの鼻」になっておりますo(^▽^)o キャハハハ
    なんて笑っている場合じゃないですけどね、酷い時は薬を飲ませるがそれもその時だけで・・・

    気温の変化や寒さで涙腺が炎症を起こし、鼻気管炎の後遺症を持っている子は鼻詰まりが酷くなる。
    外の子が鼻気管炎の後遺症を持つと、酷くなると鼻が利かなくなりは匂いで確認しないと食べないので、何も食べれなくなり衰弱してしまう。
    ユキちゃんはそれほど酷くないのでまだいいが、食べれなくなって命を落とす外の子が多いのが悲しいね・・・

    さすけ君がワクチンの接種に行ったそうだ。
    そしていつものように血液検査をしてもらったら・・・腎臓の数値が少し悪くなっていたそう。
    元々あまりお水を飲まない子なので、里親さんはあの手この手でお水を飲む工夫をしていたのに・・・
    どうしてもそんな子は腎臓に負担がかかるからね。
    でもきちんと定期的に検査をしているので早めに分かり対応できる、しばらくは輸液を続けるそうだけど、早く改善されるといいですね。

    早く元気になろうね

    「ボク腎臓が少し悪くなっているそうです、やっぱりお水を沢山飲まなきゃですかね・・・」と考え中のさすけ君。
    そうだよ~、お水は命をつなぐのに一番大切なものなんだから、嫌がらずに沢山飲んでちょうだいね!

    青葉の1回目のワクチン

    なんとも蒸し暑い日が続いている、雨が降りそうで降らないからもう梅雨明けかな?
    なんて油断をしてたら、最後の集中豪雨が来たりする。
    梅雨が明けてほしいような明けて欲しくないような、でも夏は来て欲しくないけど(笑)

    青葉の体重を量ったらちょうど900グラム、生後2ヶ月になったところくらいの体重だった。
    なのでワクチンを打ちに行き、目も診てもらって来たが、やはり鼻気管炎が酷かったので治りが悪いそうだ。
    まだ結膜が少し赤い、保護時に痩せていたのは外にしばらく居たからだろう。
    だから少し栄養失調気味だったのでは?
    しばらくは太らなくてやきもきしたが、今は小柄ながらにしっかりと身がついてきている。
    なんとか普通のサイズになれたかな?(笑)

    ワクチンを打つと熱を出す子がいるので、用心のために初めて打つワクチンは3種にしている。
    でも3種でも熱を出す子がいて、一晩中スポイトでお水を飲ませたことがあるから、やはり油断大敵で気をつけてやらないとね。
    帰ってきてからキクママの横にもぐりこんで寝ていたが、しばらくするとモゾモゾと出てきて遊んでいた。

    おもちゃに遊んでもらってる?(笑)

    おもちゃに遊ばれているようですが(笑)

    こうやってると大人猫みたい(^m^ )クスッ

    しかし余り激しくは動かない、これはワクチンのせいというよりも、病院へ行ったので疲れたからだと思う。
    しばらく様子を見ていたが、青葉はワクチンでは熱を出さないようだ。
    缶も美味しそうに食べていたし、おもちゃで遊ぶのもいつもどおりだし。
    やれやれ、第一関門は無事に通過のようです~( ̄^ ̄)V

    モカの母ちゃんはすっかり以前通り、あの来なかった時は何だったんだ?
    今までにも数回そんなことがあったが、言葉が通じないので何があったか聞けませ~ん!
    まあ危ないことでもないからいいけど、気を揉まされるのにはまいりますわ。
    モカの母ちゃんが健康な子なら心配ないけど、口内炎持ちなので薬が切らせないからね。
    私の心配も知らず、今日も元気に鳴いて出てきた・・・あのなぁ・・・(笑)

    ミミは一日おきにやってくる、あの子の腹時計は48時間なのか?(*´▽`*) プッ
    昨日はお弁当を食べてミニ缶を食べたのに、まだ足らないと座って待っていた。
    なので焼きがつおをやったが、それだけお腹がすいているのなら毎晩来ればいいのにね。
    ミミの行動もまた不可解で、何処で何をしているのか気になるところですわ。
    クロさんのように毎晩きちんと待っている子は分かりやすいが、不定期できる子は管理が難しいくて困るね。

    そのクロさん、最近とてもグルメになって、混ぜるミニ缶によっては食べ残す時がある。
    も嗜好は様々で、高いミニ缶より案外普及品の方がよかったり、かといってそれを続けると食べなくなったりするし。
    キママの横で食べていたので、キママの分を取られたら困ると同じようにミニ缶を混ぜてやっていた。
    すっかりグルメになったクロさんだけど・・・贅沢をしてたら外では生きてけないよ、そう言って教えてるのに「やきがつおおくれ~」と鳴いている(笑)
    近づくとシャーシャー威嚇するくせに、焼きがつお欲しさに後をついて回るクロさん。
    外見に似合わず案外可愛い性格をしてますなぁ(^w^) ぶぶぶ・・・

    こうやって毎晩同じことを繰り返せるのはとても嬉しいこと、いつもと変わらず待ってくれているってことだから。
    毎日色んな危険と隣りあわせで生きている外の子達、明日も明後日も今日と変わりありませんように・・・

    えぇ~と・・・再入荷です(爆)

    昨年は1匹も保護をせずにで自分でも驚いていた長女、今年は当たり年のようです・・・
    でもまあ正確には保護したのは婿殿ですが(笑)

    午後に長女から携帯に着信が入っていた、いつもならメールなのにと不安がよぎる。
    う~ん、いらん予感は当たるもんや・・・かけ直したら「子猫おった~」だと!
    「やっちゃんが(婿殿のこと)捕まえたんや」「どこで」「現場の配管パイプを置いてるとこにおったらしいわ」「何匹?」「ん~と、1ヶ月く半らいかな?、もっと小さいかな?、4匹や」((((((°°;)クラ

    長女の会社の現場は広くて物資材が沢山置いてある、近辺には野良や外飼いのが多い、婿殿は現場事務所にいるとくれば条件が揃ってますわなぁ・・・しかも婿殿も好きだし~!
    当然見つければ保護をするということでして・・・前回募集をした四季姉妹も現場倉庫にいた、それを婿殿が保護して・・・
    もう今年すでに8匹保護したことになる、なんとも言いようがありませんですわなぁ・・・( ̄ー ̄)ふっ

    固まっております(*´▽`*) プッ

    とにかく帰りに家に寄ったら・・・小さいのでコピー用紙の入っていた箱に入れられて、4匹固まってましたわ。
    と黒と茶白とキジトラ、目はまだキトンブルーだから生後1ヶ月過ぎくらいかな?
    それにしてはそれぞれの固体が大きい、親が大きい子なのか、それとも洋種の血が濃いのか?
    白猫はシルバーグレーになってるし、茶白の子の顔は黒くなってるし~(笑)

    そのうちに婿殿も帰ってきて、おまけに次女までやって来た、連絡網は完備しているようですぐに全員集合するという家族なんです(笑)
    子猫用のケージを出してきて組み立て、寝床になる箱の中に毛布を敷いて用意をしてから、とにかく洗おうということで、長女が洗い私が乾かしの流れ作業。
    黒猫とキジトラの子を洗いながら、「汚れとうかどうかよう分からんな・・・」と長女がぼやいていた。
    そりゃまあ元が汚れの目立たない色だからね、でも一緒にいたからきっと汚れてると思うよ~(爆)

    洗ったのに、まだシルバーグレーなのはなぜ?(爆)

    洗っている間も固くなっているだけで暴れない、この大きさの子ならもう激しい威嚇をするし、暴れて噛み付いたり引っかいたりするのにそれが全く無し。
    茶白の子が少し口を開けてハーッといったくらいで、捕まえて撫でてやっているとすぐに馴れるし?
    子猫はすばしっこいので必死に逃げようとする、だけど逃げるよりもじっとしていて簡単に捕まえれるのはなぜ?

    親猫は見かけなかったらしいが、この子達って本当に野良猫が産んだ子?
    知らない所が怖いからといっても、余りにもおとなしいので変な感じだ。
    ケージに入れたら固まっているだけで、やはり威嚇もしないし逃げようともしない。
    野良猫の子なら親に仕込まれているので、ケージに入れたら威嚇してくるんだけどな?
    それにしてはえらく汚れていたし・・・という、出自の分からない不思議な子達です。

    もうすでに性格が出ているようでして(笑)

    見かけは大きいけど中身はやはり月齢どおりで、子猫用の猫缶を置いてやっても自分で食べれない。
    口の中に少しずつ入れてやると食べるが、お皿の前に置いても食べ方を知らないらしい。
    お水もまだ飲めないしで、まだ親のおっぱいを飲んでいたんだろうね。
    次女が「乳飲み子でなかってよかった~」などと言ってましたが、これはしばらく哺乳瓶かも?(爆)
    まあうちにいるんじゃないからね、そちらで頑張って育ててくださいな(*^.^*)エヘッ

    昨日青葉のワクチンを打ってきたので、今日は写真を撮ってページを作ろうと思っていたのに、結局予定が狂い何も出来ず(--;)
    明日は掲示板に掲載していく予定だったが、それもしばらく順延です(笑)
    その青葉、とっても甘えん坊で可愛い子♪
    「あ~おばく~ん♪」と言いながら部屋に入っていくと、とりあえず逃げる。
    爪とぎハウスに入って入り口からこちらを見て、様子を見てからお出ましになる(爆)
    青葉は仕草の可愛い子で、それを見るのが楽しみで追いかけて遊んでます。
    体を触っただけでゴロゴロという甘えたさんの青葉、亡くなった兄弟の分まで幸せになろうね(⌒⌒)v

    帰りが遅くなり自転車を止めていると、マメサブが餌場に帰ってくる途中だった。
    しっかりと見つかり、「ウニャァ~~~ン♪」と鳴きながら駆け寄ってくる(笑)

    マメサブは外見と性格はミスマッチです(^m^ )クスッ

    昼間はどこかに行っているが、日が暮れてくるとディーナータイムになるのでご帰宅になるらしい(爆)
    気が弱くてどうなることかと思ったマメサブ、ここ2年ほどのオス猫の出入りですっかり逞しく鍛えられ、なんとも要領の良い生き方を覚えたもんですわ。
    でも本来の性格は変わらずで、体はいくら大きくなっても中身は甘えん坊な子のまんま、ほんと可愛いもんですよん♪

    少し環境に慣れたかな?

    梅雨も終盤に差し掛かると本当に不安定なお天気で、晴れるかな?思っていたら一転にわかにかき曇り・・・
    お昼前から土砂降りの雨になった、しかも雷鳴ってるし~!
    そしてしばらくしたら止んだ、ほんと夕立のよう。
    でも北陸や関東の方では短時間に記録的な集中豪雨が降り、犠牲になられた方もいるようだ。
    シトシトと降る梅雨独特の長雨の時期は過ぎたが、明ける前の集中豪雨が大きな被害をもたらしている。
    まだしばらくは警戒が必要なよう、お気をつけくださいませ<(_ _)>

    昨日の子たちの様子を見に行ってきたが、もう落ち着いているようだ。

    教えなくてもちゃんとトイレを使います

    少し環境に慣れたのか、昨日ほどは固まっていない。
    しかし野良の子にしたらおとなしいな?、もうこの大きさなら親がしっかりと仕込み、おチビでも激しい威嚇をするはずなのにね。
    トイレも教えなくてもちゃんと使っているんですが?

    何とかみんなこちらを向いてくれました~(笑)

    茶白の子が一番馴れるのが早そうで、オズオズとケージから出てこようとしているから、この子が一番早く人馴れしそうだ。
    も固まるのは固まっているが、カメラの方を真っ直ぐに見るようになったので、この子も早そう。
    問題はキジトラの子だな、いつも一番奥で顔を隠している。
    はマイペース、触っても平気だし側にいても自分のしたいことをしてるしで、4匹いるとそれぞれの性格の違いが出て、見ていると面白いもんです(笑)

    黒ちゃんはマイペースな子ですわ

    今回は色柄が全く違うので見分けるのが楽ちん♪
    以外はオスだったが、勝手にウロウロして遊んでいた黒猫だけどちらか確認するのを忘れた~(*^.^*)エヘッ
    ついでに名前をつけたのか聞くのも忘れた・・・っていつものことですが(笑)

    シーツ活用法(⌒⌒)v

    長女のアイディアを一つ。
    子猫用のケージの横にクーラーがあって風が当たるし、他の子が見に来たら怖がるのもあるしで、シーツか毛布ですっぽりと覆っておこうと言ったら、持って来たのがこのピンクのシーツ。
    ゴムの入ったベッドをすっぽりと覆ってしまうタイプのシーツで、もう使わないので捨てようと思っていたらしい。

    子猫用のケージは小さいので、このシーツで全体を覆ってしまえる。
    しかもゴムが入っているので覆ってしまっても裾が揺れないし、出入り口もゴムが締まって邪魔にならないという優れもの(笑)
    ケージを覆うものを探しに行ってとっさに思いついたらしいが、生地もしっかりしているしでちょうどいいクーラーの風除けになった。
    2段目の棚の部分も布で上手く隠れるから、そこも落ち着いて寝れる場所になるってちょうどいいしね。

    この子達は早く馴れそう

    昨日洗ったときは余りキレイになったとは思えなかったのに、今日見たらかなりキレイになっていた。
    鼻の頭はまだちょっと黒いけど、白い毛が白くなってるし~
    ということは?、下に敷いているフリースに汚れがみんな着いたのでしょうよ(爆)
    「きちゃないなぁ」と言われていた白君と茶白君、汚れが取れるとこんなに可愛くなりました~♪

    一日おきに食べに来るミミ、やはり今日は来ていない。
    本当に不思議な行動をする子で、今日はここで食べて明日はあそこで食べてと・・・あちこちに別宅を持っているのか?(爆)
    食べる時は驚くほど食べるので、来ない日には十分食べていないと思う。
    だったら毎日来ればいいのにと思うけど、ミミなりのこだわりが有るのかもしれないね。
    まあいいですけど、好きな時に来ればね。

    毎晩仲良く待っているマイクとスピカ、もうそこが自分たちの餌場と認識しているもよう。
    時々いないので探すと、奥の方に入って遊んでいる。
    奥に行けば雫の母ちゃんの餌場が有るので、そこにはいつもカリカリとお水があるのも知っているし。
    他の子が入って来ないようだから、マイクとスピカは夜の間はそこで遊んでいるのだろう。

    人が入って来ないくて雨が降っても大丈夫、居場所としてはちょうどいいんだろうね。
    でも昼間は人の出入りが激しいから、昼夜ともに居場所としてちょうどいい所というのは中々無いもんでして。
    それでもマイクとスピカたちは決まった餌場を持てて恵まれていると思う。
    だから大声で鳴かれると、見つかるから不味いんですけどね・・・人の気持ちも知らないで、今夜も大声で「はよおくれ~」と鳴くマイク。
    何とか鳴かないようにする方法はありませんか~?(爆)

    また風邪ひいた?

    むしむしと湿気の多い日が続いて、不快指数は下がることがないという・・・蒸し暑いってば!
    湿度計を見ると毎晩80パーセント近いのはなぜ?、きっとこの湿度計は壊れてるんだと思いたい!(笑)
    気温は30度を切ってるので、これで湿気が無ければ爽やかな夜を過ごせるのに!
    蒸し暑い関西の夏、これからが本番なのよね・・・。゜(T^T)゜。

    しかし昨夜は涼しかった、その涼しかったお陰で青葉がまた鼻水出してるし~
    鼻気管炎が酷かったので治りが悪くて、目やにの出るのが治らず長引いてしまっていた。
    そこへまた風邪っぽくなるか?、勘弁しておくれ・・・
    いやまあ、昨晩涼しいなと思いながら窓を開けていた私が悪いんですけどね。
    早めに薬を飲ませたのですぐに治るだろうと思う、もう体も大きくなってきて体力がついたからね。

    お澄まし青葉♪

    保護時はどうなるかと思うくらいおとなしかったのに、今は段々と普通のになってきた。
    しかもどんどん可愛くなって、名前を呼ぶと「ミヤァ~♪」と返事をする←鳴き声まで可愛いのさ(爆)

    顔立ちもちょっと男の子らしくなったかな?(笑)

    フードを取りに来ていた次女が「可愛い(〃∇〃)と抱きあるいていた(笑)
    男の子なのに仕草も声も女の子のような青葉、可愛いうちに募集しなきゃ!と思ってたのに・・・
    少し目やにが出ているので写真を写せず、またもう少し掲載は延期か・・・

    長女から怒りのメールが来ている。
    「ちびちび達は人馴れしているし、トイレは失敗せんし、捕まえた時も逃げ方が甘かったから、捨てられたんと違うかぁ?、野良とは思えん!」
    いや、だから昨日人馴れしてるなって言ったやんか(笑)
    次女がお昼ご飯を食べさせた時に、茶白の子と白い子はケージから出せ出せと鳴いて、もう自分の方から近寄ってくるそうだ。

    ビビリンなキジトラ君です

    キジトラの子がかなりのビビリンなので、人馴れが遅いかもねとも言っていた。
    黒い子は「プーさんみたい」だそうで・・・だとすると、その子はきっと穏やかで飄々とした性格のいい子なんだ!(笑)
    少し様子を見てからあの子達も募集だが、なんかここんとこずっと里親募集をしているような気がするけど?(^w^) ぶぶぶ・・・

    ミミは本日はお待ちかねだった、きちんと一日おきね(笑)
    容器を引き上げに行ったら今夜はもう帰っていたが、残っていたのはカリカリが5~6粒だけ。
    いつものことながら舐めるようにキレイにする、あの子は本当にか?(爆)
    の習性で食べた餌を少し残すもんだが、ミミは毎度のことながら完食をしている。
    いつも容器がキレイになってるので、最初の頃は犬が来て残りを食べたのかと思っていた。
    初めて空になった容器の前に座っているミミを見て、思わず「お前は犬か?」と聞いたくらいだもん(笑)

    マメサブが夕方もいなかったのに、餌やりに行っても帰って来なかった。
    最近では毎晩きちんと待っているので、いないとなるとやはり気になる。
    行動半径が広くなっている上に、あちこちの道路を渡って遠征をするので余計心配だ。
    親父のシロマメのように知恵と度胸があれば心配ないけど、どちらもいまいちのマメサブだもんなぁ・・・

    ケムトレイル

    一昨日、退社して帰路につきながらふと空を見上げると、気味の悪いスジ雲が沢山出ていた。
    明らかに飛行機雲なのだが、それが何本も平行に並んで空に浮かんでいる。
    東から西へ大きな飛行機雲が走り、はるか東の方には南北に同じような飛行機雲が流れている。
    これってがケムトレイルが撒かれてるんじゃないの?

    地球温暖化を防ぐために太陽光線のカットをするため、という理由で撒かれているらしいが・・・
    このケムトレイルについては、よくない話を数年前から本で読んでいる。
    確かにこの程度のものを空に撒いて、太陽光線のカットが出来るとは思えない。

    (クリックすると大きい写真になります)

    雲の広がり方が変?

    普通の飛行機雲はすぐに拡散して消えてゆくが、この雲は消えずにこのように広がっていく。

    ジェット機が飛び、新しい雲が出来ている北東の空

    しかも西と北と東の方向にも出ていたが、それが広がっているのにまだジェット機が飛んでいた。
    なんのために?
    太く広がった雲の間に、細い線のように入っているのが出来てすぐの飛行機雲だ。
    こちらは北東の方向。

    また新しい雲が何本も出来ている北の空

    そしてこちらは北になる。
    何本も細い飛行機雲が並んでいるが、細い飛行機雲が出来てすぐのもので、飛んでいるジェット機が小さく見えていた。

    沢山の雲が交差している東の空

    同じく西・北・東の方向には、それぞれ飛んでいる数機のジェット機が見えていた。
    しかも全機別々な方向へ飛んでいたので、明らかにケムトレイルを撒いているということだろう。

    雲が薄くなってきている南の空

    もしリンク先の説明どおりのことが行われているのなら・・・化学兵器に我々は晒されているということになる。
    微粒子のポリマーが相手なら目に見えるはずも無く、こんなものを見てしまうとかなり怖い!

    新しい雲と古い雲の西の空

    西の空にもジェット機が飛び、広がった雲の中に新しい飛行機雲を作っていた。

    ケムトレイルのことを知っていただけに、この飛行機雲を見たときには本当に不気味に思いましたね・・・
    そうそう、数ヶ月前には朝8時半頃に、西のほうにキレイに並んだケムトレイルがあるのを見たっけ。
    県の西部から中部にかけて見えたはずだけど、朝は忙しいから気づいた人はいないかな?
    まだ製作途中だったらしく、細い線が碁盤の目に並んでいた。
    出勤途中だったのでゆっくり見ていないが、あの時もかなりの範囲に撒かれていたと思う。

    現代社会は化学製品で環境汚染がかなり進行している。
    地面に近い小動物ほどその影響を受けているといわれているが、その上にまだこんな得体の知れないものを撒かれたら堪ったものじゃない。
    地球温暖化を防ぐにはもっと他の方法が沢山あるはず、もう化学薬品や化学製品は使わないで欲しいと思うんだけど・・・

    昨日は見かけなかったマメサブは、今夜は帰ってきて待っていた。
    直接地面の上を歩く猫や犬は、地面の上に降り積もったケムトレイルの影響を受けやすい。
    こうやって益々地球環境を破壊し汚染する人類、やっぱり地球にとっては忌むべき存在以外の何者でもないんだね・・・