春が来たのか?

    やっと雨も上がったので、久しぶりにシロマメたちの写真を写そうと思って外に出たら・・・
    山がもやで煙ってました、そして外はまるで春先のような感じに暖かいし?
    気配はまるでもうすぐそこに春が来てるような?、まさに初春ってか?(爆)
    いやそれは冗談だけど、なんかお正月だってのに気持ちの悪い気温、異常に暖かすぎるぞ?
    このままだと梅と桜が一緒に咲くかもしれん・・・(^O^)きゃはは

    シロマメもおごじょもハウスの中でお篭りだった。
    ポケットにミニ缶を入れて持ってきてたので、出てこないからミニ缶で釣った(笑)
    でも昼間会うことなどほとんど無いから、どちらも警戒して出てこないし~!
    夜しか会わないので昼間は別人に思うらしい、そりゃ~ないよぉ__(_ _;) ウゥ
    猫缶を置いてしばらくしてから見に行くと、やっと出てきて食べていた、やれやれ・・・

    痩せちゃったね・・・

    シロマメはかなり痩せて小さくなっているけど、まだ餌を食べる勢いは衰えていない。
    春になると13歳になるんだよ、もうちょっとだからね!

    2005.11.5のシロマメ

    この写真は2002年11月15日のだが、この頃にはもう口の中が痛くなっており舌が出ていた。

    去勢直後くらいのシロマメ

    そしてこの写真はそのもっと前(多分2001年くらい)、去勢をして間もないころのだと思う。
    ボス時代の名残の大きな体がまだ少し残っていた。
    その後徐々に痩せてきたが、それは多分加齢とボス時代のような運動量ではなくなったからだろうと思う。

    こうやって年老いていくのは仕方の無いことだ、外の子にしたら長生きした方だもんね。
    私に出来ることは、お腹いっぱい食べさせてやることと暖かい寝床を用意してやることだけ。
    あとは自分の生命力しかない、そして彼らの死の尊厳を尊重してやるだけ・・・

    昨日いなかったマメサブ、今夜は元気よく鳴いて走ってきた。
    そして帰りに寄るともういない、あいつはいつもどこへ遊びに行くんだ?
    どこか他に居心地のいい場所が出来たのだろう、マメサブを可愛がってくれる人が現れたのかな?
    それならそれでいい、あの子が幸せな気持ちになれるところが一番だもんね。
    でもユキちゃんが一人で寂しいから、時々は帰ってきてやるんだよ。

    とっても甘えん坊な八われ、キクママの子だ

    いつもいる八われの子は平気、どころか近寄ってきて写せないくらいだ。

    でも夜だからフラッシュをたくので目が光っちゃう、しかもフラッシュの加減で毛並みも写らんし・・・
    まあ昼間に写せないからしょうがないか、なので写せるだけマシかも?
    他の子はフラッシュの光で逃げて行き、近くには影も形もありません!(笑)
    猫にしたら、ミョ-な光る物を持ってきた変は人なんだろうからね。
    少し驚かせたので、本日は混ぜご飯の上に猫缶をサ-ビスしときました~(^0^* オッホホ

    管理者にだけ表示を許可する