スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    輪禍

    少し前から、水道ポンプのところに食べに来る子猫がいた。
    とにかく臆病な子らしく、かなり離れたところで小さく固まって鳴いている。
    近づいて来ないから仕方なく、いつも持っている透明な容器に入れて持って行ってやろうとすると、1~2歩歩いただけですっ飛んで逃げて行くという・・・
    ポンプの横にあるプレハブの下の隙間などに入れてやっていたが、少しずつ姿が見える位置に出てくるようになった。
    そして2ヶ所ほど自分が安心できる定位置を見つけ、なんとかそこで待てるようになっていた。
    そうなるとお弁当箱に入れてやるほうがいいので、他の子と同じ容器に入れて持って行ってやり、定位置に置いてやると逃げても食べに来るようになっていたのに・・・

    24日の0時半ごろ容器を引き上げに行ったときに、目の端に側の道路のセンターライン上に何かあるのが見えた。
    ちょうど何ゴミを出す日で、その生ゴミ置き場の側だったから、また誰かきちんとビニールの口をくくってなくてゴミが道路に落ちてるんだ、そう思い見に行かずにそのまま自転車で通り過ぎたんだけど・・・
    10メートルほど走ってから、どうしてもそのセンターラインの上にあったものが気になり、やはり見なくては!と見に行けば・・・その子猫が車にはねられてた・・・

    何度か逃げるのに道路に飛び出したので、驚かさないようにしてたのになぁ・・・
    7月に避妊手術をしたキジサビの子と、3年越しで捕まらない黒猫が常連で来る場所なので、猫も怖いし人も怖いの子だったから、何かに驚いて道路の向こう側に行こうと飛び出したのかもしれない。
    右側の口元が車に当たったようで口から血を出していたけど、たぶんはねられてすぐだったのだろう、5~6センチの小さな楕円形に血が出ていただけだった。
    抱き上げると暖かい、はねられたのはほんの数分前だったかも?
    もう少し早く容器を引き上げに行ってたら、この子ははねられずに済んだのかなぁ・・・

    いつも遠くにいて小さく固まっていたので、まだ3ヵ月にもならない小さな子猫かと思っていたのに、案外大きくて3ヵ月半くらいの子だった。
    キジの色がグレーのキジ白の女の子、体もしっかりしていて痩せてなかったから、食べることには不自由はしていなかったのかな?
    でもね・・・お弁当にしてやってからまだ2回目だったんだよ、2回しか食べてないんだよ・・・
    はねられる前にはお腹いっぱい食べれたはず、それがせめてもの救いかな・・・

          2014_10_23kijisiro.jpg

    余りにも臆病すぎて、いつも走り回っていた子。
    今度生まれて来る時は、もう外を走り回ることの無いように、可愛がってもらえるおうちの子になるんだよ。
    外で生まれた子や捨てられた子の生存率は余りにも低い・・・ましてや都会で生活する子はもっと生きにくい・・・


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。