スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    やなぎのお届け

    20日の日曜日にやなぎのお届けに行ってきた。

           優しい手がたくさん♪

    ・・・んですが・・・ブログを書こうと思っていたのに・・・
    甘夏の便秘治療に病院へ行った帰り道、公園に差し掛かると子猫の鳴き声が~~~!
    車から捕獲器を取り出してきて仕掛けたのはいいけど、キャリーに入れた甘夏を連れている。
    急遽長女に電話をして見張りを頼み、いったん家に帰った。
    ・・・ということで無事保護は出来ましたが、ブログを更新する時間が無い!
    お届けの様子と子猫の続きは明日ですm(_ _)mゴメン

    ************************************

    一昨日からの雨のせいか今日はいやに寒い、風が冷たくて「本当に6月?」と思えるくらいだ。
    いきなり真夏日になったりするし、またいきなり今日のような寒い日になったりと、どうもお天気同様気温もかなり変化が激しくておかしい。
    こんなに異常なお天気の日が続くと体調を壊しやすいか、外の子達は人間よりもっと辛かろうに・・・

    今にも雨が降りそうな中を、本日はやなぎのお届けです。
    雨女の私ですが、梅雨の時は雨女だから雨が降ったと言われないのが嬉しい(爆)
    でも途中で雨がぽつぽつ、ん?やっぱり降るの?と思ったららすぐにやんだ!
    いやいや、やっぱい雨女とは言われたくない?(^^;;;

    今日は次女の車で行ったので、もちろん運転手は次女(笑)
    お届け先は姫路市なので、高速道路を使っていけばそれほど時間がかかる距離ではない。
    しかし途中の加古川バイパスがよく混むのだが、行きも帰りもぜ~んぜん混まず、おおっ!なんてラッキーなんだい!(⌒⌒)v
    だけど・・・始めて行く場所なので、途中で車を止めて里親さんに「ここはどこ?」と聞いてしまったのはなぜ?(爆)

    ご自宅の近くのコンビニの前で待ち合わせで、待っているとほどなくご夫婦で来てくださった。
    お若いご夫婦で職業はどちらも教師、元気溌剌の素敵なカップルだ。
    いやはや若いって羨ましい・・・いや違った~、素晴らしいだったっけ・・・(爆)
          
    やなぎはビビリンな子で、キャリーから出してやっても周りが怖くて肉球が汗をかいて湿っている。
    これは馴れるのに苦労するかな?と思っていたのに、里親さん宅についてキャリーから出してやるととっとと探検に。
    あれ?あれれれ?、あのビビリっ子はどこ行った?(爆)

          ぬいぐるみを狙うハンターの目・・・ってか?(爆)

    これは嬉しい誤算だ、なたねはお転婆なので気にならなかったが、おとなしいやなぎはやはり心配だったのに。
    隠れて出てこなくなるかと心配していたのが嘘のよう、なんとも嬉しい誤算だった(笑)
    てってけと足取りも軽く探検をするやなぎ、子猫はこうでなくっちゃ!

          パパが抱っこしたら・・・遊ぶからおろせ~! ヾ(ーー )ォィ

    目がいて間もなくから人の手で育っているので、基本的に人間が側にいれば安心するらしい(笑)
    里親さんはやなぎに猫ベッドやトイレを用意してくださり、馴れるまではと一部屋提供してくださっている。
    でも人恋しい子なので、静かにその部屋にいるかどうかは分かりませ~ん(*^^*) フフ

          ママの初抱っこ~(笑)

    猫初心者のご夫婦なので、これからきっと猫の魅力にはまられることでしょう!
    猫のいる毎日、楽しんでくださいね♪
    体は大きいけど気は小さい(多分)子なので、とても育てやすく扱いやすいと思います。
    やなぎを可愛がってやってくださいませ。

    そして帰宅後しばらくすると、早くも近況報告が(笑)

          遊びつかれておねむです~

    名前は・・名前はやなぎをもじらしていただいて、「やなぎん」に命名しました!
    ということです。
    余り発音が変わらないのでいいですね~

          赤い首輪が可愛いね♪

    30分ほど用意してもらった部屋でウロウロして、そして寝ちゃったとか・・・(爆)
         
    まだまだ2ヶ月ほどの小さな子なので赤ちゃんと一緒、食べて寝て遊んでと羨ましい毎日を送ってくれますよ~(^^ )ルン♪
    ハードなお仕事ですから、これからは猫に癒されてくださいね。

    *******************************

    そしてここからは22日(笑)

    甘夏の便秘がまた酷くなったので、便を出してもらいに病院へ行った。
    その帰り道、道路を渡って公園の入り口に差し掛かると大きな子猫の鳴き声が・・・「うっ、また子猫がいる・・・」
    公園に入り呼うと泣き声はぴたっ!!と止まる( ̄△ ̄;)エッ・・? 
    しばらく待ていたら少しだけ鳴いた、でもどこにいるか分からない。

    公園にはオカメ蔦を地面に這わしている部分が多く、しかも植えてから年数が経っているので私の腰くらいまで大きく成長している。
    この中に隠れられたら見つけられないよ?、ひょっとしてこの中に潜り込むのか?、蔦を眺めながらしばし黙考(爆)
    するとまた鳴き声が・・・慌てて今度は道路の路肩の植え込みの中を見に行った。
    そこで聞こえたような気がするんだけどな・・・
    仕方がないのでまた待っていると、今度は姿を現した~!

    公園の横を小さな川が流れている、川というか小川というか(笑)
    街中の雨水を集める溝の排水溝の出口が川の側面にあるのだが、そこにちょっこりと座っている白い姿が見えた!
    少し離れた場所に川への降り口があるので、そこからその排水溝のところまで行くと・・・ぴゅーんと奥に走って行ってしまった・・・
    これは手では捕まえられないと思い、車まで行き捕獲器をもってまた排水溝へ。
    もちろん奥のほうは真っ暗だしで姿は見えず、でもとりあえずは仕掛けておいた。

    そのまま様子を見ようと思ったが、キャリーに入れた甘夏を連れているし、途中で少し買った生鮮食料品も持っている。
    いつ出てくるか分からないので、このままだと甘夏が可哀想。
    甘夏は家庭内野良なのでネットに入れてるから、長時間になると苦しいだろうしね。
    ということで、いつものように娘にhelp(笑)

    月曜日は確か長女は何の練習もなかったはず、そう思い電話をしたら「今お風呂入ろうと思ってたところ」というので、「早よ服着て、ここまで来て」(爆)
    近くなのですぐに自転車で来てくれたので交代、排水溝の出口は大きいので、橋の上を通る人からは捕獲器が見えてしまうから見張っててもらわないと、もし盗まれて悪用でmされたら大変だもんね!
    ということでいったん甘夏を連れて家に帰り、しばらくして行ってみると・・・あらら、次女もメールで呼び出されてました~
    「さっきガチャンって音がしたで」「え?・・・入っとうやん!」「え?」(爆)
    中で暴れておりました~、でも喋ってないで見ててくれよ・・・( ̄ー ̄)ふっ

    うちの家が近いので連れて帰ったが、とにかく物凄いビビリンさんで、ケージを駆け足でよじ登っていた。
    次女が「小さいのにこのケージの段上れるの?」「あ・・・よじ登ってるから大丈夫か」(爆)
    かなり怯えていたからね、次女が触ったら咬まれた。
    でも「甘咬みの感じやった」ということで、大して血も出ていなかった。
    怯えて可哀想なので餌とお水を入れてそっとしておいたら、餌やりから帰ってきたら猫缶は食べていた。

    今朝は少し落ち着いたらしく、そっと捕まえて抱いてやったらおとなしくしている。
    う~ん、人間がまったく初めてではないようだ。
    だが夕方はまた逆戻り、猫ベッドやトイレの後ろに隠れている。
    引っ張りだしても必死で逃げようとするが、しばらくすると馴れて落ち着く。
    もう天然記念物並みのビビリンさんのもよう(爆)

    キジ白というか、キジぶちというか・・・この子です。

          まだ痩せていて痛々しい

    名前は、夏至の日に出会ったので「夏至」です←いい加減だ~(@^▽^@)ノわはは
    多分男の子・・・怖がって暴れるので抱く以外のことがまだ出来ない・・・
    体重は本日22日で754グラム、少し顔が細いので食べていなくて痩せたのだろう、通常の体重だと800グラムと少しくらいかな?
    だとするともうすぐ2ヶ月になるくらいの大きさだ。
    すぐに馴れてくれると思うから、この子もまた里親募集をしてやろう。

    この子は幸いにも保護されたが、もう数分鳴くのが早かったり遅かったりしたら私は気づいていない。
    この子のいた場所から2~3分も歩けば声が聞こえなくなる、ほんの僅かの数分の差で保護されるかされないかだった。
    しかも朝少し地面が濡れていたので、昨晩雨が降ったのだろう。
    雨水を流す排水溝だから、あのまま保護されていなかったら・・・雨の量が多ければ川に流されただろうし、雨の量が少なかってもずぶ濡れになり風邪をひいたことだろう。
    どちらにしても命が無かっただろうと思う。
    ほんの数分の命の分かれ目・・・

    そして終わらない里親募集・・・お願いだから捨てないで!、お願いだから野良猫という名前で呼ばれる子を作らないで!!

    2195:忘れてた・・・

    これ読んでみて。

    http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/06/post_a6bd.html

    http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/06/post_c577.html

    2010.07.03 02:02 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2194:Re: 来ましたね~

    クニちゃん逝っちゃったんだ・・・シロマメと同じくで、最後の姿を見せてくれなかったのね・・・
    でもそれがその子の意思ならそれはそれで良しだとね、きっとキレイな思い出だけを持っていて欲しいのでしょう。
    外の子に関わるとこんなことは日常茶飯事、悲しい現実もこうやって沢山あるけど、楽しかった思い出もまた沢山くれるもんね。

    茶トラ君は自分の寿命を知っていたので、もう他所に行きたくないと思ったのでしょう。
    長く生きてもほったらかしで、ほんのちょっとの愛情しか貰えない子もいれば、短くしか生きれなくても両手から溢れるほどの愛情をもらえる子もいる。
    短くしか生きれなくてもそれはその子の選択、意思は尊重してやらないとね。

    え~~~と・・・実は一昨日にまた保護しました~
    白い子でオッドアイ、可愛い顔をしてるんだけど・・・ちっちゃい声で「プッシャッハツ」ですと(爆)
    まあ何とか馴れつつあるけど・・・先の夏至も超臆病で馴れるのが遅いのに、この子もだとは!
    中々里親募集が出来ませぬ~_(_ _*)

    2010.07.03 01:51 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2193:来ましたね~

    運の強い子だ、きっと未来の飼い主さんはすでに決まっているに違いない(笑)。
    昨年、病院駐車場で保護した茶トラ・サビ姉弟。サビは貰われて、茶トラ君も決まりかけていたのが、その後に保護した黒猫デビちゃんと離し難くなり、姉貴の家猫になりました。田舎ゆえ、手術、ワクチンはきちんとしても出入りが結構自由で。先週、車に轢かれ亡くなりました。1才の誕生日をまたずに。でも、姉貴がうちの子にする、と言ってくれなければ、大きくなる前になくなっていた命。楽しいことの一つもない命だったでしょう。短くても大切に、自由に、のびのびと育ててもらったことに感謝です。大学の好々爺クニ爺も、夕方私を待っていた所を、不法侵入してきた車に轢かれて亡くなりました。すでに亡骸は処分されてしまい、どんなに探しても見つかりません。もう保たないと思われて2回厳しい冬を越しました。今年こそは保護しなくちゃ、と話していたところですよね。
    虹の橋は渡ってしまうと毛皮を着替えて生まれ変わるそうです(笑)。だから、先に逝った愛おしい子らには、橋を渡るな、橋のたもとで待つようにと厳重に注意しとります。

    2010.07.02 23:52 はなちん@びょーいん #NJsiWxd2 URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。