2014年05月 の記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    食べることが怖いトム

    いつの間にか5月・・・道を歩いても各家の庭先にバラ、公園にもバラ、5月のバラは本当にキレイだ♪
    市の花はアジサイなのに、街中はバラの花がいっぱい!
    アジサイにするかバラにするか最後まで接戦を演じた花たちだが、六甲山の青いアジサイが勝って市の花になった。
    でも、街中のアジサイは土壌が酸性ではないのでピンクの花が多い。
    そう、市の花として絵に描かれているアジサイを見ようと思うと、六甲山に行かないとあの澄んだ青いアジサイの花は見られないのだ。
    しかし市の花に選出されるだけあって、六甲山には本当に沢山のアジサイが咲いている。
    この梅雨の鬱陶しい時期に咲くアジサイの花を見ると、雨に当たる風情がアジサイらしくて一番キレイ!、と思えるから不思議(笑)

    先日からネットをにぎわしている幼児を襲う犬を体当たりで撃退した猫の話だが、この犬は施設に収容されたという話までは知っていたが、薬殺されるということになったらしい。
    しかし、この犬も実際は人間の犠牲なんだろうね。
    子犬の時からしっかりとしつけをし、愛情を持って接していたら、こんな凶暴性のある犬にはならなかったのでは?という疑問が残る。
    子供の足を咥えて引きずる様子を見たら確かに強暴だと思うが、こういうことをするようになるまでのプロセスはどうなんだろう?
    薬殺という結果を知ってから、また人間サイドの物事の見方だと思った次第で・・・

    トムは口内炎が酷く、ご飯を食べるのもおっかなびっくりだ。
    目の前に器を置くと飛んで逃げる、「あの入れ物が痛い目に合わせたんだ」と思っているらしい。
    食べるときに痛い目にあうと、目の前にある器が痛い目にあわせたと思うようだ。
    外の口内炎の子も、いつも入れている容器を見ると飛んで逃げる・・・やはり「あの入れ物が痛い目に合わせたんだ」らしい。
    だから薬を飲ませて効いてくるまで、外の子の容器を毎日替えないと逃げていってしまう。
    トムも同じで、今はお腹がすいていることよりも容器が怖いほうが大きいらしい。
    というか、この状態をもう永らく続けていて、トムのお腹はいつも上から見たらぺちゃんこ・・・

    トムが痩せてきた・・・

    お腹がすきすぎると飢餓を忘れて、ますます食べなくなってしまう。
    そうなる前に「お腹がすいた」を思い出させるために、a/d缶の強制給餌をしている。
    多いときは1缶全部を食べさせているが、病気による食欲減退ではないので、まあ食べること!(笑)
    そしてある程度の満腹感を感じるので、それが消化されるとやっと「お腹がすいた」を思い出すらしい。
    その後は何とか食べるのだが、皆が食べるときに目のまえに器を置いてやっても、そのときは食べないで慌てて逃げてしまう。
    そして皆が食べて残ったものを食べに行くのだが、その日によって残っている量が多かったり少なかったりする。
    残っているのが多い時はある程度食べれるので満足しているが、少ない時はあちこちの器を覗きに行き、「無い!無い!」とばかりにウロウロしている。
    あのなぁ・・・出したときに食べればいっぱいあるのに、食べた後やからそりゃ無いわ!←とトムにブツブツ文句言ってます(爆)

    だからトムが好きな猫缶を開けて、顔を突っ込んでいる器に入れてやるのだが、それを遠くからじっと見ている奴らがいる!
    器に入れてやると同時にわらわらと・・・ああっ!トムが逃げた!
    こらぁ~もう食べたやろ、これはトムのんやぁ~←誰も聞いてくれん(爆)
    そしてまた猫缶を入れてやる、そしてまたわらわらと寄ってくる、そしてトムが逃げる・・・
    毎晩こんなことやってます、これぞまさにイタチゴッコo(^▽^)o キャハハハ

    食べてよ~

    あまりにお腹がすき過ぎると、お腹がすいたを忘れてしまうのは人間も一緒。
    出来るだけ自力で食べる方向に持って行ってやるが、トムのように臆病な子は中々自力で食べれない。
    そんな時は、お腹がすいたを思い出させるために一度強制給餌をし、お腹が膨れた後にくる「お腹がすいた」感を思いださせるようにしないと仕方が無い。
    幸いにも今はまだトムにはこの方法が効果があり、数日間は何とか自力で食べている。
    3月で14歳になったトム、この方法がいつまで続けられるやら・・・トム君、ガンバって食べておくれ~!

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。