スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    レスキュー猫ミック・・・永眠

    保護して1ヶ月、7日早朝に6月6日にレスキューした子が亡くなった。
    朝7時半に様子を見に行ったときにはまだ暖かかったので、多分6時ごろに亡くなっただろうと思う。
    夜中の2時にスープを15ミリリットルほど飲ませたが、それから間もなく亡くなったようだ。
    亡くなる直前まで食べていたという・・・元気な子だったんだね・・・

    食事はa/d缶をポカリで薄めて流動食にし、それを1日に4~5回のペースでか与えていた。
    1回の量は50ミリリットルから60ミリリットル、最後にモンプチスープのスープだけを飲ませていたが、食欲は結構あったようだ。
    しかし4日の夜から余り食べなくなってので、もう近いんだなと思ってたんだけどね。
    とにかく幾ら食べても痩せる・・・
    6月30日でこの状態だったので、もう長くはないなとは感じていた。

          2014_6_30mick1.jpg

    いくら食べても絶対量が足らないし、体が動かないから仕方が無いけど。
    ほとんど動けない状態になってるので余計・・・

          2014_6_30mick2.jpg

    痩せてゴツゴツで見ていても痛ましい・・・
    同じ方向ばかりだと下側の体に床ずれが出来たら大変だと思い、右側を下にして寝かせたら少し吐いた。
    何が原因か分からないが向きを変えてはいけなかったようだ。
    ペットシーツの下には低反発のマットを敷いてやっているから、多分クッションにはなっていたはず。
    顔の下にもシーツを敷いているのは濡れるからで、定期的に少しずつシーツをずらしてやっていた。
    おしっこをすると体が冷えるから、気をつけてシーツを交換してやっているが、代謝は良いようでよくおしっこをしていた。
    内臓には異常がなかったからね、食べることもしっかり食べてたし・・・

    でもこれだけ手足の筋肉が無くなるのには、やはり数ヶ月はかかっているのでは?とのこと。
    そういえば・・・この子は春ごろから余り見てないなぁ・・・
    4~5年前に突然現れた子で、近くまで来ていたから多少の人馴れはしていた。
    しばらくしてから来なくなったが、近くの公園が整備工事に入ったらまたやって来たので、多分その公園に移動していたのだろう。
    昨年の末で公園の工事が終わり、また来なくなったからそちらに行っただろうと思ってたんだけど・・・
    食べに来ていたときにたまにギャッと言っていたので、口の中が痛かったのだろう。
    そのせいで段々と食べれなくなって衰弱し、動けなくなったのかな?
    しかし手足の筋肉が無いって・・・それだけでは無いような気がするが・・・
    何か重大な病気になっていたのかもしれないが、それまでどこでどうしていたのかという経過を知らないので原因は分からない。

    でもね・・・保護時にはかなりの衰弱でしていて、よく持っても数日かな?何て思ってたのに・・・1ヶ月もよく生きたと思う。
    内臓の数値は悪くないから、強制給餌をしてもよく食べていた。
    しかし動けないということは衰弱するということ。
    あまりに痩せて骨ばっているのが、見ていても可哀想だった・・・
    4日には輸液をしようと針をさすと、痛いのかヒャーヒャーとかすれた声で鳴いていた。
    針を刺す余裕も無いくらい痩せていたので、針が当たって痛かったのかも?
    もうこの期に及んで痛い目に合わすのは可哀想、そう思い以後は輸液をしていない。
    輸液をしないほうが辛いかもしれないが、1日長く生かすことは苦しみを長引かすこと・・・
    完治の見込みの無い子には、長引かすことの方が可哀想だと私は思っている。

    ただの保護した子、それでは余りにもこの子が気の毒・・・ってことで、ミックと呼んでいた。
    意識がなくなるということは一度もなく、それがかえって辛かったろうにね。
    最初の頃はシャーッと言ってたけど、そのうちに馴れて撫でるとゴロゴロと言っていた。
    全く人の手を知らない子じゃないようで、顔を撫でるとスリスリをする仕草をするし、喉を撫でるとやはりゴロゴロと喜ぶ。
    どうしてこんな状態になったのか知らないけど、最後を看取ってやれてよかったと思う。

          2014_7_7mick1.jpg

    外の子は、いつの間にかいなくなるというのがほとんど・・・どこかで亡くなっているのだろうね・・・
    こうやって最後を見送ってやれると、なぜかほっとする・・・
    病気を治してやることが出来なかったのは残念だけど、お花で飾ってやることは出来るからね。
    このお花の花道を通って、痛みも苦しみも無い世界に行くんだよ~

    ミックをレスキューする前から、モモが調子を崩していた。
    強制給餌をしないと食べれない。
    もう2年以上下痢が続いているのに、食べれないなんて大変だ~!
    輸液と強制給仕と投薬で、今は何とか食べているけど・・・この夏で16歳になるからね・・・
    高齢の子が食べなくなるとドキドキするよ~__(_ _;) ウゥ

          2014_6_30momo1.jpg

    口内炎のトムも食べれなくて大変だったのに、今回はなぜか飲ませたジスロがヒット!
    くれくれコールのトムになって、なんか嬉しい♪
    以前に飲ませたときは余り効果がなかったのに、今回ヒットしたのはなんでだろうね?
    でもまあ、食べてくれるようになったのでちょっと安心だ。
    3月で14歳になったトム、うちは高齢猫さんが多いので大変です・・・アメ君14歳、キクとサスケが13歳・・・


    2552:Re: ミック

    すみれさん、いつも心配して下さってありがとうございます。
    ミックは最後まで意識が無くならなかったので、ある意味かわいそうでしたね・・・
    でも食欲はあったので十分食べさせたつもりなのに、ドンドン痩せていくのを見るのは悲しかったです。
    多分もう代謝が悪くて、多臓器不全を起こしていたのでしょう。
    それでも食べるということは、若かったからでしょうね。
    この次は沢山の幸せに恵まれる子になって生まれるように、そうよく言い聞かせてるので、大丈夫だと思いますよ~

    2014.07.11 20:31 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2551:ミック

    名前つけてもらって、
    やさしく呼んでもらって、すこしよかった。
    悲しい、苦しい思いをした分、次はうんと幸せなものに生まれますように。
    ミック、さようなら。
    ぺぺさん、ありがとうございました。

    2014.07.10 01:26 すみれ #n.R1x1CA URL[EDIT]
    2550:Re: QUママさん

    あれだけ衰弱してたのに、1ヶ月も持つなんて思ってなかったわ。
    よくよく体力のある子だったよう・・・
    助かるのなら助けてやりたかったけど、よく食べるのに痩せていくので、何か重病を持っていたのでしょう。

    今日はよく寝た・・・
    おしっこをしたら体が冷えるので気をつけてたから、なんか細切れにしか寝れなかったもんで・・・
    見送ってほっとしたのかな?(笑)
    心配してくれてありがとうね~

    2014.07.09 19:51 pepe #MiGEEDp. URL[EDIT]
    2549:

    どうしてるかな?と気になってました。
    ひもじくて、冷たい雨に打たれながら
    逝かなくて良かった。

    きっと、一ヶ月間はミックにとって
    幸せな時間だったと思います。
    寸前まで食べれて、名前つけてもらって、
    綺麗なお花で飾ってもらって。

    ご冥福をお祈りします。
    pepeさんに見つけてもらって、本当に良かった。

    2014.07.08 20:54 QUママ #yLGi3KRY URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。