2016年08月 の記事一覧

    新人さん

    久しぶりの子猫・・・とは言っても、保護しているのは次女ですが(笑)
    広島の同僚から「子猫を保護した人がいるけど」と連絡があり、里親募集の方向で協力しようということになっていた。
    でも保護した人が猫が苦手らしく、次女が引き取ることになったとか・・・生後3週間ほどの三毛さん、なんとも強烈な模様の子です(爆)
    本当に久しぶりの乳飲み子なので、子猫フェチの次女は大喜びでミルクをやってるし・・・( ̄ー ̄;

                まだミルク飲みさんです・・・可愛い♪
     
    濃い色合いの子だから目がどこにあるのか・・・分からん(爆)

                目の色がキトンブルー

    でも下から見たら可愛いかも?・・・といちお写真写りのいい角度を探してますが・・・( ̄w ̄) ぷっ

                この子は下から見た方が可愛いかも?(爆)

    7月17日に迎えに行き、帰ってから体重を測ると318グラムだったそう。
    まあそれだけあれば無事に育つし、なにより痩せてはいるけど元気なので大丈夫のよう。
    犬の散歩をしていた時に、道の端っこで衰弱していたのを見つけたそうだが、この子は最初から人懐っこいので捨てられたんだろうな・・・って、こんな小さな子を炎天下に捨てると死んじゃうよ!!(怒)
    捨てる方はそれでいいと思ってるんだろうけど、何で生まれないようにしないのかなぁ・・・
    でも人馴れしていても平気で捨てるような奴は、避妊手術代など惜しくて出せないだろうね。
    まったく人間ってやつは!(-"-怒)

    茶トラの遺伝子が強すぎて、「日本古来の三毛猫」である「ベタ三毛」と言われる毛色が消滅しつつあるようだ。
    この子も上半身はベタ三毛だが、背中部分は茶トラ模様のよう・・・う~ん、残念だね・・・
    もう「ベタ三毛保存会」を作らないと純粋三毛はいなくなるかもしれない、それが時の流れなら仕方がないけど・・・
    サビ猫も茶トラ部分が入ってる子が増え、あの3色のサビの子は少なくなっている。
    茶トラ・・・この強すぎる遺伝子やろうめ!ヽ(`⌒´メ)ノ

                ベタ三毛っぽいけど茶トラが入ってる・・・残念!

    次女がフェイスブックの方に掲載したら連絡があったらしいが、小型犬と猫を飼っている人なのだけど・・・爪を抜くらしい。
    それはうちではNG、もちろんお断り!
    動物の爪はストレス解消とマーキングのためにあるのに、その爪を人間の勝手で抜くなんて・・・信じられん!!
    熊が立ち木で爪とぎをするのも、テリトリーや自分の存在のためのマーキング。
    他の動物も同じようなものだけど、木に登ったり喧嘩の時の身を守るためだし、落ちそうになった時も爪で引っ掛けて助かるのに・・・その大事な爪を抜くだなんて・・・あかんやろ!!(怒)

    しかし人間の思いには関係なく、この子は順調に育ってます(笑)
    猫らしくなってよく遊び、人間大好きでくっつきまわり・・・可愛いもんですなぁ~

                保護して間もないのでまだお痩せさんです

    最初からトイレの失敗もなく、誰かが帰ってくるとお迎えに来てくれるとか・・・さすがに三毛さんって賢い!
    でもね、昨日初めて面会に行ったら・・・なぜか背中を三角にして、しっぽをパンパンに膨らませて威嚇された・・・なんでじゃ?
    うむ・・・私は自分の気配が強いのは自覚している、すれ違いざまに小型犬に足首を噛まれたこともあるし、大人猫がおびえていたこともあるし、それに人間様にも怖がられるし(爆)
    この子はかなり賢いようで、気配を敏感に感じるんだろう・・・ふん、ちびのくせに~!と怒ってみるヾ(@^▽^@)ノわはは

    病院でもらったコスプレの服を持って行ったので、さっそく着替えさせたらしい。
    写真を送ってきたけど、この嫌そうな顔!(爆)
    左手を出すことを拒否している、いい根性してるやんか!(笑)
     
                コスプレしたら怒ってる(笑)

    濃い色合いの子なので、ピンクがよく似合う←親ばかだけどね(爆)

                この嫌そうな顔、さすが三毛さんきついかも?(爆)

    健康で賢い三毛さん、さて?どんな子に育つのか・・・先が楽しみ?いや違う・・・先が怖い?(爆)
    で・・・名前聞くの忘れた~o(^▽^)oキャハハハ

    今年13歳になった茶トラの女の子のもくれんちゃんが旅立ったそうだ。
    7月11日になって間もないころ・・・

    10日の深夜午前0時を過ぎたころでした。
    ちょうど友人が遊びにきてて0時になるので帰ろうとしていた時に、別の部屋からうめき声のようなイビキのような声が聞こえ、突然
    「ぎゃっ」って声が響きました。友人と部屋を観に行ったら瞳孔が開いてぐったりしていたもくれんがいました。
    すぐ直前まで私の膝にスリスリしていたので、びっくりを通り越して何がなんだかわかりませんでした。
    深夜だったので病院も行けず知人に聞くのも出来ず、友人とあたふたしました。


    あっという間に旅立ったそうです。
    でも13年という長い年月、とても可愛がってもらって幸せでした。
    こんな本も作ってもらったし・・・

              この時は5歳になる少し前かな?

              茶トラの女の子は活発・・・いやお転婆かな?(爆)

              寝てるときはおとなしい?(笑)

              こんな優しい日々を暮らしていました

    2004年2月6日のお届けの日・・・

              もくれんちゃんはとても美人さんです

              お届けの時はおとなしかった・・・(笑)

    沢山の思い出があると思いますが、もくれんちゃんは幸せでした。
    ずっと一人子で可愛がってもらい、旅立つときも長く苦しむことなく・・・幸せな一生だったと思います。
    1人と1匹の13年という長い年月、本当にありがとうございました!