2012年09月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

     滅多に通らない道なのに!

    通ったばっかりに・・・出会ってしまった・・・
    餌やりのときに1年に1回も通らない道なのに、なぜかその道を通ったら・・・いたのですわ・・・
    この子だけど、右目が落ちていて治療されてないのかそのまま開放。
    傷を見てショックを受ける人は、この写真を大きくして見ないように!!

            右目から血が出ちゃった!

    1週間ほど前に見かけたので、その時はウエットをやってそのままだった。
    餌やりの時には出来るだけ違う場所に行かないようにしているが、その日はたまたま通らざるを得なかった道・・・この子はそんな道を通ったときに、空き地の資材置き場の入り口で香箱を組んでじっとしていたのだ。
    呼ぶとすぐに立ち上がりこちらに来る、えらく人なれした子だ。
    でもそこはプレハブの小さな物置があり車も入れてあるので個人の所有地だし、よく見るとプレハブの下の隙間にはびっしりと石が詰めてある。
    これはまずい、猫嫌いの人の所有地だ!

    翌日はその空き地の向かいの路地の奥にいたので、そこへ餌を持って行ってやった。
    しかしこの路地も危ない、自転車やバイクしか通れない細い路地だし両脇は民家が密集して建っているし。
    まだ起きている人がいるので、聞こえたらまずいから声を出して呼べないし・・・
    しかも暗い外灯しかない場所で、黒猫の状態を見れるわけもなく・・・
    でも触るとお腹に塊がある、乳腺腫かヘルニアか?
    それに歩くのを見たらなにやらおかしい、足がしっかり動いていないような?
    う~ん、よく分からないけど気になる・・・

    どちらにしても一度病院へ連れて行こうと思い、13日にはキャリーを持っていったのに・・・いない!
    よく14日には、また違う場所の小さな草むらの中にいた。
    まだ餌やりの途中なので、とにかくまずは食べさそうと思ってa/d缶を1缶容器に入れておいた。
    餌やりが済んで迎えに行くとまだ草むらの中にいる、そこで寝るつもりだったのかな?
    入れていたa/d缶は、まるで犬が食べたように容器の中がピカピカになっていた(笑)
    よほどお腹がすいてたんだろうね・・・可哀想に・・・
    キャリーに入れるのもひょいと抱き上げて入れれたし、中ででも鳴くだけで暴れない。
    ひょっとして飼われていたことがある子なのか?

    つれて帰ってケージに入れ、ひょいと顔を見ると・・・右目がないのでびっくり!!(((((( ̄□ ̄;)
    入れていたネットに血がついていたのはこの右目からの出血らしいが、浸出液はあるけど血はもう出ていなかった。
    中からネットを顔で押していたからね、右目に少し傷がついたのかな?
    なにせ暗闇で見ていた黒猫なもんで、右目にはまったく気づかなかったなぁ・・・つうか、まさか右目が無いとは思わんかった~
    帰ってからa/d缶をもう半分やったら、それも完食したのでやっぱりかなり空腹だったのだろうね。

             目が落ちたのは子猫のときか??

    翌日病院へ連れて行ったが・・・なんと全身「シラミ」だらけ!!( ̄〇 ̄;)!
    いやいや、これだけシラミだらけの子は初めてだわ・・・かなり痒くて堪らんかったやろうに・・・
    シラミの駆除はバリカンで毛を刈るしかなく、今じゃすっかり夏向きの体に変身しとります(爆)

    歯は左上の犬歯はあるけど他は無し、前歯も沢山抜けている。
    年齢は8歳くらい?、いや10歳くらい?
    避妊手術はしてあるかどうか分からないし、しこりは乳腺腫なので切除かな?
    体の様子を見て2週間後に手術ってことになったが、よく食べるので大丈夫でしょう。
    右目はFVRになって落ちたんだろうけど、大人猫になってからは目が落ちるってことは余りないので、多分子猫のときに無くなったのでは?とのこと。
    ん???、じゃあ今まで開放のままでいたってこと?
    よくもまあ感染症にかからなかったこと!、と運のよさに感心しましたさ!
    でも目はこのまま開放しておこうということになった、下手に縫い合わせて化膿しても怖いしということで。

    家に帰ってからも忙しい・・・まずは体についたシラミをその辺に落とされては困るので、体とケージの中は洋服についた毛を取る粘着テープのコロコロでお掃除。
    猫はこのコロコロのローラーで体をマッサージしてもらうのが好きらしく、案外喜んでじっとしている。
    最初の頃には沢山シラミ?ウンチ?卵?みたいのがくっついてたけど、何回もしているとあまりつかなくなった。
    毛を刈ってるのでよく取れたみたい(笑)
    毛を刈ったあとにフロントラインスプレーを全身にかけてもらい、レボリューションをしているので今のシラミは取れると思う。
    しかしノミと一緒で卵が孵るとやばい!!、だからコロコロで撲滅作戦(笑)
    長い時間すると怒られるからね、一日に何回もケージをのぞいてはコロコロと体のマッサージをしておりますですo(^▽^)o キャハハハ
    しかし何だって最近はこんな子によく出会うんだろう?・・・

    で、もう1件の出会いが・・・
    8月の初め頃から、近くの川の中に八われの子がいるようになった。
    とにかく大声で鳴く子で、呼べば近寄ってくるのに私が動けば飛んで逃げる。
    捨てられたのか脱走したのか・・・とにかく人馴れはしているよう。
    公共施設の横の餌場があるのを見つけたらしく、その近辺に居ついたのかな?
    でもそこには色んな子が来るし、川を挟んだ反対側ではキジトラと八われの兄弟に餌をやっているので、中々川の中からあがってこれない。
    この時期大雨が降ると流されると気が気じゃなかったけど、やはり人馴れしているので結構早くに出てきてくれてほっとした。

    しかしここで問題が・・・その子はとにかく大声で鳴く、そして多少外の生活に慣れたのか、私を見つけると元が人馴れしているので飛んでくるようになった。
    昨年から近隣では、犬や猫の飼い方が悪いということで動物嫌いの人たちのクレームが酷く、あちこちに看板がいっぱい立っている。
    そんな環境悪化の中で大声で鳴かれたら・・・動物好きの人がまた餌をやりだして、そして動物嫌いの人から野良猫がいるとクレームがついたら・・・
    今うちでは、そんな大声で鳴り響くような声で鳴く子を置けないし・・・
    などと悶々としていたが、この子をpiyoさんが預かってくれると言ってくれたので、今はお言葉に甘えて預かってもらっている。

    里親募集をしようと去勢に連れて行けば・・・なんとなんと!!、去勢手術の糸がついたままと・・・はぁ~?
    う~ん・・・去勢手術をして捨てるわけないよなぁ・・・piyoさんはとにかく飛び出そうとするので、この子は脱走したのでは?と言ってるけど・・・
    とにかくあちこちに迷子の届けがないかと問い合わせたが、やっぱり猫は余り届けないらしく該当は無い。
    ということで、元々里親募集をするつもりだったから、piyoさんに写真を写してもらって募集を始めた。

          すばるの里親さん募集中

    生後6~7か月の八われの男の子。
    余り猫が好きではないらしく、猫社会のルールも知らないよう・・・なので1匹飼いがいいのでは?とpiyoさんのアドバイスだ。
    何でもよく食べる元気な子なんだけど、少々KYなところがあるのが玉にきず・・・(爆)

    つばさもまだ募集中、さすがに夏は決まりにくいね。

          つばさの里親さん募集中

    つばさは遊ぶときは子猫らしく走り回るが、性格は花丸のとてもいい子♪
    餌やりから帰ってきたらモモやなっちゃんが「ミルクくれ~」とやってくるのだけど、みんなが我先にとミルクを飲みに来ても、つばさはじっと後ろで座って待っている。
    飲み終わって誰もいなくなったらつばさは飲みにいく、ちゃんと猫社会の序列を心得ているもよう(笑)
    寝るときも腕枕で寝るしで、甘えたさんが好きな人にはもってこいです(笑)

    すばるも甘えん坊さん、つばさも甘えん坊さん。
    どちらも早く自分だけを可愛がってくれる里親さんに巡り合えるといいね!

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。