2012年02月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    もみじとあおばのお届け

    月日の経つのは本当に早く・・・と、またもや言い訳で始まるのが当たり前になりつつある・・・(爆)
    いや~、何とも忙しくて~←何がって突っ込まないでね(^^;;;

    1月29日にもみじのお届けをした。
    もみじの到着を今か今かとご家族みんなで待って下さっていたのに、肝心のもみたんはビビリまくって隠れてます・・・
    保護時はスリベタの甘えん坊だったのに、すっかり家猫生活になれてしまうと本来の性格からかビビリンさんになってしまった。
    若葉やハッチの大人猫たちがよく面倒を見てくれたので、猫大好きに変身したのか?

    里親さんは先日ご自分で保護された子を亡くされている。
    自宅のガレージに迷い込んできた3か月くらいのキジトラの女の子がいて、痩せてガリガリになっていたそうだ。
    甘えん坊な女の子だったそうだが、いきなり数日食欲が落ちたと思ったら調子を崩し、病院で検査中に亡くなったとか・・・
    う~ん・・・捨てられてさまよっている間に感染症に罹ったのか、それとも先天的要素か?
    ひょっとして捨てられていた期間が長く、生育期の栄養が足りなかったのか・・・
    いずれにしても、生後半年なので原因はよく分からない。
    しかし、もし保護されなかったらどこかで人知れず亡くなっていただろうから、少しの間でも温かい家庭で可愛がってもらえたミルクちゃんは幸せな子だと思う。

              マロン君、とってもいい子です~♪

    先住ワンで11歳になるペキニーズのマロンちゃんがいる。
    この子がまた人懐っこくて可愛い♪
    キレイにカットされた被毛、人懐っこくて甘えん坊な性格、どれほど可愛がってもらっているかひと目でわかるマロンちゃんだ。
    そしてミルクちゃんで猫の可愛さにも目覚められた里親さんが、もみじをご希望くださった。
    決まりにくいサビ猫のもみじを可愛いと言って下さる・・・本当にありがたいことです。

              もみたん硬直です・・・_(_ _*)

    しかし・・・その後が問題でして・・・
    3ヶ月すぎると猫も人見知りが始まり、そこに持ってきてビビリンさんとは・・・はい、お決まりのお篭もりdして・・・__(_ _;) ウゥ
    ミルクちゃんのために買ったケージがあったので、その中に入れてもらったのだが・・・ちょうどいい隠れ場所になりまして・・・中でフーシャーと威嚇の嵐とか・・・

              お嬢ちゃんが仲良くしょうって・・・

    犬を知らないもみじなのでマロンちゃんが怖い、ビビリンなので知らない人に知らない家が怖い。
    まあ仕方が無いのですが・・・
    周りの環境の音・毎日の生活騒音・家人の声や動き・色んな匂いなどなど、馴れるまでは一生懸命環境の把握に努力してます・・・
    それも性格で、あっという間に慣れる子もいれば1ヶ月くらいかかる子もいるので、もみたんは後者に近いかも?
    お届け後も、8歳の娘さんがケージの中のもみじの相手をしてシャーッと言われて泣いたとか・・・あらららら・・・
    まあ当分威嚇はしますけどね・・・手を出さないので大丈夫だと思いますが・・・泣かしてごめんなさいね~m(_ _)mゴメン

              翌日も・・・お~い・・・

    里親さんはマロンちゃんと離す時間を作って馴らして下さるそうで、時間の経過でもみたんが何とか環境に慣れてくれるといいんだけど・・・
    ただ今お試し中のもみたんですが・・・がんばれ~

    翌30日には、仕事から帰ってきてからあおばのお届けとなった。
    今回の里親さんはみんな大阪方面なので、高速道路が整備されている地域に住んでいると夜間のお届けも可能なのだ。
    そしてこの里親さんご夫婦、なんと昨年のニュージーランドのクライストチャーチであの地震に遭われたのだ!
    滞在中に住んでいたアパートの家主が飼っていた茶白の子を、家主が放置して面倒を見ないので二人で面倒を見ていたらあの地震。
    アパートは壊れてしまったので、家主はとっとと自分だけ田舎に帰り猫は放置(怒)
    そしてその茶白のメゾン君は震災後行方不明になり、二人で必死で探したら1週間後に見つかったとか・・・よかったよぉ~!

              ボクはメゾンです♪

    その後は未去勢だったのを去勢し(放置でも飼い主がいるので何も出来なかったから)、日本に帰省するときに一緒につれて帰ってこられた。
    もう1匹子猫の面倒も見ていたが、その子はつれて帰るにも経済的に厳しくて無理だったので、地元のボランティアに預けてこられたそうだ。
    無理ならボランティアにということをきちんと理解しているという、若いのにしっかりとしておられますなぁ(⌒⌒)v

          あの茶色いの誰?のあおば(^^;;;
          
    あおばをキャリーから出すと、タワーの上に上って固まっていた。
    あおばをみたメゾン君・・・最初は久しぶりの猫に驚いたようだが、そこはニュージーランドでは近所の猫たちと仲良しだったくらいフレンドリーな性格の子なので、さっそく青葉の近くに行こうと・・・
    で、肝心のあおばが固まっておりまして・・・無視されたメゾン君は・・・困って威嚇をしておりました(笑)
    甲高い声で威嚇をするのは気になっている証拠、久しぶりに出会った女の子なので興奮しているらしい・・・( ̄w ̄) ぷっ

              あ、あおばちゃ~~~ん(爆)

    テンションの上がっているメゾン君、それまでのフレンドリーから一転して私たちにもシャーッ!(爆)
    カーテンレールの上を歩いてあおばのいるタワーに近づくけど、何しろ心優しい(気が弱いとも言うけど(*´▽`*)プッ)メゾン君なので、青葉のそばに近寄れない・・・
    あおばは長女が名前を呼んだだけでゴロゴロと言っていた子なので、この子もビビリンだから時間はかかるだろうがよく馴れると思う。
    しかしメゾン君は本当に茶トラの性格で、猫じゃらしを振ると威嚇していたのも忘れてたまをとるし、呼べばすぐにやってくるし(笑)
    それにとってもイケメン君、ニュージーランド生まれの2歳のメゾン君はとってもいい子です♪

    2日後には報告があって、あおばはお隠れのよう・・・あららら・・・

    メゾンはよほど遊びたいようでちょっかいを出すんですが、まだ慣れてないこうめちゃんにとってはうっとうしそうで無視されてます。
    一度は、メゾンが繰り出した猫パンチにこうめちゃんがシャーッと言ったので、心優しいメゾンはシュンとして逃げてました(笑)
    そんな感じで、メゾンはこうめちゃんを遠くからジーっと見たり後をついていってペロペロしたりとストーカーみたいです。
    こうめちゃんも私たちのところには来ないですが(悲しい、、)メゾンのところには寄っていきます。


    ペロペロ・・・o(^▽^)o キャハハハ
    ガンバレ~、メゾン君!

    こむぎのその後もお知らせいただいている。

          あーちゃんと一緒♪

    薄暗くしておかないと怖がるそう・・・でも暗がりの中の黒猫の写真って・・・(爆)

          真っ黒で見えん・・・

    電気つけに動くと、こむぎチャンはまだ微妙にビビって動いちゃうんで暗い中での撮影でした。
    こむぎチャンはいつも泣いてるので、うちではみぃチャンと呼んでます。
    みんな鳴き声が小さいので、これだけいても案外静かですが、私が動く度にみんな着いてくるので大変です(笑)


          ワンコも黒・・・(笑)
       
    ということで、写真を見ていただいても分かると思うが、薄暗い中の黒猫なのでどちらがこむぎか・・・(爆)
    どちらも奥の方にいるのがこむぎだが、みんなと仲良くしてくれているのが嬉しい♪

    そして、ゆずたんとあんちゃんの写真も届いているけど、長くなるので次回に<(_"_)>ペコッ

    スポンサーサイト

    やれやれ・・・

    起きてからベランダに出ると床が濡れていますが?
    「また雨かいっ!」と外を眺めてみれば・・・あれまぁ・・・雪ですがな・・・
    しかも少し積もってるし!
    木々の枝には雪が積もっていたし、地面の人が通らないところも積もっていたし、山を見れば白くなってるし。
    おおっ!近来稀なる現象が起きてる!(爆)

    温暖な地方に住んでいる上に、年々地温が上がり雪とや寒さとは縁遠くなりつつある昨今、雪を見るとつい童心に帰ってしまう。
    しかし今年は日本列島は寒波に包まれており、各地で数年ぶりや数十年ぶりの大雪に見舞われている。
    過疎化が進む地方では、お年寄りが雪かきに難儀しているそうだ。
    そりゃそうだろ、屋根に上がらないといけない上に、積もっている雪はかなりの重量があるんんだもの。
    動くことも大変なお年寄りが、屋根に上がったり重い雪をスコップですくうなんて出来っこないって!

    先日は体育館の屋根が雪の重みで崩れたとか。
    もうこうなると災害救助法を発令し自衛隊に出動してもらわないと、雪の重みで潰れる民家が出てくるよ!
    その時にあわてても遅いんだから、すぐに救援の手を差し伸べろって!!
    とは言っても、福島の原発のような世界的に重要な事案も隠蔽した政府だもん、家が潰れることくらい何とも思ってないか・・・
    まるで日本を壊そうとしているような現政権、その実体をよく見ないとけないね・・・

    さて、お試し中のこむぎともみじとあおばですが、どの子も何とか新しい環境に慣れてくれたようでホッとしとります(^^;;;
    特にもみじは威嚇とお篭りが酷く、どうなることやらと心配していたんだけど・・・
    最近では

    もみたんはすっかりマロンには慣れ、今やもみたんの方が強い?
    もみたんが歩くと,マロンは道をあけている状態・・・。
    オモチャにも興味を示してよく遊んでいます。
    軽快に走る姿も見られるようになりました。特に私になついており、うっとうしい(笑)ぐらいにべったりひっついてきます。
    とてもかわいいです!!


    ということなので、胸をなでおろせたという・・・α~ (ー.ー")ふぅ
    しかしまだお嬢ちゃんには慣れていないそうで、お嬢ちゃんが悲しんでいるとか。
    大丈夫ですよ~、すぐにもみたんが年齢的に追いつくので、その頃にはラブラブになるかも?(笑)
    用心深い子は倍の時間がかかるね・・・もみたんは特にビビリンさんなので、どうしても自分の中の妥協点が見つからないと馴れないもよう。
    まあそれが賢いサビ猫の特徴でもあり、また中々気にいられないマイナスの要素でもあるんだけど・・・
    色柄とともにその性格からか、どうしてもサビ猫は人気が無い。
    鷹揚な性格のはずの茶トラにビビリンな子が増えたように、サビ猫も性格が変わってほしい・・・いえ、それはもちろん良い方にですが(笑)

    そんなもみたんを辛抱強く馴らしてくださっているという里親さん、本当に嬉しくてたまりません。
    案じていた犬のマロンちゃんとも何とか折り合いをつけたようで、こちらも安心しました。
    もっとも小型犬と猫とだったら猫の方が強いですから、私はマロンちゃんのことを心配してたんですが(笑)
    それも杞憂に終わりホッとしています、ありがとうございました。

    こむぎも何とか慣れてくれて、出てきて遊ぶようになったそうだ。
    本来が甘えん坊を絵に描いたような子なので、環境に慣れると元の性格に戻ると思う。

    こむぎチャンは慣れてきたようで、最近はいつもベッドの上でくつろいでいますよ(^^)
    リアムと追いかけっこばかりしていますよ♪


          リアム君と運動会?(笑)


    馴れてきたら本領発揮か?(笑)

          元気そうでなにより♪

    こむぎチャンは甘えたで、びっくりする位に毛並みがいいですね(^-^)
    可愛くて仕方ないです♪


          大好きなあーちゃんといっしょ♪

    長女の後を付いてまわっていた子なので、馴れるとくっつき虫さんになるかも?(笑)
    先住さんのあーちゃんも甘えん坊だし、チワワのリアムちゃんも甘えん坊だし・・・両手じゃ足らないですよ~?(@^▽^@)ノわはは

    あおばも最初は洗濯機の中なんかにお篭りをしていたそうだ。

               洗濯機の中にお篭り中・・・(爆)

    我が家にはだいぶ慣れてきたようです。 やっぱり居心地がいいのは基地みたいで、基本的には基地にいます。
    でも最初は人間がいる間はほぼ降りてこず、下においてもご飯を食べなかったので、基地内に置くと食べてました。
    (トイレには降りてきてましたが)
    今は人間がいても下に降りてきてご飯を食べます。
    メゾンはご飯に対して卑しく(笑)、食事中にほかの猫が来るとウーッと威嚇しながら食べるような猫だったんですが、なんと大好物の缶詰を食べてる時に銀子が横入りしてきた時、譲ってました! 
    あんなメゾンは初めてです。
    メゾンもまだまだ子供っぽいんですが、男を見せてました☆


    ふふふふ、猫も女の子には甘いんです、まったく男って奴は!(爆)
    基地←天袋をメゾン君のおうちにしてます♪
    ここ ↓

          仲良しになったよ~♪

    いいでしょ、猫たちのマイホーム・・・いや、スイートホームか?(⌒^⌒)b うふっ
    で、名前が~!(笑)

    こうめちゃんですが、あれからまた改名され「銀子」になりました(笑) 
    由来は昔にはやった漫画の「BASARA」の登場人物です。
    私はなんのことやらと思いましたが、、 色的にも馴染んでるかな~と思います。
    銀子は、もう何が自分の名前なのか?? という感じかもしれません(汗)


    あおば→こうめ→銀子と変わっておりますが・・・「BASARA」か・・・懐かしいけど、最後まで読んでないから聞いたら結末が気になる~!(爆)
    まあそのうちに、「私って銀子って名前なんだ!」と気付くでしょうから大丈夫(*´▽`*)プッ

    こうやって何とか馴染んでいってくれている。
    里子に出した後も、気になるのがこういったこと・・・
    でも里親さんが皆さん理解があり、馴れない子を馴れるまで辛抱強く待って下さっている。
    これがとても大事なことで、人間だってすぐに新しい環境に慣れる人もいれば、かなりの時間が経たないとダメな人もいるんだから。
    猫だって同じで慣れ難い子はどうしてもいるから、それを理解してもらえることが里親募集をするときに一番大事なことだと思う。
    今回の子達はそれが顕著で、ビビリントリオと名づけたいくらいだったのだ(笑)
    それも里親さんたちの努力でクリアでき、本当に感謝しております。
    ありがとうございました!

    ひさしぶりのゆずたんの写真が届いている。
    あいも変わらずのナイスバディぶりで、ほんの5キロしかないそうo(^▽^)o キャハハハ
    しかし軽快にイタズラは出来るようなので、運動は足りているみたい(笑)

          これくらいの高さなんて楽勝よ!( ̄^ ̄)v

    どうです、このどや顔(爆)

          どう?軽がるでしょ?
          
    里親さんは外の子達のお世話をしておられたが、その子たちのいた地域が区画整理に入りいったん周りを更地にしてしまったので、猫ハウスを置いて貰っていた家も無くなり、隠れる所も無くなりと・・・
    その後は交通事故や病気で亡くなる子が相次ぎ、一緒にお世話をしている友人と相談して家を借りたそうだ。

          快適な生活を送ってます~♪

          快適なおうちに住んでます~♪

    こうやって随所に工夫が凝らされているが、まだ気になるそう・・・いえいえ、もうこれで十分ですよ~(笑)
    隣に住んでいる友人の方もいるしで、この子達は今は本当に幸せです。
    ありがとうございます<(_"_)>ペコッ

    ガングロサビのあんちゃんの悩ましい姿を・・・o(*^▽^*)o ゲラゲラゲラ

          おっぴろげ~です(爆)

    冬の寒い時期、猫は丸くなるものですが、暖めすぎたためか 女を捨てたオッピロゲ で寝てはります(笑)

    そんなぁ~、あんちゃんはまだ若いのに!・・・しかしその寝姿は、そうなのかもしれませぬなぁ・・・(爆)

          まん丸な目・・・なんて可愛いの♪

    あんちゃん めっちゃ可愛くなった写真を送ります。
    最初の頃は、なんてファニーフェイスな猫かしら、と見てましたが、安心と安定が顔に出てきたのか、最近めちゃ可愛くなってきました。


    そうなんですね、環境によって顔の表情が変わるんですね・・・やはり環境が自分に穏やかで優しければ、自然に表情もそうなる・・・それは生きもの全てに当てはまるものですね。
    いかに環境が大事かということを、あんちゃんが見せてくれてます。

    ガイアは全ての生きものに分け隔てなく等しく住む権利を与えてくれているのに、どうしてこんなに差が出るのでしょうね?
    ちょっと考えてみよう・・・

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。