キクママもお口痛い・・・

    数日前から頭が痛い、あれ?今日は鼻の奥も痛いぞ?、う~む人並みに風邪を引いたのか?(笑)
    元々頭痛持ちなのでそれかな?と思っていたが、どうも風邪の神さんがおいでになったみたいだね。
    やっと世間の流行に追いついたぞ(爆)
    大したことはないし酷くなる気配も無いので気にしてないが、いちおうは用心して安静にしておこう。
    なんて言いながら、今日は猫缶が安かったので買い物に行きましたが(^w^) ぶぶぶ・・・

    キクママの前足の内側が汚れているので、昨日一緒に病院へ連れていっていた。
    口の中を見せないから歯なのか口内炎なのか解らなかったが、診てもらったら左の奥の方が少し赤くなっていた、口内炎か・・・
    神経質な子なので、痛い時は気にして前足で口をこすっているらしいが、まだご飯は普通に食べれるし食欲もある。
    今はまだそれほど広がってはいないみたい、このままでこれ以上酷くならなかったらいいけどね。
    そのキクママ、あいもかわらずケ-ジから出てきません。
    外に出してやっても気がつくとケ-ジに帰っている、あ~あやっぱり臆病者なので安全地帯に逃げ帰っちゃうのか。
    あのうケ-ジを占拠されると困るんですが・・・キクママが出てくれないと、保護した子を入れられないんですが~(ノ_<。)うっうっうっ

    ホ-ムセンタ-で猫ベッドを三割引で売っていたので、ド-ム型よりももっとすっぽりと覆ってあるほうが暖かいだろうと思い、キクママ用にテント型のを買ってきた。
    保護したときから鼻気管炎の後遺症で鼻がブヒブヒいってる、涙も時々出ているので寒いのは症状を余計酷くするから、すっぽりと覆ってくれるベッドの方が中が暖かいだろうと思う。
    キクママが中に入ってから手を入れると暖かい、やっぱりド-ム型よりテント型のほうが中は暖かくなるんだね。
    ペット-ヒ-タ-と自分の体温とで中は暖まるから、冬の間は鼻詰まりのためにお篭りも仕方ないかな?
    でもテント型は気をつけないと、上で寝てぺちゃんこにしちゃうのよね・・・そんなことをしちゃダメだよ~!(爆)

    わてがキクママだす~♪

    キクママは飼われていて捨てられた子で、現れたときには本当にスリスリの超がつくほどの甘えたさんだった。
    でも避妊手術をしていなかったので何度も子猫を産み、そのたびごとに人を怖がるようになった。
    多分育てるのに必死で、子猫の餌を見つけるために人間に追われたりしたのだろう。
    ずっと餌やりをしていたのだが、おとなしいキクママも子育ての時はかなりきつかった。
    子猫が大きくなり、今度こそ避妊をと思って捕まえようとすると上手く逃げる。
    当時は捕獲器を持っていなかったので、なんとか馴らしては捕まえようとするのだが、臆病な分だけ用心深く捕まえれなかった。

    そのうちに「あそこにいては捕まるので危ない!」と思ったのか場所を移動し、2年近く見かけなくなってしまった。
    でも移動先も住みよくなかったようで帰ってきたが、その時に里子に行ったアロマ君1匹だけをつれていた、他の子は育たなかったらしい・・・
    その時は工場の横を流れる浅い側溝の中にいて、アロマ君のお腹と4本の手足は水浸し!
    4月中旬の寒い日のことだったが、すぐにアロマ君を捕まえて「連れて帰るよ」そうキクママに言ったら、キクママはじっと工場の出入り口に座って見ていただけ・・・
    自転車の前カゴに入れていた袋にアロマ君を入れて、キクママがいた場所を見たらもう消えていない。
    あのままだったら子猫が死んでしまう、そうキクママは思ったのだろう。
    私のことを信頼してくれて託してくれた、それほどキクママは賢い子なのだ。

    その後は捕まえて避妊できたし、近辺のアパ-トで面倒を見てもらっていたのを知っていたから安心していたのだが・・・
    昨年の夏の終わりごろから急に餌場に姿を見せるようになり、しかも体が汚れて汚い!
    どうも面倒を見ていた人が引っ越したようで、臆病だから今から新しい餌場を見つけるのは難しいだろうし、すでにシニアになっているし見る見るうちに痩せてきたので保護をした。
    こんなふうに、餌を貰っていた子は自力では生きていけないのに・・・
    家にいるとやはりかなりの甘えたさん、捨てられた当時と同じでスリスリベタベタの甘えぶりだ。
    ケ-ジから出てこないけど、ケ-ジの側に行くといそいそと出てくる。
    う~ん、そうだね・・・もうしばらくはキクママの好きなようにさせてやるか・・・

    今日は朝から何となく陽射しが春のような?、そんなことはないからまさかだけど、気持ちが良かった♪
    餌やりのときも何となく春のような雰囲気で、空気が暖かいのか少しもやも出て霞んでいる。
    このまま春になってくれたらいいな、なんて思ったけど・・・それはまだまだ無理ですわな・・・(ーー;
    314:

    キクママは不思議な子で、勘がいいのか賢いのか捕まえようとすると出てこなくなってたのよ。
    もうかなり前のことだから、捕獲器を持ってなくて苦労したわ。
    当時持っていたら(と言うか、そんな捕獲して避妊するなんて誰もしてなかった頃けど)キクママも苦労しなくてよかったのにね。
    今で8歳か9歳くらい、苦労してたからこれからはのんびりと暮らして欲しい。

    そうね、キクママも子宮がボロボロになってたらしいから、外の子で繰り返し子猫を生む子は体を酷使してるわ。
    それが種の保存の法則だけど、食物連鎖の輪の外にいる猫にとってはかえって残酷なことだね。
    だから繁殖制限せざるを得ない、そこが難しいところだと思う。

    2006.01.27 14:24 pepe #- URL[EDIT]
    313:

    おおっ久しぶりのキクママですね~相変わらずお篭りさんなんですね(笑)
    でも、キクママの猫生?のなかで、ホントに安心していられる場所をゲットしたのは、初めてなんでしょうから、「ケージ占拠」許してやってください。
    読んでいて、「かしゃん」とだぶってしまった…。正確な年齢は知らないけど、妊娠・出産の繰り返しで身体を酷使して、ゴハン探しで苦労して、実年齢よりもかなりからだが傷んでいるんだろうなと…。せめて、しっかりゴハン食べて体力維持させたいと思ってるのに、ここのところ欠席続きです。
    この寒さで、体調崩してなければいいんですけど。

    2006.01.27 12:38 しろりん #- URL[EDIT]

    管理者にだけ表示を許可する