スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    やっと2匹目だ・・・

    朝の気温は4℃で寒かったのに、夕方には8℃に上がっていた。
    ほんの少し気温が上がるだけでかなり暖かく感じる、まあそれほどこの数日が寒かったってことですが。
    気温が上がったからなのか、夜には雲が出てきて少し雨が降った。
    え~っまた雨降るの?と思ったけど、地面が点々と濡れるくらいで済みヤレヤレ。
    夜に雨が降ると餌やりの心配があるからね、やっぱり気を揉むんですわ(笑)

    すっかりラックの上の生活になったさくら、ピーちゃんの跡継ぎやね(笑)
    しかし困ったことにベッドの中でおしっこをする、これもピーちゃんの跡継ぎや・・・そんなん真似せんといてくれ~
    そして気持ちが悪いからとベッドから出て寝て、そしてそのうちに降りてくる。
    だったらちゃんとトイレへ行けよ!なんですが、それはまた別なんだってさ(爆)
    それは困ると注意してトイレに入れてやってるから、今のところはなんとか被害無しで済んでいるが、それもいつまでやら・・・( ̄ー ̄)ふっ

          美人がだいなし(笑)

    起きたらまずはあくびをして(笑)

          では気を取り直して (*^ー゜)v

    あくびのあとはお澄まし顔(* ̄m ̄) ププッ
    最近目頭に黒っぽい目やにがよくついている、それに少し涙目だし。
    目薬を入れるとその時だけ治まるが、すぐにまた同じことの繰り返しをしている。
    トムもミーも同じような感じだけど、格別感染症風でもないし・・・
    いったい何なんだろう?、診てもらったが原因がよく分からない。
    酷くはならないから室内の空気かな?、それにしては他の子は何とも無いけど?

    雨が降らなかったので本日はファミリーの誰かを捕獲だ。
    ここ数日はコンスタントに来ているので、お父さんかブチの子を捕まえなきゃ!
    ということで、仕掛けたらすぐにゲット。
    やっぱりゲットできたのはブチの子だが、一緒に来ていたお父さんは驚いて逃げちゃった~
    八われの子をゲットした時も側にいたし、今回も側にいたし・・・これでまたしばらくは捕まえれんなぁ・・・

    いつも一緒に来るので、どうしてもそうなってしまう。
    生後半年以上も経つのに未だに一緒にいるなんて、まあ珍しいファミリーですわ(笑)
    たまたま餌場がそこってことでみんな来るのかもしれないけど、でもある程度大きくなったら餌の取り合いをするはずなのに、今のところはそれも無いし。
    ずっと一緒に食べてるので気にならないのかな?

    ここのところ頻繁にやってくるようになったのは、他の餌場の先住の子たちと合わないのかな?、それともはじき出されたのかな?
    テリトリーの関係や餌の量の関係とか、その餌場の先住の子達の性格とかで、あとから行った子がはじき出される時がある。
    いっきょに4匹も食べにきたら自分の分が減る、だから先住の子にはじき出されたのか、それともそこで食べれる量が少なくて足らないのか・・・
    どちらにしても帰ってきてくれたので捕まえられた。
    子猫は簡単だけど問題はお母さんで、もうずっと来てない。
    メスだという事が分かってるだけに気を揉みますな・・・

    現代人は忙しすぎるんだね・・・

          地下鉄のバイオリニスト

    有名だから高いお金を出して演奏を聴きに行き、「素晴らしかった!」と賛美を送る。
    道端のアーティストが弾くバイオリンは、名も知らない無名の人が弾くから名演奏ではないのかな?
    劇場という形の中で聴けば名演奏で、道端なら名演奏じゃないんだね・・・

    素晴らしい演奏を素晴らしいと感じられないのは、現代人が時間に追われすぎているからだろう。
    そのバイオリンの音色が素晴らしいということを知っている子供の感性が一番確かだね。
    大人はまずは形ありきなのかもしれない。
    誰が演奏をするか確認して、劇場という入れ物があって初めて名演奏・・・なのか?

    でも私も多分時間に追われて通り過ぎてしまうんだろうな・・・
    目に見えるものにとらわれると本当の事が見えなくなってしまう、そして時間に追われると感じられることも感じれなくなってしまう。
    せっかく持っている五感の感性なのに、時間に縛られると眠ってしまうのが哀しいね。


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。