2013年03月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    マメ永眠

    なんとも永らくブログを放置しておりまして・・・すみません。
    私事ですがバタバタしており、そして日増しにブログを書くのが面倒になりと・・・
    人間の順応性の高さには感心しています←順応性違いぢゃっ!(^^;;;

    1996年5月に、婿殿が「落ちとったぁ~」と言ってつれてきたのがマメだった。
    まだ生後2週間くらいで、ミルクを飲むたびに両耳がぴくぴくと動いて可愛いらしかったっけ。
    当時は携帯の写真しか写していないので、かなりサイズが小さいけど。
    1歳半年長のプーさんと(まだ元気はつらつな頃のプーさんだけど(笑))

          1996年5月、来て間もない頃にプーさんと  1996年5月、少し大きくなったね

    こんなに小さい子は久しぶりなので、名前は小さくて可愛いと「豆太郎」になったのだが・・・誰も豆太郎とは呼ばないので、本名で呼んでも知らん顔(爆)
    でもすぐに大きくなるのが子猫、1ヶ月も経てばこんなに大きくなっちゃう。

          1ヶ月を過ぎるとこんなに大きくなった

    キジ白の子は総じておとなしい子が多いが、マメもご他聞にもれずでおとなしい子だった。
    というか、臆病すぎるくらいだったのでいじめの対象になってた←この辺は人間社会と同じ←困ったもんですなぁ!!
    2001年5月、5歳になったマメ。

          2001年5月、5歳になったマメ


    しかし不思議なもので、強烈な個性で周りを席巻していたゴマが唯一側にいても起こらなかったのがマメ。
    トムなどゴマに一声威嚇されただけでカチカチに固まっていたのに、一緒にくっついてもゴマが怒らなかったのはマメだけだった。
    2001年に次女が転勤で帰ってきて、あと何年ゴマが生きているか分からないので一緒に暮らしたいとゴマを連れて行った。
    次女の背後霊猫のゴマは、次女がいなくなってからは活気がなくなり、そのうちにケージに引篭もってしまっていたのだ。
    その時に、うちにいると苛められるのでマメも一緒にと連れて行ってくれたのだが、やはりビンゴ!のようで行ってから1キロも太った(笑)
    2001年の年末近く、次女の家にゴマと一緒に行った頃のマメ。

           ゴマとマメは仲良し♪
        
    その後来たクーロンやヒーさんやあいちやんとも仲良くしてくれ、穏やかな性格のマメはどの子にもよくなつかれた。
    2013年になってから風邪のような症状で体調を崩し、大好きな居場所の洗面所のお風呂の入り口でじっとして動かなくなっていた。
    病院で注射を打ってもよくならず、食欲も無かったので輸液と強制給仕とで何とか維持していたのだが・・・
    今年の5月で17歳、やはり年齢には勝てなかったのだろう。
    ゆっくりと体力が落ちていき、強制給仕も嫌がって食べなくなった。
    これといった病気の原因もなかったので、多分老齢なので風邪を引いたことが老衰を呼んだのかもしれない。
    苦しむこともなく、痛がることもなく、ゆっくりと穏やかに体力が消耗していったようだ。
    今思うと、マメのためにはこれでよかったのかもしれないね・・・

          お花に囲まれて・・・

    マメは不思議な特技を持った子だった。
    お水はフレッシュウオーターが好きで、入れ替えて時間が経っているお水は大変ご不満だったらしい。
    しかしマメはおとなしいので控えめな抗議行動として、容器に右前足を入れて水につけ、その前足を舐めながらこちらを向く・・・というのをやtってくれていた。
    たまたま来ていた甥がそれを見て、「おばちゃんちの猫は行儀がええなぁ~」と感心していた(笑)
    「ん?違う違う、あのポーズはお水が古いから入れ替えてくれっていう抗議行動なんだわ」というと、猫にも知性があるんだとびっくりしていたもんだ(* ̄m ̄) ププッ

    そしてマメはソーメンが大好きで、食べていたら器のふちにくっつかんばかりに鼻を寄せてきて、「くれ~!」とアピールをしていた。
    塩分の強いソーメンなので、気持ちだけ1本を食べさせてやるのだが・・・また美味しそうに食べるんだよね、たった1本のソーメンなのに(笑)
    またヨーグルトも好きで、食べているとどこからともなく現れる。
    でもプレーンのヨーグルトは嫌いで、フルーツ味でないと食べない。
    けっこうグルメなのかも?(爆)
    おとなしくて自己アピールすることの少ないマメだったのに、お水とソーメンとヨーグルトには果敢にくれくれコールをしていた。
    これからはソーメンを食べるたびに、フルーツ味のヨーグルトを食べるたびにマメを思い出すんだろうね・・・

    長い間人と暮らしてくれてありがとうね、マメ。
    これからは同じ仲間たちと自由に暮らせる、今ごろは仲良しのゴマと、お花がいっぱいのお花畑を走り回っているかな?
    沢山の仲間と一緒に、これからの新しい生を楽しんでね♪

         ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡

    プロフェッサーぽんこ嬢の写真を頂いていた。
    カレンダーの写真掲載が遅くなってすみません!!m(_ _)m

    いつものように教授の写真がとても綺麗なので、オリジナルをサムネイルで掲載しますね。

          広いお庭でのびのびと・・・いいなぁ~(爆)  ぽんこ嬢って・・・美人だ!(爆)  ログハウスがおうちなんて、素敵♪

    ぽんこは淋しがり屋のほうではありますが、触られるの は小さい頃からあまり好きではありません。抱かれるのはもっと嫌なようでストレスを溜め込みながら仕方なしに耐えながら抱かれて います。
    それでも私が仕事をしているときには自ら傍らへやってきてはじっと香箱を組 んでいるのですが、触りすぎるとストレスを溜め込みだします。最初はしっぽを左右に振っているのですが、やがて体全身から静電気を発し逆襲です。


    あ・・・いるんですね、そんな子が・・・
    うちのプーさんのように超がつく甘えん坊さんでも、とにかく抱かれるのだけは大嫌い!
    抱っこ嫌い暦18年のプーさんがいるんですから、まだまだぽんこ嬢は抱っこできる望みがあるかも?(爆)

    それでも(ぽんこにとって)割に合わないときには、手をかぶりにくるか、時 には抱っこして降ろしたあと、腕に向かって飛びかかってくることもあります。そのため、手に生傷が絶えないこともあります… (泣)。学生に対しても、近くまでやってきてPCのプリンタやスキャナの 上から、その仕事ぶりをじっと監視しています。みんな、香箱座りをしている姿に魅せられ撫でては、もれなく噛まれた経験があるよ うです。しかしながら、気の向いたときは現場監督も務める賢児ぶりです(買い被りすぎ?)。

    あとは隠れんぼが大好きで、研究所の教室の机や椅子の蔭に隠れてはよく待ち 伏せをしています。人が近づいていくと急に飛び出してきては、前足で人の足につかまりびっくり驚かせます。最近のぽんこの大好き な遊びのようです。


    あ・・・手や足の傷を見せて自慢し合っている学生さん・・・なわけないか?(爆)
    狙いを定めてハンターになっているぽんこ嬢、そんな時はこんな表情をしているかも?(笑)

          時にはハンターのように・・・(爆)

    ご機嫌なときは真夜中大運動会(月一で開催中)でしっぽをそれこそ狸になる まで太らせ一人でバタバタ、パッカパッカ走ったり飛び跳ねたりしています。そのため、無垢材の木の床がぽんこのツメ痕で傷だらけ です。朝起きてみると、カーペットがめくれあがったり、ずれたりしております。

    こんな感じで日々猫らしく自分勝手にやりつつも、まぁたまに文字通り“猫を かぶって”みんなに触らせてあげている、ぽんこの猫ぶりです。研究室では、ぽんこ第一優先が暗黙裡に定着しております。楽しく やっております。


            う~ん・・・やっぱり美人さんですね~

    でもこんな表情を見たら・・・う~ん、なんて美人さんなんでしょう!、とついつい許してしまう・・・(爆)
    快適な環境で、優しい人々と毎日を過ごせるぽんこ嬢。
    羨ましすぎて眩暈がしますね~(爆)

    生きとし生けるものすべてぽんこ嬢のように幸せであってほしいと・・・願ってやみません。

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。