調子の悪い子が増えた・・・

    事務所から駅のホームが見えるので見てみると、なんと黒山の人だかり!
    何かあったのかと見ていたら、来た快速電車にほとんどの人が乗ってしまい、後はいつもどおりの人ごみだった。
    いったいあれってなんだったんだ?と思いながらホームに上がると、「15時50分ごろ当駅であった人身事故により電車が遅れております」と放送があった。

    え?ここ??この駅なの??・・・そういえば、その時間にパトカーの音が数台分聞こえていた。
    窓からのぞくと真下には4車線道路が走っている。
    一方通行なのでよく見渡せるが、事故の形跡はなかったのでそのまま原因追求をせず・・・もしその時に駅のホームを見ていたら、現場は上り車線なので駅舎の屋根で見えないが、多くの人が走り回っていたのは見えてたはず。
    でもまさか電車に飛び込んだなんて思ってないもんね、だからいつも車しか見てないし・・・

    同じ日にもっと西のほうでも飛び込み自殺があったが、どちらも2~30歳の男性だったとか・・・
    そんなに若い人が自らの死を選ばないといけない社会、いたいどうなってるんだろう?
    若い人の働く場所がない就職氷河期と言われているし、給与の減額やボーナスの支給停止は当たり前になりつつある。
    このままでいくともっと不幸な人が増えてしまう・・・
    働く楽しみのない社会、働く意義のない社会、働く場所のない社会、未来のある若者たちが生きる望みをなくす社会であってはならない。
    今までが贅沢といえば贅沢だったかもしれないから、これからは限りある資源と認識し、物を大事にしていかないといけないよね・・・

    2月10日の日に夢子さんの横のベッドで寝ているミーをふと見ると、首をベッドのふちにくっつけて、まるで痙攣をしているような格好をしていた。
    ずっと歯肉炎が痛いので口をアグアグしていたが、のけぞった頭がひきつけているような・・・
    しばらくするとベッドから出て行ったが、歩くのがフラフラしていた。
    そして私のベッドに上がるのに何度も上ろうとするのだが、勢いをつけても上れない。
    何かの発作のようなので、翌日に病院へ連れて行こうと思ったら祭日・・・ネットで市内の病院を調べたが、やはりどこも祭日はお休みのよう。
    ミーは徐々によくはなっているようだったので、金曜日までは大丈夫だと思い待つことにした。

    しかし、あいにく12日の金曜日は入院中のばあさんの検査の日、私はいけないので次女に頼んでミーを連れて行ってもらった。
    状態から見ててんかんではないかとのことだが・・・この8月で16歳になるミー、もしてんかんなら幸運にも今まで発作がでなかったってことなのか・・・
    でも目が揺れていないし意識状態もクリアなので、なんかてんかんかな?とも思えるけどね・・・
    あれから2週間経つが、今も60センチくらいの高さに上るのに一度で上れない。
    何度か上り損ねたり落ちたりしているので、どこかの神経がやはりおかしいのか?
    まあいずれにしても16歳だもんね、どこか何か出てくるよね・・・

    甘夏の便秘も益々酷くなっている。
    その原因は甘夏が食べないことで、大匙1敗くらいのスープの中にモニラックを入れて飲ますのだが、それすら飲もうとしないから便秘が酷くなる。
    病院へ来る子の中でも一番の骨盤狭窄とか、それほど酷いらしい。
    とにかく食の細い子で、食べさせるのには苦労してきた。
    食事や薬の管理のためにケージに入れると、今度はストレスで心身症気味になる。
    しかも家庭内野良、いちいち網で捕まえるので余計にストレスがかかるし。
    ケージの中ではほとんど食べないんだよね・・・もうどうすればいいのか・・・分からんよ~!

    夢子さんも最近は特に多飲多尿気味になっているので、病院へ行き検査をしてきた。
    BUMが48でクレアチニンは2.1、やはり多少は悪くなってるよう。
    少し貧血気味だしで腎炎になってるね・・・
    まあ年齢的に20歳に近いだろうからしかたがないが、それでも猫缶をよく食べるので今すぐどうってことはなさそうだ。
    でもミーと夢子さんどちらもご高齢なので油断できないです・・・(^^;;;

    プロフェッサーぽんこ嬢の写真が届いているが、いやはやなんともユニークな模様の子なのに、写すアングルでこのような変化が(*^m^*) ムフッ
    お日様に当たって色が薄くなってるのでまるで別猫、だけどこの写真ではとっても賢そうに見えますが?(笑)

          お日様に当たるとあたしは別猫・・・(V^-°)イエイ!

    そうなんです、実はプロフェッサーはとっても賢いんです。
    こうやって「教授いすの上は誰からも邪魔されないことをよく知っていて、真昼間から快眠するぽんこ。」ということで、誰にも邪魔されずに爆睡できる場所を知っているんですもんね(笑)

          あたしの専用ベッドなの(^^ )ルン♪

    そして、研究室の教授の机の横にある窓は南向きで冬には特等席になる場所、しかも猫しか登れない位置にあるということで(爆)

             あたしね、お日様大好きなの♪

    冬のお日様の暖かさは本当に嬉しいよね。
    でも私は、日向ぼっこが仕事のプロフェッサーのことがとっても羨ましいのですが・・・時々代わってほしい・・・(爆)

    今ではすっかり黒糖兄ちゃんをお尻の下に敷き、家中を我が物顔で闊歩しているかりんちゃん。

             今から何かいたずらを・・・かな?(笑)

    でも・・・
    黒糖はもはやオッサン化してまして…
    オッサンもたまに切れます…ぉチビちゃんに(笑)
    本当に甘えたさん健在です(笑

    ということでして・・・何やらかしてるんだろう?(爆)

             甘えん坊さんが顔に出てるよ~(爆)

    あごの下に黒いものはっけーん!!
    何事かと病院で聞いたらアクネだったそう、しかも黒糖君にもはっけーん!!
    ニキビと聞いて・・・里親さんは「ニキビ…青春ですなぁ(*^^*)」ですと(爆)
    いやいや青春時代のお二人さん、これからもずっと仲良く(いたずらをして)ね♪

    2153:Re: タイトルなし

    甘夏は超がつくビビリンだから、保護したのが遅いと馴れないの。
    多分生後3ヵ月になってたんじゃないかな?
    ネーブルと一緒にしきっておいてたんだけど、そのときは抱いたり出来てたのに、ネーブルが里子に行ったとたんに家庭内野良に・・・しかも心身症気味になって食べなくなり、そして骨盤狭窄が見つかり・・・(*´ー`) フッ
    多分ネーブルといる時は走り回っていたから運動が足りてたし、ビビリンで誰かの側にいたい子は自分より大きな子がいると安心なんでしょう。
    なので里子に出すのは諦めた・・・

    でもね、どんなにビビリンな子でも乳飲み子から育てると人馴れするのよ。
    だから家庭内野良になる子はいないと思うわ。
    家庭内野良になる子は、性格もあり環境もありで一概に言えない。
    まあそれもその子の一生だけどね。
    人も動物も草木もみんな幸せに生きれるといいね・・・


    甘夏ちゃんはまだ若いから心配ですね、、、家庭内野良っ子かぁ。
    > 神経質な子にケージ内でご飯を食べてーって言っても、、、ねぇ。
    >
    > そういえば、うちのプチ野良っ子・ゆじゅやん、一年前くらいから2~3ヶ月ごとに点滴だー、注射だーと病院に連れていかれて、少し学習したようで、喉が痛い、口の中が痛いというときは、私のそばを離れません(これは逆に、捕獲担当のおとーやんから逃げてるという説もあったりしますが(笑。)
    > そんなゆじゅやん、恒例になった喉痛&声枯れでお薬入り猫缶+モンプチ(ドライ)ご飯を頑張って食べてます。。。
    >
    > 食欲があると、コチラの気持ちがずい分楽になりますね。

    2010.03.03 20:52 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2152:

    甘夏ちゃんはまだ若いから心配ですね、、、家庭内野良っ子かぁ。
    神経質な子にケージ内でご飯を食べてーって言っても、、、ねぇ。

    そういえば、うちのプチ野良っ子・ゆじゅやん、一年前くらいから2~3ヶ月ごとに点滴だー、注射だーと病院に連れていかれて、少し学習したようで、喉が痛い、口の中が痛いというときは、私のそばを離れません(これは逆に、捕獲担当のおとーやんから逃げてるという説もあったりしますが(笑。)
    そんなゆじゅやん、恒例になった喉痛&声枯れでお薬入り猫缶+モンプチ(ドライ)ご飯を頑張って食べてます。。。

    食欲があると、コチラの気持ちがずい分楽になりますね。

    2010.03.02 22:04 チャラ母 #- URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する