スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    キクママも不調です

    朝見た気温が13℃、帰宅時に見た気温が13℃、一日中同じ温度だったようです(笑)
    まだ寒いというほどでもなくて、薄手のジャケットでちょうどくらいかな?
    気温も10℃をきると寒く感じるが、これくらいだと風さえ吹かなければ寒くはない。
    でも明日は北風が吹くとか、寒くなるのかなぁ・・・

    キクママはまたもや強制給仕中、鼻がブヒブヒいってるから食べれないよう。
    ニュートリカルを温めてスープで薄め、そこへ薬を入れたのをシリンジで飲ませている。
    今日は初めてお水で薄めてみたら・・・最後もう少しで「美味しくないからいりません!」といわれた~(爆)
    やっぱりお水で薄めたのはダメ?(;´▽`A``)

          おとなしく点滴をしてますが・・・

    点滴中もおとなしくてじっとしてるので楽ちん♪、でもちょっと油断すると何処かへ逃走してますが(笑)
    久しぶりに体重を量ったが、僅か1.6キロしかない・・・元々体の小さな子だけど、それにしても少なすぎるね。
    唇も白くなっているので、腎不全からの貧血もかなり進行しているようだ。

          すきあらば逃げようと虎視眈々(爆)

    キクママを保護したのは3年前、面倒を見てもらっていたアパートの住人が引越しをしたらしいので、ある日突然ヨレヨレのボロボロで餌場に現れた。
    その人が面倒を見てくれるまでは毎晩来ていたのに、だんだんと来なくなった。
    1年に数度その人が不在なのか食べに来ていたが、来た時にあとをつけると餌場の近くのアパートに入って行った。
    外階段を上がった所に沢山物を置いていたので、そこを寝床に暮らしていたようだ。

    でも引越しをしてしまいどうしていいのか分からなかったらしい。
    臆病で人も猫も怖いキクママは、その後はずっと溝やどこかの隙間に隠れていたようだ。
    出て来た時は痩せてボロボロの上に、白い部分は真っ黒だったからね。
    保護しようと思いケージなどの準備をし、いざつれて帰ろうと思ったら来なくなった。
    毎晩探したが見つからずだったが、探し出して2週間後にやっと出て来て、動けなくて道路の路肩にうずくまっていたのだ。

    その時にはもう酷い鼻気管炎に罹っていたが、動けるようになるまでどこかに隠れていたのだろう。
    つれて帰っても看取るだけかと思ったが、まだ若いので何とか持ち直したのだけど・・・
    昨年末にまた容態がかなり悪くなり、その後も何度も悪くなったり良くなったりを繰り返している。
    ピーちゃんよりも若干クレアチニンの数値は低いが、やはり腎不全なので調子はすぐに悪くなるのだろう。
    そんな時はニュートリカルの高カロリー食の強制給仕だが、やはり若いので復活してくれるようだ。

    もうそんなことを1年近く繰り返しているけど、キクママもいつ何が起きても不思議ではない状態。
    なのに体重が・・・ほんの少しずつ落ちていってる体重・・・これ以上少なくなると大変だ!
    しかし少食で偏食のキクママなので、今は銀のスプーンのカリカリとa/d缶をほんの少ししか食べない。
    なんとか食べさせたいが、食の細い子はほんと難しい・・・
    キクママの今の状態は、油断が出来ないので大変です(_ _ ;;

    3つあるケージの出入り口の真ん中の扉を開けておいたら、白夜が出窓に出て探索していた。

          白夜の始めての外出です(爆)

    窓際に置いているケージなので、真ん中の出入り口を開けておくとちょうど同じくらいの高さになる。
    そこからキクママもよく出窓に行っていたが、行動半径が出窓とケージの中だけという・・・(笑)
    白夜もそうなりそう、このあとケージの中に飛び込んでたから(^ Q ^)/゛ アハハハ

    餌やりから帰ってきたらまだマメサブがいた。
    あれ?今日は薬の飲ませたので先に猫缶をやったのに?、変だなぁ・・・と近づいてみれば・・・
    ベンチの上の餌箱のところに誰かいる。
    そのすぐ下にマメサブがいたので、知ってる猫でも遊びに来てるのかと近寄ったら、その子が飛び降りて逃げてしまった。
    マメサブもたいがい大きいが、その子の方が少し体が大きくて長毛だった。
    もっと近づくと・・・うわっ出たぁ~~~、タヌキやんか!

    なんと丸々と肥えて、フワフワの冬毛の見事なタヌキさん←そんなことを感心してる場合じゃない!
    逃げたのを追いかけたら、案の定少し離れただけで草の中に隠れていた。
    こうやってタヌキは逃げる振りをするだけ、人がいなくなるのを待ってんだからなぁ・・・だから化かすって言われるんだよ!
    追いかけたら飛んで逃げたが、そのまま追いかけて行った。
    するとハウスの所へ行くじゃないですか!、中にはユキちゃんが寝てるのに~!
    まだまだ許さん!なのでそのまま追いかけたら、高い塀を登り大きな音を立ててその上のフェンスをよじ登り・・・敷地の外へ逃げてった・・・

    久しくタヌキの姿を見かけなかったのに、やっぱり生息してたのね(>_<。。。
    しかしマメサブはあのタヌキとお友達なのか?(まさか!だけど(笑))、ベンチの下にいたけどすぐ側にいたよ?
    しかも逃げるでもなく、タヌキが食べてるの見てたし?
    マメサブは以前もタヌキが来た時に餌を譲っていた(逃げたとも言えるけど(爆))、今日もそうだったのかな?
    最近朝にカラスを見かけないと思ったよ、いつも食べ残しを食べてたのに。
    餌入れを見たらキレイにからっぽ、やっぱりタヌキはかなり獰猛だね・・・このまま居ついたら困る、どうしようかな?

    毎晩マメサブたちの餌入れを空っぽにしとかないと、またタヌキが食べに来るし・・・
    かといって、遊んだあとにマメサブが食べに来てるし・・・
    この頃見かけないなと喜んでたのに、深く静かに潜行していたらしいタヌキの奴め!
    う~ん、またもやタヌキとの仁義なき戦いが始まるのか・・・\( `□´+)/あーっ!!

    1914:そうなんです

    次女が学生のころに駐輪場に現れた子で、もうスリスリゴロゴロの子だったんですよ。
    でも当時は里親募集なんてないし、猫なんかの時代だから保護出来なくて・・・
    今だったら即保護だから不運といえば不運だったんですよ。
    仕方が無いので外で頑張ってもらったんですが、せっかく面倒を見てもらえても引越しすれば置いていかれる訳でして。
    長年飼っていた夢子さんのような子もいるから、まあ人間はかなり身勝手なんですよね・・・

    でも保護から3年、よく頑張って生きてると思います。
    今は専用ケージで冬眠中なので(笑)、気分的にはのんびりしてるでしょう。
    ゆっくりと気楽に、それをさせてやりますね。

    2008.11.12 10:05 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    1913:キクママ

    大変な目にあってきた子ですね。
    一人で路頭に迷ってどんなにつらかったか。
    1.6キロなんて、がりがりのくじらよりも
    はるかに少ない・・・
    でも今はぺぺさんの愛は感じて
    幸せに過ごしているはずですね。
    くじらもがんばって食べてるから
    キクママもがんばってね。

    2008.11.12 01:10 すみれ #- URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。