あずきのお届け

    先週は急に寒くなったと思ったら、ここ数日は異常に暖かい。
    いや、暖かいというより暑い?
    九州では25℃を越す夏日になったとか、このお天気の変わり方はいったい何なんだ??
    何事も急激な変化は異常をきたす、体にも心にもね。
    外の子達がこの天候の急変についていけますように・・・

    保護しているあずきはまだ募集はしていなかったのだが、本日お届けということでして。
    ドンちゃんをご希望ということでメールをいただいた。
    掲示板は削除しているが、まだ削除できていないところもあるのでそこを見られたのだろうと思う。
    しかしドンちゃんは今は里子に行き、かりんとうちゃんと呼ばれる末っ子の甘えたさん満開の子になっている(笑)
    ドンちゃんは里子に行った旨伝え、今いるのはあずきだけとお返事をさせていただいた。
    すると・・・縁は異なものということでして(笑)

    ブログに載せてあるあずきを紹介すると、今度はあずきをご希望くださった。
    この春に15歳で亡くなった先住猫さんがやはりキジ白だったとか・・・あらまあ・・・( ̄~ ̄;)ウーン・・・
    先住猫さんと同じキジ白のあずき、先住猫さんはよほど居心地のよいおうちだったんだろうね・・・早く帰りたいからと、自分と同じキジ白の子を・・・なんてね(笑)

    次女の運転で一路里親さん宅へ。
    などというほど遠方ではなく、ほぼお隣さんといえる地域でしてヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
    意外と近くまではスムーズに行けた←近くまではね(爆)
    そこからあとはいつものパターン、近くにいるんですがとお電話などをば・・・
    ということで、お迎えに来ていただいたという・・・そう、これが私のいつものパターンでして(笑)
    大阪で一人暮らしをしている娘さんも、子猫が来るということで帰ってこられていた。
    猫が大好きというお嬢さん、大好きなのに離れて暮らすのは寂しいことですね。

    あずきはなぜか未だに離乳食が食べれない、というか食べないのだ。
    口の中にカリカリを入れてやると、うっうっといいながら喉に詰まらせているとか。
    「噛めよっ!」とお怒りの次女(爆)
    猫缶は口の中に入れてやると何とか食べるらしいが、自分で食べようとはしないらしい。
    食べ方を知らないのかと思うが(ん・・・まさかね・・・)、お水は勝手に飲んでいるそうだから変だよね?
    病院で小さいといわれたのでa/d缶を食べさせているけど、自発的に食べないことには太れない・・・

    でも本猫は元気溌剌、飛び跳ねて遊んでるし走り回っている。
    そしてお腹がすくと「ミルクおくれ~」とウルサイくらい大きな声で鳴いているのだ。
    自分で食べろよ!と猫缶を置いても見向きもせず、「ミルク~」(爆)
    でもまあ体の成長とともにカロリーが足りなくなり、自然に食べ物を食べるようになると思うけどね。
    自分で食べるのが面倒なので、鳥の雛のように口を開けたら食べ物を入れてくれると思ってるのか? (@^▽^@)ノわはは
    いつも誰かに引っ付いていたいらしいから、超がいくつつくか分からないくらいの甘えん坊さんだもんね・・・
    これ以上甘えん坊になられると困るよね(笑)

    さて、里親さんのお宅についてすぐにあずきをキャリーから出せば・・・
    さすがに家見知りも人見知りも無い子、くんくんとその辺の匂いを嗅いでいたが、先住猫さんのおもちゃを娘さんが振ると・・・すかさずジャ~ンプ!(爆)
    遊びに夢中のあずきは即効慣れたということで、ほんま手のかからん子やねぇ~です(*^ー゜)v

          すでに我が家のよう・・・(笑)

    ご家族協議の結果(笑)、重点的にあずきの面倒を見るのは次男さんと決まったとか。
    その次男さんの言われることには・・・
    先住猫さんがいる時には、家族が居間に集まって相手をして遊んでやったり、また猫を話題に話が弾んだりしていたそうだ。
    でも亡くなってからは家族それぞれが自室にこもったりして、話をする機会が減ってきたのだとか。
    それもご家族が動物好きなのでなおさらなんだろうね・・・
    それでまた猫を飼おうということになり、里親募集をしている子から探していたそうなのだ。
    メールをいただいたときも、猫が逝ってからは我が家の広間が広く見え・・・と書かれていた。
    小さな生き物の猫だけど、その存在感は大きかったんですね・・・家族の絆をつないでいるという・・・何とも嬉しいお話です!
    しかしそのお話を聞いたときに「なんて優しいご家族なんだろう!」と感動しましたよ!
    それにすぐに対応できる家族の連携、なんとも素敵なご家族に出会えたと嬉しかったです!

          肩の上が大好き、肩乗り猫になりそう(爆)

    そこで、じゃあまた猫を飼おうということになり、目を留めてくださったのがドンちゃんだったのだ。
    でもドンちゃんはすでに里子に行っていて、いるのはあずきだけ。
    募集をする前に里親さんが決まったというラッキーなあずき・・・あのままあずきをつれていた子供たちと出会うことなくいたら・・・今頃はどうなっていたことか・・・
    里親募集をしてもらえる子は本当に幸運なのだ、ほんのわずかな時間のずれで出会えないんだから・・・
    もしあの時にあずきを抱いている子に出会わなかったら、子供たちは親に叱られてまた捨てたか、それとも作っていたダンボールハウスの中で子猫は息絶えていたか・・・
    ほんの瞬間のようなわずかな時間に出会えるか出会えないか、それがその子の運命の分かれ道。
    そんな悲しいことが無いようにと、避妊去勢をしなくてはいけないのだが・・・
    あれ?・・・本日はなぜか話が横道にそれますなぁ(笑)

             やっと捕まえた~

    話を元に戻すと(笑)、無事お届けがすんだということでして(^^;;;
    そしてすぐにその後のお知らせが・・・

             さすがに遊び疲れたらしい( ̄* ̄ )

    遊び疲れて寝ているが、そうそう寝ているときは可愛いいですよ~(笑)

          なんかいきなり腕白そうな顔になった?


    猫ちゃん(きじ白ちゃん)は 大分なれて来てくれてるようです。
    ミルクも沢山飲んで しっかり遊んでくれて 今はぐっすり眠っています。
    結構大胆な性格かと感心させられています。

    皆 夢中で お世話を しています。 


    という嬉しいメールをいただいた。
    多分腕白坊主になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

    そして最初に希望いただいたドンちゃん、今はかりんとうちゃんですが。
    こんなことしてます・・・

             黒糖兄ちゃんはすでに下敷きに・・・(爆)

    黒糖兄ちゃんを下敷きにして偉そうな顔をしてる・・・しかも・・・

    ぃゃ~…かりんってば目糞、鼻糞フル装備が日常茶飯時でして…
    「君も猫ならば顔を洗いなさい」と言うのですが→まだぉ子ちゃまですね^^*常に顔を拭いてあげてます。

    などと・・・!Σ( ̄口 ̄;;
    でもお手入れはしてるような気はするんですが・・・

             きれい♪きれい♪しましょ♪

    これこれ、おんにゃの子なんだからお手入れはもっと入念にね("⌒∇⌒") キャハハ

    2133:Re: また

    いつも応援ありがとうございます。

    こうやって1匹ずつでも幸せになれる子がいる・・・
    やはり今はネットがあるので、昔と違ってチャンスは多いですね。
    でもそんなことを喜ぶより、捨てられたり処分される子が無くならないと!
    本来ならこんな里親募集なんて必要なし、人間が生き物をいたわる気持ちがあればね・・・
    それが無いのが情けない・・・

    しかし動物には罪は無いのだから、同じ人間が助けてやらないとね。
    せめて出会った子だけでも幸せにしてやらないと!

    2009.11.09 16:09 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2132:また

    幸せをつかんだ子が一人。
    うれしいです。
    横道でなくて、
    願いはいつも
    こうして捨てられる子がいなくなる日が来ますようにと言うことだから
    幸せになった子を見るにつけそう思いますよね.
    ぺぺさんありがとうございました。

    2009.11.09 00:44 すみれ #n.R1x1CA URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する