2010年07月 の記事一覧

    追加が来ました~__(_ _;) ウゥ

    九州地方が大雨の被害に遭い、大変な災害になっているようだ。
    路面が崩れたり山肌が崩れたり、また河川の氾濫も起きており日々刻々と被害が拡大している。
    宮崎県の口蹄疫の被害の進展を、息を詰めて見ているというのに・・・この上大雨の被害とは!
    自然災害は人知を超えて起こる、災害に備えて準備をと声高に叫ばれるが、そんな人間をあざ笑うかのごとく自然災害が起きる。
    壊した自然を元に戻せと地球が怒っているのか・・・

    中国で起きた大洪水では、水が引いた後の道路の端に累々と動物たちの遺骸が積み上げられていた。
    鹿も猪もそのほかの動物たちも・・・野生動物たちが逃げる間もなく襲ってきた水、そして山津波や山崩れ、あの広大な国の自然災害は本当に被害が大きい。
    草木をなぎ払い山を削りと自然を壊してきた付けは、これからもっと大きなものになって返ってくるかもしれないね・・・

    子猫を夏至の日の6月21日に保護したが、10日後にまたもや~!
    駅前のあんちゃんを保護したマンションの駐車場にいたのだが、野良っ子なので捕まらない。
    そしてまずいことに、その日に限り自転車で行っていた。
    その上に捕獲器は修理していたので家・・・( ̄〇 ̄;)!
    もし運悪く移動していなくなっても仕方がないが、それでも運を天に任して車を取りに帰った。

    準備をして行ってみると・・・いました~(⌒⌒)v
    さっそくセットをして、まずは焼きがつおで試してみた。
    しばらくするとガチャン、え?早いやん?
    見に行くと扉が閉まったのも分からず、座り込んで焼きがつおにかぶりついていた(爆)
    でもまあ、それほどお腹がすいていたんだと思うと可哀想だったけどね。
    持ち上げられて、初めて閉じ込められたのが分かったという・・・(笑)

    7月2日に病院へ連れて行ったが、白血病はマイナスなのでOK。
    体重は700グラムのオッドアイの白猫の男の子だ。

          オッドアイの冬至です~

    一緒に夏至も連れて行ってワクチンを打ったが、こちらは体重も1060グラムになっていて、順調に大きくなっている。
    しかし・・・超が幾つつくか分からないほどのビビリンの坊や。
    抱けるし触れるしで大丈夫なのだが、とにかく抱いていても舌でぺろぺろと口の周りを舐めては「α~ (ー.ー")ふぅ」とため息(爆)
    病院へ連れて行ったときも、キャリーから出したら肉球が湿っていた。
    どんだけビビリンなんや~(笑)

          いけめんになったよ~(爆)

    この子が「夏至」なら、んじゃあこの子は「冬至」ってことで(^^;;;
    あ・・・安直なネーミングですが気にしないように、どうせ仮名ですから(爆)
    冬至も初日は威嚇していたが、今はもう触れるし抱ける。
    でも逃げ回っている臆病者なので、鼻の汚れを拭いてやりたいのをぐっと我慢中(笑)
    白猫だから目立つのにね、全身の薄汚れていたのは取れたのに、鼻の頭のだけが取れん・・・

          なんかワンパクそうに見えるけど?(爆)

    夏至のようなタイプの子は、1匹飼いにすると本当に扱いやすいく賢い子になる。
    ビビリな分用心深いので、何でもしっかり見て確認してからでないと動かない。
    それにビビリな分新しいことが怖いので、いたずらをするのにも勇気がないという・・・(爆)
    いつも飼い主の陰に隠れておとなしい子、よく言うことを聞く賢い子、そういわれるタイプの子になると思う。

    冬至は馴れると結構やんちゃになるかな?
    でも夏至と同じく目を合わさないでそらすので、こちらもビビリンさんなもよう(笑)
    こんな子達でも飼い主がじっくりと構えて成長をみていてくれると、とても甘えん坊の可愛い子になる。
    そんな里親さんに巡り合えますように・・・

    長女が保護しているハッチも1回目のワクチンが済んだ。
    この子も募集をしなくては!なんですが・・・
    大人猫の中に混じって走り回っているから、すっかりお転婆になったハッチ。
    白黒の子はべたべたの甘えん坊になる率が高いが、でも今は遊ぶ方が楽しいらしい・・・(笑)

             ハッチもお転婆になっちまった~!

    今調子の悪い子が多く、雫は体重が3キロを切った。
    口内炎が酷いのだが、何しろ我が家最強の家庭内野良なので捕まえるのも大変!
    2日にデポメを打ってきたので、今は食べれているけど・・・
    皮下点を入れたやりたいのだが、毎日捕まえるストレスがどんな影響を与えるかと思うと、ちょっと怖くて出来ない。
    延命用に皮下点を入れるか、それとも雫の嫌がることはしないで自由にさせてやるか・・・悩むところ・・・

    甘夏が捕まえて皮下点を入れていたら、また心身症のようになったので止めた。
    今は飲み薬で様子を見ていて、詰まると排便に連れて行くをしている。
    快調なときは走り回っているが、調子が悪くなると隠れてしまうのですぐに分かるようになった。
    慣れって恐ろしい~!(爆)

    今の病院では排便は外側から腸の中の硬い弁を手で揉み解し、片手で肛門を開いて砕いた便を押し出すという方法を使ってしてくれる。
    長時間に渡る大変な作業なのに、いつも最後の便まで出してくださるので本当に助かっている。
    この方法は猫への負担はとても軽く、甘夏など「なにするねん!」とすぐに暴れるくらい予後が楽らしい(爆)

    夢子さんも鼻づまりが酷く、呼吸がしにくそうなのでやはり注射を打ってきた。
    ゼロゼロゴロゴロといつも痰がのどに絡んでいるような・・・咳をしても濁音で、痰が絡んでいる咳が出るし・・・
    動きも緩慢になってきたようだ、限りなく20歳に近いであろう夢子さんなのでいつどんなことが起きるか分からない。
    老猫ホームの我が家、いつも誰かの調子が悪い・・・

    追加の追加・・・だってさ~( ̄□ ̄;)

    続いてやってきました・・・
    次女の友達が仕事中に見つけたそうだ。
    「中央市場の前の道路のセンターラインにいたのをひろってきたらしい。目がまだあいてないくらいのちいささ。一時間くらい前に獣医につれていってフロントラインスプレーと哺乳瓶とミルクをかわされみてもらい7000円かかったらしい(笑)マメガラで健太郎がセンターラインから助けたからセンタくん(仮名)やとさ。」ですと!
    しかし、なんでセンターラインの上に目も開かない子がいたの?
    考えると腹が立つから、考えるのはやめとこう・・・

    健太郎は猫アレルギーなのでダメ。
    うちに来たときも鼻水ダラダラで、外に出てから階段の手すりの金属部分で鼻を冷やしていたんだから(爆)
    それに荒っぽい子なので殺される~!←ウソだけど (* ̄∇ ̄)ノAHAHA
    次女の家の前で待ち合わせをしていたら、一生懸命子猫の相手をしていたので次女に気がつかなかったらしい。
    まあね、根は猫好きだからアレルギーさえなかったら飼えるのに・・・

    7月5日の保護時で体重は153グラム、生後1週間くらいかな?

              保護時の7月5日体重153グラム

    キジ白の男の子、まだちっちゃいので目が開いてない・・・
    明日くらいには開くかな?

              センターラインの上にいた「センタ」君です(爆)

    ってことで・・・また増えた~!っ。。。( ̄x ̄;)

    調子の悪い子が~!

    梅雨があけるとやはり暑い(当たり前だけど(笑))
    梅雨の間はお日様が恋しかったけど、今は冷たい雨が恋しい(爆)
    人間とは勝手なもので、お日様かんかんの暑い夏には氷雪の写真を眺めて冬を恋しがり、縮み上がるほど寒い冬になると珊瑚礁の海を眺めて夏を恋しがり・・・

    益々梅雨のころの集中豪雨が局地的になり、狭い地域に集中して記録的な雨を降らしては大災害をもたらしている。
    先日広島で降った大雨は、わずかな地域に3時間に173ミリという豪雨を降らし、山肌の各所で土石流が発生し下流の地域を襲った。
    ニュースでヘリからの映像を見たが、山の各所に山崩れの黄色い筋が幾つも見え、それが集まって大きな土石流になって街を襲ったのだろう。

    梅雨の末期には昔から集中豪雨が降っていたが、近年になると狭い地域に記録的な雨を降らす形に変わってきている。
    バケツをひっくり返したようなという形容がぴったりの雨、風も恐ろしいが雨も怖い。
    自然災害はどんな形であろうと人間が適う相手ではない、やはり乱開発の付けはこれからまだまだあるのだろうね・・・

    夢子さんの老衰が進んでいる。
    爪など若い子の3倍もの太さがあるので、夢子さんは多分限りなく20歳に近いのだと思う。
    上から見るとお腹はへっこみ、横から見ると床に着くのかと思うくらいお腹が下がってきている。
    人間でいうと腰が曲がっている状態かな?

          がんばれ夢子さん!

    鼻気管炎の後遺症で鼻づまりが酷く、コンベニアを打ってもらってやっと息ができるという状態だった。
    今はその鼻も青洟で詰まる、前足の先は黒くなってきてるし・・・
    それでもヨロヨロと歩いてトイレに行こうとするが、時々途中でへたってそこで大洪水・・・
    おしめをしようかと思うが、自力で行こうとしてるのでもう少し様子を見ようと思う。
    シリンジでスープを口に入れてやると少し飲んだ、まだ食べれるのかな?
    夢ばあちゃん、こうやってがんばっております!

    雫は7月2日にデポメを打ってもらったが、もう食欲もないらしく2週間しか経ってないのに痩せてしまい、今じゃ薄いペラペラの紙のような体になっている。
    それでも家庭内野良、私が近づくと逃げるし~!
    網で捕獲してお水を入れてやるか、それともこのまま雫の好きにさせておくか・・・人間が怖い家庭内野良、しかも雫は特に怖いらしい。
    捕まえることのストレス、捕まえて輸液する効果、どちらがいいのだ?
    と迷っていたが、昨日は堪らず網で捕まえて250ほど入れてやった。
    今日は隠れて出てこない・・・やっぱりなぁ・・・悩むところ・・・
    しかし7月2日で2.9キロあったけど、今では2キロ切ってるかもしれない。
    困ったもんだ・・・

    超ビビリンの夏至、少し馴れてきて触ってもじっとしている。
    もう3ヶ月になるので、多少は環境を理解できるようになったのか?(笑)

              ボクは引っ込み思案なんです・・・

    まあ時期的に里親募集が停滞する時期なので、秋を目指して募集をしてもいいし・・・無理をしないがモットーなので、掲載をするけどゆっくりと急がずに行きましょうか(v^-^v)

    冬至は抱っこは嫌いだけど撫でてもらうのは大好き、すぐに転んでゴロゴロといっている。
    馴らすのに夏至と別なケージに入れてるが、電気を消すとしばらくニャーニャー(笑)
    どうも甘えん坊なビビリ虫のよう、一人はいやなんだって(*´▽`*)プッ

              ワンパク坊やです(笑)

    でも顔を見ると、意外とワンパクそうに見えるんですが?(爆)
    オッドアイの可愛い顔の子だけど、中身は案外ごんたくそかも?

    ハッチも募集を始めた。
    しかしこの時期希望者が少ない、しかも人気のない白黒だし・・・なんてこといってる場合ではないんですが(爆)

              ハッチです~♪

    みんな素敵な里親さんに出会えるといいね♪

    素敵な里親さんに出会え、今は幸せ真っ最中のトラ次郎君♪

                幸せいっぱいのトラ次郎君♪

    犬のちょびちゃんも高校生と中学生のお兄ちゃんも、そしてお父さんもお母さんも、み~んな可愛がってくれるので毎日がハッピーライフのトラ君♪
    みんなトラ君のように幸せになってね~(⌒⌒)v

    夢子さん永眠

    7月22日午前8時半ごろ、夢子さんが永眠しました。
    この夏前から崩していた体調が一気に悪くなり、多分20歳に近い年齢であろうと思われるので老衰が加速したようです。

    今月に入ってからはよくトイレの中で横になっていた。
    トイレに行ったのはいいけどそこから動けなくなった、そんな感じだったのだけど・・・
    多飲多尿は以前からだったのが、老衰が進みもっと酷くなったのでしんどかったのだろうね。

    1週間ほど前からはトイレに行き着くのさえおぼつかなくなり、手前で洪水にしていることが多くなった。
    21日からはいよいよ動けなくなり、ついにおしめをしてやった。
    もらしても拭けば済むこと、早くからおしめをして動く必要がなくなるとなおさら進行するので、出来るだけ自力で動かすようにさせていた。
    夢子さんはヨタヨタしながらでもトイレに行っていたという、とても頑張り屋のばあちゃんだった。

    食べることをしなくなったので痩せてしまった夢子さん、強制給仕をしたら怒る!怒る!
    多分自分の死期を知っていたのかな、お水すらシリンジで入れられるのを嫌がってたもんね。
    亡くなる前日からもう動けない、じっと自分のベッドで寝たきりだった。

          もう動けないね・・・


    28度に設定してクーラーをつけているが、体温が下がっている夢子さんには寒かろうと毛布をかけてやった、亡くなるまでずっと同じ姿だったので動いていないのだろう。
    数日前から体が硬くなり、そして体全体が冷たく感じられるくらい体温も下がっていた。
    老衰なので徐々に体の生体反応が消えていってたんだね。
    ほとんど苦しむこともなく、穏やかに彼岸に旅立った夢子さん。
    あけっちさんに作って貰ったお気に入りのベッド、いつもそこで寝ていたので夢子さんの旅立ちに持たせてやった。

          お気に入りのベッドと一緒に旅立ちです

    2008年3月16日に保護した夢子さん。
    その時は倒れる寸前だったので、もうだめだと思い見送ってやろうと保護したのだが・・・
    あれから2年と4ヶ月、たくましい生命力で生き抜いた夢子さん、あんたは偉い!( ̄^ ̄)v
    今頃は「あれ?なんだか体が軽くなったわ♪」と喜んでいることでしょう。
    あのマイペースぶりなら、何時だって何処でだって夢子ワールドを築けると思う・・・(爆)

    雫はカウントダウンが始まってるかもしれない。
    2日にデポメを打ってからもほとんど食べてないので、体は見る影もなく痩せている。
    皮下点を入れるのに捕まえても、力がないので簡単に捕まえれるようになった。
    しかしムササビのような子が簡単につかまるのもなぁ・・・なんか悲しいね・・・
    強制給仕でニュートリカルを飲ませるが、口を開けないし暴れて顔を背けるしで飲まない。
    もう仕方がないから好きなようにさせている。
    これもあの子の命運、自分で選ぶのなら仕方がないか・・・