2017年04月 の記事一覧

    春だぁ~(笑)

    あっというまに4月も終わろうとしている。
    なんだってこんなに月日の経つのが早いんだ?と、桜を相手に愚痴ってみた(笑)
    花はいいね、パッと咲いてパッと散る、この散り際の潔さを好まれるとか・・・
    でもせっかく咲いたのに、もう少し楽しませてくれてもいいんじゃないの?と思うのはいけませんか~(笑)
    先日4月17日から18日にかけて、列島を縦断した強い低気圧で満開だった桜の花があっという間に散ってしまい、今年の桜はなんだか花期が短かったような気がする。

    いま世界中からこの桜の花見に観光客が訪れているようで、日本のお花見は有名になりつつあるようだ。
    あちこちの掲示板を見ても、日本中の花の名所を写真に撮ったり動画を作ったりしてyoutubeにあげているから、なおさらかもしれない。
    日本の道路はどこもゴミが落ちてない、繁華街ですらゴミが落ちてないのが不思議なのだそうだ。
    そして側溝などを流れる水がまたきれいで、鯉が泳いでいたりするとか・・・
    確かに日本人の清潔好きは異常なくらいで、抗菌グッズもまた沢山売られている。
    だったら日本が異常なくらいキレイというのなら、諸外国はどうよ?と聞いてみたくなるけど・・・聞かないほうがいいかもしれん(爆)

    そして深夜に女性が一人歩けるということも、またまた信じられないことらしい。
    はい、私は丑の刻くらいまで深夜徘徊しておりますが?・・・怖いと思ったことはないですね。
    最近は特にパトカーなどの巡回が頻繁にあり、私は「ちっ!またパトカーが来た」と隠れております(爆)
    いえね、たまに止まって降りてきて聞かれるので、面倒だから逃げてるんだけどね(^^;;
    昔の警官のように、「餌やりなんかしたらあかんやろ!」と怒鳴られることはなくなったけど、返事をするのはやり面倒で・・・ついつい隠れてしまい・・・ごめんねです<(_ _)>

    野良猫にも理解のある人が増えてきたけど、やはり猫嫌いの人も多いので苦情があり、そんな時は何やら警官に偉そうに言われるけど・・・
    でも今では餌やりそのものには理解ができてきており、TNRの説明をするとすぐに納得してくれるから、餌やりを始めた当初のことを思うと雲泥の差がある。
    それに本当に野良猫と呼ばれる子たちが減ってきており、あまり目立たなくなったせいか餌やりもあまり言われなくなった。
    しかしこの国はまだまだ動物愛護には消極的で、法的には動物たちは「器物」・・・ただの「物」って・・・それはないだろうと思うのだけどね。

    台湾では、犬食・猫食を法律で禁止したそうだ。
    犬を食べるとか猫を食べるという文化を知らない世代なので、まずは犬食や猫食と聞いただけで嫌悪感を感じる。
    しかし中世のヨーロッパなどでは、犬は牛や馬などと同じ使役動物であり、年を取り働けなくなると殺して油を取ったとか・・・
    なんかの文書で「5リットルも油が取れた」と書かれていたというのを読んで、思わず「なんやと~!」と腹が立ったが、この平和な世界に生まれているからこそ、文明の利器があふれている世界に生まれているからこその反応であり、当時は人間が生きるのも必死な時代であれば・・・それは当然のことだったのかもしれない。
    だから、蛋白源としてとか貴重な食料として犬食や猫食があったと思う。
    その習慣が今も根付いている国があり・・・時代に取り残されているような風習だが、その地の人には当たり前のことなのかもしれない。
    などなど、ネットを徘徊しながら色んなことを見聞きし、改めて平和であることを喜んでいる。
    でもそうは言っておれないようで・・・近隣が何やら姦しく・・・きな臭い話があちこちで沸いているが、戦争になると犠牲になるのは弱き者たちばかり。
    俺がわしがと言うなかれ、争うことは虚しいことばかりなり・・・と、桜の散りゆくさまを見て、そんなことを思う今日この頃・・・

    桜が咲いてもまだ外は寒いからね、家の中では・・・こんなのね(笑)

             まだホカペのスイッチが入ってるから(笑)

    ホカペのスイッチがまだ入っているので、ストーブが付いていないとこんな形の集合状態。
    普段は仲が悪くても、こういう時は協調性があるのが家の中で暮らす子たち(爆)
    まあね、仲がよさげに見えるけど、何かの拍子に顔を突き合わすと唸ったり飛んで逃げたり・・・その力関係は、見ていても飽きないですわ(笑)

    白夜は冬の間は、私のベッドの近くに置いてやった犬小屋の形をしたベッドに籠っていた。
    少し暖かくなるとお日様が恋しくなるのか出てくるが、やはり誰かとくっつくというのは苦手なようだ。
    私が寝転んでいるとそばに来る、そしてこの薄い羽根の布団が好きで、こうやっていつまでも寝ている。

             白夜も年をとって、一日中寝てる・・・

    2008年の10月中旬に保護したが、その時は2~3歳と思ったけど・・・
    最近の様子を見ていると、11~2歳の感じではなくもう少し上、13~15歳くらい?な気がする。
    そして右後ろ脚を引きずっていて、今は様子を見ているのだが・・・白夜用のカリカリはテーブルの上に出してやるので、欲しいときはテーブルの上に飛び乗っているからね、後ろ脚は大したことはないのでは?と思うけど。
    昨年はまたもや心身症で食べれなくなった白夜なので、まだ要注意期間でもありと・・・中々に手のかかる子ですわ( ̄- ̄;)

    昨年秋に里子に行ったルルことるぅ君、一人っ子を満喫しているよう(笑)
    脱走防止のネットを張った窓は、外を眺めたり日向ぼっこをしたりできるるぅ君お気に入りの場所。

                凛々しいるぅ君(笑)

    2階なので、下でお父さんが花の水やりをしていると、上から鳴いて呼ぶそうだ。
    声をかけてもらいたいのかな?名前を読んでもらうと嬉しいのかな?・・・という、甘えん坊ぶりが益々増殖中(爆)

                可愛くなってる!

    もともと半長毛のキレイな子だったけど、可愛がってもらっているので表情も穏やかになり、より可愛くなっている。
    窓際で外を眺めているのを、近くの公園で子供を遊ばせているお母さんたちが知っていて、里親さんがるぅ君のことを言うと・・・「ああ、あのタヌキちゃんね」と言われたらしいヾ(@^▽^@)ノわはは
    タヌキちゃん・・・いや、半長毛で大きく見えるからね、外見を見たらそれもありかも?(爆)

    寝る時はいつも一緒♪

            もうリラックスしまくり!(爆)

    そしてチューチューがマイブームらしい(笑)
    うちにいる時はそんなことしなかったのに、家族みんなで可愛がってもらってるので、今は赤ちゃん帰りをしてしまったのか?( ̄w ̄) ぷっ
    ベッドの上の毛布にくるまるのも大好きだそう。

                毛布をチューチューが今のマイブーム(爆)

    だから「夏でも毛布をしまえません」という里親さんからのメール・・・いやいや、大変ですね~

    るぅはすっかり、もう我が家の可愛い可愛い子になってます。
    私のベッドはチャーくんと同じで「このベッドはるぅの!」と真ん中を占拠するので、私は半身で寝ております。
    でもるぅはチャーくんより大分小さいので、風邪ひくまではなってませんよ。
    るぅ、もっと大きくなるかなぁって思ってるのですがこれからでしょうかね?
    ちっちゃいちっちゃい赤ちゃんのまんまです。
    まだ鳴き声も「るぅー?」『ピャー』のまんまです。


    ということだそうで・・・(笑)
    沢山の写真とメールをもらっているのですが、また次回に・・・゚<(_ _)>