ミーちゃんの右目が潰れちゃった・・・

    右目が段々と萎縮していたミーちゃん、ついに角膜に穴が開いた・・・
    病院へ連れて行くのにキャリーの中で鳴いていたが、どうも自分の爪で引っかいたようだ。
    右の歯が痛いらしくずっと前足で口をかいているし、同じ右目が悪いしで一緒に引っかいたか?
    右目が真っ赤に内出血していたのに、治療中だったのに・・・

          悪い方の口も曲がっちゃった・・・

    歯を抜いてやりたいが17歳の年齢なので麻酔が怖い、その上前回年齢制限だ~と言って歯を抜いてもらったときに、出血が止まりにくかったそうなのだ。
    そうなると危険度がぐんとアップする。
    しかも体重は2.5キロしかない、食欲はありよく食べるのだが、食べているように見えても食べる絶対量が足らないのだろうね。
    かといって強制給餌をするほどでもない。
    うっかり強制給餌をすると、嫌なので今度は食べ物に恐怖心を持つかもしれないし・・・まあ、ノーテンキなミーちゃんは大丈夫だと思うけど(笑)
    だから歯を抜くことにも慎重にならざるを得ず・・・かといって歯が痛いので口の横の毛は抜け、まるで髭のように横の方に引っかいた後が残ってる・・・

    目が悪くなった原因は分からない、ひょっとしたら今回と同じく、口の中が気持ち悪くて引っかいていて目に当たったのかもしれないし、内出血があったように高齢なので血圧が高くなったりしたのかもしれない。
    昨年亡くなったゴマも目が無くなった。
    目から膿が出ていたというので、目の中がかなり化膿していたのだろう。
    抗生剤の目薬と炎症止めの目薬を貰い、注射はコンベニアを打っている。
    病院が近ければ毎日通えるが遠いし、なによりまたキャリーの中で怒って目を引っかかれても困る。
    でもそれも無理なようなので、目薬を差して点滴を入れるくらいしか出来ないね・・・という、なんとも困ったことになっております・・・

          自分で引っかくかね・・・

    年齢的にも無理ないか、そう思えるのだけど・・・
    同じ歳のプーさんは、痩せてはきているけど元気だ。
    人と同じで個体差があるのは仕方がないが、たまたま3ヶ月違いくらいでいるのでつい比べてしまう。
    歩くときもヨロヨロと今にも転びそうだし、私のベッドの上に上がるときも落ちるし・・・
    何度かはずみをつけてやっと上がれるが、それも出来なくなるのは時間の問題だろう。
    毎年のように老猫を見送るが、長く生きれたことを感謝しなきゃね!
    ミーちゃんもあとどれだけ生きれるか分からないけど、右目がこれ以上酷くならないようにと祈るしかない・・・

    2349:丹波のおじさん

    いつもご心配頂きましてありがとうございます。
    原因が分からないままに目が潰れてしまいましたが、動物は目が見えなくても普段と変わらない動きが出来るので、ミーちゃんちっとも困っておりません(笑)
    でも木曜日の夜に流血!
    どこからの出血か分からないので、見ようとしたら逃走され、やっとカラーをつけたらストレスで怒られ・・・やむなくカラーは諦めました。
    翌日次女に病院へ連れて行ってもらったら、眼球ではなくて目のフチを引っかいたらしいそうで、ちょっとホッ!です。
    歩くのは腰砕けだけど食べることにはかなり意欲的なので、このままで推移してくれるといいんですけどね・・・

    2011.09.03 11:57 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2348:No title

    はー  痛々しい顔ですね 顔も歪んでしまって  さぞ痛くて辛かろう それを介護するpepeさんは さらにお辛いこととお察しします  私もミーちゃんがそれ以上ひどく痛くならないよう 祈っときます 

    2011.09.02 20:58 丹波のおじさん #- URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する