迷子の捜索は難しいね

    新年早々からおめでたい結果になったチ-コちゃん、みなさんに喜んでいただいてとても嬉しいです♪
    本猫もやっとおうちに帰れて喜んでいることでしょう・・・が・・・ん?ん??
    「なに?何があったん?どうしたん?」とご当人は以前と変わらずのご様子のようで・・・お~い、誰が原因の大騒ぎだったか知ってる?(爆)

    まるで何事も無かったようなチ-コちゃん(爆)

    側にいるのは先住さんの「ぶっちょ」君、左耳が耳血腫の後遺症で折れているとかで、なんちゃってスコティのぶっちょちゃんでございます( ̄▽ ̄) ニヤ
    この子は生後3ヶ月くらいの時に、さまよっているのを娘さんが保護した子だそうで現在4歳、そしてぶっちょちゃんが来てから猫の可愛さに目覚めたそうだ。
    その後チ-コちゃんが迷い込んできて、余りの甘えん坊ぶりで可愛くて仕方なくなりなおさら猫にはまったとか。
    ふむふむ、順調に猫にはまって下さってありがとうございます(爆)
    いやほんとラッキ-な子達ですわ♪

    実際に一緒に生活するようになって初めて本当の良さが分かるものだから、やはり動物好きと言っても一緒に生活しているかしていないかで全然違うよね。
    たとえ猫とはいえども心がある、人間と同じ喜怒哀楽はなくても感情もある。
    それが分かるのは一緒に暮らしてみないと分からないものだ。
    現代人は人間関係が希薄になっているので、動物の優しさや可愛さが余計に嬉しく感じるのでは?
    それがペットブ-ムに繋がってるのかな?、でも間違えた飼い方をしている人が多いけど・・・

    見つかったらお礼のシ-ルも忘れずに!

    そしてこれがポスティングと張り紙をしていたチラシだそうだ。
    600枚もの数のポスティングをしたけど情報は1件も無かったとか、猫は小さいし怖くて隠れてしまうので見つかりにくいね。
    でも情報は無くても、見つかったかと心配して電話をくれた人があるそうだが、不安なときはそんな気持ちが嬉しいよね。
    そんな人が一人でも増えたら、迷子になっている子も見つかりやすくなるだろうに・・・
    多分見かけたとしても余程の猫好きでない限り、「あら散歩してるわ」くらいにしか思わないだろう。
    もし日中に普通に歩いているのを見かけたら・・・う~ん、保護するべきかどうか迷ったと思う。
    お散歩中だと保護したら本当の迷い猫になっちゃうもん、出入り自由猫かもしれないのにね。
    夜中にあんな所にいるから不自然だと思って保護したけど、他の場所で日中ならちょっと考えてしまうと思う。

    しかし保護された場所に来るまでは自力だけでは来てないはず、子猫が一人で来れる距離ではないもの。
    車の通行量の多いところを渡る危険性、餌が無ければ餓死をした危険性、人懐っこいので虐待や迫害される危険性。
    総合的に考えてみると、きっと誰かの手で移動したことが有るはず。
    でも飼えないから放す、これの繰り返しであの場所まで来たのかな?
    そんなことを考えていくと、チ-コちゃんはやっぱりとてもラッキ-な子だわ。
    新年早々ラッキ-ボ-イに出会えたので、今年はきっと良いことがたくさん有るぞ~、などと今から楽しみにしております。
    何事も都合よく良いほうに考えれる性格ですなぁ、私って(爆)

    モカの母ちゃんは食欲旺盛、100均で買ったプラスティックのお弁当箱にいっぱいのご飯、足りません!
    どんだけ食べるんや?と心配になるけど、元が大食いの子なのでこんなものかなと。
    しかしそれでも太らん、ある意味羨ましい体質ですわ(笑)
    しっかり食べているのでふっくらしてきたし、自分も体力に自信がついたのか、以前のような落ち着きの無さはなくなった。
    人間も猫も体力があるって大事だね、何事にもゆったりと構えられるようになるもん。
    モカの母ちゃんを見ていてしみじみと思ったことでした~(*^m^*) ムフッ 

    管理者にだけ表示を許可する