はっちゃん

    ヒラドツツジの色鮮やかな花が咲き始めた、春真っ盛り・・・
    寒い冬が過ぎ、せっかく過ごしやすい季節になったのに・・・チャラ母さんの愛はっちゃんが今夕亡くなりました。
    調子が悪いと聞いてから数日、本当にあっという間に逝ってしまいました。

    はっちゃんは、はなちん先生が大学の構内に捨てられたのを保護した子で、私が預かってその後チャラ母さんの元に里子に行きました。
    うちから里子に行ったチャラちゃんの弟として、チャラ母さんご夫婦にとても可愛がられ、本当に幸せな生を送ることが出来ました。
    甘えん坊なはっちゃんはお父さんっ子で、いつも側にくっついていたそうです。

    まだ白い毛が黄色い頃

    捨てられた当時から甘えん坊だったはっちゃん、でもお外が怖いしも怖い、そのうちに怖くて木の上に登り降りて来れなくなった・・・
    見かねてはなちん先生が保護をしたけど、保護時は毛の白い部分が木の色の茶色に変色していました。
    それほどいつも木にしがみついていたんです、外を知らない子はそうやって恐怖から逃げるしかないという・・・なんとも哀しいことです。

    アメ君の尻尾で遊んでいるはっちゃん

    我が家に来て間もないころのはっちゃん、2003年12月9日です。
    アメ君の尻尾で遊んでいます、うちではは怖くなかったもよう(笑)

    寝ぼけています

    最初からみんなとすぐに仲良くなって、よく一緒に遊んでいました。
    2004年1月23日です。

    里子に行く数日前です

    里子に行く6日前、2004年の2月8日の日のはっちゃんです。

    うちには3ヶ月ほどいましたが、他と争うことも無く、みんなの後ろをついて回るおとなしい子でした。
    かなりの甘えん坊さんで、触ってもらうことと撫でてもらうことが大好き、本当におとなしくていい子でしたね・・・
    ご縁があってチャラ母さんちの子になってからも、甘えん坊はかわらずお父さん大好きなくっつき虫さん。
    名前を呼ばれると、お父さんのところへ飛んで行っていたそうです。
    甘えん坊な子が思いっきり甘えられる、それはとても幸せなことです。
    チャラ母さん、ご主人様、はっちゃんに幸せな生をプレゼントしてくださり本当にありがとうございました。

    キママは出てきては私のベッドの下へ(笑)
    そこにも猫ベッドを入れてあるので、暗くて隠れられるのが気に入ったらしい。
    随分と長い間隠れていたが、退屈になったのか飽きたのか出てきたら、キンタがキママが怖くてシャーシャーいっていた、キママはじっと見ているだけ・・・
    超臆病者のキンタの威嚇なんか、キママはちっとも怖くないってか?(爆)

    キママがいないすきに甘夏を移動だが、触ると怖がるので奥の手の掃除機です(爆)
    ケージの中をかけていると飛んで出た、それ~!今のうちにケージの扉を閉めてっと。
    掃除機が怖くて走り回っている甘夏、ほれほれそこのケージの入り口が開いてるよ~
    見事に目論見どおりに飛び込む甘夏・・・扉を閉めてこれで1件落着( ̄^ ̄)V
    いやほんと、掃除機は便利なアイテムですわ(爆)

    猫ベッドも毛布も服も、女の子なのでピンクバージョンにしてやったキクママ・・・いやぁ~ほんまピンクが似合わんなぁ(爆)
    まあいいけど、本猫はそんなことちっとも気にしていなさそうだし(*´▽`*) プッ

    ピンクバージョン・・・しかし似合わんなぁ・・・(爆)

    一日のほとんどをベッドの中で過ごすキクママ、でも最近では私が行くと飛び降りてくるようになった。
    体は細いままだけど元気になったようだ、動きが活発になってきたし甘え方も盛大だし。
    もうダメかも?と思ったのが嘘のよう、なのでお祝いにピンクで統一です(爆)

    3日ほど来なかったスピカ、本日はなんら変わりなく登場・・・
    あいもかわらずマイクのまわりを飛び跳ねていて、うつむき加減で小さな歩幅でちょこちょこと歩くマイクとは対照的だ。
    大きな体のマイクと小さな体のスピカ、容積の差は2対1ですo(^▽^)o キャハハハ

    餌やりに行く先々についてくるクロさん、目的はもちろん焼きがつお。
    1本目を食べたら次のところまで小走りで追いかけてくる、やっぱり!
    そのまま駅前に行き、帰りにおごじょの容器を引き上げていると・・・向こうからクロさんが~っ!
    結局3本ゲットされちまった・・・
    でも大丈夫、多分そうなるだろうと思い、小さい方の焼きがつおをやったんだよ~ん(*^ー゜)v
    クロさんとの頭脳戦、中々楽しゅうございまっせ~(爆)


    管理者にだけ表示を許可する