自然に・・・って?

    職場の近くに2003年4月に避妊手術をしてやった子がいる。
    とても大人しいので、周りの人に餌を貰って今まで生きてきていた。
    2003年当時はその近辺に多数の猫がおり、いったいこの辺はどうなってんだ?状態だった。
    そんな中で、今回保護した子を含め5頭の子がいつも同じ場所で餌を貰うのを待っていたのだ。
    しかし避妊や去勢をしている様子も無い。

    外の子で固定の餌場を持っている子は本当に恵まれた子、でもそんな子でもTNRをしてもらっている子はほんの一部でしかない。
    避妊手術をしないと増えることを言っても、そんなことは意に介さない餌やりが多いのは、今も昔も変わらないんだよね・・・
    私はそんな子を見つけると、餌やりさんには黙って順番に手術をしてやる。
    その子達もそんな子達で、せっかく餌場を持っていても無限増殖し、結局は猫嫌いの人たちから苦情が出てしまうことだろう。
    そうなる前に、無理解な餌やりなどほっといて黙って手術をしてやるほうがその子達のためにいい。

    手術した子もその後1匹減り2匹減りして、今はキジトラの女の子が1匹残っているだけだった。
    じっと餌を持ってきてくれるのを近辺の駐車場の中で待っている、とても臆病で大人しい子なのだ。
    その子が3月に酷い鼻気管炎になっていた。
    お昼休みに餌をやりに来ている人に聞いたら、ずっとお世話をしている人がいて病院も連れて行ってるとか・・・
    それなら手出しはしなくていいかと、とにかく薬だけ渡して帰った。

    しかし鼻気管炎の後遺症は酷く、その後は鼻づまりと涙目でいつもズビズビいっていたのだが・・・
    15日に見たときはかなり酷くなっており、う~んな状態だった。
    それでも病院も連れて行ってもらっているし、お世話をしている人がいるしと思って帰ったのだが・・・
    18日のお昼休みに見た時には、もうかろうじて生きてる状態!
    これはいかんと餌をやりに来る人を待って、「この子連れて帰るからね」と持っていたナイロン製のエコバッグの中に押し込んでつれて帰ったが、そんなちゃちなバッグに入れても暴れられないくらい衰弱していた・・・

    餌やりに来ていた人に、いつもお世話をしている人の携帯電話の番号を聞き連絡したが不在だったので、とにかくこのままだと死んでしまうので連れて帰ると連れて帰ったのだ。
    職場に帰り段ボール箱に猫を入れ、すぐに強制給餌をしたり輸液をしたりしないといけないし、病院へ連れても行きたいしでそのまま早退(笑)
    帰ってすぐにとにかく輸液をして、それから早い時間に病院へ連れて行った。
    血液検査の結果は、クレアチニンは2.2でBUNは51、肝数値は異常なしだけど血球容積は18しかない!
    これは強度の貧血ですなぁ・・・だよね、もう鼻づまりが酷くて何日も食べてないんだもん・・・
    ウイルス検査の結果はどちらもマイナス、こちらはよかったよ~!

    外にいる時に私の顔を見て鳴くと、餌やりさんがやる前に先に少し餌をやっていた。
    そこを通る人で猫好きな人は餌をやっているようだが、誰からも貰っていない日はお腹をすかせているので私の顔を見ると何か欲しくて鳴く。
    そんな賢い子だけど、最近ではいつもいる銀行の駐車場に停める車を傷つけると追われていた。
    他の猫が通路にしている駐車場だから、そこでオス同士が出会ったら喧嘩になって車の上に乗るのだろう。
    その子は車の上になどまず乗らない、とっとと路地に逃げていってしまうような子なのだが、ここ1年ほど前からそんな理由でいつもいた駐車場におれなくなってしまっていた。
    世間ではどの子も同じく「猫」なので、顧客の車を傷つける猫と一緒にされ追われる・・・

    環境の変化の上に病気・・・手術したときは成猫だったので、当時1歳だったとしても今は10歳、もっと上かも?なので、外で生きていくには厳しい年齢になりつつある。
    なのに!!!、普段お世話をしているという人が電話をしてきて、「その子はあそこでずっといた子です。外のほうがいいに決まってるので放してください!」だと!
    「え?、雨が降っているし明日は台風が来るし、それにこの子は食べてないので強度の貧血だから、このままだと死んでしまいますよ?」、「それでもいいんです、その子はあそこにいるほうが幸せなんです。ずっとそこで暮らしていたんだから」だと!!!
    台風4号が近畿地方にやってくる前日の会話・・・信じられる?、そこで死んだほうが幸せだって?
    あのまま放置していたら餓死、しかも強烈な暴風雨の中でだよ?
    もう信じられんことをぬかしやがった!!!(怒)

    10年近く外に置いていたくせに、連れて帰られると入院させます!と言う。
    外に放置して家には置けないと言い、死んだらそれはそれででいいと言ったんじゃないの?
    そう、「自分の物」なので目の前から無くなるとこういう反応をする、よくあるパターンだ(怒)
    お昼休み餌をやっている人もその人と話をしたそうで、飼えなかったのは自分が重病をし、医者に出来るだけ家の中に雑菌を持ち込まないようにと言われたからと言っていたとか。
    へ?、外の子を触ると雑菌だいっぱいだよ?、それは家に持ち込んでもいいのかい!!
    家に1匹いる子が老猫で、療養していて手がかかるからとか。
    ほうほう、色々と理由があるもんだけど、その程度で飼えない理由になるのが信じられませんわ。

    最近ではマメサブがそうだったが、私は死にそうな子を見たら即保護する。
    外の厳しい環境の中で死なせたくない、せめて最後くらいゆっくりさせたやりたい・・・
    その子を黙って保護したかったが、そうやってお世話をしている人がいるのが分かっていて勝手は出来ない。
    だから目の前で保護し連絡をしたんだけど、そこまで酷いことを言う人は初めてじゃわい!!
    「a/d缶をやってます」「なにそれ?」「強制給仕をしてます」「きょうせい、なに?」「強制給餌」「きょうせいってなに?」これを数回繰り返していたが、そんな言葉さえ知らないのは治療なんてしたことないからなのか?
    「外にずっといたので家の中が怖いはずです」「いいえ、ケージの最上段に入れてる猫ベッドで伸びて寝てますけど?」「・・・」おいっ!何か言え!

          保護した日の夜、ケージにて

    「地域の人が可愛がっていた地域猫です、返してください」←ほうほう、そんなに可愛がっている人が沢山いるってのに、死にかけていても保護してやる人はおらんのかいっ!
    あんまり地域猫というので「それでもあの子は野良猫でしょ!」と、「野良猫なら誰が保護しようと文句は言えない。それだけ言うのならなぜ今までに飼ってやらなかった!」と言ったら、「・・・」
    とにかく台風が来るのに外に出せという人とは、もう今後話す気は無い!(怒)
    本当に猫が好きなら、どうしても飼えないのなら、そうやって保護してくれる人がいたら私なら感謝する。
    もうかなり頭にきております、これからはお世話をしている人がいると分かっていても、黙って保護することにしたぞ~!!!

          爪とぎを普通に使ってるけど?

    世話をしているから「自分の持ち物」という感覚の人が多いのは、猫にとって大変不幸なことだ。
    だったら死と隣り合わせになったら保護をし、せめて最後は心穏やかに逝かせてやれよ!と思う。
    病院へ連れて行っていたが、そこの病院は野良猫なのでという治療感覚のようだったそうで、血液検査もしていなかったらしい・・それで治療していたと言えるのか・・・治療方針もたたんよ?
    それで病院へ連れて行って治療してたって偉そうに言うか?
    両目の間の眉間にこぶが出来、そこが原因で目やにで目が開かなくなっていたと昼の餌やりさんが言っていた。
    病院ででも3度目薬を変えたらしいけど、いくら目薬を変えても原因を放置じゃそりゃ治らんわなぁ・・・
    19日の午前中まで目やにも取れてすっきりしていたのに、午後から左目にすごい量の目やにがつくようになった。

    18日の午後に病院へ行ったが、ちょうど20日は休暇を取っていたので午後から病院へまた連れて行った。
    眉間のこぶは、FVRの後遺症の副鼻腔炎が炎症を越しているのか、それともひょっとしたら腫瘍でも出来ているのか・・・どちらかは分からないが、その塊に小さな穴が開きそれが左目に流れて出て、左目が何かの菌に感染したのだろうとのこと。
    とにかく今は何も出来ないのでコンベニアを打ってもらったが、このコンベニアはFVRの後遺症の鼻づまりによく効き、鼻づまりの酷かったキクママにいつも打ってもらっていた。
    副鼻腔炎の治療に飲ませていた抗生剤も21日から別なのにしたら、帰宅してから見てみたら鼻づまりがかなり解消されている、やった~!
    そして少し元気になったらしく、家の中をうろうろしだしたが・・・ベランダに出たからまた手すりに登り危ないと追いかけたが、ぐるっと一周しただけですぐに入ってきた・・・やはり白夜やカンナと同じく、もう外がイヤな子なんだろうね・・・

    私のベッドの下に1畳のホットカーペットを敷いている。
    その上に大型犬用の低反発のマットや猫ベッドやらをいっぱい置いているが、痩せてゴツゴツになった体には低反発が楽なようで、その上でいつも寝ている。
    燃焼するエネルギーも無いだろうからと思い、ホットカーペットも温度を低くして入れてやっているが、よほど居心地がいいのかそこから動かなくなった。
    しかし動けない分トイレにも行けないので、嫌がるけど今はおしめをしている。
    食べたくてたまらないのに餌も鼻づまりで食べれなかっただけの子だから、強制給餌をしてもa/d缶を1日に1缶半食べているから体力はすぐつくだろう。
    今朝くらいからおしめを替えていたらシャーッといって怒っているから、もう少しは体力がついてきたってことかな?
    強制給餌をしても抱いても嫌がらないし、パソコンをするときにひざの上に置くと寝ている、そんな子を外で死なせろとは・・・

          ベッドの下の低反発のマットがお気に入り

    外の子の現実はこんなもの。
    保護もしないくせに色々と理由を言って(作ってかも)、結局は保護してやらない。
    助かるなら助けてやらないと、辛いだけの外猫生活で終わってしまう。
    それに私も9年間様子を見てきた子なので、どうしてもあのまま放置できなかった。
    この子は食べたくて出てきていた子だからね、食欲さえ戻れば大丈夫だと思うが・・・さて、どうなんだろうねぇ・・・

    2428:Re: 同じような症状かも?

    鼻から膿かも?というのが出てきてるので、多分3月のFVRが酷い症状だったのでしょう。
    病院へ行ってても治療がおざなりなら、結局完治しなくて後遺症がひどい・・・(怒)
    今日の夕方から熱を出してたの。
    ちょっとぐったりになってたけど、お水を飲ませてお水を背負わせてしたら下がったみたい。
    熱を出したときにシリンジでこまめに水を飲ませば、動物にはかなり効果があるわ。
    引っかいたり噛んだりしない子なので、その点では治療がしやすくて助かってます~(*^ー゜)v

    アモキシシリンは20日で体重が2.6キロだったので25ミリやってるけど、もう少し多いほうがいいかな?
    コンベニアを20日に打ってるので、抗生剤のバッティングはよくないかもと思って少なめにしてるの。
    効果の違う抗生剤なら、もう少し多いほうがよく効くのかな?
    パセトシンの100㎎を貰ってるので、その4分の1やってるんだけど・・・
    アモキシシリンはあまり使わないからよく分からん・・・

    2012.06.24 03:05 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2427:

    慢性的な鼻垂れの三日月♂のレントゲンで、開きの良くない方の目の側の鼻筋は、片側と比べ骨がスカスカに写っており、ガン騒ぎ@誤診もありましたが、抗生物質をやめれば、鼻垂れに戻るし、片目の開きがなかなか同じにならない、目ヤニもそちらが多いです。コブは針で吸引し検査、結局、膿がでてきました。この猫ちゃんも鼻の骨まで溶けるまで酷い状態かもしれません。家猫でも鼻詰まりと涙があると大変なのに、ありがとうございます。

    2012.06.23 13:39 みゃー大工 #sSHoJftA URL[EDIT]
    2426:Re: みゃ~大工さん

    どうもそうみたいで、アモキシシリンを一昨日から飲ませてるんだけど、コンベニアが効いたのかアモキシシリンが効いたのか分からないけど、鼻が通ってきて少し楽になったみたい。
    まさおの副鼻腔炎で何使ったの?としろりんさんに聞いたのよ(笑)
    でも抗生剤は耐性が出来たり副作用が出たりするから、どこまで改善できるか・・・
    結局は慢性化させてしまってるので、この繰り返しかも?

    地域猫というのなら、あれほど具合が悪くなればハウスを作るなり保護するなりしてきちんとお世話をしてやらないと!
    結局は「見てるだけ~」n人ばっかりなのに、どこが地域猫なんだ?(怒)
    意味も分からないで地域猫と言うな!って腹が立つのよ。
    いつも私が怒ってるでしょ?
    餌をやってるから「私の物」・餌やりをしてやっている私はなんて優しくていい人なんでしょ!、の私利私欲と自画自賛ぢゃ!!ってやつね。
    毎日の餌やリが習慣化するのか、それとも「しなくちゃ!」の強迫観念なのか・・・それとも、ある意味猫の世話をすることが生きがいなのかも?、と私も妄想しちゃう(笑)

    でもね、この件ではっと目が覚めてそちらの餌やりさんのようになったら困るから、すたこらさっさと逃げますわ(笑)
    職場の近くも巡回パトロールはしてるけど、2003年当時とは違いかなり猫の数は減ってる。
    たまに餌をやってるのを見かけはしても、数はうんと少なくなったわ。
    TNRの効果は大きいとしみじみ実感中( ̄^ ̄)v

    また「おこぶ」の治療の件で教えてくださいませ~<(_"_)>ペコッ

    2012.06.23 12:45 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2424:

    pepeさん、高齢キジトラちゃんを救ってくださってありがとうございます。
    眉間のコブ鯛のような腫れは膿で、我が家の三日月♂にはアモキシシリンが一番効きました。ただ、2か月間連続投与したあたりから、猫が下痢、吐き気などが始まり投与中止です。
    一昨日も同じ症状にぶりかえったので、残りの薬を投与、まだアレルギーがでてしまい残念でしたが、副作用が出ない限り、いいお薬です。記事を拝見し、自分で飼えないのなら猫にとっても、自分にとってもとてもいいお話し、「地獄に仏」と私だったら感謝ですけど、
    地域猫をやっている自分の行動が好きとか、外猫の数を減らしたくないとか思う餌やりさんは、抵抗するんだなと妄想しました。実は自分の町内ではそうだったから。
    治療をはじめると、はじめは抵抗していたのに、今度は次から次と文句を言ったくせに運び込んで来たりで、その人の生き方、考え方は基本変更しないのが近所の餌やりさんでした。
    私も連絡なんてあとあと、まずは苦しんでいる猫の治療優先でいいと思います。
    pepeさん本当にありがとう、あの台風4号がなくてもこの子はもう限界だったと思います。
    延命とかでなく普通の治療で、いやpepeさんの愛情だけで、この子は十分ホッと出来ていると思います。
    年齢的には残った時間が少ないとはいえ、残された時間に苦労がない事が保証された、大感謝です。

    2012.06.23 09:58 みゃー大工 #sSHoJftA URL[EDIT]
    2422:Re: しろりんさん

    先日は薬のアドバイスをありがとう!
    おかげで少し鼻づまりがよくなったみたいで、ほんの何回かだけどウエットをぺろぺりしてた。
    やっと自力で食べる第一歩が始まったもよう・・・( ̄^ ̄)v

    しろりんさんは本当に頑張り屋さん、よくあれだけの子のTNRや日々の面倒をみてこれてると思うわ。
    餌やりは毎日のことなので思う以上に大変!、これはやってる者でないと分からないよね・・・
    本物の猫好きさんでないと、餌やりはできませぬ~(笑)

    調子の悪い子をいつでも保護できるように、元気な子には外で頑張ってもらいましょう。
    ただし、保護しないといけないときは躊躇せずに保護すること、でないと一生自分を許せないことが起きちゃう・・・
    そのためには日ごろ注意をしてやりながら、元気な子には外で頑張ってもらうのです(笑)
    保護しないでいる子たちの面倒をみてやることが、どれだけ毎日大変で辛いことか・・・保護はいつでもできるという余力を残しながら、日々外の子達に色んなことを教えてもらうことが大切なのよ。
    亡くなる子が教えてくれる沢山のことは、これからお世話をしてやる子達に生かせばいいのね。
    複雑すぎる人間の生き方よりも、シンプルすぎるくらいシンプルな動物たちの生き方の方が、「生きること」の本当の姿なのかもしれないね・・・

    2012.06.23 01:49 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2421:

    鼻づまり改善されてきたんですね、よかった!!食べる意欲が出てきますように。
    pepeさんには、手探りでTNRを始めた頃からずっとお世話になって来ました。
    凹んだり立ち止まったりするたびに叱咤激励していただき感謝しています。
    オペをして、これから…という若い子達が次々事故で命を落としていくことと
    それを保護できない自分にやりきれなさを感じていた時
    「保護はいつでもできるんだよ」と声をかけていただきました。
    どういうことなんだろう?ってずっと考えてましたけど、最近分かってきた気がします。
    いつでもできるからこそ、必要なときには迷わず保護する、それを判断するための
    知識と経験をつみ、感覚を磨きなさいということだったのではないかと。
    TNRや地域猫という言葉は浸透してきていると思いますが、ヒトも猫も時には逆らえない…
    もう一歩その先を考えていかなくてはいけないですね。
    キジトラさん、保護してくださって本当にありがとうございます。

    2012.06.22 22:05 しろりん #HuTodn/6 URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する