2012年07月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    やっと食べた

    7月に入ると近畿地方は梅雨も末期だ、そして最後の大暴れをされる・・・
    今朝も兵庫県や京都府では大雨警報があちこちで出ており、警報の出ている地方では学校も休校になっている。
    うちの近くを流れている小さな川も、上流からの雨が押し寄せてゴーゴーと音を立てて流れていた。
    ちょろちょろと流れているのしか見たことが無いから、そんな川を見るとちょっと怖い・・・
    猫がお水を飲みに下りたりしているので、この雨の時は下りていないかと不安で仕方ないし・・・
    梅雨のシトシト雨は我慢できるけど、被害の大きい集中豪雨はもうご勘弁を!!と祈るような気持ちだ。

    関電の大飯原発が再稼動されたが、この原発が爆発すると被害が大きすぎる!ということになる。
    水がめである琵琶湖が汚染されると、近辺の川も取水できなくなり生活用水が枯渇。
    そうなると人口密集地域が多くある近畿地方は、もう社会生活が出来る地域ではなくなるだろう。
    人が制御できない原子力など持つべきではないことに、この国はいつ気づくのだろう・・・
    今の政権は日本潰しをしているような気がして仕方がない、なぜそんなことを?

    今朝見に行ったら、保護した子がやっと昨晩のウエットを食べた\(^ ^)/
    自力で食べさせる作戦として、1日の夜の輸液をしないで強制給餌をした→2日の朝は強制給餌をしない(お陰で朝の薬を飲ませるのを忘れた~(爆))→ケージに入っていたのでそのまま閉じ込め、カリカリを数種類出しておいて食べるかどうかを見る→帰宅時までそのまま放置(笑)
    帰ってきて見てみると、閉じ込められていたのでかなりお怒りでしたわ。
    敷いている即暖マットの扉側の縁を盛大に齧ってくれ、その辺をゴミだらけにしていた。
    そして必死に扉のさんの隙間から出ようとしたのか、鼻の頭が一ヶ所皮がめくれております(笑)
    血は出ていないので大丈夫、でもそれだけ暴れられるほど元気になったんや~とちょっと「ほっ」。

          この子は猫相が悪いんです(爆)

    うちは夜にウエットを食べさせているが、毎晩4種類を日替わりで盛り合わせにしてやっている(日替わり定食(爆))
    同じ物を置いてやっていたのだが、帰ってきてから見たらキレイにカラッポ!(v^ー°) ヤッタネ
    カリカリも歯がないので小粒を選んで置いてたのを、ほんの少しだけど食べていた。
    ウエットの量はミニ缶1缶の7割くらいの量、それを全部食べていたのでお腹がすいていたってことかな?
    そして今朝も焼津のまぐろ缶の半分を入れて置いて行ったら、こちらも完食していた~

    強制給餌はa/d缶を1日に1缶ベースだったが、大人猫で内臓や慢性病を持っていない子には少なすぎるから、食べないのがとても気になっていた。
    強制給餌を止めれば食べるだろうとは思っていたが、なにせ骨と皮になっていたのと細菌感染があったのとで、高カロリー食を与えないといけないからと止めれなかった。
    1日の夜から実力行使に出たのは、ちょうどその日くらいから目やにが止まったからだ。
    もう鼻からは何も出なくなっていたし鼻づまりの呼吸音でもなかったしで、食べなくて少々体力が落ちてもすぐに強制給餌すれば復活するだろうと思ったからだ。
    体も硬くしまり弾力がつき動きもすばやくなっている、もうこれで大丈夫かな?
    この状態になるまで強制給餌を止めれなかったからね・・・でもあと数日は量を減らして輸液を入れ、今週中に再度血液検査をしようと思っている。

    先日はお刺身を買って食べさそうとしたが無視された~!
    翌日に炊いて持っていったが、食べないので口の中に入れてみた。
    生のときは鯛の刺身は固いのに、炊くと身が持っただけで崩れるほど柔らかくなる。
    マグロの刺身は、生のときは柔らかいのに炊くと固くなる。
    鯛はウガウガ言いながら食べたけど、マグロはべーされた・・・鯛は柔らかくてお口に合ったらしい・・・贅沢なやっちゃ~(爆)
    その次の日に生のアジを炊いてやったが、こちらはお口に合わなかったらしく全部ベーッ!ヾ(- -;)コラコラ
    食べなくなってからアジを焼いたり煮たりしてやっていたと聞いたけど、この子食べませんが?

          少しは身がついたかな?

    まあ何とか食べだしたので、これでやっと楽できますわ。
    腎数値は異常があるほどではなかったからね、輸液もボツボツいいかな?
    ずっとa/d缶を食べながら体力の回復に努めたので、毛はピカピカで柔らかい・・・うちの子達よりもキレイな毛質になってます(爆)
    うんちも少ししていたが、ちょうどいい加減な固さ。
    a/d缶ばかりなのでうんちの出は少なくて当たり前なんだけど、それが出てくるようになったということは、消化器も順調に動いているってことだな。
    おしっこもちゃんとトイレでするが、1回に大量に出すタイプらしくペットシーツの3分の2くらいまで濡れている。
    あとはもう少し太るだけ、以前は3.5キロあったといってるのでもう少しかな?

    しかし臆病な子は難しい・・・
    今回の子の様に、重病で容態の思わしくない子はかなり治療に手をかける。
    今まで経験したことのない家の中での生活、しかも知らない人に知らない猫たち。
    保護した子にかかる精神的プレッシャーは相当なものだと思うが、大人しいのでなんとか持ちこたえてくれた。

          耳の中もキレイになりました♪

    耳の中も黒い塊がいっぱいあり、何度も耳掃除をしたので怖かったろうと思う。
    その上に、一日に何度も強制給餌と毎晩の点滴という治療・・・する方もされる方もほんと大変です!
    お陰でいつものことながら嫌われております、私を見た時の逃げ足の速いこと!(爆)
    まあね、その逃げ足を見て今回の治療の変更をしたんだけど、鼻気管炎の後遺症から食べれなくなり飢えからの病状の進行だったので、食べれだすと治りも早いですなぁ。
    とは言っても、これからも再発の危険性と隣り合わせですが・・・こうなる前に治療しないと!だよ~!!

    この子は右上と左下の犬歯が無い、前歯も上下ともほとんど無い。
    もっとも、うちのモモは5~6歳から歯が抜け出して今はほとんど無いので、もしかしたらこの子も歯の弱い子なのかもしれないけど。
    奥歯に歯石がいっぱいついているし歯が無いしで、咬み合わせが悪いのか食べるときに歯軋りのような音を出している。
    カリカリはシーバや銀スプのプレミアムが好きだったそうだから、やはり柔らかいのや小粒がいいんだろうね。
    まあいずれにしても食べれるようになるとすぐに元気になるでしょうよ、ヤレヤレ・・・
    やっと悪戦苦闘の日々ともお別れできる(爆)

    長女が保護している子猫たち、臆病すぎて中々馴れないらしい。
    黒猫の小さい方の子は次女が連れて帰っているが、ちょっとした物音にも驚いて逃げるそうだ。
    長女の家にいる黒猫も似たりよったりとか・・・もう黒猫はかなわんあぁ・・・
    子猫のシーズンなのにいつ募集できるんだ?と困っております _(_ _*)

    スポンサーサイト

    ボクつばさです♪

    新人さんでただ今里親さん募集中です、よろしくお願いいたします<(_"_)>ペコッ

          ボクはキジトラなんですヾ(´▽`)

    最後に残った餌をまとめて置いている公園で、周りに響き渡る子猫の鳴き声が!!
    捕まえようと思ったが、その公園は1町分という広さに地面を這うオカメヅタが植えられているので、その下に入られると探しようがない。
    植えられてからもうかなりの年数が経っているからツタもよく茂り、腰の高さくらいまでこんもりと~!
    しかも昨年10月の気温が下がりだした頃に、そのツタの下に蛇がヨロヨロとしながら入っているのを見てしまっている・・・ううっ!、今は夏、暑いと蛇もきっと元気がいいことでしょう。
    長物が苦手な私は、蛇がいるかもしれないそのオカメヅタの茂みの中には入れませぬ。
    そう、ツタの中に入ってまで探す勇気はございませぬなりぃ~。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

    しからば次の手を!と、毎晩食べに来る子とは別な場所に子猫用の餌を置くことにしたが・・・
    いつも餌がある場所を知っていたらしくほんの間近まできていたようで、通路そばに作られた20センチ四方の側溝の中から出てきた!
    しかし側溝の蓋は鉄で出来ているので重くて持てない、仕方がないからもう持久戦(笑)
    鳴き声を聞いてから3週間ほどして、やっと目の前に出てきてくれた。
    超ビビリンな子だから慣れきるまで触らないようにし、ある日油断したところを手でわしづかみ・・・あれ?いとも簡単に捕まりましたが?
    どうも捨てられてから外が怖くて仕方なく、必死で逃げ回っていたもよう・・・可哀想に・・・

    なんてことはない、とても人馴れしたおちびさんだった。
    抱っこしてやると安心したのかゴロゴロといっているし、片手に抱いて自転車に乗って連れて帰れたし。
    ビビリの野良さんだったら、一度捕獲しそこなうとどこかに行ってしまうと用心してたのに、捨てられた子だったのね・・・なんじゃらほい!(笑)
    保護したのは7月10日、健康診断に行くまではケージに入れていたが、出せ出せと騒がないいい子だ。
    14日にワクチンの接種と健康診断に行った、体重は1.6キロなので生後3ヵ月半くらいかな?
    性格はおとなしいらしく、大人猫たちには頭を下げて小さくなってご挨拶をしているという、かなりの小心者の男の子(爆)

          年齢差18才(*^ー゜)v

    でもそこは子猫らしく慣れてくると走り回っている、とにかく羽の猫じゃらしが大好きなようで狂喜乱舞しているのが可愛い。
    どうも捨てられるまでは、羽の猫じゃらしでよく遊んでもらってたんだろうね・・・野良の子なら猫じゃらしを振ると、まず最初は「それ何?」とばかりに怖がって逃げるからね・・・
    小さな間はそうやって可愛がり、少し大きくなると行動半径が広がるので持て余し捨てる。
    よくあるパターンですわ・・・(怒)

          ボクはプーじいちゃんが大好きです♪

    今は少しスリムになっているが、これは人の子と同じく成長期だからだ。
    性格的には穏やかでとてもいい子なので、大人猫になったら甘えん坊で優しい子になると思う。

    つばさはなぜかプーさんが好きでくっついていき、今では年の差18歳のペアになっている(笑)

          じいちゃん何時までも元気でいてね

    私が寝るときはプーさんが先に走ってベッドに飛び乗り寝転ぶ、なのでベッドの半分はプーさんの領域で、私の枕は残り半分の部分にしか置けない。
    しかもプーさんは私と直角になるように寝るので、益々私の寝る場所が狭くなる・・・私は斜めになって寝るんだよ~( _ _ )..........o
    夜中に目を覚ましたらつばさが腕枕で寝ていて、ゴソゴソと動き出してはプーさんの領域に進入している。
    最初は嫌がっていたプーさんだが、元保父猫らしく今では傍に来ても逃げなくなった。
    もっとも、つばさのしつこさにプーさんが諦めたのかもしれませんが(爆)

    加齢と共に痩せてきて、プーさんは今では5キロを切ってるかもしれない。
    でも黒猫なのに案外白髪が無いな?と思っていたら・・・ハッケ~ン!、なんと左前足の肉球のところに白髪が!

          肉球のそばに白髪が!!
          
    そして右側に1本だけ太い白くて太い髭がある。
    この髭は春に抜けて無くなっていたのに、いつの間にか同じ場所に復活していた(笑)
    18歳で亡くなったピーちゃんは、顔の左半分が早くから白髪になっていたけど、プーさんは意外と白髪が少ない。
    そう思っていたのに・・・やはり18歳は18歳、白髪が見つかりましたさ・・・

          お髭にはワンポイントの白髪が(笑)

    平成6年11月生まれのプーさん、人間の年齢に換算すると90歳もはるかに出ているそうだ。
    特にオス猫はメス猫より数歳年齢加算をするらしいので、プーさんは本当は超高齢猫さんなんだけど・・・
    4本の犬歯も健在だし前歯も揃っているもん、まだまだ大丈夫!

    先日死にかけていたのを保護した子は、もうすっかり復活して元気になった。
    つばさと同じ日に病院へ行って、再度血液検査をしたら・・・ああ、やっぱりね・・・BUNが84でクレアチニンが3.3と上昇し、血球容積は19になっただけか・・・
    腎炎初期になってるが、まああの状態からならこの程度で収まっているのは幸運なくらいかな?
    体重は3.3キロになっていたので、今ではもっと太ったから多分以前の体重の3.5キロは過ぎていると思う。

          元気になりました~ (v^-^v)

    しかし額に出来ていたこぶ状の部分が破れ、そこから血膿が出てきたのにはびっくり!
    いったいあのこぶ状のものは何なんだろう?
    保護してしばらくしてからこぶ状の物が中で破れ、左目と左鼻腔からダラダラと一日中膿が出ていた。
    抗生剤と眼軟膏で治ったが、今度は外側が破れて血膿が出るようになった。
    以前に傷でも出来てそこが絶えず化膿するとか?←でも傷って治ると再発しないよね?

    その上に、体力が無くなっていたためか真菌になりと・・・まあ汚い環境の外にいたので、真菌は出るかも?とは思っていたけど・・・
    額の部分にうっすらとおハゲが見えるけど、その部分が破れたのだ。
    幸いにそのおでこの破れた部分と耳の一部が少し、右側の首のところが少しだけおハゲの状態だったので、塗り薬で菌をばら撒かないように蓋をし、あとは朝夕の飲み薬の治療で治った。
    超臆病な子はケージ生活のほうが快適らしく、ちっとも外に出ようとしないので真菌の蔓延は防げた!(´ヘ`;)ハァ
    そのかわり、アルコール除菌のウエットタオルが大活躍したけど(笑)

    今は里親募集は満員御礼のよう、しかもほとんど決まらなくなる8月が目の前・・・う~む!、秋に再募集かな?
    まあ慌てずに、つばさの幸せのご縁を待ちましょうか(⌒⌒)v
    とまあ、このような毎日を送っておりますが・・・もういいかげんに里親募集なんてしなくていい世界になってほしいよぉ~!、などと思う今日この頃・・・

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。