2013年12月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    お世話になりました

    気がつけば・・・2013年が終わろうとしています。
    これはやばいと、慌てて本年最後のブログを書いています(笑)

    さて、年の瀬も押し詰まってからこんなニュースが飛び込んできた。

          動物虐待事案等専用相談電話 「アニマルポリス・ホットライン」

    日本で始めてらしいけど、本当に稼動するのか?
    数年前に、piyoさんの知ってる人が餌やりをしている場所で鋭利な刃物で切られて死んだ子がいたが、その区の警察に餌やりさんが届けに行ったら、その人は門前払いをされたんだよ?
    piyoさんにどうしたらいいと聞かれたので、県警に言えばと言った。
    しかし、その時は県警はその区の警察に連絡を入れただけのようで、同じ区の私はその後バイクで回っていた若い警官に餌やりのことをとやかく言われたけど?
    と言うことは?、その注意された区の警察署は全く分かっていないのだろう。
    逆にその署ではそんなことは起こしてはいけない、だから猫の関わっているものには注意しろと激を飛ばしたのか?
    そんな状態でこの事案が成功するのか?←激しく疑問!!!

    でもまあ、何もしないでは何も始まらない。
    こういう企画を立ち上げただけでもましか・・・以後の活躍(笑)をしばらく静観かな?
    役立とうと立とうまいと、動物愛護に関しては少しの前進かなぁ・・・

    昨年鼻カテーテルを入れてやっと生き延びたトム・・・でも、大病のあとには後遺症が残るのは猫も同じらしい。
    口内炎が出て食べられなくなって、上から見たらお腹がくびれていた(私にはある意味羨ましいけど(爆))
    何度かデポメを打ってもらったが、その時はやはり食べれていた。
    その後は、これはいけませんとジスロを飲ませたが余り効果が無くて、他の抗生剤でも効き目は薄かった。
    しからばステロイドか?ってことで、2週間ほどプレドニゾロンを毎日飲ませた。
    う~ん、やはりトムはステロイドのほうが効果があるようだ。

          トムは太ってきた

    お陰で食べれるようになったので、お腹もふっくら(笑)
    昨年病気をしてからトムの顔が変わっていたが、太ったお陰か顔立ちが元に戻っている。
    長女が昨年末に来た時に、「トムの顔が変わった!」と同じことを思ったよう。
    人もそうだが、やはり猫も病気をしたり痩せたりしたら顔立ちが変わるようだね。
    しばらく毎日与えていたストロイドも、様子を見ながら少ずつ時間の間隔を開けて徐々に減らしていった。

    そのうちに飲ませなくても平気になっていたが・・・12月の中旬くらいから、またギャッと言い出した・・・
    なんとも手ごわい口内炎、ステロイドの復活だね・・・

    11月に19歳になったプーさんも、いきなり「お口痛い」になって食べれなくなった。
    動物の年齢を人間に換算すると、19歳というのは100歳に近いらしい。
    年齢換算表で見るよりも実際はもっと加算するほうがいいし、オスの場合はメスよりも年齢加算は大きいとか。
    この年齢で食べれなくなると即命にかかわる。
    かと言って強制給餌をすると、それでなくても食べる量が減っているのに益々食べるのがイヤになってしまう。

          プーさん・・・ちょっと気になる・・・

    さてどうするか・・・片っ端からウエットを開け、とにかく食べれるものを探すしかない。
    幸いカロリーエースは飲んでくれたので、密閉容器に入れて欲しそうにするたびに開けてやる。
    お水の代わりらしく少しずつ飲むので、これはちょっとましかな?
    しかし食べることには気難しいプーさん、これっていうヒットするようなウエットが無い!

    スープは飲みやすいので飲むが、幾ら柔らかくても固形のものは歯や歯茎について痛いのか、口を前足でかいて嫌がる。
    プーさんのような月齢の子は、今のように豊富なフードの中で大きくなっていない。
    人の食べ物も食べて大きくなっているので、そのせいでか人間の食べ物を欲しがる。
    魚を焼こうものなら側に来てスタンバイ、食べようとするとパシッと手が出てくるので危ない・・・なので、私は焼き魚を食べるときは立ち食いです!(爆)

    そんなプーさんのために魚を買ってこようと思っていたら、Qママさんのご主人が鯛を釣ってきたと送ってきて下さった。
    びっくりするような大きな鯛、いや~魚をさばきだしたらプーさんが側に来て動かない、猫の嗅覚の鋭さにびっくり!!
    さばきながら切り身を小さくしてやるとものすごい食いつき!!
    でも、生身はくっつくので食べにくいらしい・・・いきがよくて美味しいのに・・・いえね、私はさばきながらお刺身でいただきましたけど(笑)
    さっとゆがいてやると、プーさん待ってましたとばかりに必死でお召し上がり。
    やっぱりフードよりいいんだ・・・って、プーさん贅沢すぎませんか?(爆)
    目も白くなってきたし、歩くのもよちよちになっている。
    少しずつでいいからしっかり食べて、もっともっと長生きしてね!

          目も白くなったし・・・

    湯がいた切り身を1回分ずつラップで包みプーさん用に冷凍、これでしばらくプーさん御用達は賄えるかも?(笑)
    Qママさん、あんな大きな鯛を2匹も送ってくださってありがとうございます。
    お陰でプーさんも私も大満足、早くもお正月気分?(爆)

    サラダ君の近況が届いている。

             なんだか凛々しく見える・・・様な気がする(爆)

    今年はサラダに出会えた思い出に残る年になりました。
    サラダは、去勢手術も終わり、すくすく育っています。


    こちらこそありがとうございました。
    大きな駐車場で大きな声で鳴いて、必死で「助けて~!」と人のあとを付いてまわっていたサラダ君。
    その必死さが無ければサラダ君の今はいないですね。
    甘えん坊で人間が大好きな子だからこそ、今こうやって幸せに暮らしていられるのです。
    そんなサラダ君の里親さんになっていただき、とても感謝しております。

    相変わらず甘えたの気まぐれ坊やで、ひまわりお兄ちゃんのご飯を横取りしたり、おもちゃを横取りしたりしますが、やさしく大人しいひまわりなので怒ることもなく、よしよしと可愛がっています。
    イタズラをしては、ものすごい勢いで逃げていきます。


          優しいひまわり兄ちゃん♪

    ひまわり君がとても可愛がってくれているのがよく分かる写真ですね。
    相性がいいのが嬉しいです~♪

          寝るときもくっついてるの(^^;;;

    寝てるときもお兄ちゃんを放さないんですか?(笑)

             鳥さんがいるのかな?

    毎朝五時になると、寝ているパパの上にダイブしてエサを催促します。
    可愛い仕草と鳴き声で、家族全員癒されています。
    我が家の末っ子は、ずっとアイドル状態です。
    来年も、みんなで楽しく過ごしたいと思います。


    末っ子でみんなに思いっきり甘やかされて・・・幸せすぎるサラダ君です(笑)
    幸せであること、手に入りにくいものであればなおさら、そのありがたさがシミジミと分かります。
    いつまでも続いて欲しい幸せです、ありがとうございます!

    早いようでも色々とある1年、そして今日はその1年の切り替わりの日ですね。
    特に天変地異が頻発し、しかも世界の世相が変わった2013年でした。
    激動の中を生きるのは辛いことです、来る年の2014年が皆様にとって幸多き年でありますように、そして人と動物たちの共生が出来る年になりますようにと祈っております。

    今年1年お世話になりましてありがとうございました。

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。