夢子さん永眠

    7月22日午前8時半ごろ、夢子さんが永眠しました。
    この夏前から崩していた体調が一気に悪くなり、多分20歳に近い年齢であろうと思われるので老衰が加速したようです。

    今月に入ってからはよくトイレの中で横になっていた。
    トイレに行ったのはいいけどそこから動けなくなった、そんな感じだったのだけど・・・
    多飲多尿は以前からだったのが、老衰が進みもっと酷くなったのでしんどかったのだろうね。

    1週間ほど前からはトイレに行き着くのさえおぼつかなくなり、手前で洪水にしていることが多くなった。
    21日からはいよいよ動けなくなり、ついにおしめをしてやった。
    もらしても拭けば済むこと、早くからおしめをして動く必要がなくなるとなおさら進行するので、出来るだけ自力で動かすようにさせていた。
    夢子さんはヨタヨタしながらでもトイレに行っていたという、とても頑張り屋のばあちゃんだった。

    食べることをしなくなったので痩せてしまった夢子さん、強制給仕をしたら怒る!怒る!
    多分自分の死期を知っていたのかな、お水すらシリンジで入れられるのを嫌がってたもんね。
    亡くなる前日からもう動けない、じっと自分のベッドで寝たきりだった。

          もう動けないね・・・


    28度に設定してクーラーをつけているが、体温が下がっている夢子さんには寒かろうと毛布をかけてやった、亡くなるまでずっと同じ姿だったので動いていないのだろう。
    数日前から体が硬くなり、そして体全体が冷たく感じられるくらい体温も下がっていた。
    老衰なので徐々に体の生体反応が消えていってたんだね。
    ほとんど苦しむこともなく、穏やかに彼岸に旅立った夢子さん。
    あけっちさんに作って貰ったお気に入りのベッド、いつもそこで寝ていたので夢子さんの旅立ちに持たせてやった。

          お気に入りのベッドと一緒に旅立ちです

    2008年3月16日に保護した夢子さん。
    その時は倒れる寸前だったので、もうだめだと思い見送ってやろうと保護したのだが・・・
    あれから2年と4ヶ月、たくましい生命力で生き抜いた夢子さん、あんたは偉い!( ̄^ ̄)v
    今頃は「あれ?なんだか体が軽くなったわ♪」と喜んでいることでしょう。
    あのマイペースぶりなら、何時だって何処でだって夢子ワールドを築けると思う・・・(爆)

    雫はカウントダウンが始まってるかもしれない。
    2日にデポメを打ってからもほとんど食べてないので、体は見る影もなく痩せている。
    皮下点を入れるのに捕まえても、力がないので簡単に捕まえれるようになった。
    しかしムササビのような子が簡単につかまるのもなぁ・・・なんか悲しいね・・・
    強制給仕でニュートリカルを飲ませるが、口を開けないし暴れて顔を背けるしで飲まない。
    もう仕方がないから好きなようにさせている。
    これもあの子の命運、自分で選ぶのなら仕方がないか・・・

    2220:Re: 猫生いろいろ

    どんな色柄でも、血統書があろうと無かろうとも、家猫でも野良猫でも、何があっても猫は猫。
    どこに線引きをして差別をするか?
    哀しいかな、ことほど左様に人間とは選り分けが好きな生き物ですなぁ・・・
    まあいいけど(笑)

    あんちゃんは意外とミーハーかも?
    「なぁなぁ、顔やお金で騙されたらあかんでぇ~、男は根性や!やる気や!んでもって一番は優しさや!。彼氏にするんやったらそんな男にするんやでぇ~」と娘さんに教えてるかもしれない・・・(爆)
    関西弁は関東では怖く聞こえるらしいから、あたしゃディズニーランドでむかつくおばはん二人組に、関西弁でいっぱい文句言いましたさ!(⌒⌒)v
    そそくさとどこかへ行ったけど、だったら初めから文句言うなよなっ!←なぜか喧嘩っ早い私・・・(^^;;;

    あんちゃんはそんな関西の下町で育ったので、ある意味おもろい子になるかも?(笑)
    おとぼけ顔に見えるのに根性はバスケットボール並み、それが関西のおばさんです~(爆)
    こちらにいるあいだに、親子ともども強く逞しくなられることを祈っております←ヾ(ーー )コラコラ

    2010.07.26 21:03 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2219:猫生いろいろ

     前にゃんは 血統書付の売れ残り。今にゃんは 保護猫。
     日本は(一応)法の基に平等ですが、ペットの世界は 「育ちより氏」ですね。
     
     あんちゃんは 関西人の女性だからか、すんごいおしゃべりで、特に電気が消えてからのガールズ・トークがすごい(^^) 娘が「あんちゃんは絶対関西弁でしゃべってる」と、アテレコをして笑わせてくれます。

     出産経験もあるし、もしかすると前のオトコの話をしてくれてるのかもしれないし、歳が近いと思われるムスメに『いい男の見つけ方』を教えてくれてるのかもしれません。

     あんちゃん、黒目が大きくて、アドレナリン大噴出の時や暗いとこでは、目がまん丸になり、可愛いこと可愛いこと(#^^#) 「可愛い可愛い。いい子いい子」と言い続けて、ずっと一緒に暮らしていきたいと思っています。

    2010.07.26 17:40 あんちゃんの里親 #bM4TJFTs URL[EDIT]
    2218:すみれさん

    そう、正に大往生なんですよ。
    命の炎が静かに消えていく、そんな感じの逝きかたでした。
    保護時に酷い鼻気管炎に罹っていたので、その後遺症の鼻づまりで苦しんだけど、そのほかは全くのマイペースな子だったんですよ。
    他の子が威嚇しても「はぁ?それが何か?」、餌を取りに来ても「欲しいの?、だったらあげる」
    でもベッドを取られたときだけは、その横でじっと開くのを待っていたという・・・つうか、睨みを利かせてどかせた?(爆)
    病院へ行ったり爪を切るときは、「なにするねん!!」と咬むし~!、ばあちゃんそりゃないでしょ・・・ ( ̄w ̄)ぷっ
    実にユニークで楽しい子でしたよ。

    猫も人と同じで個性様々。
    その子に合わせてやるのもまた愛情でしょうね。
    無理せず自然体で、コレが一番ですよ~

    2010.07.26 11:52 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2217:

    ろうそくが消えていくように命をもやしていったんですね。
    口や手の汚れ具合が亡くなる前のくじらくんと同じだなあと思っていました。最後までがんばったんですね、夢子さん。
    うちにも老後の見えているまいちゃんがいます。
    pepeさんみたいに心をこめて最後までお世話できるといいと思います。

    2010.07.26 01:25 すみれ #tppFqYSw URL[EDIT]
    2216:あけっちさん

    夢子さんのあのベッドね、梅雨が明けてので洗ってたの。
    その中にすっぽり納まって逝ったわ。
    なにせ気にいってて、年中あのベッドから出てこないのよ(笑)
    体がすっぽりと丸まって居心地がよかったんだろうね・・・作ってくれてありがとうね。

    家庭内野良は捕まるのが大きなストレスになるのよ。
    だからあんこも体力が無くなって、麻酔をかけたら目覚めなかったの。
    でも雫は胸水が溜まって抜かないといけないじゃないから、あんこよりはましかもしれない。
    皮下点の時も上半身はすっぽり布で覆ってやると、動きたくても動けないので大丈夫よ。
    猫は暗闇になると動けないからね。
    100均で60×60の目の粗い洗濯ネットを売ってるけど、そのサイズが網からネットに入れるのにちょうどいいサイズだから、行ったときに買っとけば?
    それともやはり目の粗い毛布ネットでもいいし、入れてから必要な長さを結べば融通が利くわ。
    などなど・・・色々と苦労してまふぅ~(爆)

    2010.07.25 16:22 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2215:しろりんさん

    いやいや本当に不思議な子で、飄々と生きているという言葉がぴったりの子でしね。
    我欲を欲せず物に執着せず、出されたものを喜んで食べ、一つのベッドを終の棲家とし、寝たいときに寝て起きたいときに起きて・・・まさに仙人(仙猫?)のような生き方でした~(爆)
    いつもマイワールド、環境に流されることも無く出来事に埋まることもない。
    いや~、時々「夢子さんって本当に猫か?」と聞いてたのよ(笑)

    雫はほんの2~3粒カリカリを食べてる程度。
    点鼻を教えてもらったから早速買ってきて、さっき2滴ずつ鼻に入れてやったんだけど・・・
    a/d缶の強制給仕も、ほんの数回舐めただけ。
    家庭内野良にはどうすりゃいいんだよ~

    2010.07.25 16:15 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2214:

    夢子さん、お疲れ様。。。
    マイペースナ夢子ばぁさん、pepeさんに出会えた事で天寿を全うできて幸せでしたよね。
    夢子ばぁさん、安らかにね。。。

    雫ちゃん、辛いね・・・
    家庭内野良の子は、人に触られる事だけでもストレスになるから、
    強制給仕やお薬など色々出来る事をしてあげたくても、悩みますよね。。。
    我が家にも数匹家庭内野良っ子が居るので、ホント調子悪くなるとどうしようかと悩みます…

    2010.07.25 13:31 あけっち #dDm6s.8Q URL[EDIT]
    2213:

    夢子さん、本当に不思議な猫さんでしたね。
    運命の流れに身を任せているようで、でもけっして飲み込まれることは無く
    時にはしっぽや片足でヒョイッと舵を切っていたんじゃないかという感じ(笑)
    あの偶然過ぎる!出会いも一瞬の判断でこの人だ!ってpepeさんにむかって
    舵を切ったんですよ、きっと。
    夢子さん、おつかれさま。pepeさん、たくさんたくさんのお世話ありがとうございました。

    食べてくれない子、食べられない子…どちらも同じように不憫です。
    命をどう繋ぎ、どう見守っていくか、…日々迷っています。

    2010.07.25 08:15 しろりん #HuTodn/6 URL[EDIT]
    2212:Re: おつかれさん

    ほんとにね、自転車を置いてから歩いているほんの数十秒の間に出会ったわけで、これが何秒か早いか遅いかだと出会ってなかったわけでして・・・
    意識朦朧だったらしく、抱き上げても4本の足を動かして歩いていた夢子さん。
    よく見るとえらくお年寄り、何だってこんな歳のいった子がこんな所にいるんだ?と驚いたわ。
    引越しで置いて行ったんだろうけど、長年一緒にいた子を平気で捨てていけるその神経に、無性に腹が立った。
    でもほんの数十秒の間に出会ったってことは、夢子さんからhelpが出てたのかな?
    何ともユニークで可愛いばあちゃんだった夢子さん、何か色々と教えられる子でしたわ。

    お陰様で亡くなる前日までお水を入れてやれたので、全く苦しむことなく逝けたのが嬉しい!
    今頃は「この背中の重いのは何?」とお怒りかも(笑)
    いつもいつも本当にありがとうです<(_ _)>ぺこっ

    2010.07.25 04:22 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2211:おつかれさん

    夢子ばあちゃん、おつかれさんでした。
    思えば貴方も猫の神様に教えられて、pepeさんの元に来たのでしたね。幸せな晩年でした。
    いつも、生かしているつもりが、生かされてるという現実。何か大切な物を見直すために、遣わされたんじゃないかと思うこのごろです。
    何か要りようでしたら、連絡くだされ。

    2010.07.24 23:15 はなちん@びょーいん #- URL[EDIT]
    2210:こまさん

    こまさんすずが人馴れしてない子だったので大変だったでしょ?
    私はただ今家庭内野良の雫と格闘中・・・でも血が噴出すような酷い口内炎持ちの子だから、食べさせれないので難しいわ。
    まあ私は本人の意思に任すから、雫の好きなようにすればいいと思ってるの。

    夢子さんのような生き方が出来るといいのにね。
    天井天下唯我独尊・・・ほんとマイワールドの中に浸っていたい・・・(笑)

    お互いまだ気が抜けない子がいるけど、これが最後じゃないから頑張らないとね。
    でもまあ無理をしないように、若くないんだから←私に言われたくないってか?(爆)

    2010.07.24 14:29 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2209:みゃ~大工さん

    夢子さんは耳が聞こえないのでなおさらマイワールド、周りで喧嘩をしようが遊んで走り回っていようが、我関せずでグースカ寝てたわ(爆)
    ある意味羨ましい性格でもあった子で、亡くなるのも自分のペースという徹底振り。
    もう何をか言わんやですわ~

    雫は近づけば逃げるので何も出来ないの。
    よだれも酷いし食べられないしで辛いだろうに、こちらも違う意味のマイワールドの子だから仕方が無いわ。
    クーラーが寒いのかベランダにいるけど、痩せて骨だけの体だもんね、仕方ないわ・・・

    2010.07.24 14:19 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2208:

    pepeさん、お疲れ様でした。
    夢子さん、面白くて好きでした。

    具合の悪かった「すず」も旅立ちました。

    やはり、弱ってきている人間、動物たちは、この時期はきついのかもしれません。

    ・・・夢子さん、安らかに・・・。

    2010.07.24 08:02 こま #- URL[EDIT]
    2207:

    夢子さんの大ファンでした。
    夢子さんが最期苦しまなかったとのお話が慰めですが、
    pepeさんから夢子さんのマイペースぶりなお話が伺えなくなるのが残念です。
    出会いのタイミングが強運の猫さん、pepeさんに出会えて幸せな晩年だったと思っております。

    家庭内野良さんの雫ちゃんのお口痛いからの衰弱、これは悩ましいお話です・・・。
    食べれないでお腹と体重を減らすねこさんを目の当たりにするのはかなり辛いです。
    pepeさん、お世話本当にありがとうございます。

    2010.07.24 08:01 みゃー大工 #sSHoJftA URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する