食欲魔人たち

    雨が上がってお日様が出れば暑くなる・・・って当たり前だけど(笑)
    ムシムシとした湿気の多い夜で、外に出ても風が無くてちょっと閉口した。
    涼しさに慣れてしまったので、蒸し暑いのが堪えますわ。

    元気になってきたシロマメ、今日はおごじょと一緒に走って迎えに出てきた、あらまぁ~♪
    首の無いずんぐりむっくりの体型のシロマメなので、走っているのか転がっているのか・・・(爆)
    でも元気よく走ってくる姿を見れるのは嬉しい、今までのようにじっと寝転んだまま待っているよりもね。
    先に猫缶を貰っているのに、早よくれ~!と鳴いている。
    ワッシワッシと呑み込むように食べるシロマメ、またその姿が見れるとは思わなかったので、豪快な食べっぷりにしばし見とれました~(^▽^)

    モカの母ちゃんは車の下で待っていたが、駐輪場にいる八われの子も一緒にいる。
    駐輪所に来さそうとして呼んでも来ない、モカの母ちゃんにミニ缶をやっているのを知っているので、ご相伴に預かろうとしてるのよね・・・
    仕方がないので流動食だけを置いて、他の餌場に置きに行きまた見に行くと、モカの母ちゃんがいなくて八われの子だけが頑張ってる!
    他に餌場を作るとどうしても他の子がやってくる、モカの母ちゃんまた移動かな・・・

    そこはそのままにして、次女の家にパソコンを使いに行った。
    その時に駐輪場の横を通るとモカの母ちゃんがいる・・・しかも困ったことに大声で鳴いてくれるもんね・・・
    道を通っている人が何事だ?と言う顔をして見てた、だから鳴かれると困るんだよ~!
    自転車と並んで駐輪場の中を走ってついて来る、まだ猫缶貰ってないもん!と文句言ってるんですわ(爆)

    次女の家に行くのには交差点をいったん渡り、もう一度渡らないといけない。
    着いてこられると危ないので、隠れるようにして渡ったのだが・・・駐輪所のハズレまで追いかけて来たモカの母ちゃん、私が行った先を知っているので大声でまだ鳴いてましたわ。
    次女のマンションの横を通るし、時々マンションの駐輪場で貰うので行く先を知ってるのだ、賢い!

    そこなら他の子も来ないので、呼んだらぶっ飛んできました~(爆)
    来てすぐにさっさと非常階段の下に入ってる・・・わっはっはっは♪
    非常階段の側にフェンスで囲っている駐輪場が有るのだが、いつも次女に貰っている場所だって事を知ってるみたい。
    駐輪所の中ではないけど、非常階段の下は死角になるのでそこに置いてやったが・・・
    モカの母ちゃんただ今食い意地のカタマリになってます(^m^)ムフフ
    そうだよ、薬が効いているうちにしっかり食べて体力をつけておくれ、外で生きていくのには体が丈夫でないとダメ!、体力勝負だからね。

    初めて飲ませた薬なのでよく効いているのだろう。
    体が薬に慣れると効きが悪くなるかもしれないので、今のうちにしっかりと体力をつけさせ、あとは薬のコントロ-ルをしなくては。
    余り薬など飲むことの無い外の子、本当によく効きます。
    お陰で今のところはモカの母ちゃんの苦しむ声や、食事中に口が痛くて掻きまわるシロマメを見なくて済んでいる。

    このままいつまでも今のままでいてくれるといいんだけどな・・・でもいつの日にか薬の効きが悪くなり、同じことが繰り返されると思う・・・
    特にシロマメは12歳だから、いつどんなことが起きるか解らない。
    他に何もしてやることが出来ないので、せめて痛みだけでも取って穏やかな老後を送らせてやりたいのだ。
    外の子にすれば長生きな方のシロマメ、しかも姿を見ただけで他の子に逃げられるほどの最強のボスをしていたシロマメ。
    健康で巨体という強靭な肉体の持ち主だもの、ある意味自由奔放に生きてこれたんだよね・・・う~ん、その生き方がちょっと羨ましいかもしれんなぁ~(爆)

    管理者にだけ表示を許可する