2016年04月 の記事一覧

    茶トラはオスとは限らない!(爆)

    昨秋くらいから、私の自転車を置いている駐輪場に食べに来る茶トラ・・・う~ん、オスにしては小さいけど、顔を見たらオスっぽい?
    茶トラはオスのほうが断然多いからね、でも最近メスの比率が上がってきてるような気がするし・・・と思案中だった・・・
    数台横にカバーのかかったバイクを置いてあって、ポールをはさんだ向こう側にも同じようにカバーのかかったバイクがあり、その2台のバイクの間を行き来する茶トラ。
    そして移動する時は地面を這うように動くから、メスで妊娠中かどうかなんて確認出来る以前の問題が~!(爆)

    昨年9月に捕獲するべしだったのが、いつもいるはずなのにその時は待っていなくて、しばらく来るのを待機していたらごくたまに来るオスの黒猫がやってきた。
    セットしてあるので入れば仕方がないと様子を見ていると、20分くらい経ってからやっと御用!
    まあね、用心深いから中々入らないのは仕方がないし・・・などと思いながら見に行くと・・・ううっ!お目当ての茶トラが、捕まっている黒猫が入っているのを見ているしっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
    そしてとっとと逃走!・・・以後はますます隠れるようになり、オスかメスかなんて分かるはずもなく・・・

    しかし時間の経過はありがたい、今年に入ってから徐々に遠くに姿を見せるようになり、3月に入ってからはもう少し近づいてきた。
    え?なんか変?異常すぎるくらいの臆病な子が近づいてくるって?と気になっていたが、なにせ私が動けば飛んで逃げるので確認も出来ず・・・
    そんな毎日だったのに、3月18日にいきなりニャーニャー鳴きながら足元に来た・・・えええ?何事?と見れば・・・お腹が大きいじゃないですか!
    きゃぁ~やっぱりメスだった!
    翌日病院に緊急手術の予約をし、その日の夜に捕獲して翌日20日手術という慌しさ・・・いやいや、もっと早くに捕まえなかった私が悪いんだけど(^^;;;
    でもね、究極の臆病さでビックリ、捕まえてから家につれて帰り様子を見ようとしたら・・・なんと!捕獲器の中で空中回転をして天井を走ってた!
    うわぁ~、こんな子初めて!・・・かなり小柄だから狭い所で空中回転ができたのだろうけど、金網なので爪が引っかかり天井を走れたんだろうけど・・・凄い野性の証明を見て、驚いたなんのって・・・(笑)

    もうかなり大きくなっていたよう、それを聞くと罪悪感を感じるが・・・外の子達のことを長年見てきているので、死ぬ為に生まれるよりいい・・・そう思っても、やはり後ろめたい気持ちは持ってしまう・・・これがTNRの負の部分だ。
    しばらく病院で預かってもらって30日にリリースしたが、その日は沢山貰って食べてるので来ないかも?と言われていたのに、なんと!なんと!リリースして5時間後で食べに来た!
    よく分からん子やなぁ・・・と思わず言っちまったけど、いつもの習慣の確認の為に食べに来た?のかもしれないし(爆)

    餌やりをしている子も捕まえる子もなぜかオスがほとんど、病院でも不思議がられるくらいオスが多いので、私の中では多分「またオス・・・」があったのかもしれない。
    それとカバーのかかったバイクの下にいるので、移動時の瞬間だけしか姿を見れなかったのが、手遅れになりそうだった原因かもしれない。
    そして茶トラだからオスかも?の油断、いかんいかんもっと慎重にならないと!の教訓を残した茶トラ事件、でもやっと気になっていたことが一件落着でほっとしている!(笑)
    その後は・・・また以前のごとく、遠くにいるかカバーのかかったバイクの下にいる、まあそれでいいけどね( ̄w ̄) ぷっ

    2008年の10月に保護した白夜、昨年くらいからみんながいる横にくるようになった。
    とはいっても、隅っこにいさせてねという感じで、いつも端っこや隅っこで小さくなっていたのだ。
    しかしそれに慣れると大胆になり(笑)、こうやってソファーの上で眠れるようになった。
    アンニュイな顔をして・・・ただの寝ぼけまなこかもしれないけど(笑)

           少し大胆になってきたかも?(笑)

    白猫が白いカバーの上にいる、保護色だけど隠れているんじゃないですから(笑)

           やっと人並み?じゃなかった、猫並み?(爆)

    突発性難聴になり耳が聞こえないので、鳴く時は大声で鳴きうるさい!
    でも鳴くことでしか自分をアピールできない白夜だから、それも仕方がないかなと・・・
    この子は外で餌やりをして貰っていた子らしいが、よく生きてたなあと思う。
    誰かに追われて逃げ回り、自分がどこに居るのか分からなくなった・・・そして逃げている最中にフェンスなどに引っかかって大怪我をした、というパターンじゃないかな?
    でもまあ、今じゃ好きな時に好きな場所で好きなだけくつろげるから、白夜にとっては今は安心できる毎日じゃないかな?(笑)

    里親さんが亡くなり、再募集をしたふみちゃんの近況が届いている。
    この子は目も開かないへその緒つきのときに長女が保護した子、それが2001年なのでもう15歳・・・いやぁ~、月日の経つのは早いなぁと実感!

                    あたしの箱よ!ってか?(笑)

    先日、「収納の巣」というネットショップでハンガーを買いまして。
    送られてきた箱には「収納の巣」ってシールが貼られてて
    後で剥がして片付けようと、部屋の隅に立てて置いてたら
    ふみちゃんが自主的に収納されてたんで、写真を送らせていただきます~

    シールの文字を読んで入ったのかと思いました(笑)


    そのようですね、自発的に入ってるようで・・・「私のおうちよ!」ってか?(爆)
    本来の性格が鷹揚で余り気にしないふみちゃん、ミルクを飲むのも「あたしにちょうだい!」とばかりに、一番によじ登ってきていた生活力旺盛なふみちゃん(笑)
    そんなふみちゃんが今は一人っ子で、家族みんなに可愛がってもらえて嬉しいですね~
    ふみちゃんには沢山の不幸な出来事があったけど、今ではこんなに幸せな毎日を送ることが出来ている・・・
    5月の連休中に保護したので、多分4月の末か5月の始めの生まれのはず・・・
    ありがとうございます、ふみちゃんが15歳を向けることが出来て本当に嬉しいです。
    まだまだ15歳、これからも元気でいたずらをしてくれますように・・・(笑)

                     ふみちゃん、いつまでも若々しいね(爆)

    アメ子ちゃんの日常(笑)

    アメ子が家に来て2年が経ちました。
    最初にアメ子が来た時と現在ではかなり違いがあり見たらビックリすると思いますよ(笑)
    家族をみたらおやつのおねだりや遊んでほしいと鳴いたり…今はこたつの机の上(真ん中)が定位置になってます。


           安心して眠れるって・・・素晴らしい!

    最初外で見た時は、私の姿を見て驚いて逃げていったんですよ、後ろを振り向くこともできず・・・
    その子がこんなに安心して眠るようになっている、本当に嬉しい限りです!
    そして、お嬢ちゃん作のアメ子ちゃんの似顔絵・・・子供って素晴らしいですね。
    優しげな風情の絵で、アメ子ちゃんの本質をちゃんと捉えているんですから!

            似てるでしょ?o(^∇^)o

    病気もたまに涙が出るくらいで何もないので安心してください。
    ただ今でも水への執着心は物凄いです。
    少々水が頭にかかろうが動こうとはしないです(^^;
    でも絶対に噛んだり引っ掻いたりしないので、妻も娘も可愛くてしょうがないようです(^-^)

              
            一番アメ子ちゃんらしい写真だ!

    アメ子ちゃんは、性格は文句無し!外見は美人さん、そしていつまでも子猫のような小柄さで手触りは柔らかく気持ちがいい、ほんの少ししか食べないのに健康、それに目の前に何かあっても取って食べようとしない・・・猫の中の一級品の子です(爆)
    でもお水は大好きなよう・・・時々いるんですね、猫なのにお水が大好きな子が。
    ペータンはシャワー状で出るお水が大好きで、ベランダの植木の水遣りをしだすと飛んできていました。
    ホースの先のシャワー状のお水がおもちゃ、必死で取ろうとするんだけど取れない、そのうちに顔や体にお水がかかっても、取ることに必死なので気にならず・・・捕まえて強制収用するまで遊んでたんですよ(笑)
    アメ子ちゃんもお水はおもちゃという認識のよう(*^^*) フフ
    そして箱も・・・後ろにあるおもちゃは、猫が大好きなおもちゃだけど・・・やっぱり箱も大好きなので、ついうこうやって入ってしまう・・・by アメ子(*^ー゜)v
             
            箱を見ると入るのが猫の習性?(笑)

    アメ子が家に来てくれて家族みんなが本当に今でも喜んでいます。ありがとうございました。

    とんでもない!・・・あの深夜に植木の陰に隠れていたアメ子ちゃんを思い出すと、今のこの幸せな姿を見たら涙が出ます。
    どの子も本来はこうあるべき、そう願っているのですが・・・みんなアメ子ちゃんのように幸せになってほしい!
    そんな世界が早く来て欲しいですね、嬉しいお便りをありがとうございました!