スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    野良猫が増える原因の一つは

    だまだ寒い日が続いている、とはいっても若干ましにはなったけど。
    もう2月も最後の週に入ったが、なんか月日の経つのが早く感じられる今日この頃、2月は「逃げる」と言われているが何から逃げてるんだろうね?(笑)

    久しぶりに午後遅くだけど外に出た、いつもヒッキーをしてるのでそんな時間に外に出ることは滅多に無いから、公園の遊歩道をゆっくりと自転車で通ってみた。
    桜並木の桜の蕾はまだ固いけど、公園の水仙が咲き誇っているし梅の花のピンク色も鮮やかだった。
    もう1ヶ月もしたら桜が咲いているだろうね、今は静かな公園も賑やかになる。
    そして焼肉の匂いが漂ってくるという日々が始まる(笑)

    今夜もクロさんと並んで歩道の端っこで待っていたおごじょ。
    なんで毎晩やってくるのかな?、やっぱり一人は寂しいのかな?
    餌を並べて置いたら、クロさんは自分の分を食べずにおごじょのを食べていた、こらこら。
    引き上げに行くと、おごじょのお皿はからっぽでクロさんのはほとんど食べていない。
    クロさんあかんやろ!、自分の分を食べてくれ~

    餌箱に餌を置きに行く時はいつも2匹とも付いてくる、何が楽しいんだか(笑)
    おごじょのにもクロさんのにも混ぜご飯にミニ缶を混ぜ込んでやるが、餌箱に置く餌は上にミニ缶を置いてやる。
    自分の分を食べないおごじょは、なぜかその混ぜご飯を食べるんだよね、何でだろ?
    混ぜご飯のカリカリが硬くて食べれないからと、おごじょだけ容器をお皿にして少しの混ぜご飯+ミニ缶にしてるのに・・・

          かなり痩せてます・・・

    こうやって置いた混ぜご飯を食べているけど、なんで今は固い方がいいんだ?
    しかしもう腰も曲がってきているし、目もしっかりと開いてない。
    これだけ痩せてしまってるのに、なんでわざわざクロさんの所まで来るんだろう?
    動くだけしんどいだろうにね・・・
    でもこれがおごじょの一日のうちの一番の楽しみかもしれない、そう思うとクロさんに出会うのが元気の元なのかな?

             「ご馳走様~」のクロさん(笑)

    猫缶を少しこぼしたらすかさずクロさん食べに来る(笑)
    そして食べたあとの舌なめずり・・・猫も思いがけず手に入った物は特別美味しく感じるのかな?(^m^ )クスッ
    こうやってクロさんは私の至近距離をウロウロするようになった。
    側に来たの背中を撫でたらすかさずシャーッ!、そして猫パンチ。
    おっと危ない!、もう少しでクロさんに引っかかれるところだった、最近背中を撫でられるので警戒していたもよう(笑)

    いつものごとく大声で鳴きながら現れたマイク、しかし容器を引き上げに行くともういない。
    スピカだけ待っていて鳴きながら迎えに出てきたが、この頃ではかなり接近してくるようになった。
    ただしある程度の距離までですけどね(笑)
    ヤバイと思うとすぐにフェンスの向こうに行き、こうやってちょこんと座ってミニ缶を置くのを待っているのだ。

             少し慣れてきたスピカ

    スピカは本当に要領のいい子だ、さすがに三毛さん(* ̄m ̄) ププッ
    マイクのどんくささとスピカのすばしっこさ、対照的な2匹が仲良しなのが可笑しいね。
    人も猫も、自分が持っていないものを持っている相手のほうが楽しいものかな?(笑)

    マメサブも帰りに寄るといなかった、オス猫はこの時期忙しいらしい。
    しかしマメサブはもうご用も無いのに何だってウロウロするんだろう?
    行かなくっちゃと習慣化してるのかな?、それともテリトリーのパトロールしてるのかな?
    弱虫のくせにウロウロしては負けて帰ってくる、いい加減に自分の力を知りなさい!と言いたい(爆)

    餌やりをはじめてから長いが、年々猫の数が減っているのが実感できる。
    今年はまたシーズン中だというのに一段と静かだ。
    まずウロウロと徘徊している猫の姿を見かけない、だから鳴き声も聞こえないしと思っていたら・・・
    実家のあった近所の神社の境内で猫の鳴き声が聞こえるから、見に行けば首輪をした猫が遠吠え中で、しばらくすると三毛猫が現れて歩いて行った。
    広い神社の夜の境内は猫にとって人に追われる心配のない安全地帯、しかも隠れる所が沢山あるし。

    まだ出入り自由で飼っている人がいるんだよね、しかも未去勢未避妊で。
    首輪をしてるくらいだから飼っているという意識はあるんだろうに、だったら手術くらいしてやれよ!と思うんだけどね・・・
    どのくらい猫がいるのかと見ていたら、僅かな時間なのに次々と違う子が現れる。
    たまたま通ったから見に行っただけでこれだもんなぁ・・・一日のうちにどれくらいの子がそこに現れるんだろう?
    野良猫が減ったと思っていても、未手術の飼い猫がいるのなら減るわけないか・・・

    自分たちに使うお金は惜しくないけど猫ごときに手術費用を出すのは惜しい、平気でそう言う人がいる。
    手術はもちろんワクチンなどまず打たない、家の中で飼うとトイレが要るから出入り自由にする。
    家に帰ってくれば餌をやるけど、どこかで食べるのならそれでよし。
    そんな人もまだまだ多いのが現実で、昔ながらの猫の飼い方でそれが当たり前だと思っている。

    猫の鳴き声や糞で苦情が出るが、それが必ずしも野良猫の仕業だとは言えないのに、苦情を言う人は野良猫の仕業だと言う。
    どこの家の猫だと分かっていても人間関係があるのではっきり言えなくて、役所に野良猫の苦情として持ち込んでるんだと思う。
    飼い猫を正しい飼い方で飼っていれば苦情もかなり減るんじゃないかな?、その上でTNRをきちんとしたら猫の苦情がもっと減るだろうに・・・
    野良猫が増えるのも苦情が出るのも人間の勝手と怠慢からか・・・う~ん、やっぱりこの問題も人間が原因なんだよなぁ・・・


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。