2010年02月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    お天気が不安定

    2月9日の深夜から10日にかけて物凄い濃霧が発生した。
    ちょうど餌やりに出ていた時で、なんかモヤのようなものが漂ってるなぁと思っていたら、ものの30分もしないうちに50メートル先も見えなくらいになっていた。
    ひぇぇぇ~~~珍しいくらいの濃霧やんか~!
    幸い暖かかったので久しぶりに自転車で行っていたからよかったけど、車で行っていたらゆっくりしか走れなかったなぁ。
    餌やりが終わり家に帰るときに、8階の廊下から街中を見ると・・・なんとまあ・・・100メートル先くらいから向こうは灯りが見えず真っ暗闇!
    思わず「そういえば震災のときも灯りが消えてこんな風景だったな・・・」と思い出してしまい、ちょっと怖かった。

    人間は灯りがないととても不安、暗闇にいると何も見えなくて恐怖でいっぱいになる。
    震災のときは街灯も家々の灯りもみんな消え、通り慣れた道さえも余りの暗さに怖かった。
    懐中電灯の細い明かりでは心もとなく、明かりの外の暗闇には何かいるような恐怖感があったっけ。
    昔の人はこんな暗闇を歩いてたんだ・・・「明るい」ことに慣れてしまっている現代人なので、暗闇は思う以上に本当に怖く感じるもんです。

    あんなに濃い霧は本当に珍しい。
    海からは汽笛の音が聞こえて、高速道路はパトカーの音が鳴り響きと、自然の驚異に弱い現代社会はてんやわんや(笑)
    この時期は、日本や世界の各地から大雪の被害がきこえてきているのは当たり前だが、寒さからいきなりの気温の上昇のお陰で濃霧発生とは考えもしなかった。
    科学と化学のなかにどっぷりの現代人なので、どんな自然災害であろうとびっくりして慌てふためいているだけ、自然の脅威には弱いね・・・
    アメリカのワシントンでは降雪量がおよそ140cmと、111年ぶりに過去最高を記録したそうだ。

    ノーベル平和賞を貰った元副大統領のアル・ゴアが言ってるように、本当に二酸化炭素が温暖化の原因なのか?
    温暖化ではなくて寒冷化に向かっているとも言われているけど?
    先日はイギリス全土が天気図で見ると真っ白なっていた、これから地球が寒冷化に向かう前触れでは?
    北極海の氷が溶けて流れ出すと、溶解した水の流れが海流をとめてしまう。
    温度の違うその溶解水が海流の流れを遮るために、今まで海流で暖められていた北半球の気温を下げるといわれているけど?
    それよりももっと怖いのが、広大な太平洋や大西洋の海面が1ミリでも上昇したら、その海底にかかる圧力はどれくらいになるのかな?
    圧力がかかった海底が沈下や隆起を繰り返すと、地球を覆っているプレートはどんなふうに動くの?
    これからは何が真実かしっかりと目を開けて見ていないとね・・・でも知れば知るほど怖くなるのが現実・・・

    スピカのいなくなった餌場には、昨年の11月に去勢をした茶トラのマイケルが来ている。
    どこかで餌を貰っていた子のようで、最近では結構馴れてきて瞬間に背中を触れるようになった。
    鼻先に指を持っていってもフンフンと匂いを嗅いでいるだけ、指先をかんだりしないいい子だ!(笑)
    この調子ならもう少ししたらレボリューションの滴下できるかな?
    茶トラ独特の性格のもよう、とてもいい子だよ~(v^-^v)

    駐輪場にキジトラと少し小ぶりのキジ白の子が来ていて、ぴったりくっついて並んで食べていた。
    あれまあ仲の良い親子?
    でもそれだったらキジトラの子はメス、それにキジ白の子も体つきが女の子のように見える。
    う~ん、どこから来たんだろう?
    このまま毎日来てくれないかな?、捕獲して避妊したいんだけど・・・

    ぽんこの姉妹のキジ白の子は「みく」ちゃんと言う名前になった。
    なんかもうリラックスしてますが?(笑)

          態度のでかさは任せてください!(爆)

    姉さんのゆうちゃんとはこんなに仲良しになった。
    人より猫のほうが好きらしい・・・って、当たり前といえば当たり前ですが・・・人間大好きにもなってほしいな・・・と思う今日この頃・・・

          ゆうお姉ちゃん大好き♪

    とても優しいお父さんとお母さん、そしてゆうお姉ちゃんとハスキーのりゅう君と、毎日が楽しくて仕方のないみくちゃんでした~(^^ )ルン♪

    茜ちゃんと青葉君も毎日元気に過ごしている。

          こんなに仲良しなんです~♪

    茜も青葉も大変元気にしています。最近では、よく話している言葉がわかるように思えます。
    茜に「青ちゃんはどこにいるの?」なんて聞くと、たいていは、そっちを向くか、青葉のとこに連れて行ってくれます。
    はじめは気のせいかなと思ってたんですが、気のせいでもないようです。


             なんか偉そうに見える・・・ (爆)

    そうなんですね、三毛猫は本当に賢いんです。
    でも裏返すと、何でも適当にごまかせないという・・・おいおいですが(笑)

             どこ見てるの?(笑)

    青葉くんは、ごはん?おやつ?行ってきます!くらいしか反応してくれないですが、それでも親ばかなのか、よく話を聞いてくれるように思います。

    はいそうですね、こちらはキジ白の子そのままの性格のよう(笑)
    のんびりやで甘えん坊さん、気弱でお猫良しという・・・それに末っ子で、しかもお姉ちゃんがしっかり者とくれば・・・はい、決まりですね~ヾ(@^▽^@)ノわはは

             模様がくっきりはっきりになってきたね~

    しかしこの青葉君を見ると考えが変わるかも?
    まるで別猫!!、いえまあ外見だけですけど~(爆)

             イケメン青葉君誕生~~~♪(爆)

    一番は「かわいいなぁ」と言われると、どちらともがグルグルと喉をならしてスリスリします。

    いや~、話している内容が分かってるんですね。
    茜ちゃんと青葉君の耳は、人間語を猫語に変換できるのかな?(爆)

    世の中には不穏な話や悲しい話が溢れているが、こうやって幸せに暮らしている子達をみると本当に癒される。
    本来人の近くにいる動物たちは、こうやって陰になり日向になりして我々を助けてくれているのだ。
    そんな子達を捨てたり虐待したり迫害すること自体が間違っている。
    人間のためにしてもらって当たり前ではない、どんな生き物たちもお互いに助け合いながら存在しているのだから。
    人間だからという傲慢さを捨てて、この地球の生き物たちと「共生」していく道を探す時期に来てるんだけどね・・・そのことにどれだけの人が気づいているんだろう?

    スポンサーサイト

    調子の悪い子が増えた・・・

    事務所から駅のホームが見えるので見てみると、なんと黒山の人だかり!
    何かあったのかと見ていたら、来た快速電車にほとんどの人が乗ってしまい、後はいつもどおりの人ごみだった。
    いったいあれってなんだったんだ?と思いながらホームに上がると、「15時50分ごろ当駅であった人身事故により電車が遅れております」と放送があった。

    え?ここ??この駅なの??・・・そういえば、その時間にパトカーの音が数台分聞こえていた。
    窓からのぞくと真下には4車線道路が走っている。
    一方通行なのでよく見渡せるが、事故の形跡はなかったのでそのまま原因追求をせず・・・もしその時に駅のホームを見ていたら、現場は上り車線なので駅舎の屋根で見えないが、多くの人が走り回っていたのは見えてたはず。
    でもまさか電車に飛び込んだなんて思ってないもんね、だからいつも車しか見てないし・・・

    同じ日にもっと西のほうでも飛び込み自殺があったが、どちらも2~30歳の男性だったとか・・・
    そんなに若い人が自らの死を選ばないといけない社会、いたいどうなってるんだろう?
    若い人の働く場所がない就職氷河期と言われているし、給与の減額やボーナスの支給停止は当たり前になりつつある。
    このままでいくともっと不幸な人が増えてしまう・・・
    働く楽しみのない社会、働く意義のない社会、働く場所のない社会、未来のある若者たちが生きる望みをなくす社会であってはならない。
    今までが贅沢といえば贅沢だったかもしれないから、これからは限りある資源と認識し、物を大事にしていかないといけないよね・・・

    2月10日の日に夢子さんの横のベッドで寝ているミーをふと見ると、首をベッドのふちにくっつけて、まるで痙攣をしているような格好をしていた。
    ずっと歯肉炎が痛いので口をアグアグしていたが、のけぞった頭がひきつけているような・・・
    しばらくするとベッドから出て行ったが、歩くのがフラフラしていた。
    そして私のベッドに上がるのに何度も上ろうとするのだが、勢いをつけても上れない。
    何かの発作のようなので、翌日に病院へ連れて行こうと思ったら祭日・・・ネットで市内の病院を調べたが、やはりどこも祭日はお休みのよう。
    ミーは徐々によくはなっているようだったので、金曜日までは大丈夫だと思い待つことにした。

    しかし、あいにく12日の金曜日は入院中のばあさんの検査の日、私はいけないので次女に頼んでミーを連れて行ってもらった。
    状態から見ててんかんではないかとのことだが・・・この8月で16歳になるミー、もしてんかんなら幸運にも今まで発作がでなかったってことなのか・・・
    でも目が揺れていないし意識状態もクリアなので、なんかてんかんかな?とも思えるけどね・・・
    あれから2週間経つが、今も60センチくらいの高さに上るのに一度で上れない。
    何度か上り損ねたり落ちたりしているので、どこかの神経がやはりおかしいのか?
    まあいずれにしても16歳だもんね、どこか何か出てくるよね・・・

    甘夏の便秘も益々酷くなっている。
    その原因は甘夏が食べないことで、大匙1敗くらいのスープの中にモニラックを入れて飲ますのだが、それすら飲もうとしないから便秘が酷くなる。
    病院へ来る子の中でも一番の骨盤狭窄とか、それほど酷いらしい。
    とにかく食の細い子で、食べさせるのには苦労してきた。
    食事や薬の管理のためにケージに入れると、今度はストレスで心身症気味になる。
    しかも家庭内野良、いちいち網で捕まえるので余計にストレスがかかるし。
    ケージの中ではほとんど食べないんだよね・・・もうどうすればいいのか・・・分からんよ~!

    夢子さんも最近は特に多飲多尿気味になっているので、病院へ行き検査をしてきた。
    BUMが48でクレアチニンは2.1、やはり多少は悪くなってるよう。
    少し貧血気味だしで腎炎になってるね・・・
    まあ年齢的に20歳に近いだろうからしかたがないが、それでも猫缶をよく食べるので今すぐどうってことはなさそうだ。
    でもミーと夢子さんどちらもご高齢なので油断できないです・・・(^^;;;

    プロフェッサーぽんこ嬢の写真が届いているが、いやはやなんともユニークな模様の子なのに、写すアングルでこのような変化が(*^m^*) ムフッ
    お日様に当たって色が薄くなってるのでまるで別猫、だけどこの写真ではとっても賢そうに見えますが?(笑)

          お日様に当たるとあたしは別猫・・・(V^-°)イエイ!

    そうなんです、実はプロフェッサーはとっても賢いんです。
    こうやって「教授いすの上は誰からも邪魔されないことをよく知っていて、真昼間から快眠するぽんこ。」ということで、誰にも邪魔されずに爆睡できる場所を知っているんですもんね(笑)

          あたしの専用ベッドなの(^^ )ルン♪

    そして、研究室の教授の机の横にある窓は南向きで冬には特等席になる場所、しかも猫しか登れない位置にあるということで(爆)

             あたしね、お日様大好きなの♪

    冬のお日様の暖かさは本当に嬉しいよね。
    でも私は、日向ぼっこが仕事のプロフェッサーのことがとっても羨ましいのですが・・・時々代わってほしい・・・(爆)

    今ではすっかり黒糖兄ちゃんをお尻の下に敷き、家中を我が物顔で闊歩しているかりんちゃん。

             今から何かいたずらを・・・かな?(笑)

    でも・・・
    黒糖はもはやオッサン化してまして…
    オッサンもたまに切れます…ぉチビちゃんに(笑)
    本当に甘えたさん健在です(笑

    ということでして・・・何やらかしてるんだろう?(爆)

             甘えん坊さんが顔に出てるよ~(爆)

    あごの下に黒いものはっけーん!!
    何事かと病院で聞いたらアクネだったそう、しかも黒糖君にもはっけーん!!
    ニキビと聞いて・・・里親さんは「ニキビ…青春ですなぁ(*^^*)」ですと(爆)
    いやいや青春時代のお二人さん、これからもずっと仲良く(いたずらをして)ね♪

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。