スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    自然とはなんぞや?

    今日も雨・・・明日も雨らしい・・・明後日も雨だって・・・
    なんか梅雨らしいといえば梅雨らしいお天気だけど、こんなお天気はなんとも迷惑千万なり~!←はい、身勝手なもんでして(笑)
    雨が降るとがおとなしいので助かるが、まあどちらにしても我が家はお年寄りばかりなのでいつも静かですが。
    ドルが時々走るくらいで、他の子は走ったりしない。
    走っても小走りなだけ、なにせみんなご老体なもんですから(爆)

    その点若い(若すぎるけど)青葉はよく動く。
    薬が効いてきたのか、はたまた体力がついてきたのか、おもちゃで遊ぶのが楽しくて仕方ないらしい。

    おもちゃで遊ぶのが楽しいよ~

    体も太ってきたのが分かるくらい身がついてきた、そしてお腹はカエルさん・・・(爆)
    肩や背中の方はそうでもないのに、お腹だけポンポコリンになっている。
    そう、典型的な子体型にやっとなったんですo(^▽^)o キャハハハ
    遊び方も激しくなってきたから、保護して1週間経ったので体力がついたのだろう。
    体の汚れ具合や痩せ方から見たら2日は外にいたんじゃないかな?、いやもう少し長い間かな?

    ぜ~んぶボクんだよ(⌒⌒)v

    とにかく保護してから2~3日は動かなかったからね、かなり体力が落ちていたんだろう。
    おチビでビビリンな性格がよかったのか、余り大きく動かなかったので体力が持ったのかもしれない。
    しかしそれにしても月齢が小さすぎたのによく体力が持ったと思う、青葉の寿命はまだ尽きてなかったってことだろうね。
    これからはもっと元気になると思うが、あの性格は変わらないでしょう(笑)
    私が側でウロウロするだけで飛んで逃げてるもんね、なんちゅうビビリンなんや!
    でもまあそこは子なので、遊びたくてすぐに出てきますけど(*´ー`) フッ

    さすがに暑くなったのかキママが出窓にいたが・・・目線は青葉に(笑)
    多分「なんなん?あのチビは?、鬱陶しいわね!」でしょうな、だって目が怒ってますから(^∇^) アハハ!
    青葉、怖いおばちゃんの近くへ行くんじゃないよ~(爆)

    ガキがいる・・・

    そのキママは、部屋の電気を消すとワイヤーパネルの前で寝転んでいる。
    誰かが覗きに来るのを待っているのだ、そして「プシャーッ!」、次は「ウガーッ!」(爆)
    パネルの前に行った不運な子は、びっくりしてぶっ飛んで逃げている。
    それを毎晩繰り返して遊んでいるキママ、いやはや外にいた子は逞しいなぁ・・・

    餌やりのときは結構雨が降っていたから仕方が無いので車で行ったが、帰ってきたらまた傘が要らんくらいになってた・・・またかい!( ̄ー ̄)ふっ
    なんでこうも餌やりの時だけ降るんや?、それほどあたしゃ雨女かいな?
    もう怒る気もしませんわ・・・

    口の中が痛くて一時痩せていたマメサブは、薬のお陰でよく食べるようになって復活している。
    でも早めに病院へ連れて行きたいのだが、日中はいないのよね。
    いったいどこにいるんだろう?、ユキちゃんはいつもいるのになぁ・・・
    軽く麻酔をかけないと口の中を詳しく診れないので、土日のどちらかの日に午前の診察時間が済んでから診てもらう事になっている。
    だからお昼前に着くように行かないといけないのに、肝心のマメサブが見つかるのか?
    さっそく明日からチャレンジだが・・・いるかな・・・

    雨が降ると来ないスピカ、雨が降ってもちゃんと来て待っているマイク、なんとも性格そのままで笑ってしまう。
    今日はよほどお腹がすいていたのか、マイクはスピカの分も少し食べていた。
    それもミニ缶がよく混ざっている所だけを(笑)
    また目立たないようにスピカの分を置いてきたが、要領のいいあの子のことだ「ゆっくり行ってもあるもんね~」なんだろうね。
    も女の子はしたたかでございますなぁ(爆)

    隣のビルの軒下で巣作りをしていたツバメ、無事に雛が孵りただ今子育てに励んでおります。
    1,2,3・・・5羽もいるし~、これはご両親大変ですわ!(笑)
    下から写したのできれいに撮れなかったけど、お腹がすいたと大きな口を開けているのが写せた。

    5羽のつばくろめ

    都会でツバメが見れなくなったのは、多分餌が無いからだろう。
    空き地が無いので雑草が生えない、雑草が生えないと虫がいないからね。
    僅かばかりある公園も、これでもかというくらい整備して見かけのよさばかり気にしている。
    草が無ければ餌になる虫がいないもん、ツバメだって都会には来たくないよね・・・

    現代人は野生とは無縁の生活をしているので、年齢を問わず昆虫やトカゲやヤモリを怖がる。
    セミだって怖いという若者がいるもんね、それも男の子がだよ?
    なんか侘しいね・・・いつも身近にいるセミやトンボや蝶々がいないなんて・・・
    ツバメどころかスズメも余り見かけなくなった、いるのはカラスと鳩ばかり。

    うちの近所は緑が多いのでムクドリやヒヨドリもよくいるが、餌になる昆虫も余りいないし実のなる木も少ない。
    近所にあったサンゴジュの木も大きな実が毎年沢山なっていたのに、昨年ばっさりと切られてしまった。
    木が茂ると薄暗くなって鬱陶しいとすぐに切られる、だったら何のために木を植えてんだか・・・
    今の社会は人間最優先、ましてや人口の多い都会はなおさらだ。
    なのに、かたや自然回帰と言う人がいるが・・・これじゃ自然はいつまで経っても帰ってきませんって!


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。