前足が麻痺した子猫

    12月も下旬に入ろうかというのに、なんとも生暖かいと言うか気持ちが悪いと言うか・・・
    暖かくて嬉しいと素直に喜べばいいのにね(笑)
    でもね、欧州では異常寒波で生活が大幅に乱れているそう。
    そのうちに日本にも同じような寒波が来るという話なので、この異常に暖かいお天気を素直に喜べないんですわ。

              雪のカオス  
     
    文明社会は交通が麻痺しただけでたちまち崩れていく・・・
    現代人は寒さに耐性がなく暖房に頼るから燃料不足、自家生産で自給自足の出来る人がごく僅かだから食糧不足、水道管の破裂や電線の切断などのインフラの停止、などなど・・・
    まさにカオス!
    地球が供給する化石燃料はもう底をついているという話だが、代替になるフリーエネルギーがもうとっくに開発されているはずなのに公表されない。
    ごく一部の人たちのためにフリーエネルギーはあるんじゃないのに・・・

    6日月曜日に、夕方帰ってきて間もなく長女から電話があった。
    長女の家の庭では今3匹の子が食べに来ているが、その餌入れに顔を突っ込んで子猫が食べていると・・・
    いや、それだけだったらいいんだけど、「何か足が動かんみたい」と言ってるじゃないですか!
    「モモの時みたい」とのことなので、前片足が麻痺して動いてないってことらしい。
    で、その次のお言葉が、「8時に友達とご飯の約束をしてるから、病院へ連れて行ってくれへん?」ですって・・・
    その時はルミナリエ中、まあ仕方ないかと病院へ連れて行きましたさ(笑)

             なんで手足が真っ黒けなの?

    体重は770グラムで生後2ヵ月前後、先祖に洋種が入っていそうな丸顔の可愛い顔をしたキジ白君。
    触るとゴロゴロ言いますが?
    状態は、右前足の足先を強く押しても痛がらない・・・あれまあ、麻痺してますわなぁ。
    右ひじの中側と左肩に傷があり、左肩は青あざになっているそうだ。
    車ではなくて自転車などに轢かれた?って感じらしい。
    こんなに小さいと車に轢かれたら跡形も残らないもんね、多分自転車にぶつかったんだろうね。

              少し落ち着いたかな?

    保護時は手足は真っ黒!
    病院で洗ってもらったのに落ちない、どこにいたんだ?
    しかしその体でよくぞ長女の家の庭の餌場を見つけたもんだと感心、やはり生きる力のある子は食べ物への執着が強いのだろう。

              プーパパと一緒だと安心?(笑)

    プーさんが子猫たちの部屋に入ってきてベッドを占拠して寝ていたので、その横に置いてやると喜んで一緒にいる。
    もっとも若かりしころは保父猫さんとして活躍したプーサンなので、子猫もそれが分かるのか安心して喜んでいた。

    猫じゃらしを振ってやると、麻痺したほうの前足でたまをとる。
    まるで麻痺が感じられない手の出し方だが、どうも見た感じからはひじから上は筋力があるので麻痺してないのかも?
    う~ん、よく分からん・・・もう少し様子を見て、どれくらい回復するかマッサージなどを試してみようかな。
    動きは右ひじを床について歩いているので、足先はやはり麻痺してるのだろう。
    親指(?)の爪もつぶれているので、やはりぶつかったか挟まれたかかなぁ・・・

    長女の家のケージは小さいので、上り下りなどの上下運動があまり出来ない。
    今は成長期だからね、出来るだけ動くほうがいいのでしばらくうちで預かることにした。
    他に子猫がいるので遊ぶといい運動になる、それで筋力がつけば麻痺した足の補助効果も強くなるだろうし。
    右前足を切断手術をしたモモは、その右前足の代わりもしている左前足が後足より太い。
    1本の足で2本分の活躍をしている、やはり動物たちは偉いね~!
    だからガンバレちびすけ!

    久しぶりに茜ちゃんと青葉君からのお便りが届いた。

                 いつも一緒♪

    人間大好きの茜ちゃんは、写真を写そうとすると動き回って写せないとか(笑)

                 幸せそうな青葉君(⌒^⌒)b うふっ

    おっとりの青葉君は、日向ぼっこでウトウト、気持ちよさそうなところをパチリ♪

    お姉さん一家や里親さんのご両親たちに毎日遊んでもらい、とても可愛がって貰っている茜ちゃんと青葉君。
    こんなに幸せな子達を見ると、保護してよかった!里親募集をしてよかった!
    本当に励みになります、ありがとうございます<(_ _)>ぺこっ

    ジジちゃんからのお便りも久しぶり、でも7年経ったんですよ~と言われ「え?もうそんなに?」
    まさに光陰矢のごとし!(笑)

    里親さんからこんな嬉しいメールをいただきました。

    昨年、11月26日にベルが急に亡くなってからジジは一人で注目のまとでしたが、今年の9月にボーダーコリーのマメゾーくんが家族になりました。
    ジジと仲よくなれる犬とまた一緒に暮らしたいとずぅーと里親募集で探していたのですが、ボーダーコリー専門のレスキューをしているNPO団体のホームページでマメゾーを見つけ応募しました。
    推定3才、男の子です。
    6月に三重県の保健所で殺処分寸前のところを保護したとのことです。
    9月6日からトライアルで、19日に正式に譲渡してもらいました。
    ジジは10月の半ば頃までは近づけないでいましたが、マメゾーは大丈夫とわかったようで、今ではベルの時と同じようにしています。
    ただ、ベルより小さいので、お腹の中で寝させてはもらえないのですが・・


       

    お届け後は、とてもおとなしいラブラドールのジベルちゃんと兄妹のように暮らしていたジジちゃん。
    やはり一人は寂しいよね、お友達が出来てよかったね♪
    マエゾー君を助けてくださってありがとうございます<(_ _*)>ぺコリ

    しかし、なんだってこんないい子を保健所に連れて行くんだ?
    ボーダーコリーは賢くて飼いやすいのに!!(怒)
    犬も猫も単なる「物」じゃないんだよ、生きている生きものなんだよ!
    まるで要らなくなったものをゴミ箱に捨てるように、簡単に保健所に連れて行けるその気持ちが分からない!

    いくらいい人だと世間で言われていても、植物や動物に対する扱いを見ていたら、その人の隠れた(隠している?)人となりが垣間見える。
    生き物に対する扱い方はその人の本性の一つ、対面を取り繕うために作って作れるものじゃない。
    だから私はいつも注意深くその人となりを見ている。
    人の基本は優しさ、これは作って作れるものじゃないからね・・・
    この基本の優しさから派生する考えは、決して争いを生じない。
    争うことは無駄なこと、競うことも無駄なこと。
    穏やかで調和の取れたアクエリアスの時代、優しい日々を過ごしたいもんですなぁ・・・

    2264:Re: かわいい子猫ちゃん

    キジ白の子は超ビビリンの子が多いけど、この子もどれだけビビリン坊やか・・・
    なのにそんな足でよくぞ餌場を見つけたもんだ、なんてへんな感心の仕方をしてるの(笑)
    先日は痩せていてワクチンを打てなかったので、今日打ちに行ってきたんだけど、帰ってきてから熱を出しているのかおとなしいわ。
    もうね、どれだけ臆病か・・・お水をスポイトで口に入れてやったら飲んでるから、明日になれば回復してるでしょうよ。

    でもね、こんな子が片足麻痺になって必死に餌を探してたのかと思うと可哀想で・・・
    麻痺はどうも肘から先のようなの。
    肘の内側のキズを舐めて広げるから、今はくっつく包帯をしてるから怒ってる(笑)
    麻痺していても肘から上は何とも無いので、キズがむず痒いのかも?
    当分子守りが続くので、お正月どころじゃありません!(爆)

    2010.12.22 02:07 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2263:かわいい子猫ちゃん

    ひどい目にあったけど、
    がんばってごはん食べに来て、娘さんの目に留まった・・・
    えらいですね。

    うちのベルちゃんも後ろ片足変形で使えないけど
    3本足で走り回ってます。
    ちびちゃん、逆境に負けないいい顔してますね。
    いいご縁がありますように。
    この子は福猫だと思うな~

    どの子もかわいくて、
    6ニャンの子持ちでなければ
    立候補したいところです。

    2010.12.21 00:14 すみれ #n.R1x1CA URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する