見つかった~!

    先日長女の職場で子猫が生まれ、親猫が移動させてしまったという話・・・その子猫たちは、ついに御用となりました(笑)
    でも残りは4匹だったのに、今回は3匹だけで1匹はその後親が連れて逃走したらしい。
    ここ数日夜間は寒かったからか、親猫は子猫たちをボイラー室に移動させていたようだ。
    昨日の朝から捕り物が始まったと長女から電話があった。

    生後1ヶ月くらいなので簡単に捕まえられるが、その生後1ヶ月という小ささのために隙間に入られると逆に捕まえられない。
    3匹は何とか御用になったが、残り1匹が出てこなかったそうだ。
    よほど用心深い子かビビリン虫か・・・とにかく餌だけ置いて様子を見ていたら、そのうちに泣き声も聞こえなくなったそうだ。
    多分親猫が連れていたったんだろうね。
    「ふんっ、なんだってうちの子たちを捕まえるのさ!、せっかく親子で仲良く暮らしていたのに!!(怒)」と親猫が怒っているかもしれない・・・(^▽^)o キャハハハ

    黒猫の男の子と女の子、そして実にユニークな模様のサビの女の子(笑)
    仕事帰りに見に行くと、ケージを覆っている布を開けたとたんに消えた~!
    でも逃げ遅れたのがいる、黒猫の女の子だが・・・どこへ逃げればいいのかとびっくり顔。
    その横では、黒猫の男の子がトイレとダンボールの隙間に入り込み隠れたつもりでいるもよう・・・(爆)

          小さくなって隠れているのが男の子(爆)

    あれ?サビがいないけど?と探したら、トイレの奥の僅かな隙間にスライムのように伸びて隠れていた(^m^ )クスッ
    さすがに外にいただけあって隠れ方が上手い!
    小さいくせにプップッと火を噴いているけど、咬むわけでもないしでちっとも怖くないぞ(笑)
    捕まえて3匹並べたら・・・

          真ん中のもっこりが男の子(爆)

    真ん中でもっこりと膨れて隠れているのが黒猫の男の子、体はでかいくせに肝っ玉は極小サイズのビビリンらしい(笑)

          微妙に目をそらし(笑)

    微妙に目をそらす黒猫の女の子、横目で様子を伺う黒猫の男の子。
    しかしこのサビの子は賢い!
    捕まえてから背中を撫でてやり、ダンボールの中にいた黒猫の女の子の横に置いてやったら、その後は怒るでもなし逃げるでもなし・・・
    捕まえたときに酷い扱いをしなかった+背中を撫でてくれた+ダンボールの中に入れてくれた、この一連の動作で危害を加えられないと理解したらしく、ハウスの中にずっといた。
    いやぁ~、サビっ子は賢いのは分かっているが、この子は模様もユニークだけど性格もそのよう(爆)
    こういう子は、ペットではなくて人間のいい「お友達」になれるんだけどね・・・

          捕まっちまいました・・・

    この子達を保護したので、急遽長女は先日親猫の忘れものになっていたふたばのお届けをした。
    職場の人に貰われていくし、家も自転車でいけるくらい近くだから気が楽なお届けだ。
    生後数日から人の手にかかっているので、ふたばは強烈な甘えん坊さん。
    とにかく誰か部屋に入ってくるとケージから出せだせと暴れ回り、出したら出したでくっついて回ってくれる。
    間違えて足を踏んでギャーといっても、すぐに後追いをしてくるので危ないったらありゃしない!

          ボクお婿に行きました~(*^ー゜)v

    この子達は兄弟だ、でもふたばは人の手で育った子で3匹は親と一緒に育った子たち。
    その差は体型に現れていて、ふたばはポニョポニョでふわふわのボディ、かたや3匹は小さいくせにしっかりと筋肉が付き、固いボディの持ち主になっている。
    それに顔つきもノホホーンとした表情のふたばと違い、この子たち3匹の表情はかなり厳しい。
    こんなに小さな時から、外の脅威のために体つきも表情も違うんだねぇ・・・

    ふたばは生後数日後の保護だったので完全に乳飲み子だ。
    職場から家は近いけど、毎日帰るのは大変と子連れの同伴出勤をしていたらしい(笑)
    トップの人が猫好きで理解があるというラッキーさ、まして職場で保護した子だし。
    子猫は動き出すとケージに入れられるが、余りに小さいと一人では置いて置けないもんね。
    そして今回のボイラー室での捕獲大作戦・・・皆さんほんと協力的ですわ~(笑)

    親猫に似たキジトラは3匹いるそうで、うち1匹は引越しで置いていかれたらしく人馴れしているそうだ。
    昨年もメスがいたので捕獲して手術しようとしたら、車に轢かれてしまったらしい。
    猫に優しい地域ではないからね・・・それが問題なんだけど・・・
    まあとにかく、今年の未避妊の子達は新しく入ってきた子か、それとも今まで人目につかなかった子か知らないけど、捕まえて手術しないとまた秋に生んじゃう。
    子育てが終わっても親猫の捕獲が待っている長女、まあ頑張ってくだされ~\(^ ^)/

    2420:取りこぼすと・・・

    私今まで何してたんだろう・・・と悪寒が走ります(笑)

    今回の子達の捕獲には職場の人たちが協力的で、つうかボイラー室に居座られたら困るもんだから、仕事の合間に皆さん励まれたもよう。
    そして、捕り物の成果は長女のところへ納めに来るんですわ(笑)
    今回1匹取りこぼした子も捕まるといいんだけど・・・もし女の子だったらと思うと・・・ぐやじいぃぃぃ~~!ってことになるかも?(爆)

    すでに「ぐやじいぃぃぃ~~!」状態のお友達宅、これからのことを思うと「ご愁傷様です」o(^▽^)o キャハハハ
    お土産が足らなくなった頃に現れたら、子猫もすでに大きくなっているという・・・外で逞しく生きている子は賢いからね、人間のすることのほうが後手に回っちゃう。
    こうなりゃ覚悟を決めて、もう根性で頑張ってくださいませ~( ̄^ ̄)v

    2012.06.10 01:57 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2419:

    ご無沙汰してますー。長女さん、捕り物お疲れさまでございました。
    近い将来、梵天丸×私○もかくありたい…。
    捕りこぼしたぽぽのすけのねーちゃんだか妹だかが舞い戻りましてご出産(号泣)
    友人から悲鳴の電話が入ったその日に、仔猫連れて逃走…現在に至ります。
    母猫は食べに来てる&お土産要求してるらしいので、仔猫たちも連れてきてくれると
    いいんですけどねぇ…はぁ…
    終わらない…というか、去年より増えていることにメマイ…orz

    2012.06.09 14:58 しろりん #HuTodn/6 URL[EDIT]
    2418:Re: センター

    そうなんです、猫を沢山見てくると、行き着く先は・・・そうなんです、世界にひとつ!の模様の子がいいです!(爆)
    白黒やキジ柄のブチ猫、また面白い模様がわんさかですよ~♪
    サビっ子、これまた奇々怪々な模様の子が噴出中・・・(@^▽^@)ノわはは
    見た瞬間に「この子うちの子」と分かる模様の子がいいですね~

    さびぃちゃんの模様は、本来は3色がくっきりと分かれてるんものなんですが、最近はかなり色が混ぜ混ぜ状態になってますね。
    中でも茶トラのDNAが強いのか、所々に茶トラの出てる子がいるんです。
    でもね、最近ではその茶トラのDNAがあまり出てない???・・・なぜだ???
    茶トラは作られた模様、そして外来種 ← ← ← ってことは、セイタカアワダチソウと同じで、自らの出す毒気に当てられたのか?、はたまた古来よりの日本種のDNAが勢いを盛り返してきたのか?
    茶トラ模様の入ったサビっ子を、最近はあまり見なくなった様な気がする・・・

    あんちゃんのように黒勝ちの子か、それともグレーっぽいパステルの子かって感じで、以前見たことのある右前足だけが茶トラなんてサビの子は見かけなくなりましたね。
    ほとんどがジャンクといわれて未解明なDNA、猫の世界も同じかも?
    だったら、これから開いていくジャンクDNAが見れるのもこれまた一興かと・・・(笑)

    2012.06.08 01:22 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2417:センター

    世間では誰がセンターを取るのか社会問題になって視聴率を稼いでいますが、なぜ さびぃちゃん は、このようにセンターくっきりの子が多いのでしょう?
    発生学的なものなのでしょうか?

    そもそも さびぃ は、「何柄になろうかなぁ。黒かなぁ、三毛かなぁ、茶白もいいなぁ~」とお気楽に悩んでいる間にママが産気づき、ええいっと迷いに迷ってぐぢゃぐぢゃ模様で生まれてきちゃった感 があるのですが、逆にキッパリと何の迷いもなく「あたしの顔のセンターはここやねんっ。何か文句ある人いるのんっ?!」としてる さびぃちゃん、結構いますよね。

    由緒正しきにゃん は、柄はどれも一緒ですが、さびぃ は、世界に1匹しかない模様が楽しいですよね。

    2012.06.07 14:08 あんちゃんの里親 #bM4TJFTs URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する