子猫が来た~

    5月も終わろうとしているのに肌寒い日が続く、今年の気候はどうなってんだろうね。
    今日は雨が降ったり止んだりのお天気でしかも風が強い、長袖のトレ-ナ-でちょうどいいなんてこの時期変だよ。
    インドネシアのジャワ島では大きな地震が起きている、死者も3000人以上とか・・・阪神大震災と同じ岩板内部の断層が動いた内陸型地震らしい。
    世界遺産にも被害が出ているようだ、これ以上被害が拡大しなきゃいいけどね。
    変なお天気に大きな災害・・・天変地異の前触れか?
    とにかく嫌な感じのお天気が続いて気持ちが悪い、外の子達にとっても今年は受難の年になりそうで可哀想だね・・・

    スカパ-で「パッション」を放送していたので久しぶりに見たが、おりしも世間では「ダヴィンチコ-ド」が話題になっているようだ。
    聖人イエス・キリストの隠された秘密云々の話だが、キリストは別に隠していたわけではないだろうに。
    今私達が知っている歴史というものは、時の治世者達が自分たちに都合のよいように改竄した歴史だと思っているので、ダヴィンチコ-ドの秘密が解ったからといって別に驚かない。

    神人であるべきイエス・キリストの、とても人間らしい一面が隠されていたとか・・・いや、生きている時は人間なんだから当然だと思うけど?
    道を説く人は生身であってはいけないのかな?、人として当たり前の生き方をしていたからといっても、その人の霊性は変わらないと思うんだけどな・・・
    絶えず歴史は変わっている、いや変えさせられているといっていいと思う。
    これからも益々隠れていた真実が出てくるんじゃないのかな?

    日本でも「古事記」や「日本書紀」以前の闇に葬られた歴史書が有るといわれている。
    学校で教えてもらっている歴史は古事記や日本書紀が基本だが、それ以前にも高度な文化を持った文明社会が存在していたといわれている。
    大和朝廷に滅ぼされ、その歴史は勝者の歴史に塗り替えられ闇の彼方に追いやられたとか。
    三内丸山遺跡などが発見され、狩猟の時代と言われた縄文文化の認識を塗り替えられた。
    交易も盛んに行われていたし植物も管理され栽培されている、建造物にいたっては巨大は木を使って大きな建物を作っている。
    必要な食物を狩猟によって賄っていた、そう教えられた時代なのにね、三内丸山遺跡を見たら全然違うじゃないの!

    あれ?また話が変なほうにそれてる~(爆)
    昨日お昼休みに長女からメ-ル、「こねこ来た」( ̄△ ̄;)エッ・・?、出した返事は「何匹?」
    しばらくしてから電話がかかってきて事情説明だ。
    道路わきの植え込みの中に鳴き声がするので見に行ったら、親猫(?)が逃げて子猫が1匹だけいたそうな。
    保護した人は下請けの運送会社の専務さん、この人は昨年現場倉庫の天井裏から落ちてきた子猫を一緒に保護してくれた人で、家に猫が数匹いる猫好きな人らしい。

    今どうしているか聞いたら膝の上で寝てる・・・え?仕事中違うんか~?
    長女は職場でも猫好きを知られているらしく、子猫を保護しても当然のごとくその日は仕事をしながら面倒をみていたらしい(笑)
    キジトラの男の子で乳歯がはえてきているので1ヶ月過ぎくらいかな?
    抱いても威嚇をしないしじっとしていると言っていた、ひょっとして捨てられた子なのかも?
    親猫と思った猫は子猫の鳴き声で見に来ただけなのかな?

    今日その子猫を見てきたが、とにかく人恋しくてケ-ジの中で鳴いている、人の姿が見えると飛んでくるので人馴れしてるし・・・どうも捨てられた子のようだな。
    猫缶も食べれるので育てやすそう、しかし少し涙目になっているので風邪気味なのかも?
    もう少し様子を見て元気になったら里親募集だ・・・ついに来ました子猫が~!__(_ _;) ウゥ

    管理者にだけ表示を許可する