2011年03月 の記事一覧

    病猫介護中なり~

    春3月だってのに、東日本では雪が降ってしかも積もってる!
    異常気象が続いているのでたいして驚かないが、寒いのは嫌だよ~
    やっと少し暖かくなったのに、これで寒さがぶり返すと外の子が風邪をひくじゃない。
    寒い冬を乗り切るのにエネルギーを消耗して、暖かくなったらいきなり弱る子がいるが・・・
    そんな時期にこの寒さが来ると、外の子にはちょっと厳しすぎると思うよ。

    この冬に大寒波が来たアメリカでは、雪解けのシーズンが始まると新たなる不安材料が出てきている。
    通年から比べると、出来で津量の多いところでは200パーセント増になるとか。
    その積雪が順次溶けてミシシッピ川に流れ込み、下流の穀倉地帯に洪水を起こす危険性があるそうだ。

          雪が解けると大洪水になる?

    アメリカの大穀倉地帯を洪水が襲えば、オーストラリアの洪水で小麦の穀倉地帯が壊滅し小麦価格が値上がりしたように、今度はコーンの価格が上がってしまう。
    小麦は中国の穀倉地帯の旱魃とあいまって不作が重なったからだが、コーンはどうなんだろう?
    食糧危機をあおっているブログもあるが、異常気象が続けば作物の不作が続き当然食糧危機になるんだろうけど・・・
    中東のジャスミン革命の連鎖で原油価格も上がっている。
    この春は値上げ攻勢になるのかな・・・やだなぁ・・・

    食べなくなっているキンタ、やはり余り食べない。
    日曜日の昼に高カロリー食の強制給仕したが、夜になり少し食べることを思い出したのかカリカリを食べていた。
    このまま食べてくれればいいんだけど・・・
    何が原因か分からないだけに、どう治療すればいいのか・・・鼻気管炎の鼻づまりはあるが、それ以外の症状は見当もつかない。
    背中に骨盤の骨が突き出るくらい痩せているけど、食べてくれないことにはどうしようもない。
    キンタは余りにも臆病すぎる家庭内野良なので、追い掛け回すのもなぁ・・・寿命を縮めたらどうしょうなんて思ってしまう、なんとも頭が痛いよ~!

    こんなベッドを買ったら、おや?キママが・・・(笑)

          時には華やかに(笑)

    ゴージャスなキママにはぴったりのお花のベッドだけど、近づいてみるとキママの口の周りと両手足は真っ黒!
    酷い口内炎で苦しんでいるキママだけど、食べることにはまだまだ意欲的。
    とにかくウエットオンリーで、自分の分を食べたらさっさとみんなの分を分捕りに回るという食欲魔人ぶり(笑)
    一緒に食べれない子には1匹分ずつ器に入れてやるが、みんなと一緒に食べれる子達には大きなお盆に入れて置いている。
    そのお盆の中に前足を突っ込んで、魅惑のだみ声で「ウギャウギャ」言いながら食べていという・・・
    余りにもウルサイのでみんな引いてしまい、いつもキママは残ったウエットを独り占め(* ̄m ̄) ププッ

    骨格の大きい子なので体格がいい、その子が痩せてしまうと悲しいけど、酷い口内炎なのにウエットオンリーでも食べてくれるだけ救われる。
    ウエットを食べた後はミルクのデザート、いつも置いてやるところに座り「ウギャ~~~ッ」と催促(笑)
    よしよし、口内炎があってもそれだけ食欲があれば安心できるよ、がんばれキママ!

    16歳半のミー、歯が痛いのは今もだし、腰がふらふらして一度でベッドの上に上がれないのは今もだけど、でも少し食欲が出てきて食べるようになった。

          ミーちゃん少し復活
       
    だから歩くのもしっかりしてきたので、部屋の中をウロウロしている。
    元々が落ち着きのない子だから、ウロウロすることがミーの一種の精神安定剤かもしれない。
    そんな子が歩くのがしんどいってのは可哀想だもんね。
    少し持ち直してきたので、8月に17歳になれるかな?

    もうね、こうも不調の子が続くと大変!
    白夜のお腹の破裂のキズはあと少しになったけど、服を脱がすとすぐに舐めている。
    うりゃぁ~!、舐めるから傷になって化膿するんだよ!
    アレルギーの酷い白夜には、これからもとんでもなキズで悩まされそう・・・(--;)

    長女の家の小鉄が2月17日に亡くなった。

          小鉄またね

    小鉄は2002年の5月の初めごろ、長女が仕事で銀行へ行く途中の公園に、お茶のペットボトルの入っていた箱に入れられて捨てられていた。
    まだへその緒の付いた生後数日の子が3匹、オス1匹とメス2匹だ。
    当時家にいた長女と次女がミルクから育て、女の子は里子に行ったのに小鉄は行かず・・・いえね、本当は希望者はいたのに長女が出すのがイヤだって言ったんですわ(笑)
    そのまま1ヶ月ほど大きいキクやサスケたちと一緒にうちにいたが、その後結婚した長女が連れて帰ったのだ。
    長女の手のひらをチューチューと吸う甘えん坊で、また長女も格別可愛がっていた。
    しかし酷い口内炎からこれまた酷い貧血になり、治療で何とか命を繋いできたのだけど・・・
    家で点滴と投薬をしながら定期的に病院で注射を打ってもらいをしていた、しかしもう無理な治療は可哀想だと、その程度の治療に抑えていたのだが・・・これで小鉄もやっと楽になれたかな?

          生後1ヶ月

    妹のふみちゃんは里子に行ったけど里親さんが亡くなり、引き取り後の大人になってから募集をしたのにすぐに決まり、今ではセレブなお嬢様になっている。
    小鉄はまだ9歳にもなってなかったんだよね、やはり口内炎は強敵だと実感!
    今雫もキママも口内炎で苦しんでいる、早く特効薬が出来て欲しいよね・・・

    大地震と津波と・・・

    大変な大災害が起きてしまった。
    刻一刻と亡くなられた方の数が増えていく・・・
    週末は普段見ないテレビもつけっ放しだったが、見れば見るほどに心が痛む・・・

    亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

    災害は思いがけないときにやってくる。
    準備を!備蓄を!と言われているが、哀しいかな人とは自分が災害に遭わないと気づかない。
    ましてや今回のような大規模な地震とその後の時間をおかずの大規模な津波に襲われると、いくら備蓄をしていてもあっという間に流されていってしまう。
    本当に着の身着のまま、命からがら逃げた人には何も無い。

    災害後のこれからが本当に大変なのだ。
    支援をしようという人の参考に・・・まとめられたページがあるので紹介します。

          備蓄

    原発事故関連です。

          福島第一原発3号機

    この原発事故では、菅首相が視察に行くので水の注入を待つようにと言い、そのために冷却が遅れ爆発したとか・・・

          菅災だわ

    先日のエジプトの騒乱のときもこんなことがあったとか無かったとか・・・

          政府専用機は

    これが事実だとすると由々しき問題、どこぞの国はすぐに専用機で自国民を救出したってのに・・・
    火の無いところに煙が立つのが政治の世界なのか?
    種火があったからこそ火が出たのでは?
    支持率が下降の一途の菅政権にあってこの非常事態・・・不幸が重なる!!
    とすると、今回の原発事故の件は重大すぎる問題!!
    どうなるんだ原発事故・・・

    ちょっと嬉しいことも・・・

          日本はマナー世界一

    私は阪神大震災のときに震度7だった地域に住んでいます。
    震災を経験して思ったことは、直後は多方面から色んな支援が入ってくるけど、本当に支援が必要なのは少し落ち着いてからだと・・・
    活断層タイプの震災よりも広範囲に被害が広がるプレート型地震は、被害が広域なので手厚い支援の手が届かない所がたくさん出来ると思います。
    一人ひとりが何が出来るかよく考えられて、被害に遭われた方たちのために息の長い支援をしてあげてください。

    東日本大震災

    東日本大震災が起きてから2週間が過ぎた。
    その上に福島原発の事故も加わり、悲劇はなおさらに深くなりつつある・・・
    メルトダウンもささやかれているのに、東電も政府も危険はないと言っている。
    しかも責任者の東電の社長も管総理も顔を見せずで、いったいどうなっているのか?
    引きこもってる場合じゃないだろ!(怒)

    私は時事問題とかスピ系をよく見ているが、今回の地震を予知していた人のブログにも数年前から見に行っていた。

          幸福への近道   

    この2月16日の記事に今回の自身の予言のようなことが書いてある。
    パソコンがまったくダメな方なので、チャネリングで聞いた事を原稿に手書きで書き、それをボランティアでブログに書き込んでもらっているのだ。
    今までにも予知はあったが、「陸前高田」などと地名をはっきりと言うのは珍しい。
    そう思っていたら今回の大災害だ。

    2チャンネルでも騒いでいたらしいが、一番驚いたのはご本人だろう。
    後になって「当たった!」と思うのだけど、その時は「ふ~ん」と思うだけで終わる。
    それが予知というもんだけど。
    それを今になって本人を責めるとは、いささかいき過ぎなのでは?
    文章を読めば分かるけど、心根の暖かな穏やかな人だ。
    こんな大災害になる前に何とか出来なかったのか・・・そう自分を責めて辛いのは本人なのに・・・
    本当に自分勝手な人が多いのには悲しい限りだ。

    昨年だったか一昨年だったかの記事に、「長田神社のお祭りが懐かしい、お稚児さんが出て」なんてことが書かれてあった。
    え?長田さん?、お稚児さん?、なんと!私も小6まで同じ神社の氏子でしたが?
    小6のときに祖母と家を入れ替わって住むようになったけど、住所変更をしなかったので小中とその地域の学校へ通った。
    ひょっとしてご近所さん?、などと思うのですが・・・
    小学校は違っても中学校は同じ、何てことかもしれませんね。
    もちろん同級生ではなくて先輩なので、顔見知りじゃないですけど(笑)

    当時の長田神社のお祭りは、沢山のお稚児さんがきれいに着飾り練り歩いたもんですわ。
    うちの3軒ほど西隣のおじいさんが、天狗のお面をかぶり出演していた。
    普通でも子供心にも怖そうな大きなおじいさんだったのに、天狗に扮して現れたときにゃ・・・飛んで逃げたのをおぼえている。
    小さなときのちょっとしたトラウマになって、今でもそのおじいさんが扮した天狗を覚えているという・・・(爆)
    同じお祭りを共有している人なので、なんか余計に親近感を持っていつもブログを見ております、はいっ!(^^;;;

    私は阪神大震災を経験している。
    しかも激甚地区に住んでいるのだが、これは本当に経験しないとあの酷い状況は写真や映像では分からないと思う。

    かくいう私も今回の大震災では被災者ではない。
    しかし、形は違うが災害の恐ろしさや悲惨さは共感できる。
    今は個人情報の関係で報道関係者も人的な被害部分は報道しない。
    しかしこんなブログもある・・・

    ***********************************

          UNBELIEVEABLE ground movement(信じられない!大地が動く!)

    この記事はかなり悲惨な写真が掲載されているので、ショックを受ける恐れのある人は見ないで下さい。
    特に最後には以前被爆された方の治療中の写真が掲載されています。
    このブログを見られる方は自己責任でお願いします。

    ************************************


    こういう大災害になると遺体の損傷が激しい。
    阪神大震災の時には近くの公共施設が遺体安置所になったが、日数が経るに従って収容される遺体の損傷が激しく、45リットルのゴミ袋に入ってくるようになった。
    それも最初のころは大きく膨らんでいたのに、そのうちに半分になり3分の1になり・・・
    焼け跡から収容された遺骨は洗面器に入っていたが、半分にも満たなかった。
    次女の同級生のお祖母さんの遺骨は、小さな花瓶にいっぱいしかなかったそうだ。

    二つの建物に300体以上の遺体が収容された。
    実家のあった所は区内で死亡者が一番多く、生活道路を挟んで向かい側の町は死亡者が2番目に多かった地域。
    収容されていた遺体は、どれだけ見知った人がいたことか・・・何日もずっと数珠をポケットに入れたまま・・・
    あんな思いはもう二度としたくない・・・

    今回の東日本大震災は、原発事故のために救援活動の遅れが目立っている。
    原発事故のために避難した地域では救援活動にも入っていないので、亡くなられた方たちの遺体も放置のままとか・・・

          福島原発避難地域内、弔う事も出来ず、ご遺体は雨ざらし!

    なんともいたましい限りだ・・・

    しかし今の政府は機能しているのか?
    原発事故のの真実を一日も早く国民に公開すべき!
    沢山の苦しんでいる方たちのためにも、一日も早く普通の生活の出来る環境に戻してあげて欲しい!

    大きな災害が起きると動物たちも同じく悲惨な目に遭う。
    牛やニワトリの飼料が入ってこなくなり、次々と餓死していっているとか・・・
    避難所には犬や猫と一緒に入れないので、車で寝泊りをしている人がいるとか・・・
    被災地をさまよっている子達も沢山いるそうだとか・・・

    ペットたちに救援の手も差し伸べられたようだが、なにしろ被災地が広い!
    かといって私に出来ることは寄付しかないので、Yahooも楽天もポイント募金が始まるとすぐに募金をした。
    あとはその都度振り込んでいこうと思っている。

          東北関東大震災の迷子動物情報の掲示板
          
          東北地震犬猫レスキュー.com

    人も動物も一日も早く救われますように・・・