白夜のあかんたれ~(笑)

    え~と・・・今日はお天気だったようです・・・多分(笑)
    昼間はベランダにお日様が当たって気持ちよさそうだった・・・しか知りませ~ん!
    はい、あいもかわらず休日はヒッキーです(^^;;;

    冬は忙しい、何がって?、その原因は湯たんぽでして。
    電気で温める湯たんぽ&お湯を入れる湯たんぽ&チンする湯たんぽ、と色とりどりに取り揃えております(爆)
    ストーブを出したのでお湯の方はクリア、それだけでもうんと楽・・・(;´▽`) ホッ
    夏はクーラーを入れておけばそれでいいが、冬は部分暖房も要るので忙しい。
    でも一番の特等席にいる者は、油断するとこうなる・・・

          夢子さんがんばる!(爆)

    ミーちゃんが入っていたようだが、夢子さん負けずに割り込んで行ったらしい。
    夢子さんがお水を飲みに行けばすかさずジャックが入っている、トイレに行けば今のうちにとキンタが入り、ご飯を食べに行けば側で寝ていたキクが入り・・・と、まあこのベッドが一番活用されているようでして(爆)
    誰かが入っていると側に座って情けない声で鳴いている夢子さん、今回はかかなり頑張ったもよう(*^^*) フフ
    私がいれば入っている子を追い出してやるが、いないときは諦めてホカペの上で寝ている気の弱い夢子さんです(笑)

    白夜の気の弱いのには笑ってしまう。
    ケージの出入り口は開けてあるし、入り口のワイヤーパネルも開けてある。
    なのに出て来ない白夜、呆れるくらいの気の弱さだ(笑)

             あ、あれ誰??

    それでも私が側にいると勇気を出して出て来ようとするが、しかし・・・

          知らない子だ・・・

    双葉が入ってきたらもうダメ、姿勢を低くしてひたすら双葉を凝視(笑)

             こいつ誰や?

    「ん?誰やこいつは?」と様子を伺う双葉。

             なんや知らん怪しい奴やな!

    「なんか知らん奴やな、誰やねん!」と顔つきが厳しくなって・・・このあと下から白夜に飛び掛った~

          またかかってきたらどうしよう・・・(_ _ ;;

    慌てて上段に逃げた白夜はしばらくするとまた降りてきたが、もうこれ以上前には怖くて来れませ~ん!(爆)
    それっきり最上段の自分のベッドに篭ってる白夜、いやほんまに弱虫過ぎる・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

    大き目のネズミのぬいぐるみをやったら、すぐに飛びついて遊んでいた。
    爪で引っ掛けて転がしていたから、そんなおもちゃで遊んでいたんだろう。
    おもちゃで遊ぶ楽しさを知っているってことは?、やはり飼われていた子だね・・・

    マイクのところで自転車を止めていたら、バイクに乗った警官がやってきた。
    猫缶を見せていたらちょうどマイクが来て鳴いた、「ああ猫の・・・」と笑って行ってしまったが、今日の警官はなぜか普通の原チャリに乗ってたけど?、なんで?
    久しぶりの不審者尋問、あっという間に済んだので面白くな~い!(爆)

    風が無かったので余り寒く感じられなかった、そうすると待ってるんですね・・・ユキちゃんが(笑)
    いるときは寒くない時、いないときは寒い時、寒さのバロメーターはユキちゃんがいるかいないかで決まるという・・・(^m^ )クスッ
    いつものごとく座って来てくれるのを待っているマメサブ、一緒に餌場までついてくるユキちゃん。
    いつも通りの行動パターンを見るとなんか安心するね(笑)

    食べてからどういう行動をするのか観察しようと、廊下から下を眺めていた。
    食べてしばらくするとユキちゃんが様子を見ながら歩いてくる、最初はゆっくりと周りを見ながら、そのうちに小走りになり、角を曲がると一目散にハウスの方に走って行った。
    最初はあとをつけられていないか様子を見ている、ハウスの居場所を知られたら困るからね。
    安全を確認しながら次は小走りに、角を曲がると追いつかれないように全力疾走だ。
    パターンどおりの行動をするユキちゃん、よしよし教科書どおりの用心深さで◎(爆)

    次はマメサブが少し遅れてやってきた。
    ユキちゃんと同じく最初はゆっくりと周りを見ながら、次に小走りに走っていた。
    角まできたら・・・あれれれ?、ハウスへ行く方と反対側へ曲がってく・・・
    マメサブめ!、お腹がいっぱいになったらもう夜遊びに行くんかい!(爆)


    管理者にだけ表示を許可する