2011年10月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    まだ暑いのですが?

    朝からとってもいいお天気♪
    秋の爽やかで気持ちのいい空気とともに、お日様の暖かさが心地よい季節になった。
    とは言っても本日も23度ほどの気温、秋にしたら暑過ぎない?
    秋の香りの金木犀も遠慮勝ちにしか匂わず・・・初夏の暑さでは爽やかさはちょっと無理かも?

    にゃんsはベランダにいるほうが気持ちがいいらしい。
    ぞろぞろとベランダに移動しては接近遭遇し、仲の悪いもの同士がフーッ!シャーッ!ギャーッ!
    ウルサイゾォ~・・・(爆)

    Windows7の壁紙は、壁紙チェンジャーが標準装備で入っている。
    モニターを大きくしているので、壁紙を高解像度の写真にするとキレイなこと!!
    壁紙専用のフォルダを何個も作り、世界の自然の風景や花や生き物たちなどの写真を保存している。
    そんな写真を集めるのにネットはとてもありがたい!
    もうどれだけコレクションが増えたか!(爆)

    私はこのサイズを使っているので「自然と風景の美しい壁紙・1920×1080」

    こちらにNEVERのまとめの壁紙集

    この壁紙集はサイズ別に探せるのでとても便利♪
    しかも数が膨大なので、みているだけで楽しいかも?(笑)

    こちらのサイトもサイズ別なので、モニターサイズで探せるのが嬉しい「ゆんフリー写真素材集」

    壁紙で世界一周をして癒されてくださいな♪「世界の絶景画像ギャラリー」

    投稿タイプのここもサイズ別・・・風景壁紙com

    しかしプロは分かる、でもアマチュアでも驚くくらいきれいな写真を撮っている。
    カメラは苦手な私としては(笑)、なんでこんなに上手く写せるの?とただただ驚嘆!!
    しかも世界中の絶景をモニターで見れて・・・最近では、ネットをしてるのか壁紙を見ているのか・・・(爆)

    ミーちゃんの状態は・・・う~ん・・・
    一進一退ってところかな?
    年齢的にも無理できないし、かといって何もしないわけにはいかない。
    なので強制給仕と輸液は続けているが、食べる量が減っているので輸液の量を250に増やした。
    先週から鼻水が出ているので薬も追加、しかし効きが悪い・・・

          小さくなっちゃった・・・

    犬は老犬になると痴呆症状の出る子がいるが、猫は普通はあまり痴呆症状が出ない。
    しかしミーちゃんは若干症状が出ているようだ。
    意味もなく鳴きながら歩き回っているし、時々だみ声でずっと鳴いている。
    もっとも、どちらの症状も目が見えないのと耳が聞こえ難いのとで、多分不安だからだろうと思う。
    でも症状がある日突然出ていきなり目が見えなくなったのも、右目の化膿していたときに細菌が前頭葉にでも進入したのかもしれない。

    動物は目が見えなくなっても、当初はぶつかったり壇から落ちたりしているが、すぐに慣れて上手くよけれるようになるのだが・・・
    ミーちゃんは未だに壁に当たり物に当たりしている。
    最初のころのように勢いよく当たることはないが、いっこうによけながら動くことが出来ない。
    年齢的なものがあるといってもそこは猫、ゆっくりでももっとなれると思うのだけど・・・
    余りウロウロしすぎて、歩き回りすぎて今自分が居る場所が分からなくなるらしい。
    時々行方不明になるから探すのが大変!

          頑張るミーちゃん!

    風邪気味なのと気温の差が大きいのとで、薄手の服を着せている。
    やせて小さくなったせいか首周りが大きくなり、時々片肌脱ぎになってあらぬところから手が!(爆)
    それでも服を着せた効果は大きいらしく、背中が温かいとゆっくり眠れるようだ。
    先日からの気温の低下でホカペのスイッチを入れたが・・・その後は夏日になったりしてる!
    しかし猫にはホカペはもう必要らしく、上で寝転んでいる奴がいる・・・(笑)

    今年の里親募集はどうなってるの?
    まだなんとも驚きの数の募集だが、いつもの年の4割り増しくらいかな?
    しかもまだ子猫が次々と保護されているようだけど、もう産まれるシーズンでも無いんだけどなぁ・・・
    異常気象のお陰で気温が高く、動物の世界の繁殖のサイクルが変わってしまったのか?

    うちにも次女の家にも大人猫の保護猫がいるし、長女も中猫の募集をしなければなのに・・・
    こう子猫が多いと募集が難しいよね、と困っております。

    駅前のバイクの上でたそがれていた茶トラのメス。

          体は小柄でも態度はでかい!(爆)

    名前は「辛子」、でも呼び名は「カラコ」
    毛色から最初はカラシと呼んでいたけど、余りにもその呼び名では可哀想かと読み方を変えた。
    そしてカラコ・・・(爆)
    この子は保護時は3キロしかなかったが、痩せているわけでもないので元が小柄なのだろう。
    それでも多少お肉が付いて・・・上から見たらまるで「ツチノコ」(爆)
    しかしさすがに茶トラのメス、気はかなり強いですわ。
    うちの気弱なオスは被害に遭い、強気のメスとは喧嘩をし・・・「カラコォ~~~!」と毎日叫ばれております(@^▽^@)ノわはは

    推定年齢2歳くらいで避妊済みだったが、いい加減掲載せんとあかんなぁ・・・
    猫は余り好きではないようで、時々追いつ追われつをやっている。
    でも人間には上手く甘える要領のいい子、さすがに茶トラの女の子だ!(爆)

          いつものカップル(* ̄m ̄) ププッ

    寒くなると風物詩の猫団子が見れる。
    いつもトム君のくっつき虫のキク、そのうちに逃げていなくなるトム君だけど、しばらくは我慢してやる心優しい男の子だ。
    女の子同士がくっ付くことのない我が家、ボーイズラブの世界はあちこちで見れるのになぁ(爆)

    スポンサーサイト

    ミーちゃん・・・

    一日に一缶は食べれていたa/d缶も、今では半分も食べれなくなった。
    右目が潰れている右側の顔面は、もうほとんどが麻痺しているようだ。
    だから食べ物を飲み込むこと自体かなり苦しそう・・・
    15日に病院で量った体重は2.1キロ、最盛期は4,3キロあったので半分かな?
    風邪症状が酷いのでコンベニアを打ってもらったが、その後もやはり鼻水は止まらない。
    もう治癒させる力がなくなっているのだろう。

    22日の朝ミーちゃんの毛があちこち濡れていた。
    前日に打った輸液が漏れてしまったようだ。
    後日病院でその話をしたら、一度に沢山入れると皮膚が破れて輸液が漏れると言われたが・・・
    ふむ、そう言えばうっかりして300近く入れたような気がする。
    そんなに水を入れられたら重かろうに・・・ごめんよ~ミーちゃん・・・__(_ _;) ウゥ

    朝からドライヤーをブンブンいわせて乾かしたが、日ごろドライヤーを使うことがないので珍しいのか、周りをギャラリーが取り囲んでいた(笑)
    熱風を向けると飛んで逃げるけど、またすぐにやってくる。
    ノーテンキなお祭り猫たちですわ(爆)

    昨日から寝たきり状態になり、今朝はお湯で緩くしているa/d缶もほとんど喉を通らない。
    飲み込む限りは食べさせたやるが、もう限界かな・・・
    その後の輸液の量は、100か150くらいを一日に2回に分けて入れてやっている。
    昨晩は100だったので今朝は150ほど入れたやったが・・・漏れないといいんだけど・・・

    8月で17歳になったミーちゃん。
    長く苦しみませんように・・・


    覚書・10月22日黒猫のオス去勢のため入院・3.5キロ

    ミーちゃん永眠

    療養中だったミーちゃんが、10月24日18時ごろ永眠しました。
    享年17歳、猫としては十分に長生きできた子だと思います。

          ミーちゃん、また会おうね!

    帰ってきたときにいつものマットの上からずり落ちていたので、抱き上げてマットの上に乗せた。
    その時にはかすかに反応があったが、持っていた荷物を置いたり電気を点けたりしてからおしめを替えようとミーちゃんの所に行くと、もうその時にはすでに旅立った後だった。
    時間的には10分足らずだったが、吐瀉物もないいし息遣いも乱れずの全く苦しむことのない旅立ち・・・
    私が帰ってくるのを待ってくれていたみたいだ、ありがとうねミーちゃん・・・

    今朝はa/d缶も10mlがやっとで、最後の方には飲み込めなかった。
    もう飲み込む力も無かったのかな?
    徐々に食べれる量が減り、本当に枯れ木が枯れるようにゆっくりとしたスピードで体力が落ちていった。
    マメサブが約1ヶ月、間を置かずにミーちゃんの介護になったので、都合3ヶ月と少しの看病生活だったが、人間と違い猫の場合はそれほど負担にならない。
    おしめの交換と強制給餌と輸液だけだから、毎日することは決まっていても時間的には余裕がある。
    動物は本当に偉いね・・・

    ミーちゃんの調子が悪くなったときに次女に言うと、「え?ミルクの調子が悪くなったん?」と言われた。
    しかしだ!、私は思い出した・・・ミーちゃんの本名はミルミルだ!
    ミーちゃんを保護したのは平成6年の1月の中旬、当時は今よりも秋だったので肌寒かったっけ。
    公共施設の入り口に植えてあるショボイ植え込みの中で鳴いていて、捕まえようとしたら逃げ回って中々捕まらなかった。
    そのうちに子猫なので疲れて捕まえれたが、とにかくすばしっこい子で保護に時間がかかった。

    ミーちゃんを保護して間もなく、もっとキジ三毛の濃い子がウロウロしているのを見かけたが、こちらも保護しようとしたけど人馴れしていなくて、おまけにミーちゃんよりももっとすばしっこかった。
    もうその頃には餌やりをしていたので、その子には餌やりをしていたのだが、体型といい色合いといい動き方といいミーちゃんとそっくり!
    まして見つけた時期も一緒なので、これは多分姉妹だろう・・・ってことで、当時のヤクルトの人気商品の「ジョア」と「ミルミル」と名づけたのだ。
    しかしジョアは言いやすいのでそのままジョアと呼んでいたが、ミルミルは言いにくいので結局ポピュラーな呼び名のミーちゃんになったった~(爆)

    ジョアは捕まらなかったので何度か子猫を生んだが、最後の方の子は近くに住んでいた人が2匹保護し飼っていた。
    しかしそのうちにジョアが弱ってきたので、ジョアもその人が保護したが・・・しかし少し経つと亡くなってしまった。
    多分カリシだったと思うが、余りにあっけない死でちょっと驚いたけど・・・
    10年ほど前の話なので、その時はジョアは多分7歳くらいかな?
    こうやってミーちゃんとジョアと比べると、やはり外の子は過酷な生活をしてるのだとあらためて思う。

          2009年4月5日のミーちゃん

    ジョアの倍以上の年齢を生きたミーちゃん・・・しかしこの子は特異な性格だったから大変だった!!
    落ち着きがなく絶えずウロウロと動き回っていて、4歳年上のピーちゃんの逆鱗に触れてしまったのだ。
    ガサガサとした子が嫌いなピーちゃんに事あるごとに追いかけられ、結局心身症気味になってしまい、一日中自分の全身の毛を舐めるようになった。
    あの猫のザラザラとした舌で舐めると毛が抜ける、それを一日中してるものだから全身の毛が抜けちゃった!
    残ったのは首から上と尻尾の先から3分の2だけ・・・イナバの白兎状態!

    病院では一生薬を飲まないといけないと言われたのだが、原因は分かっているので私が治療することにした。
    もっとも、治療と言っても注意だけだけど(笑)
    ピーちゃんが飛び掛りそうになると止める、これを繰り返していると根が単純なミーちゃんは安心したのか、又いつも通りのガサガサ子に戻った。
    そうすると心身症も治るわけで・・・と言えば簡単に治ったように思うけど、時間的にはやはり1年以上かかっている。
    でもそんな治療で治ったのもノーテンキなミーちゃんだから、他の子だったら分からなかったなぁ・・・

    そして又その後あり、その頃の仲良しだった少し年上のゴマがミーちゃんの敵討ちをした!(しなくていいのに・・・(_ _|||))
    ゴマに追いかけられたピーちゃんは、そのうちに電子レンジの上から下りてこなくなり、長い長い空中生活が始まったのだ・・・
    レンジラックやステンレスラックで居場所を作ってやったが、都合10年近く空中生活をしたのでは?
    18歳で3年前に旅立ったピーちゃん・・・今回17歳で旅立ったミーちゃん・・・ゴマは昨年の8月に同じ17歳で旅立った・・・
    長い猫生を送った子たちには、本当に色んな思い出があるもんです・・・

          今年2月のミーちゃん、まだ元気だった・・・

    今月の26日は実家で一緒に仕事をしていた叔父の祥月命日で、その1年後の同じ日に叔父の母である祖母が亡くなっている。
    親子で命日が一緒、おまけにこの日は母の誕生日という・・・
    その翌日はだんなの月命日。
    ミーちゃんがどちらかの日に旅立つのかと思っていたが、少し早くなってなんだかホッとした・・・
    うちはなぜか何かの謂れのある日に亡くなる子が多い、何でだろうね?

    キジ三毛の淡い色合いで、おまけに美人さんだったミーちゃん、でも変な癖があった。
    なぜか人の髪の毛をシガシガするのが大好きで、寝転んでいるとやってきてカミカミ(笑)
    「ミーちゃん抱っこしたら、目線はいっつも前髪や~」と次女が言っていた。
    そう、抱いてやっても伸び上がって前髪をカミカミ。
    しかも洗い髪は嫌いで、ムースなどをつけたほうが好きだった。
    美味しそうにカミカミするけど、整髪料は猫には毒物だよ~
    なので、ミーちゃんがやってきて目線が髪の毛にいくと危険!(爆)

    沢山の思い出をくれたミーちゃん、楽しかったよ~
    またいつか会おうね!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。