2008年09月 の記事一覧

    クーロンの目が少しよくなりました

    昨日より一段と暑い今日、低気圧が来ているらしく物凄い湿気で蒸し暑いんだけど。
    2週間ほど停止していたクーラーの復活です、暑い・・・
    今夜の気温そのものは28℃ほどなのでそんなに高くないが、湿度が75パーセントほどになるとさすがに気温が高くなくても蒸し暑い。
    涼しさに慣れた体にはこの湿気は堪りません・・・
    クーラーを入れたらほっとしている猫たち、文明の利器に慣れたらあかんよぉ~(爆)

    眼瞼が赤く晴れ上がっていたクーロンは、土曜日に病院へ行って診てもらったら、目薬を注したあとが気持ち悪くて爪で掻いていたらしく傷が出来ていたとか。
    なのでエリカラーをつけられております(笑)

    大分目もキレイになりました~

    ところがかなりのごんた坊主のクーロン、エリカラーなど全く意に介さず暴れまわっております。
    「おっちゃん遊んで~」とマメの側に行ったら、気が弱くて猫嫌いのマメは子猫もイヤらしく、「何も見なかった事にしよう!」と眼をそらしてるし・・・(爆)

    伏目がちのマメの表情が笑える

    今日は次女が大阪で会議で帰れないから、クーロンの目薬とご飯をやってきてと電話があったので、帰りに寄って様子を見てきたが・・・まあほんまにごんたくそですわ(笑)

    随分と子猫らしい感じになりましたね

    目薬を注したりご飯を食べたりするのにエリカラーが邪魔なのではずすと、この時とばかりに走り回る(笑)
    しかしカラーをつけても同じ・・・全く気にならないらしい(^w^) ぶぶぶ・・・

    カラーをつけていても平気とは・・・恐るべし!(笑)

    少し毛足が長いから毛長になるのかな?
    でもグリコとはちょっと雰囲気が違う感じなので、毛長にならないのかな?
    よく分からないけど、分かっているのはグリコと同じくらいのごんたくそということだけです(爆)
    体が大きい上にごんたくそとは・・・将来がとても楽しみなクーロンでした~ヾ(@^▽^@)ノわはは

    昨晩は途中でいなくなったマメサブ、今日は仕事から帰ってきたら待ち伏せをしていた(笑)
    でもシーバをやったら口をゆがめて食べにくそう、まだちょっと大きい粒は無理かな?
    焼きささみもやったが、こちらは食べれたよう。
    もうしばらくは小粒のカリカリでないと痛いのかもしれないね。

    餌やりのときも待っていたが、食欲がないのかすぐに食べない。
    もっとも他の子たちも今夜は余り食べなかったけどね、多分急な暑さで参ってるのかも?
    帰りにもう一度寄るとまた待っていたので、今度はスープタイプのミニ缶をやったが、こちらはすぐに食べだした。
    でも途中でまた口が痛そうに頭を振っていた、う~ん・・・昨日の今日だもんね、レーザーで焼いたところがまだ痛いのかもしれない。
    背中を掻いてやったらまた食べだしたが、もうしばらくは慣れるまで気持ち悪いかもね・・・

    スピカがいないとマイクは大声で鳴き、道行く人が振り返って見るのでとても困る。
    ここのところ毎日来ていたスピカが来ていなかった、なのでマイクの大声が鳴り響く・・・こら~っ!
    なんて情けない奴なんだ、スピカがいたら余り大声では鳴かないのに!
    スピカが来ていないくて一人だとなんでそんな大声で鳴くんだ?、マイクのノミの心臓には困っとります・・・(_ _,)/~~  

    今夜福田首相が辞任するとニュースで流れた。
    昨年の同時期に当時の阿部首相も辞任したが、今の日本の政治はどうなってるの?
    任期を勤めることなく途中辞任がこうも続くと、政治家達への信頼が持てなくなってしまう。
    世界からも日本の政治そのものの信用が無くなるだろうし、いい加減な政治家達に振り回される我々国民は本当にいい迷惑だ。
    首相が辞任したことにより良い方に向くのならいいが・・・勝手に派閥や政権獲得に躍起になっている政治家達を見ていると、今後についてもとても希望が持てない。
    この国は何処へ向かっているんだろうかね・・・

    まだ夏のもよう

    また夏が帰ってきた・・・ぶうぶう←みんなの文句(爆)
    だってまだ9月には入ったところだよ?、この時期は残暑が厳しくて当たり前なんじゃないの?
    今年がおかしかったんだと思うよ、だってお盆の終わりごろからいきなり涼しかったもんね。
    去年なんかお彼岸が来ても夏だったから、今年はまだ暑さもましだと思う。
    まあね、人間はこうやって文句を言うのが好きだし、一種の挨拶代わりですから(笑)

    昨晩クーラーをつけたが、日中もそのままにしておいた。
    帰ってきたら少し風があったのでクーラーを切ったけど、まだ扇風機はつけないと暑い。
    しかし夜だけでも涼しいので助かる、特に夢子さんが(笑)
    夏中クーラーをつけっぱなしだったが、鼻気管炎の後遺症のある夢子さんには涼し過ぎて、ずっと鼻がズビズビといっていた。
    クーラーを切ってからはそれも止まりやっと呼吸しやすなってたのに、またもやクーラーを入れられたのでズビズビも復活!
    でも暑いと他の子が熱中症になるし、かといって夢子さんのためにはクーラーは入れないほうがいいし。
    多頭になると色んな症状の子がいるので、環境作りが中々難しいですわ・・・

    キクママは毎晩の強制給仕でもっているようなもの、でもまた痩せたようだ。
    鼻づまりはビスビスくらいになっているが、少ししか食べない子なので体力の回復が思わしくない。
    お水もよく飲んでいるし、腎臓サポートのカリカリが気に入ってそれも食べている。
    これといった原因は思い当たらないのに、なんで痩せるのかなぁ・・・
    保護時にもうダメかと思うくらい酷い鼻気管炎だったからね、よく生きてると思うくらいだけど。
    元々活気のある子ではないから余計静か、まあこれからもキクママの好きなようにすればいいか・・・

    出窓でくつろぐキクママ

    顔が汚れていますが・・・顔と前足はニュートリカル色になっております(爆)

    おごじょがとにかく走り回っている。
    クロさんに餌を置いてからすぐにおごじょの分を置いてやっているのに、もう一度後戻りをしてキママの餌場に行くと、すぐにあと追いかけてくる。
    そしてクロさんの餌を横取りしたり、あちこちで爪とぎをしたりとかなり落ち着きがない。
    とにかく痩せてガリガリなのに、それだけ動き回れる体力がどこにあるんだ?

    余りのテンションの高さに、ひょっとしたら甲状腺機能亢進症かも?と思っている。
    ゴマがそうで、治療をしたら余計弱るからとゴマ姐さんのままにしてあるのだが。
    ひょっとしたらおごじょもそうかもしれないね・・・
    ニャーニャー鳴きながら忙しそうにあっちにウロウロこっちにウロウロと、口内炎の痛さも忘れてるのかと思うほどテンションが高い。
    もし甲状腺機能亢進症なら、かえってその方がおごじょにはいいかもしれない。
    ある日心臓に来てということになるかもしれないが、少しでも痛みから開放されるのなら、その方がおごじょには楽だと思うし・・・

    茜ちゃんとすっかり仲良しになった青葉君♪

    枕になってもガマンするお姉ちゃん(笑)

    よりっそっている写真は、青葉が寝ているところに茜の方が寄り添っていったのですが、青葉にマクラ代わりにされたようです^^

    しっかりお姉ちゃんをしている茜ちゃん、ありがとうね~

    いつも一緒♪

    どこへ行くのにも弟は腰ぎんちゃくのように付いて回る・・・(爆)

    だからトイレも一緒に・・・ゞ(ーー*)おいっ

    ついでにトイレも一緒に・・・って、それはやめたほうがいいんじゃない?(^O^)きゃはは

    いちおう隠れているつもり?、見えてるけど?(爆)

    隠れているつもりなのかな?、でも後ろからしっかり茜ちゃんに覗かれてますけど?(笑)

    何あっかんべーしてるの?(爆)

    おもちゃを先にとったので、「やりぃ~」とぺロッと舌を出しているような・・・
    写真は思いがけない表情を瞬間に捉えるので、こうやって面白いのが写せますね。

    何をするのも一緒、いつも仲良くくっついていて楽しそう♪
    少しは茜ちゃんのストレス解消が出来たかな?、いや・・・弟が腕白になってきたので、余計ストレスが増えたかも?(爆)
    いつまでも元気で仲良しでいてね♪

    宮島の飢える鹿たち

    この宮島の鹿の件はずっと気になっていたのですが、未だに当局の方が改善しないようです。
    食べ物がなく飢えているのに遅々として進まない改善策、でも命は待ってくれません。

    しかもこれからは木の葉も落ち、草も生えない時期になります。
    飢えた鹿たちは餌をもらえるかと観光客の近くに行きますが、心無い人たちは持っている地図などの紙切れを食べさすそうです。
    そんな物を食べたら病気になるのが分かるだろうに・・・これだけ飢えている子たちがいるのに、行政は何もしないなんて・・・
    この国は動物達の命をなんだと思っているのでしょうか?

    飢える鹿

    こちらが「オンライン嘆願書」です。

    サイトが出来て改めて鹿たちの窮状の写真を見ましたが、現実を画像で見るとかなりショックです。
    この子達は餌やりをしてもらっている猫たちと一緒です。
    本来の野生として生きていける場所にいる子たちではなくて、人の近くで餌を貰ってきていた子達なんですから。
    ではなぜそこに鹿がいるのでしょうか?
    それは、人間がその時の都合でそこに留めるようにしたから、宮島の観光用に。

    鹿が増えすぎて被害が出だすと苦情が来る、だったら餌をやらなかったら勝手に死ぬだろうだって?
    自分たちの手で処分するのがイヤだから、飢え死にするのを待ってるの?
    それはおかしい、それまでに増えないようになぜ対処しなかった?
    人間が野生から人の近くに持って来た鹿じゃないですか、食べ物が必要だなんて当然のことですよね?
    その対応もせずに、ただ観光用に鹿を連れてきただけなの?
    そして勝手に食べ物を探して生きていけって?

    私は関西に住んでいるので奈良にはよく行きますが、奈良の鹿はみんな丸々と太り、人間の側でのんびりと暮らしています。
    同じ神社なのにこの扱いの差は何?、ましてや世界遺産に登録をされている場所なのに・・・
    これが欧米だと動物虐待で大問題になるのに、文明先進国を名乗るこの国ではこんな扱いだなんて!、酷すぎます。
    だから日本の動物愛護は遅れていると、この国に来ている欧米の人たちは嘆いているのです。

    なんかね・・・猫だけじゃなくて、他の動物達も同じ目に遭ってるんだなんて・・・
    鹿たちは飢えているから口に入る物は何でも食べています、だからといって観光に来ている人たちが面白がって紙を食べさせているなんて!
    旅の恥はかき捨てかい!、なんちゅう情けない!と腹立たしい限りです(怒)

    まずは自分のできることをのオンライン嘆願書の提出や、一回美味しいものを食べるのをガマンして、その分を鹿たちに分けてやっていただけませんでしょうか?
    寒い冬を乗り切るのには体力が要ります、少しでも鹿たちに脂肪が付くようにご協力をお願いいたします。

    **************************************************

    マメサブはまだ口の中が痛い?気持ち悪い?のか、焼きかつおも混ぜご飯も食べない、いや食べれないのだろう。
    最後にいつもミニ缶を2匹にやるのだが、今夜はマメサブはどこかに行っていなかった。
    混ぜご飯を持って行っても食べなかったのに、お腹がすいてないのかな・・・
    しばらくは口の中の違和感で食べれないと思うが、レーザーで焼いたキズが治ると食べるようになってくれるといいけど。

    モカの母ちゃんもミニ缶を食べなかった。
    どこかで貰ったのかな?、でも混ぜご飯はいつもと同じくらい食べたんだけどなぁ。
    夜明けに雷とともに激しい雨が降り、おかげで日中も涼しかったし、夜になると強風が吹いて寒いくらいになっているもんね。
    昨日までは真夏だったのにいきなり寒くなって、急激な気温の変化で調子がおかしいのかな?
    気温の乱高下が激しいと人間だって調子が狂う、ましてや外にいる子には尚更環境の影響が強いから、体調が狂うのは当たり前か・・・

    季節の変わり目で体調を狂わすと免疫が落ちてしまう、免疫が落ちてくると口内炎を持っている子は酷くなりやすい。
    寒さに向かうには脂肪をつけないといけないのに、口内炎が酷くなると食べれなくなって体力が落ち、冬に向かう準備が出来ないんだよね・・・
    変なお天気の日が続きあちこちで豪雨に見舞われているが、日本列島が水浸しになりそう。
    なにやら気を揉みそうなこの秋・・・早く気候が安定してくれないかな・・・

    動物虐待をしたものは

    太陽が出ていても黒い雲が沢山あり、一日中からっとしたお天気にはならなかった。
    午後からは薄暗くなって、また雨が降るのかと思ったのに降らない。
    なんかすっきりしないお天気だけど、こんなお天気が何日続いてんだ?
    もうかれこれ2週間くらいになるんじゃないの?
    しかも同じようなお天気がまだ続くらしい、気が滅入りそう!

    こんな文章を見つけた。

    「私の霊界紀行」F・C・スカルソープ・著 近藤千雄・訳 新潮社 2007年4月刊

    「与えた愛は何倍にもなって自分に戻ってくるものである。反対に動物を虐待した者は、死後一種の“自己検診”のようなものをさせられて辛い思いをすることになる。地上生活での出来事は細大漏らさず魂に刻み込まれているので、絶対に逃れることは不可能なのである。そこから生まれる自己嫌悪感は実に強烈で、それが進歩を遅らせることになる。」

    ということだそうな。

    スカルソープ氏という人は幽体離脱の研究に取り組んだ人で、自身の研究から見てきたことを書いている。
    これが言われている因果応報ってやつだよ、自分で作ったカルマは自分に降りかかるってくるってことなんだよ!
    生前に苦しめた動物達の苦しみや恐怖を自分が味わうんだから、ざま~みろってんだよ!
    いやしかし虐待されて殺された動物たちは生き返らない。
    やっぱり虐待は今すぐにでも止めろ~!怒怒怒 (`´)怒怒怒

    一昨日リンクさせていただいた「ネコ好きおじさん気まぐれ日記」の中に、面白い記事がある。
    この鳥は?・・・もしかして?
    兵庫県北部在住のネコ好きおじさんは、ひょっとしたら噂の鳥さんに接近遭遇しているかも?なのだ、そう「コウノトリ」かも?
    しかしおじさんの視力は0.3だとか、見間違えでありませんように(爆)
    と思っていたらやっぱりアオサギだったそうでして、それは残念!(^m^ )クスッ
    でも地域的に出会える可能性はかなり大きいですから、諦めずにいつも空を眺めていて下さいね~(笑)

    コウノトリの郷公園は県北部にあるし、昨年から野生に返しているコウノトリがいるので、今後出会える確率は高いと思う。
    遠く他府県まで飛んでいっているコウノトリもいるから、近くを飛んでいるなんて十分ありえることだ。
    いやはや、なんとも羨ましい環境で・・・しかもネコ好きおじさんは、私の憧れの悠々自適の田舎生活だし(笑)
    野性に返ったコウノトリがもっと増えたら、ウオッチングしに県北部の方へ行ってみようかな?

    マメサブがどうも思わしくなくて、食べたいのに痛くて食べれないらしい。
    スープタイプの猫缶をやったらスープは飲むが、固形になると食べれなくて逃げて行ってしまう。
    薬を入れていたのは飲んだからいいけど、明日からはカリカリをふやかしてスープと混ぜて持っていこうかな?
    カロリーエースも飲むかもしれないから持参しよう、a/d缶もスープで伸ばして持っていこう。
    食べることが好きな子だもん、どれか食べると思うけどなぁ・・・

    マイクとスピカが食べていない、あれ?いつもはよく食べるのに?
    どこかで貰ってるのかな?、今日で3日ミミも来ないし・・・
    貰ってるのならそれでいいけど、餌やりが不定期だからちょっと困っている。
    スピカに連れられてマイクも他の餌場を見つけたらしいね、それもやっとだけど(笑)

    モカの母ちゃんも食欲はいまいち、今夜はミニ缶は食べたけど。
    どの子も横並びで食欲不振なのは、やはりお天気のせいなのかな?
    明日は30℃くらいになってまた夏日とか、なんともかないませんな・・・
    工場のフェンスの向こうで今親子4匹のファミリーが食べているが、こちらはいつもと同じく食べた。
    親も若そうなので、こちらは若いから食欲が有るってことなのかな?
    この子達の捕獲をしたいからね、早く涼しくなってほしいんだけど。
    子猫は4ヶ月くらい、もう少ししたら手術が出来るから移動しないでほしいが・・・いてくれるかな?

    うちのお年よりたちは元気だ。

    顔は出すけど降りて来ないピー

    部屋の中に入っていくと、鳴いてアピールするピーちゃん。
    今月で18歳になるのにとても元気、自分の城を持ったので安心したのかな?
    でも時々入り口に来て鳴いているから、前の住居がちょっと恋しいのかな?
    よく分からんけど・・・でもねピーちゃん、前の住居は他の子が占拠しちゃってもう帰れないよ~(爆)

    ドアはストッパーで止めているが、その後ろで入り口の見張りをするキママ。

    こんな格好をすると益々でかく見える・・・(笑)

    モコモコでまるでタヌキ、そう別名黄色いタヌキのキママです(爆)
    夏痩せもせずとても元気、そして今も変わらずマイペース。
    誰かがパネルの所へ来たら猛然と飛び出して、それ以外はこうやってごろ寝の一日・・・いいなぁ、羨ましいなぁ(^^*) ホホホホ

    マメサブが食べれない

    いつまで続くこのお天気・・・太陽が出ても、雲が多いので時々しか顔を出してくれない。
    しかも午後遅くになり、帰る前くらいから一転薄暗くなってくるし~
    そして雨・・・太陽が出ても、曇ってまた雨かい!(--怒)
    お天気が悪い分湿気が多くて蒸し暑い、たまらんなぁ・・・

    やっぱりマメサブの調子がかなり悪いくて、涎が止まらないし、口を歪めてしきりに頭を振っている。
    いつものように待ってはいたのだが、呼んでもバイクの上から降りようともしない。
    しかたがないので迎えに行き、抱いて餌場まで連れて行った。
    本日のメニューは、「猫缶のスープにa/d缶を溶かした」のと「ミルクにカリカリをいれふやかした」のを2種類持っていった。

    結果はやはり猫缶のスープとa/d缶がいいらしく、すぐに飲みだしたが・・・
    ほんの小さな塊があっただけで痛みに驚いてもう食べない、多分キズに当たって痛いのだろう。
    草むらに逃げていったので、追いかけたがまた逃げる。
    でもしばらく逃げたらじっとしていたので、そのまま抱いて家につれて帰った。

    もう数日まともに食べてないので、このまま置いてたら余計体力が落ちてしまう。
    体力が落ちるとなおさら口内炎が酷くなる、だからちょっと食べさせないといけないからね。
    後ろ足を片手でしっかりと持ってそのまま抱いて帰ったのだが、7階まで階段で登ったらしんどかった~!(爆)
    私も体力が無いもよう・・・(^^;;;

    ケージに入れてから、よく飲んだスープとa/d缶のミックスにもう少しスープを足して、もっと柔らかくしてやったらミニ缶1缶分ほどをすぐに飲んでしまった。
    次にカロリーエースをお皿に入れてやったが、これもすぐに飲みだした。
    1缶を全部飲んだので少し足してやったらそれも飲んだ。
    その後はもういらないといってたので、今のところは満足したのだろう。
    しばらくまともに食べてないからね、一気に食べさせて下痢をしたら困るので、少しずつ何回かに分けて慣らしてやろう。

    しゃあないなぁ、ほな寝よか・・・ですと!(爆)

    またケージに入れられて怒って鳴いていたが、そのうちに不貞寝(笑)

    さっさと最上段でおくつろぎ中、慣れたらしい(*´▽`*) プッ

    最上段に上がって寝転んでいたから、先日よりは緊張していないらしい。

    またケージに入れられた・・・怒ってます(笑)

    なにせ臆病者で小心者だからね、周りをキョロキョロ見るのに忙しい・・・(爆)

    でもお尻が上がってるので怒ってないのかな?

    後ろ足を立ててお尻を上げているので、連れて帰ったことをまあ怒ってないのでしょうな(笑)

    明日は病院へ連れて行くので今夜はお泊りだが、思い出したように時々鳴いている。
    知らないところでやはり不安なんだろう。
    なので、動物はクラシックを聞くと癒されるそうだからCDをかけてやっている。
    でもクラシックではなくて、ハープが奏でるケルト音楽ですが(笑)
    ハープの音色は精神を安定させるらしいそうだ、それでかな?CDをかけてやってから鳴かなくなったけど?
    でもずっと外の生活だから音楽なんて知らないもんね、ひょっとして初めて聞く訳の分からない音で、怖くて固まってるだけなのかも?(爆)

    徐々に口内炎が痛くなって、その痛みにも何とか慣れてきていたのが、いきなり病院で治療され痛みの種類が変わったのが怖いのだろう。
    レーザーで焼いた違和感と、今までに慣れていた痛みが変わってしまったこと、臆病な子なのでその両方が怖いのだろうと思う。
    マメサブはとにかく口を前足で掻くので、それで余計傷ついたり治りにくかったりするのだ。
    昨晩マメサブに餌をやっている男性が、それを気にして爪きりで爪を切ってくれたが・・・それでもやっぱり掻くので危なくて仕方がない。
    エリカラーをしてやりたいが、外にいる子はどこへ行くか分からないから危険でつけれないし。
    そんなことを色々考えていても仕方ない、捕まえるのが簡単な子だからさっさと捕まえて、病院で輸液と化膿止めの注射と打ってもらうほうが早いので連れて帰ったのだ。

    モカの母ちゃんの食べあとの動作を見ていたら・・・ううっ!また口を気持ち悪そうに掻いている・・・
    嫌な口内炎復活か? (><。)。。
    マイクが今夜も全然食べない、やっぱり変だ。
    ミニ缶をやったら食べたので薬を混ぜておいたが、やはりこの前口をつけてすぐにギャッと言ってたのは口内炎が出てきたからか?
    もうカンベンしてくれ・・・あっちもこっちも口内炎の子だらけだぁ・・・

    元気になるとうるさい!

    日中はいいお天気で、気温は高かったのにそんなに暑く感じなかった。
    なのに夜になってからムシムシムシ・・・なんでやねん!
    マメサブを夕方から病院へ連れて行って、帰ってきたのが9時前(買い物に寄ったけど)、それから暑くってクーラーを入れた。
    昼間入れるのなら分かるけど、夜も遅くなってからクーラーを入れるってどうよ?、ほんと変なお天気だね。

    マメサブの口内炎は、1週間前にレーザーで焼いたところは赤味もなくなり、色も薄いピンクになっている。
    多分想像通りで、口の中の違和感と今までと違う痛み方が気になっているのだろう。
    ビビリンなので痛みの種類が変わったのが怖いのだろうと思う・・・ほんと!あかんたれなんだから!
    皮下点の中にビタミンなどを入れてもらい、痛み止めの注射をしてもらった。
    体が大きい分入れる輸液量が多いので何ヶ所か場所を変えて入れてもらったが、大きなおこぶが背中に点々と(爆)

    帰ってきてから、a/d缶をスープで伸ばしたのとカロリーエースとを美味しそうに食べた。
    液状になっているのは食べるのに痛くないらしいから、明日からしばらくマメサブのお弁当はこれだな。
    a/d缶は、宮(みゃ~)大工さんが病気の子用に買っていたけど、食べなくなって余ったからと送ってきてくださっていた。
    カロリーエースは、やまとさんが千世ちゃんと泰三君が子猫のときに買ったのだが、やはりもう使わないからと送ってきてくださっていた。
    これからまだ毎日痛みに慣れるまで使うので、お陰さまでとても助かります。
    ありがとうございました~<(_"_)>ペコッ

    皮下点に入れた輸液が効きだし、高カロリー食を食べたのが効きだし・・・餌やりから帰ってきた頃から俄然元気溌剌になった!
    ケージの隙間から手を出して暴れる!暴れる!、ドッタンバッタンとその辺の物をかき寄せ、大声で雄たけびを上げ・・・ヽ(ー_ー )ノ マイッタ
    とうとう夜中の3時過ぎに、一緒に階段を下りて外に出しましたさ。

    元気がないときはケージを開けるとこんなだったのに・・・

    大きな体を小さく折りたたんでおります(爆)

    最上段からこそっと覗き、小さく縮こまって怖くて降りれなかったくせに!

    体を乗り出しても飛び降りる勇気が出ない(*´▽`*) プッ

    一段降りてきても飛び降りれなかったくせに!、それが元気になったとたんに大暴れするか?

    輸液や注射が効いてくるといきなり元気になったが、ほんまに薬の効き目のええ子やなぁ(爆)
    高カロリー食も十分に食べたので、これでしばらくは元気でいるだろう。
    安全な広い空間でずっといた子だもん、狭い家の中は息が詰まるよね。
    昨晩は調子が悪くておとなしかったけど、元気になるとやはり狭いところは息苦しいらしい・・・まあ無理ないかも。

    マメサブをいつもの餌場に連れて行っていると、一昨日に爪を切ってくれた男性がやってきた。
    餌を持って行ってもいなかったので気になっていたらしい、それにいつも夜中にどうしているか見に来たりしているとか。
    こうやって他にも気にかけてくれる人がいるマメサブとユキちゃん、外の子にしたら本当に恵まれていると思う。
    まだしばらくは同じことを繰り返すだろうとけど、病院へ通いながら口内炎の痛みに慣れていくしかないしね。
    調子が悪いと思えば抱いて連れて帰れる子だから、その点ではちょっと気が楽だけど。

    マメサブに作ってやったa/d缶のおかゆ(かな?(爆))とカロリーエースを、キクママが飲むかなと分けて持って行ってやると、どちらも美味しそうに飲んだ!
    以前はどちらも食べない飲まないだったのに、どういう心境の変化なんだい?
    加齢とともに嗜好も変わるのか?(笑)
    いやまあ、とにかく飲むことが分かったのでちょっと助かるけどね。
    少食で偏食のキクママだから、食べれるレパートリーが増えるのは嬉しいことだ。

    マイクもやはり口内炎のよう、今日も全く餌を食べていなかった。
    好きな焼きささみをやったらお腹がすいているらしく飛んできたが、咥えたとたんに落として逃げて行ってしまう。
    口内炎になった当初の動作だな、やっぱりか・・・食べだすと痛いのでその食べ物が怖いのだ。
    フレーク状の焼津のまぐろの猫缶に薬を混ぜてやったら、最初に置いた分は全部食べた。
    続けて置いてやった分は途中で痛くなりまた逃げる、この猫缶でも痛いのならあとはスープだな・・・

    マイクもマメサブと一緒で口内炎だが、まだ初期の段階なので薬で何とかなるだろう。
    マメサブはもっと早くから変だと思っていたのに、すぐに病院へ連れて行かなかったので酷くなった。
    だからマイクはしばらく集中して薬を飲ませなくちゃ!
    でもね・・・マイクは捕まえようにも捕まらんのよね・・・捕獲器の前でUターンだもんなぁ・・・でも何か対策を考えないと!だよね・・・

    おごじょは痛みに慣れたのか以前ほど口を掻かない、というかテンションがあいも変わらず高いので、痛みを忘れているのかも?
    そうなるまでに沢山の紆余曲折がある、これから痛みの始まる子にはまだまだ長い道のりが・・・__(_ _;) ウゥ

    この1週間はマメサブのお陰で疲れましたわ。
    8歳半といえばもうシニアに突入してる年齢だから、何か病気が出てきてもおかしくないけど、それが口内炎とはこれまた厄介な!
    何か私はずっと口内炎と戦っているような気がする・・・モカの母ちゃんにシロマメにおごじょに・・・そしてまたもやマメサブにマイクに・・・
    これじゃ自分が病気になっている暇はありませんなぁ(爆)

    次女の友人が与那国島の海にもぐりに行ってるらしい。
    その与那国島にあるホテルの前に猫がいるのを写して送ってきた。

    ホテルの前でまったりと♪

    大きなシーサーがあるってことは玄関じゃないの?、そこでまあ堂々と寝転んでますなぁ(爆)
    時間がゆったりと流れる島だからね、南国の猫は雰囲気ものんびりしてる。
    俗世間を離れて、こんな所で猫と一緒にまったりと暮らしたいもんです(⌒⌒)v

    マメサブが逃げる~

    お昼過ぎの2時半ごろ、急に暗くなったと思ったら稲光に雷、そしてスコールのような土砂降りになった。
    稲光と間をおかず雷が鳴る、こんなに大きな雷の音を聞くのは本当に久しぶりだ。
    昨年も無かったな、その前の年も無かったっけ?
    これが夜だと物凄い稲光の光が見えるのにね、昼間だからかすかにしか見えん(笑)
    そして30分後には突然止んだ・・・何だったんだ?

    その後しばらくすると太陽が出ていいお天気になる、全く予測がつかないお天気だね。
    これが川の上流で降るとゲリラ豪雨になり、下流にまとめて流れていくのだろう。
    あちこちで川が氾濫し床上浸水や床下浸水の被害に遭っているが、天候不順が特に多い今年の夏、もういい加減治まってほしいな・・・

    餌やりに出るとマメサブは待っていたが、餌場までついて来ない。
    爪を切ってくれた男性がいたので、マメサブを連れてきてくれるように頼んだら、「逃げたで」( ̄o ̄) え?
    私が追いかけていくとトコトコと逃げる、あれまあ怖がられちゃったようで(笑)
    その男性が捕まえて来てくれたので、作っていったa/d缶のおかゆをやったら、少し舐めてまた逃げる。
    口はまだ痛いし、イヤな奴の私がいるし(爆)
    こうやってしばらくは姿を見ただけで逃げられるんだろうね、でも天然のマメサブのことだからすぐに忘れるでしょうけど。

    餌やりの帰りに寄るとまたその男性が様子を見に来てくれていたが、マメサブはあのままトンずらしたもよう(爆)
    おかゆとカロリーエースを入れた容器を置いてきたが、夜中に食べに来ればいいけどね。
    ビビリな子だけにさすがに逃げ足の早いことで(笑)
    昨日の皮下点が効いているのでまだ大丈夫だけど、食べなかったら同じことを繰り返すからね。
    ほんまに手のかかる子ですわ・・・(´ヘ`;)ハァ 

    マイクも流動食を作ってやらないとダメなのだが、マメサブと同じa/d缶のおかゆだけでは足らない。
    マメサブは置き餌があるし他にも餌をくれる人がいるけど、マイクはそのどちらも無いのでおかゆだけではお腹が持たないと思う。
    そこで出るのが必殺技(笑)、カリカリをミキサーで粉砕して、それをおかゆの中に混ぜてやった。
    a/d缶は高カロリー食だが、それだけでは外の子には栄養的に十分とはいえない。
    モカの母ちゃんはカリカリをふやかしていたが、ミキサーで細かく砕くと混ぜたらすぐにふやけるので、その方が楽なのだ。

    流動食を置いてやるとマイクはすぐに食べに来たが、容器に近づいてはすぐに逃げている。
    同じ容器に入れているので、それで食べた時の痛かった恐怖感があるから仕方が無い。
    そのままにして駅前に行ったが、容器を引き上げに行くと舐めたようにキレイになっていた、なんや結局食べたんや((((°°;)クラ
    スピカは離れた場所で食べさせていたし、いつもどおりの量が減っていたので、多分マイクが流動食を食べたと思う。
    数日まともに食べてないからね、よほどお腹がすいていたんだろう。

    いつもは食後に焼きささみや焼きがつおをやるのだが、今日は銀のスプーンのミニ缶をやった。
    昨日のように途中で逃げたりしないで美味しそうに食べてた。
    流動食を食べたことで食べることを思い出したのかな?、そうだといいけどね。
    銀のスプーンや焼津のまぐろのようなミニ缶はかなり細かいフレーク状になっているので、口内炎の子は食べやすいのかもしれない。
    モカの母ちゃんもその方がいいようだし・・・固いと傷に当たって痛いんだろうね。

    キクママもa/d缶のおかゆとカロリーエースを飲んだ。
    いつも強制給仕をしていたが、自分の口から食べるほうが体力がつくので、食べてくれてほっとしている。

    もう冬用のベッドです(笑)

    強制給仕でイヤイヤお腹に入れても、気分的にいいものじゃないから身につかないと思う。
    美味しいと思って食べた物は体が受け入れてくれるから、少しでも栄養になるだろうしね。
    本来の形の自力で食べてお腹に入れて、それから消化吸収されるほうが栄養になるのは当たり前だと思う。
    キクママも出来るだけ自力で食べれるように頑張ってほしいなぁ・・・

    子猫用の手作りケージです。
    QUママさん考案のワイヤーパネルを繋げて作ったケージですが、なるほどこれだと好きなサイズに作れますね。
    子猫の数や置く場所によってパネルを変えれば寸法の調節が出来るという、子猫のマイハウスとしてとてもいいアイディアだと思います。
    うっかりすると行方不明になるくらい小さな子は、こうやって寝る場所を決めているといいですね。
    自分のハウスだということを覚えると、眠くなると帰ってきますから。
    みんな一緒にくっついて寝るほうが安心なのでベッドは一つで十分だし、それにトイレも決まった場所の方がトイレトレーニングも出来るし。
    とっても優れものの子猫用のアイディアケージです( ̄ー ̄)v

    ピーちゃんも不調

    太陽が出ていたが暑くなく、風向きが北西に変わっているたで涼しいくらいだった。
    日の入りも早くなったしで、一日ごとに秋の足音がするよう←どんな足音だ?(爆)
    虫の声も大きくなってきた、自然界の生き物は季節の移り変わりにはとても敏感だね。
    人が忘れて久しいものを、草むらにいる虫たちに教えてもらっている。
    身の引き締まる秋の風、でもいきなり寒くなるのはやめてね(笑)

    ピーちゃんが調子が悪い、いつも最下段のトイレに中の寝転んでいる。
    余り食べなくなったしでどうしたのかと思うが、それでも大きな声で鳴いて呼んでるけど?
    昔いたヒッピーは当時出入り自由猫で(昭和59年に亡くなった)、外でいきなり老化が来た子だ。
    その日は叔父の墓開きに行っていたので、帰ってきたのは夜の8時ごろだった。
    テーブルの下を見ると、口と前両足を血だらけにしたヒッピーがいた。
    驚いて病院へ電話をし連れて行ったが、口と前足は怪我ではなく、外で遊んでいていきなり腰が砕け、帰ってきたはいいがいつもいる2階のテーブルの下に行けなくて、階段を口と両前足で登っていったらしい。

    そんなケースがあるのかと獣医さんに聞いたら、レントゲンを撮ってくれ説明してくれたが・・・見事に背中から腰が湾曲していた!
    徐々に老化はしていたのだろうが、外でいきなり動けなくなったらしい。
    ヒッピーは当時16歳と6ヶ月、その頃の猫にしたら長生きな方だった。
    入院した翌日の夜(正確には翌日の夜中過ぎだから翌々日になるが)息を引き取った・・・何とか助かってほしかったが、老化には勝てないよね・・・
    そんな経験をしているので、ピーちゃんもいきなり老化が来たのかと様子を見ている。
    ついこの間まで元気に動いて鳴いて食べていたが、年齢も18歳だし・・・

    奇しくもヒッピーもピーちゃんも同じ黒猫、しかもどちらも若い時は白い毛が1本も無い本当の黒猫だった。
    いつも私の側には必ず黒猫がいる、なぜか黒猫とご縁が深いようだ。
    でも今はご縁が深すぎて、黒猫は5匹もいたりする(爆)
    痩せてしまったピーちゃん、大丈夫かな・・・でも焼きがつおをやると食べている。

    一応は食べようとするんだけど・・・

    食べながら口を歪めてるので、どこか痛いところがあるのかもしれない。
    そう思って口の中を見ると、ついこの間まで歯石も付いてないきれいな歯をしてたと思ってたのに・・・いきなり黒くなって歯石も付いてる・・・
    それも老化現象の一つの現れなんだろうが、でもピーちゃんの年齢では麻酔をかけて抜歯は怖い。
    とりあえずa/d缶のおかゆとカロリーエースは飲んだので、薬を飲ませながら様子を見るしかないか・・・

    キクママはまたもや住居侵入をしている。

    そ知らぬ顔のキクママ(爆)

    キママのケージを分捕ったのに、またキママがいる子猫用のケージに居座っていた。
    なんで他の子の使ってるケージに行くのかな・・・ひょっとしてキクママって意地悪なの?(笑)
    キクママもおかゆとカロリーエースは飲んだので、自分で食べたからいいかな?

    お怒りモードのキママです~(笑)

    キクママにまたもやケージを乗っ取られたので、出窓に避難しているキママ。
    なんか表情が怖い、もしかしてキママ怒ってるの?(爆)

    マメサブとマイク用に、鶏ガラでスープを取ったのを冷凍していたから、それを解凍しておかゆを作ってやった。
    しかしマメサブ不在、逃げたのか?(笑)
    いつもの男性が「銀のスプーンがあったから、それをやったら食べたで」と言っていた。
    先日23才で亡くなった愛猫のために買ってあったのを、粒が小さいから食べるかな?と思ってやったそうだ。
    お皿に入れてもらったのは食べたと言っていたので、もう痛みに慣れたのかな?

    帰りに行けばまたいない、今日は来ないかな?と思っていたら、建物の方からノソノソと現れた。
    まず餌入れに入れてあった猫缶を食べて、それからおかゆを少し食べて、またノソノソと建物のほうへ行った。
    自転車で追いかけて呼んだら止まったので、側に行ったら少し逃げる降りをするだけ・・・もう元に戻った~(爆)
    しばらく背中を掻いてやったりお腹を撫でてやったら、もういつものマメサブになっていた。
    単純な子はこれだから助かるね~o(^▽^)o キャハハハ

    残っていたおかゆをやったら、寝転んだまま食べるというズボラ振り(笑)
    鶏ガラスープがお気に召したのか完食、よく食べたなぁ( ̄O ̄;)
    この調子なら餌はもういつもの通りでよさそう、でもまあしばらくはおかゆ持参だけどね。
    お騒がせのマメサブ、これで元に戻ったんならいいけどね・・・

    マイクもおかゆを完食した、やはり昨日のもマイクが食べたんだね。
    粉末にしたカリカリを多めに入れても、汁気があれば食べやすいらしい。
    とは言っても、傾けても流れたりしない固さにしてある、それくらいの方が食べやすいみたいだ。
    余り汁気が多くても食べにくいし、少なかったら固くて口内炎に当たり痛くて食べれない。。
    斜めにしてどろっと流れていくくらいがいいみたいで、噛まなくてもいいし喉に流し込める固さだしってところかな?
    やれやれ、やっとお気に入りの食べ物が出来たようだ・・・こうやって、毎度餌作りにはかなりの苦労をしとります・・・_(_ _*)

    ピーちゃんはやっぱり悪そう・・・

    いいお天気で太陽がいっぱい、でも空気に湿気が無いのでとても爽やかに感じる。
    やはり秋になっているもよう、夏とはかなり空気の質が違うもんね。
    明日も同じようないいお天気だとか、雨や曇りの日ばかりが続いたので、なんか本当に久しぶりの晴天だ。
    しかし台風13号が発生しているらしい、やっぱり秋だ・・・

    南京町を歩いている若い女の子は、まだ真夏のいでたちだ(笑)
    肩も背中も丸出しでショートパンツをはいている、涼しい風に思わず私のほうが「さぶぅ~」(*´▽`*) プッ
    今日の風では真夏の服ではちょっと涼しいよ。
    でも観光で歩き回ったり屋台のラーメンを食べるんだったら、暑くなるからちょうどいいかな?
    今日はなぜか若者が多かった南京街、これからが本格的な観光と修学旅行のシーズンになる。
    また賑やかなこっちゃ!(爆)

    ピーちゃんがやはりおかしい・・・昨日からトイレの中に篭ったままになった。
    なので帰ってきてからトイレを洗い、チップを交換してやった。
    次女が夜に来て「体温も低いわ」と言っていたが、昨日くらいから体温も低くなっている。
    最下段は前にダンボールを置いてやっているので暗いが、調子の悪い子が暗くて冷たいところへ行きたがるのは本当に悪い時だ。
    やはりいきなり老化が来たのかな?

    まだ目に力はあるのだが・・・

    でもほんの数日前はケージから首を出して鳴いていたし、気が向けばパネルの所まで出てきていたのに・・・余りの急変振りにあっけにとられているのだが・・・
    体も痩せたし毛もパサパサになっている、これもいきなりでびっくりだ。
    夜の8時ごろにカロリーエースとa/d缶を鶏ガラスープで薄めたのを少し飲んだが、餌やりから帰ってきてからやったらもう飲まない。

    やっぱりしんどそう・・・

    少し息が大きいだけで、顔を撫でてやるとスリスリするし、背中を掻いてやると小さくゴロゴロと言っている。
    でもまあこれも仕方が無いかな・・・・ピーちゃんの命はピーちゃんのもの、私が手出しが出来るものじゃないし・・・
    抱いてやると嫌がるので、そのまま好きにさせている。
    痛がったり苦しがったりは全くしていない、トイレの中にじっとうずくまっているだけだ。
    それがせめてもの救いだが・・・

    帰ってきて自転車を止めていると、建物の陰からマメサブが鳴きながら現れた。
    以前と同じ「なんかおくれ~」だ(笑)
    餌場に行き、焼きがつおを細かくしてやったら美味しそうに食べていた。
    でも口の中で塊が当たったのか、途中でリタイア。
    ビビリンな子はちょっと痛かっただけで食べるのを止めるね、でも慣れなきゃ!なのに・・・

    餌やりに行った時はいなかったが帰りには待っていた、しかし来る途中で止まってなんかえらく用心深い。
    流動食を食べさそうと思ったが、匂いを嗅いだだけで逃げてった・・・
    う~ん、お腹がすいてないのかな?、それともまた食べて痛かったので食べれないのかな?
    お腹がすいたら食べるだろうから、カリカリは置いているのでそのままにして帰ったけど。

    マイクはやはり完食していた。
    流動食が気に入ったようだが、こちらはまだ捕まえて何もしてないので(笑)、あまり用心深くはないもよう。
    食べたあとに今は猫缶をやっているが、それも普通に食べれたのでよしとしよう。
    しかしこの調子なら当分流動食作りだな、またかいな・・・( ̄ー ̄)ふっ

    モカの母ちゃんには1年半作って持っていったが、マイクははたしてどれくらいの期間なんだ?(笑)
    気に入ったようなので明日は鶏がらを買ってきてスープ作りだ、魚のアラも買って来て作ろうかな?
    作る時は一気に作り、使う量だけ小さなペットボトルに入れて冷凍しておく。
    でもその冷凍した鶏がらスープは、時々おじやに化けますけどね(爆)

    こんな広い所で、こんなにいっぱいの猫と・・・・う、羨ましい・・・

       700匹以上の猫が暮らすネコの楽園

    みんなのんびりとそしてのびのびと暮らしている、それに仲良く暮らしてるしね。
    まあそれなりに喧嘩もするだろうけど、これだけ広ければ各テリトリーはいっぱい出来るだろうし(笑)
    1エーカーは1224.171坪なので×12=14.690坪・・・48.562㎡・・・さすが広大なアメリカ、することの規模が違う!(((((°°;)
    ここにいる猫は幸せだね、だからみんな仲良くするんだよ~♪

    ピーちゃんは腎不全です

    夕方帰ってきてからすぐにピーちゃんを病院へ連れて行ってきた。
    やはり腎不全、腎炎なのは前からだが、今日はクレアチニン値が高く異常な数値だ。
    猫の疫病神の腎不全だからね・・・年齢的にも当然と言えば当然か・・・
    酷い脱水を起こしていたので皮下点を入れてもらい、吐き気止めや利尿の注射をしてもらった。
    ネフガードも貰ってきたので、これからは療養生活ですわ。

    でもまだ目力はあるし鳴き声も大きい、今日の体重は2.4キロしかないのは食べてないから。
    3月にワクチンを打つのに体重を量ってもらったときは3キロあったから、600グラムも減っている。
    1歳で2.6キロしかなかった小柄な子だったので、今はその当時の体重になってしまった。

    病院から帰りにスーパーにより、カンパチマグロのキレイな身のアラがあったから買ってきて炊いてやった。
    ピーちゃんの分を冷まして置いていたので、冷めたかな?と見に行けば・・・マグロの身だけ無い!
    ふり返って後ろを見れば、すでにミーが美味しそうにお召し上がり中(爆)
    ったく、油断も隙もありゃしないね。

    身を細かく砕いてスープに混ぜて持っていったら、お腹はすいているらしくすぐに食べだすが、またすぐに食べるのが止まる。
    くんくんと匂いを嗅ぐのだがどうも食べれないらしい、体が食べ物を要求しないのかな?、それは困る!
    食べてないので足元がフラフラしてるし、体にも力が入っていない。
    少しずつ頻繁に食べさせないとダメだなぁ・・・でも朝と夕方しかやれないのよね、これも困った事態でして・・・
    腎炎の子に高カロリー食を強制給仕も考えものだしで、どうやったら食べるのかと頭が痛いです_(_ _*)

    やっぱり柔らかい方が気持ちいいよね

    足元がおぼつかないので上段に登れなくて、ずっとトイレの中にいるからチップは固くて可哀想。
    トイレを無くして、プラベッドにシーツを敷きその上に毛布を置いたのを入れてやった。
    足がフラフラなので動けないから、そのベッドでおしっこをしても毛布を洗いシーツを取り替えればいいだけ。
    せめて柔らかくて気持ちのいい所で寝させてやりたい・・・

    キクママも不調が続いているしで、老猫ホームはただ今雰囲気が重い。
    でもマイペースのキママはいつも通り(笑)
    病猫には寒いので窓は少ししか開けていないが、その少ししか開いていない所から外を眺めているキママ。

    お尻がもっこりのキママです(爆)

    この豊満なボディを見てやってくださいな(爆)
    尻尾もフワフワなので尚更大きく見える、って女の子で5キロもあれば十分大きいですのですが(^ Q ^)/゛ アハハハ

    マイクは流動食が気に入ったのか、今夜は沢山作って持っていったのにやはり完食、いやほんまに凄い量を食べる!
    食べれなくて口が痛いときは鳴き声も篭ったような鳴き方をしていたし、歩き方も腰が落ちておじいさんのようだった。
    2日食べただけでもう大声になったし、歩く時も尻尾がピンと90度の角度に上がっている。
    食べることは元気の元、マイクを見ているとしみじみと思う。
    流動食を食べてくれるので薬も飲ませれるからね、モカの母ちゃんのように痛みに慣れると普通食を食べれるようになるだろう。
    それまではせっせと流動食作りに励みましょうかね(笑)

    マメサブは最初はいなかったが、帰りによると帰ってきていた。
    置いていた流動食には気付いてなかったようで、連れて行くと匂いを嗅いでから食べだす。
    完食ではないがそれでも半分以上は食べた、よしよし♪
    小粒のカリカリなら食べれるから、置き餌のカリカリは5種類ほど混ぜているので、中には銀のスプーンも混ぜてあるからそれを食べれるだろう。

    今もテンションの高いおごじょは、ここ数日は自分の餌場からクロさんの所に来なかった。
    しかし今夜はまたもやルンルンでやってくる、そしてクロさんのそばに行きハーッと言われていた(笑)
    でも去勢後は180度変わったクロさん、おごじょが来ると自分の方が逃げてる。
    長い間シロマメといたおごじょなので、一人でいるのは寂しいのかな?
    クロさんと仲良くなったらいいけど、単独行動のほうが好きなクロさんなのでどうかな?
    仲良くするようにクロさんに教えるのはどうしたらいいんだろうね?
    誰か猫語を話せませんかぁ~?(爆)