2010年12月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    気がつけば師走・・・わっはははは~

    なんと!、知らないうちに12月になってる!!←嘘つけ!(爆)
    いやぁ、いったんサボりだすと際限なくサボりたくなるという、なんとも悪いくせが出たようで~
    几帳面とは程遠い性格なので、いい加減なの大好き♪、サボるの大好き♪、グータラ大好き♪
    ということで、サボっていてスミマセンデシタ・・・(_ _(--;(_ _(--; ペコヘコ

    12月だというのに暖かい、なのに先日の3日の暴風雨の日はなんだったんだ?
    その日は27日に手術をしたキジトラのメスをリリース予定だったので、低気圧が通った後は寒くなると天気予報で言っていたから、1週間ほど入院してその後寒いところにリリースは可哀想と思い休暇をとって迎えに行った。
    もっとも、甘夏の便秘が酷く摘便もあったのだけど。
    前日の木曜日は休診日だったので行けず、その前日は所用で行けずと甘夏には可哀想なことになっていた。
    案の定溜まっている便は硬すぎて揉み解しても一気に出ずで、しばらく休憩後の摘便になったのだが・・・結果時間がかかってしまったので、午前半休の予定がタイムオーバー。
    結局一日休みにして、帰りは暴雨風になっていたのでリリースは無理と思い、そのままホムセンへ(なぜにホムセン?(爆))

    朝出かけるときは曇りがちだったけどお日様が出ていた、なのに病院を出るときは酷い吹き降り・・・
    僅か2時間足らずの間にこんなに激変するなんて、やっぱりかなり異常。
    夜には寒くなるからと午前中に迎えに行ったのに、これじゃ予定が狂うじゃないか!
    空に向かって恨み節を一発!o(*^▽^*)o ゲラゲラゲラ
    まあね、暴風雨の時にリリースは可哀想なので、止むまで車の中に置いておいてやろうと思ったもんでホムセン(笑)
    年末大掃除もかねてボツボツいらない物の処分等をしているので、その買い物もあったしでホムセン(^^;;;

    数時間ウロウロしていたら雨もやみ風も弱くなった。
    まだ生後半年弱の子で今は私を待ってるからいいけど、すぐにシーズンが来てある日突然いなくなる。
    今度その子が現れた時は、多分子連れ・・・それは困る!
    ということなので、まだちょっと小さいけど捕獲して手術をした。
    リリースしたら、尻尾をパンパンに膨らませて後ろも見ずに走って行きました~(笑)

    ここからはまたもや覚え書き(爆)
    11月12日に、駅前のファミリーで最後に残っていたキジトラのお父さんを捕獲、翌13日手術で16日リリース。
    駅前のこのファミリーは大変に用心深く、お母さんのキジ白はおなかが大きいのを見つけて捕獲をしようとしたが、10日間毎晩チャレンジしてやっと捕まえれた。
    グレー白の男の子は一度で捕まえられたが、キジトラの女の子は何度か通ってやっとゲット!
    そしてこのお父さん、なんと3ヶ月かかった~
    とにかくキジ白のお母さんと一緒で賢い、捕獲器を見るとそそくさと逃げるか、それとも横で1時間でも香箱を組んで座っている。
    とにかく暇さえあれば捕獲器を置き、そこにあることに慣らしてきた。
    そしてゲットの日は・・・いつもと違う餌を置いたら・・・それがお気に入りだったのか、それとも血迷ったのか・・・ゲットォ~♪
    私の方がびっくりしたよ~(爆)

    家族のDMAがそうなのか、それとも家族間で「気をつけようぜ!」と話し合っていたのか、とにかく手こずったファミリーだった。
    もう少し西にいるぶち子達黒白ファミリーも臆病で用心深かったので、ひょっとしてどこかで血縁のある子達なのかな?(笑)

    その合間に子猫たちを保護したのだが、夜空も小菊も琥珀も同じ場所から保護したけど、こちらもやっぱりDNAが血縁なのか中々手ごわい子達だ。
    piyoさんが言ってたが、同じ場所から保護した子達はやっぱりどこか性格とか行動パターンが似ているらしい。
    いや、好ましいほうに似ていると嬉しいのですが・・・(--;)

    毎日色んなことがあるのでブログネタには困らないのですが・・・この「ずぼら」で「アバウト」な性格が災いし(爆)、ブログがまた滞るかも?
    その時はお許しを~~~

    なんか世の中が姦しい。
    おバカな現政権が「ペット税」なるものを設置しようとしているらしい。
    へ?、未だに出入り自由飼いの猫が多いのに、どうやて納税基準を作るの?
    誰が飼い主って特定できるの?納税しなかったらどうなるの?

    しかもその徴収した税金を殺処分の費用にするんだって?
    いや、それは逆だろ?、処分しないようにするために税金を使うべきだろ?、頭のネジが緩んでるのか?・・・とうとう化けの皮がはがれたかミンス!
    どの政党が政権をとっても似たり寄ったりだと思うが、現政権の余りのおバカぶりに何も言う気がしない。
    しかしこれで内閣総辞職になると、またもや短命政権で諸外国から呆れてバカにされ信用がなくなるだろうし・・・
    どうなる?この国の未来は?

    こんなことを考えていると気が滅入るね、楽しいことに目を向けましょうか(笑)

          犬1500匹と猫200匹

    犬も猫も食料の中国、こんな人が沢山出てきてほしい・・・

          メイド犬

    こんな子欲しい~~~!(爆)

          みんなのマヌケ体験談

    これ読んでて本当に笑い死ぬかと思た・・・

    まあなんですなぁ、笑うことが健康には一番いいようですわなぁ(⌒⌒)v

    瑠璃君(夜風)が下痢をしたので里親さんが大変心配をされていたが、今は落ち着いているそうだ。
    下痢や嘔吐はよくあることだけど、まだ小さいので心配だったのだろう。
    とにかくごんた坊主、よく遊びよく食べ・・・
          どアップ・・・黒猫は黒い塊に見える(爆)

    親さんは階下に音が響かないようにと、スポンジの入ったクッションシートを敷き詰められ、元気坊主の瑠璃君が退屈しないようにとタワーを買われと(笑)
    思いっきり甘やかされている瑠璃君、嬉しいですね~♪
    後ろに見えてるのが買ってもらったタワー、横に見えているのが瑠璃君お気に入りなので捨てれないダンボール箱(爆)

          ボクの遊び場だよ~♪

    そして必要なかったからもっていなかったというデジカメも購入!
    さっそく瑠璃君を激写(笑)
    ワンパク王子の生活をエンジョイしている瑠璃君でした~(*^ー゜)v

    ニーヤ君(冬至)が去勢手術をしたそうだ。

    カラーを10日ほどつけておくということだそうだが、慣れないカラーのために食欲もなく寝てばかりとか。
    う~ん、去勢くらいならカラーは必要ないのでは?と思うのですが・・・

          手術後・・・トホホ

    経質な程ではないのですが、比較的グルーミングが好きなようでそれが出来ないのがストレスのようにも見えて、かわりに蒸しタオルやウェットティシュ等で体を拭いてあげつつ…ついついカラーの内側を舐めてしまうニーヤくんの姿に悪いとは思いつつ、頬が緩んでしまったり。。

              手術前

    はははは、そうですね、思うところを舐められないとイライラしますもんね。
    でもまあ・・・甘やかしてもらえるニーヤ君は幸せな子です。

              爆睡中なり~(爆)

    里親さん宅で暮らした3ヶ月で、体重は4.1キロになったとか・・・( ̄o ̄) え?
    いやまあ・・・大きいことはいいことだ!(違う!(爆))
    白猫は大きくなる子が多いようですよ、これからももっともっと・・・うわぁ~!(笑)

              腰周りが一番太いのはなぜだ!?(爆)

    横から見たら立派なボディになっております、腰周りが一番太いって?(爆)

    里親さんのお宅は古き良き時代の建物で、隙間の多い日本古来の建てかたのおうちだ。
    従って冬は隙間風が入って寒い。
    しかし建具一つを見ても味わい深く懐かしい、私はこんな家に住みたい・・・日本の気候風土に合わせて建てられた家、大切にしたいですね!
    引っ越してこられるときにご夫婦で探されたそうだが、なんとも羨ましい限りだ。

    なのでニーヤ君の遊び場には事欠かない。
    好き勝手に走り回って遊んでいるようだけど、そのうちにドスンドスンと音が響くようになり・・・そんなことのないように、太りすぎにはご注意下さいませ~(爆)

    スポンサーサイト

    前足が麻痺した子猫

    12月も下旬に入ろうかというのに、なんとも生暖かいと言うか気持ちが悪いと言うか・・・
    暖かくて嬉しいと素直に喜べばいいのにね(笑)
    でもね、欧州では異常寒波で生活が大幅に乱れているそう。
    そのうちに日本にも同じような寒波が来るという話なので、この異常に暖かいお天気を素直に喜べないんですわ。

              雪のカオス  
     
    文明社会は交通が麻痺しただけでたちまち崩れていく・・・
    現代人は寒さに耐性がなく暖房に頼るから燃料不足、自家生産で自給自足の出来る人がごく僅かだから食糧不足、水道管の破裂や電線の切断などのインフラの停止、などなど・・・
    まさにカオス!
    地球が供給する化石燃料はもう底をついているという話だが、代替になるフリーエネルギーがもうとっくに開発されているはずなのに公表されない。
    ごく一部の人たちのためにフリーエネルギーはあるんじゃないのに・・・

    6日月曜日に、夕方帰ってきて間もなく長女から電話があった。
    長女の家の庭では今3匹の子が食べに来ているが、その餌入れに顔を突っ込んで子猫が食べていると・・・
    いや、それだけだったらいいんだけど、「何か足が動かんみたい」と言ってるじゃないですか!
    「モモの時みたい」とのことなので、前片足が麻痺して動いてないってことらしい。
    で、その次のお言葉が、「8時に友達とご飯の約束をしてるから、病院へ連れて行ってくれへん?」ですって・・・
    その時はルミナリエ中、まあ仕方ないかと病院へ連れて行きましたさ(笑)

             なんで手足が真っ黒けなの?

    体重は770グラムで生後2ヵ月前後、先祖に洋種が入っていそうな丸顔の可愛い顔をしたキジ白君。
    触るとゴロゴロ言いますが?
    状態は、右前足の足先を強く押しても痛がらない・・・あれまあ、麻痺してますわなぁ。
    右ひじの中側と左肩に傷があり、左肩は青あざになっているそうだ。
    車ではなくて自転車などに轢かれた?って感じらしい。
    こんなに小さいと車に轢かれたら跡形も残らないもんね、多分自転車にぶつかったんだろうね。

              少し落ち着いたかな?

    保護時は手足は真っ黒!
    病院で洗ってもらったのに落ちない、どこにいたんだ?
    しかしその体でよくぞ長女の家の庭の餌場を見つけたもんだと感心、やはり生きる力のある子は食べ物への執着が強いのだろう。

              プーパパと一緒だと安心?(笑)

    プーさんが子猫たちの部屋に入ってきてベッドを占拠して寝ていたので、その横に置いてやると喜んで一緒にいる。
    もっとも若かりしころは保父猫さんとして活躍したプーサンなので、子猫もそれが分かるのか安心して喜んでいた。

    猫じゃらしを振ってやると、麻痺したほうの前足でたまをとる。
    まるで麻痺が感じられない手の出し方だが、どうも見た感じからはひじから上は筋力があるので麻痺してないのかも?
    う~ん、よく分からん・・・もう少し様子を見て、どれくらい回復するかマッサージなどを試してみようかな。
    動きは右ひじを床について歩いているので、足先はやはり麻痺してるのだろう。
    親指(?)の爪もつぶれているので、やはりぶつかったか挟まれたかかなぁ・・・

    長女の家のケージは小さいので、上り下りなどの上下運動があまり出来ない。
    今は成長期だからね、出来るだけ動くほうがいいのでしばらくうちで預かることにした。
    他に子猫がいるので遊ぶといい運動になる、それで筋力がつけば麻痺した足の補助効果も強くなるだろうし。
    右前足を切断手術をしたモモは、その右前足の代わりもしている左前足が後足より太い。
    1本の足で2本分の活躍をしている、やはり動物たちは偉いね~!
    だからガンバレちびすけ!

    久しぶりに茜ちゃんと青葉君からのお便りが届いた。

                 いつも一緒♪

    人間大好きの茜ちゃんは、写真を写そうとすると動き回って写せないとか(笑)

                 幸せそうな青葉君(⌒^⌒)b うふっ

    おっとりの青葉君は、日向ぼっこでウトウト、気持ちよさそうなところをパチリ♪

    お姉さん一家や里親さんのご両親たちに毎日遊んでもらい、とても可愛がって貰っている茜ちゃんと青葉君。
    こんなに幸せな子達を見ると、保護してよかった!里親募集をしてよかった!
    本当に励みになります、ありがとうございます<(_ _)>ぺこっ

    ジジちゃんからのお便りも久しぶり、でも7年経ったんですよ~と言われ「え?もうそんなに?」
    まさに光陰矢のごとし!(笑)

    里親さんからこんな嬉しいメールをいただきました。

    昨年、11月26日にベルが急に亡くなってからジジは一人で注目のまとでしたが、今年の9月にボーダーコリーのマメゾーくんが家族になりました。
    ジジと仲よくなれる犬とまた一緒に暮らしたいとずぅーと里親募集で探していたのですが、ボーダーコリー専門のレスキューをしているNPO団体のホームページでマメゾーを見つけ応募しました。
    推定3才、男の子です。
    6月に三重県の保健所で殺処分寸前のところを保護したとのことです。
    9月6日からトライアルで、19日に正式に譲渡してもらいました。
    ジジは10月の半ば頃までは近づけないでいましたが、マメゾーは大丈夫とわかったようで、今ではベルの時と同じようにしています。
    ただ、ベルより小さいので、お腹の中で寝させてはもらえないのですが・・


       

    お届け後は、とてもおとなしいラブラドールのジベルちゃんと兄妹のように暮らしていたジジちゃん。
    やはり一人は寂しいよね、お友達が出来てよかったね♪
    マエゾー君を助けてくださってありがとうございます<(_ _*)>ぺコリ

    しかし、なんだってこんないい子を保健所に連れて行くんだ?
    ボーダーコリーは賢くて飼いやすいのに!!(怒)
    犬も猫も単なる「物」じゃないんだよ、生きている生きものなんだよ!
    まるで要らなくなったものをゴミ箱に捨てるように、簡単に保健所に連れて行けるその気持ちが分からない!

    いくらいい人だと世間で言われていても、植物や動物に対する扱いを見ていたら、その人の隠れた(隠している?)人となりが垣間見える。
    生き物に対する扱い方はその人の本性の一つ、対面を取り繕うために作って作れるものじゃない。
    だから私はいつも注意深くその人となりを見ている。
    人の基本は優しさ、これは作って作れるものじゃないからね・・・
    この基本の優しさから派生する考えは、決して争いを生じない。
    争うことは無駄なこと、競うことも無駄なこと。
    穏やかで調和の取れたアクエリアスの時代、優しい日々を過ごしたいもんですなぁ・・・

    お世話になりました

    いよいよ大晦日、明日からは2011年になります。

    政治も経済も大変な時代を迎え、世界中がおかしくなって来ています。
    その上に寒波や大雨や旱魃と、天候も異常になってきました。
    いったい地球はどうなっているの?

    職場の幸福の木に花が咲きました。

              幸福の木の花

    その名の通りの2011年になって欲しいですね。

    激動の2010年も今日で終わります。
    新しい年が、生きとし生けるもの全てに優しい年でありますように・・・

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。