きなこのお届け

    昨日とは打って変わってとてもいいお天気、でも風は心もち冷たくて肌寒い感じだ。
    神戸祭りのころはいつも暑いくらいなのに今年は寒いね、こうも気候が安定しないと体調不良を起こしそう。
    それでなくても幼児体質で新陳代謝がよくないのに、暑さ寒さについていけまへん!(´A`。)グスン
    暑かったら暑いで嫌だけど、気温差が大きいのって体がしんどいね・・・

    今日はきなこのお届けの日、里親さんは大阪市内なので本日は電車でのお届けとなった。
    自慢じゃないですがね、大阪市内は車では走れません!
    それでなくても方向音痴なのに、大阪市内の道路の煩雑さなんてついていけませんです、はいっ!(爆)
    気がつけばここはどこ??・・・なんてことが起きないように、本日は電車なんですわ(^^;;;

    里親募集の掲示板には4月22日の夜10時半頃から掲載したが、ものの2時間ほどの間に3人の方からご希望をいただいた・・・<("0")> ナント!
    あまりの早さにもうビックリ仰天、半日後にはきなこの希望者は6人になっていた・・・
    私はお届けが済むまで掲示板の削除をしないので、その後もご希望くださる方がおられ対応にてんやわんや。
    ご希望のメ-ルを下さった順番に対応させていただいているが、今回のきなこの里親募集は本当に多くの方からご希望をいただき、嬉しい悲鳴を上げていたのだ。
    熱心にご希望くださる方が多くて、お断りするのも心苦しいほどで申し訳なかった・・・すみませんでした<(_ _)>ぺこっ

    今日お届けした里親さんは一番最初にメ-ルを下さった方で、きちんと自己紹介と先住猫の里親さんになった経緯も書いてくださっていた。
    色々と質問をさせていただいたが、全部にきちんと答えて下さり本当に熱心にきなこをご希望くださったのだ。
    里親さんが決まるのは早くに決まっていたのだが、里親さんのご都合でお届けが今日になった。
    先住猫さんは奈良の虐待現場で生まれた子で、里親募集をしていたのを貰われたそうだ。
    キジトラの小柄な女の子で名前は「ツキ」ちゃん、いつもは知らない人が来ると隠れるそうだが、今日はご機嫌がよかったのかな?逃げなかったよ♪

    ふてくされてるきなこ(*´▽`*) プッ

    きなこは電車の中でも鳴いてばかりいたけど、里親さんが用意してくださっていたケ-ジに入れても鳴いていた。
    撫でるとスリスリしているけど、やっぱり臆病なので知らない所は怖いらしいね、でもね怖くないから早く慣れてね。
    きなこは写真を写すとフラッシュが眩しくてすぐに目をつぶる、最近はふっくらしてきてとても可愛い顔になったのに、結局しっかりと目を開けている写真は一枚も撮れなかった・・・(ノ I `。) ウゥ・・・

    私はツキちゃん♪

    ツキちゃんはきなこに興味が有って覗きに行くけど、知らない子なので側までいけない(笑)
    多頭の中にいた子でも今は一人っ子、久しぶりのお仲間でもちょっと怖いのかな?
    でも興味が有るようなので、そのうちに自分以外にも猫がいることに慣れると思う。
    ゆっくりと時間をかけていただけば馴れますので、それまでは長い目で見てやってくださいね。

    お母さんの抱っこされて

    里親さんご夫婦は猫のために家の中を色々と工夫しておられる。
    まず入り口は飛び出し防止にと、ドアとは別に網戸になった二つ折りのドアをもう一つつけておられるし、窓の網戸も枠をスレンレスにしてとっても頑丈な作りに別誂えで作られているのだ。
    窓の外のベランダはとても広くて木製のテ-ブルや椅子が置かれているけど、頑丈な網戸なのでその窓からは出入りできない。
    ベランダに出入りするのは台所のドアから、その台所にも二つに折れる折り戸をつけてあるので、ベランダに出るときもその折り戸を閉めるから猫がドアから出れないようになっている。
    人間が使うのには何枚もドアがあると開け閉めが面倒だが、猫の脱走防止用にとあちこちに二重にドアつけて下さっている。
    臆病な子はいったん脱走すると中々捕まえられないので、色々と工夫をして下さっているのは本当にありがたいことだ。

    里親さんご夫婦はとっても楽しい方たちで、色々とお話が出来て嬉しかったです~♪
    臆病な子なので馴れるのには時間がかかるかもしれませんが、最近では触るとスリスリできるようになっているので、生活環境に慣れると案外早く人馴れするかもしれません。
    きなこをよろしくお願いいたします<(_ _*)>ぺコ
    あ・・・きなこではなくて「ハナ」ちゃんになるんですね、「ツキ(月)」ちゃんと「ハナ(花)」ちゃん・・・花鳥風月なら、あと「鳥」ちゃんと「風」ちゃんが来ないと!(爆)

    里親さんのおうちから帰る途中の川の側で餌やりをしていた。
    しばらく色々とお話をさせてもらったが、どこも沢山の問題を抱えてるんだね・・・
    1匹自宅で療養中の子がいるとか、その子は尻尾が途中でちぎれてぶらぶらになっていたそうだ。
    多分犬にかじられたんだろうということで、誰か犬をけしかけて虐待したのかな?
    外の子は一日中が危険と隣り合わせ、なんで必死で生きている子にそんな酷いことが出来るんだろう・・・(ー'`ーメ) ムカッ

    でもそこの子たちはまだましだ、きちんと毎日数人の人たちが餌やりに来てくれてるもん。
    もう少し下流のほうにも餌やりさんがいるそうだが、なにせ川が大きいからね・・・餌の当たらない子もいるんだろうな・・・
    都会の中のオアシスになる川の河川敷、そこは不幸な子達の住処でもある。
    せめて犬をけしかけるのや叩いたり蹴ったりの虐待だけは止めてほしい、猫だって一生懸命生きているんだからね!

    管理者にだけ表示を許可する