2012年10月 の記事一覧

    すばるのお届け

    10月には入っても暑い日が続いている。
    「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていたのは、遥か昔のことなのか・・・
    異常気象もここまでくると、なにやら諦めの心境になるもんですわ。
    まあね、外の子にとっては寒いより暑いほうがまだましかも?なので、人間は我慢しましょうかね・・・

    脱走したのか捨てられたのか・・・去勢手術の糸がついたままで保護したすばるのお届けを、1日の日にしてきた。
    大きな声で鳴く子なので、今はうちで保護は無理でどうしようか悩んでいたら、piyoさんが預かってくれると言ってくれたのでお言葉に甘え預かってもらっていた。
    すばるは他の子がいると大声で鳴いて威嚇?防戦?するらしい。
    1匹だけで大きくなったのか、それとも喧嘩太郎なのか、それとも弱虫なので怖くて鳴くのか・・・
    piyoさんは特定の子が傍にきたら鳴くと言っていたので、気の合わない子や苦手な子が来たら先に文句を言うらしい。
    生後半年も過ぎているので大人猫と大きさは変わらないが、中身はまだまだ世間知らずのガキのようですなぁ(爆)

    すばるの里親さんは7歳と5歳の男の子のお母さんだが、まだアラサーなのでとてもお若い!!(羨ましい!(爆))
    同じ市内の区違いだったのでお届けは平日の夜にしていただいたが・・・同じ市内だと近いね~
    7歳の長男君は1年生で、30日の日曜日に運動会だったけど台風で中止になり、お届けの翌日に変更になったそうだ。
    なので、早く寝るようにとお風呂も入りパジャマに着替え・・・そんな日にお届けですみませぬ・・・m(_ _)mゴメン
    キャリーから出すとおチビさんたち大興奮!、って当たり前か~(笑)
    でも肝心のすばるは、とっととベッドの下に避難したのでありました←普通の猫みたいでびっくり!(爆)

    ベッドの下から引っ張り出して撮影会。

          人は好きらしい(笑)

    左手だけ出演の7歳の長男君です(笑)

          抱っこしてるのは5歳の次男坊君

    抱っこしてるのは次男君、まだちょっと不慣れかな?

          やっぱり女性の方ががいいや←おいおい(笑)

    猫の飼育経験のある里親さんに抱っこされて、ちょっとほっとしているすばるです(笑)
    でも兄弟がかわるがわる抱っこしたけど、抱かれても前足は「うらめしや~」スタイル。
    爪を出したり突っ張ったりはまったくせずだったから、多分大丈夫でしょう。
    piyoさんが「人は好きだけど猫は嫌い」と言ってたので、1匹飼いならすぐに慣れるのでは?と思う。
    体も大きく性格も逞しい子なので、兄弟のよい遊び相手になってくれればいいのだけど・・・

    ・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

    プロフェッサーぽんこ嬢ととらじろう君は同胎の兄妹(姉弟かもしれませぬが(笑))で、誕生日が9月30日だ。
    3歳になったとお便りを下さっている。

    トラちゃんは今日で三才になりました。
    お誕生日のお祝いに名前入りの首輪をプレゼントです。


              おニューの首輪だよ~♪

    見てください、「TORA」とキラキラ文字が~(⌒^⌒)b うふっ

    かわりなく元気にしていますよ。
    相変わらず人間をこき使っています。
    動物のいる生活って、本当に癒されますね。
    おかげで私も元気になりました。


    闘病生活を送られている里親さんは、とら君のおかげで癒されると言っておられる。
    薬の副作用が辛かったときも、先住犬のちょびちゃんととら君がいてくれるお陰で乗り越えられたとか・・・
    動物は人の辛さや悲しさを分かってくれるというので、きっとちょびちゃんもとら君も闘病の辛さを共感してくれたのかも?
    一日も早く元の健康な生活に戻られますように・・・

    ・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

    ぽんこ嬢はこんなワイルドな生活をしているそうだ。

    ぽんこは3歳になり、みんなからは大きい、大きいとびっくりされています。
    頭が小さく肩幅も狭いためスマートなのですが、体重は5キロを前後しておりま
    す。
    田舎家に帰宅したときには、家の前の原っぱを自由に走りまわり、カナヘビや小鳥を無邪気?に追いかけております。
    本当にサビ猫は賢く(←pepeさんの受け売りですが)、呼べばすぐにログハウスの中まで戻ってきます。


    ★ 教授が送ってきてくださった写真が余りにも綺麗なので、そのまま掲載しますからクリックして拡大してご覧下さいませ~

            本日の獲物はどこに?ヾ(- -;)コラコラ       ちょっと疲れたぞ・・・って?(笑)

            ちょ、ちょっと怖いかも・・・(^^;;;      夏の花の中で・・・何してんだ?(爆)

    広いお庭を縦横無尽に走り回れるなんて・・・なんと羨ましいことか!です。

    外遊びが過ぎたときは、ぽんこを家のなかに入れて、私はガーデニングをしているのですが、その間外に出たそうに家の中から私のほうをずっとみています。
    しかし突如どこかに消え、諦めて寝に行ったのかなと思っていると、トントントンと階段を降りてきて、大事なねずみを私の前で‘ぽとん’と転がします。
    どうやら、「私の大事なねずみ、一時貸してあげるから、外に出して」ということみたいです。
    上手に取引します。


            my best friend ♪      頭が重いのはなぜ?(^m^ )クスッ

            みんな私のお友達・・・ってか?(笑)      my チューチューコレクション; ̄□ ̄)

    教授はただいまこんなことを特訓中だそうで・・・(笑)

    昨年から言葉を教えようと試み「ニャ~」と返事をさせようとしていたのですが、いつの間にやら教えてもいないのに、「イーャ~(ヤメテ)」という言語獲得をしました。
    ぽんこが猫ベッドでまったりしているときに、必要以上にさわったり、ちょっかいをだすと低い声で「イーャ~(イヤ、ヤメテー)」と鳴き、文句までいいます。


    人の言語に対する猫の理解力についてを、いつか学会で発表してくださいませ~(爆)
    とてもぽんこ嬢を可愛がってくださっている教授です(⌒⌒)v

    ・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

    当初は中々馴れなくて気を揉んだもみたん、今じゃ・・・(笑)

    春に無事に避妊手術を終え、身体も随分大きくなりました。おてんばぶりも相変わらず。
    マロンにいつもちょっかいを出しては、マロンに怒られています(笑)


    避妊手術後は特に食欲が急に増し、常にはらべこニャンコに変わりました。
    夏場は、朝明るくなるのが早いこともあり、朝の4時半くらいから毎日、”えさくれ~”のニャんニャん大合唱!でした。
    休みの日も関係なく(動物にとってはもちろんですが)、マロンともみちゃんに朝早~くに起される毎日でした~。
    最近は少しましになってきたので、ホットしています!


    そうなんです、避妊手術後は食欲も増し・・・ふくよかになるようです。
    寝る子はもっと育つかも?(爆)

          眠いときはぐっすり寝る!!(爆)

    娘ともみちゃんの仲ですが、やっとやっと仲良くなれてきました。
    もみちゃんが娘に慣れるまで半年くらいかかりました。
    娘が朝ごはんを食べている時は、もみちゃんは娘の目の前に座り、そらの朝ごはんをうらやましそ~に毎朝眺めています。
    もちろん、もみちゃんは眺めているだけですが、これが今では毎朝の光景になりました。


          みんな仲良しヾ(^^  ) ワーイ

    用心深いもみたんなので中々お嬢ちゃんに慣れなかったけど、今じゃとっても仲良しさんになったそうで・・・ううっ、よかったよぉ~~~!!

    以前ほど、もみちゃんは私にぴったりくっつきまわることはなくなりましたが、外出先から帰宅した後は、相変わらず私の後をず~とついてまわります。
    トイレの中まで付いてくる始末・・・。
    でも、旦那曰く、ただ単純にごはんが欲しいからや!と言いますが、私は、もみちゃんは私に甘えているんや!と勝手に思っています。


              時々物思いにふける・・・本当か~?( ̄w ̄) ぷっ

    超がつく甘えん坊さんのもみたん、今も変わらず「お母さん命」のもよう(笑)
    でも抱っこにおんぶと忙しかったのに、今は自分で歩くだけまし・・・って?・・・ち、違う~!(爆)

    と、こんな感じで毎日楽しく、笑いに満ち溢れた生活を送っています!
    もみちゃんとの出会いに感謝!もちろん、先代のミルクにも感謝!猫のかわいさを教えてくれました。

    でも、今になり、最近よく先代ミルクのことを思い出すんです・・・。もっと早くに病院に連れていってあげれば・・・なんて思い、悲しくなることも正直あります。
    線香をあげ、写真に話しかけ、ミルクを思い出さない日はありません。
    そして、ハイテンションに走り回ってるもみちゃんにミルクの写真を倒され......。。
    でも、そこでまた笑顔になるんです。
    もみちゃんやマロンが家族みんなの癒しです。


    人と人とも、人と動物とも、何かを教えてくれるために出会いがあるのです。
    それが何か・・・探して探して・・・それが人生かもしれませんね。
    人と人とも、人と動物とも、よき出会いであることは宝物かもしれません。
    いつもどんな出会いでも、それが人にも動物にも宝物でありますように・・・

    トム君絶不調・・・

    穏やかで優しい性格のトム君、ただいま大変調子が悪くて療養中・・・
    13日の土曜日の日、いつものようにウエットをやるのに用意をしていたら、トムはいつものように足元に座っていた。
    そしていつものように、器を並べているとついてきた。
    しかし、いつものように食べない・・・あれ?、今日のウエットはトムの嫌いなのばかり?
    毎晩日替わりでウエットを4品盛り合わせて入れているので、嫌いなのは残すんだけどなぁ・・・
    でもまあいいか、そう思ってスープをお皿に入れてやったら、それは少し飲んだ。
    食べたり食べなかったりはどの子でもあること、トムは今は食欲ないのかな?なんて思っていた。

    13日の日はそう思ったが、14日の夜になるともう食べようとしないし、何種類かのスープを開けてやっても横を向いてしまう。
    これはやはり体の調子が悪いんだわ・・・慌てて翌日病院へ連れて行き、血液検査をすると・・・
    ALT(GPT)が145・AST(GOT)が78、T-Billが2.8・・・え??
    BUNは10でCreは1.5だから腎臓は異常ない、これは肝臓じゃないの!
    しかし今までほとんど症状は無かったけど?
    食欲がなくなってはじめて気づいたなんて・・・

    肝臓は「沈黙の臓器」と言われているが、目に見える形で症状が出てきたときはかなり進行しているだろうと思う。
    トムは12歳、10歳を過ぎると異常は無くても1年に1回は検査をしているのに、やはり1年に1回では病気を見つけるのは無理かもしれんね・・・
    トムは人間の厄年のような年齢、なのでやはり体調の異常が出てくるんだろう・・・

    少し微熱程度に熱が出ていたが、コンベニアを打ったらすぐに下がった。
    元々鼻気管炎の軽い後遺症を持っているのだけど、いつもより鼻がブヒブヒいっていたから風邪気味だったのかもしれない。
    でもね、それだけ肝臓の状態が酷くなっていたならもっと他に症状が出てたと思うが、前日の12日もいつもと同じくニャーニャー鳴いてウエットを欲しがっていた。
    なのに、何だっていきなりそんなに酷くなったんだろう・・・

    食べないのでa/d缶の強制給仕をしたが、嫌がって嫌がってちっとも食べようとしない。
    人間も肝臓が悪くなると食欲が無くなり、体もなんともいえずだるくて動けないといわれるので、多分猫も同じなのだろう。
    しかしそんなことは言っておれない、食べないことには益々体力が無くなる!
    そんな話をみゃ~大工さんにしたら、鼻腔チューブ(鼻カテーテル)を入れて強制給餌をしないと死んじゃうよと言われた。
    え!それは大変だ~、と20日の日に病院で鼻腔チューブを入れてもらった。
    みゃ~大工さんにはチューブは細いのでa/d缶は無理、シリンジで入れるのは液状でないとダメだということで、クリニケアかリーナルケアがいいとも教えてもらった。
    名前は聞いて知っていたけど使うのは初めて、かなりの高カロリー食だから量的にも強制給仕が楽かも?

    クリニケアは犬猫兼用だが、リーナルケアは腎臓病などの猫用の高カロリー食なので、とりあえずリーナルケアにした。
    いざ鼻カテーテルで強制給餌をしだすと・・・なるほど、液状をシリンジで入れるだけなので、これは人も猫もかなり楽だ。
    でもそれには条件がある、暴れないおとなしい子でないと抜いてしまって無理だ!
    それに家庭内野良の子には後々給餌できない・・・
    衰弱して動けない子にはこの強制給仕の方法はかなり効果が出るのでは?、なんて思うけどね。

    食欲が無いのに食べ物を胃に入れると気持ちが悪いらしく、最初の頃は入れては吐かれの繰り返し。
    それでもめげずに6~7時間ごとに強制給仕をしていった。
    少しずつでも残れば吸収され、体力も徐々についてくるだろう。
    当初は2~3時間後に吐いてもほとんど消化されていなかったが、3日4日と経つと吐瀉物の中に豆腐状に固まった物が混じるようになった。
    そして吐く回数も徐々に減っているが、トイレに連れて行ったりして動かすとその後吐く。
    おしっこもかなり黄色いが、最初の頃のような何ともいえない濃い黄色ではなくなってきている。
    強肝剤やビタミン剤の入った輸液と高カロリー食の強制給餌とで、徐々にではあるが改善され体力はついてきているようだ。

    今トムは、押入れの上段に押入れ棚を2段入れた上で療養している。
    低反発の大型犬用のマットで寝ているが、そこが好きでいつも寝ていた場所だ。
    私は見える位置に寝て、いつも気をつけれるからちょうどいい。
    昨夜は3時半頃に強制給仕をした、そして寝たのが5時ごろなのになぜか6時過ぎに目が覚めた。
    トムを見るとこちら側の端っこで何やらおかしなことをしてる・・・うわっ吐き出した~←気にして寝ていると、ちょっとした気配の異常にも気づくのかな?
    慌てて行ったらパジャマの袖にゲボッて・・・まあ洗えるからいいけどね・・・__(_ _;) ウゥ
    カラーの中にも吐いたのではずしたら、とっとと歩いてみんなのる部屋に行きましたが?
    いきなり動きが普通になる?

    押入れからは降りてこれないので、マットの上でおしっこをするときがある。
    毛布の下にはペットシーツを敷いているが、なんとも上手くシーツの間におしっこをしてくれまして(涙)
    大きな低反発のマットは2つあり交代で洗っているけど、今は真夏じゃないから乾くのに2日かかるんだよ~・・・などとブツブツ言いながら干しているが、それもトムが元気になってきているからいえることだよね。
    自分でみんなの所に行きホカペの上に置いている座布団に座っていた、でもあちこち歩いたので気分が悪かったのかまた吐いた。
    しかし吐いたのは黄色い胃液を少しだけ、先に吐いた量からみたら強制給仕をした分は6割がた消化しているようだ。
    何とか消化吸収しているようなのでちょっと安心かな?
    でも動くとまだ気分が悪いらしく吐く、そしてやはり一人になりたいらしく押入れの下に行き見上げていた。
    「おいおい、ここじゃないよ」といつもの場所に連れて行ったら、後ろ足で蹴ってマットの上に飛び乗った・・・かなり体力的には快復してきたみたい、よかった!

    今もまだ症状は不安定だし、肝臓そのものの状態もどうなっているのか分からない。
    週が明けるとカテーテルを入れて2週間経つので再度血液検査をしてみようと思う。
    多分長い闘病生活になると思うけど、今は少しずつ元気になってるように見えるのが嬉しい。
    病室から(笑)出てきてバリバリと爪とぎをするし、みんなのいる部屋の押入れの上段に飛び乗ろうとするしで、少し体が動き出したかな?
    ゆっくりでいいから元のように動けるようになろうね。

    ゆずたんが絶好調!(笑)

    以前も、エアコンの上でのドヤ顔を見て頂きましたが、

          いつもの探検コース・・・

    同じく、エアコンの上に登り、満足して? 引き返すゆずたんです。笑

          ふっ、軽~くクリア( ̄^ ̄)v

    一応、ここは父の事務所のデスクなのですが、見て下さいな~ なんか文句ある?的な顔でしょ?
    デスクマットがひんやりして気持ち良いのか、ひとしきり走り回って遊んでは、いつもこんな感じ。笑


          ここは涼しくていい~・・・のだそうです(爆)

    母の足元に寄り添い、気持ちよさげなゆずたんですZZZ

          おばあちゃんの足はあったかいね♪

    保護部屋の猫さんの画像も2枚送りますね~
    見てやってください♪


          涼しくなると窓辺は人気スポット!

    画像のフローリングマットも頂いたので、カットして2部屋に敷きました。
    夏は気持ち良くて、皆、喜んでごろごろ転がっていました♪
    お掃除も楽でしたし~
    でも、冬がくるからそろそろお片付けしないとですね。


    この子達のために家を借りてくださっているのだ。
    もうこの子達は寒い冬も暑い夏も家の中におれる・・・危険と隣り合わせの外の子達、みんなおうちにいれてやりたいね・・・

          エンジンを組んで検索中なり~(爆)

    などなど、いつも「超」甘やかしてもらっているゆずたん♪と保護っ子たちです。
    でもね、ナイスバディに益々磨きがかかり・・・それ以上横に広がらないことを祈ってまする~(爆)