空飛ぶにゃんこ

    本日はお休み、そう空飛ぶにゃんこの空輸の日なんですね。
    ビビリンなキジトラ君、キャリ-の中でウンギャウンギャと大騒ぎ、「どこへ連れて行くねん!!」でしょうかね?
    そのうちに口をあけてハァ-ハァ-言ってる、これってやばいんじゃないの?
    とにかくかなりの興奮状態なので、赤信号で止まるたびになだめてました。
    でもそのうちに少し落ち着いてくれたのでやれやれですが・・・

    空港に着いたらまずはお水を、そう思って容器にお水を入れてもらったんですが(なぜか容器が車にある・・・(^0^; アハハ…)、今度は「ここどこ??」でお水どころじゃありません。
    まあしかたないです、幸せになる前の試練と思って耐えてくださいな、と言っておきました~(笑)

    無事到着~♪

    無事搭乗手続きを終えたので報告の電話をhanatoqooさんにした。
    そう、今回の里親さんは「にゃんだふる★でぃず」のhanatoqooさんからのご紹介だったのだ。
    しかも空港に迎えに来てくださり、里親さんのお宅までお届けもしてくださった。
    かなりの距離の移動になるのに・・・本当にありがとうございます!

    ボクの新しいおうちだよ

    馴れるまでは逃げ回りますよと言ったら、里親さんはさっそく新しいケ-ジを用意してくださっていた。
    前日は楽しみでわくわくして短時間しか眠れなかったとか。
    老衰で先住猫さんが亡くなってから寂しくて仕方なかったそうだ。
    心の中に穴が開いたようだともおっしゃっていたそうで、よほど子猫が来るのが待ち遠しかったのでしょうね。
    それほど待ち焦がれてもらったおチビさん、これからのハッピ-ライフが目に見えるよう・・・とても嬉しいです!

    この子は始めて現れたときから大声でよく鳴く子で、歩道には出てくるけど人家の側から離れないでシルエットだけ見えていた子だ。
    誰かが近づくとすぐに逃げれるように、と歩道の真ん中には出て来ないのだ。
    だから何度行っても路地の奥に逃げ込んでしまう、そして姿が見えなくなるとまた出てきて座っている、それを繰り返していて中々保護できなかった。

    作戦を変えてなんとか私がいることにやっと慣らせたが、そのために保護するまでに10日を要した。
    その間いつも居る場所が道路のすぐ側だし、深夜なので車がかなりのスピ-ドで走っているから、もし飛び出したらどうしよう!と気が気でなかった。
    保護する前の日には、道路の向こう側の茂みから出てきてヒヤヒヤした。
    3ヶ月弱の月齢なので行動半径がすぐに広がる、早く保護しなきゃ!とさすがにあせりましたわ。

    でもまあなんとか保護できたのでやれやれです。
    しかも募集をする前に(というか、まだワクチンも打ってなかったのに)里親さんが決まったという、近来稀なる幸運な子。
    とにかく触ってほしくて仕方ないくらいの甘えん坊なので、怖いながらも人間の近くに居たかったのが良かったのかな?
    もっと活発で腕白なら多分すぐにいなくなってたと思う、甘えん坊なので人恋しくて仕方なかったんだろうね・・・
    しかし何が幸いするか解らない、ビビリンだったのがラッキ-の元だったなんてね(^O^)きゃはは

    不思議な事にチビちゃんも、ここが我が家と感じたのか、ケージの中でゴロンとお腹を見せたり、香箱を組んでましたよ。
    あの分では速攻でスリスリ猫でしょうね(笑)


    と、hanatoqooさんから嬉しいメ-ルが届きました。
    そうかもしれないですね、保護するのに日にちがかかったのに、里親さんが決まるのは速攻だった・・・
    それもきっと自分で行き先を決めてたからなんでしょうね。
    うちでは名無しの権兵衛さんだったけど、ただ今いくつかの名前の候補の中からどれにするか里親さんが検討中とか。
    さてさて、どんな名前をつけてもらえるか・・・楽しみにしております。

    hanatoqooさん今日は本当にありがとうございました。
    里親様、甘えん坊のビビリンさんですが、どうぞよろしくお願いいたします。

    管理者にだけ表示を許可する