スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    土砂降りだ~!

    日中の気温はあいもかわらず26℃、夏日が続いていますが?
    しかも夜になってから雨が降ってるし!
    餌やりに行く前に激しく降り出した・・・今日の餌やりは欠席が多そう・・・
    一日一回のご飯なのにと恨めしい雨ですなぁ・・・

    餌やりにでたら少し小雨になった、そしてしばらくすると降ったり止んだりになった、おっ!
    雨が小降りになってもギズオはもちろん来ていない、来たら食べるかと屋根のところに置いてやったが、あの子のことだから気がつかんだろうな・・・
    ベンチの下にミミの分も置いたので、来ればどちらかで食べるだろうと。
    それから駅前に行けばモカの母ちゃんも来ていた、雨が降ればでてこないくせに、秋になると食欲の方が雨に勝つらしい(笑)

    駅前の子達にやっておいて、車で行ってたのでギズオの所へとんぼ返りだ。
    やっぱりね、ベンチの下のミミの分を食べてましたわ。
    ということは?、屋根の下に置いてる分には気づかず・・・ギズオ~ってば!
    雨の中を頑張って出てきたので(食べてたときは雨は止んでたけど(笑))、今夜も金缶の大サービスだ。
    ん?こんなにギズオに甘くていいのか?・・・私(爆)

    年寄りが多いので、その子達には出来るだけ柔らかい猫缶をやっている。
    猫缶だけでは栄養が偏るから、混ぜご飯の中にミニ缶を混ぜてやってるのだけどね。
    シロマメ・おごじょ・キママは別メニュ-で、他の子には混ぜご飯に白身と赤身を半分ずつ混ぜ込んでやっているのだ。
    駅前の子やボブテル君には、混ぜご飯の上にレトルトを置いてやっている。

    混ぜご飯をビニ-ルの袋に入れて、それを宅配前にあちこちで座り込んで容器に移し替え、その中に猫缶を混ぜ込んでやっていたのだが、その手間隙で結構な時間がかかっていた。
    時間短縮の方法は何かないか?と考えたのが、お弁当にすれば家で猫缶を混ぜておけばいいので、蓋を開けるだけで配膳できるから楽では?と思ったわけでして・・・(笑)
    蓋を開けたときにはスプーンでもう一度ほぐしてやる、そして四角い容器なので角が食べにくいので、真ん中に寄せて盛り上げてやるのだ。
    密閉容器を手に持ちスプーンでほぐしながら歩いていたら、何してんだ?とすれ違う人が変な顔をしてますが?
    お弁当箱にしても、動きがやっぱり怪しい人に見えるらしい・・・(爆)

    兄ちゃんたち怖いよ~

    兄ちゃんたちが遊びだすと、出窓に避難しているいよかんです。
    「たまらんなぁ・・・」とでも思ってるのかな?(笑)
    体が小さいので混じると跳ね飛ばされる、小さないよかんには兄ちゃんたちと遊ぶのは無理かもしれませぬなぁ(*´▽`*) プッ

    外見だけは大人っぽくなったオレンジ(笑)

    少し顔立ちが大人っぽくなってきたオレンジ。
    でも中身はまだまだガキ、「ごは~んおくれ~」「遊んでよ」「抱っこして~」
    いつもくっついて回る甘えん坊さんです♪

    オレンジとネーブルのウンチが、ゆずやパインと変わらなくなった。
    トイレ掃除をしていても見分けがつかなくなっている、やっと普通のらしい便になったね。
    原因はフードの関係だったんだろうけど、なんであんなに臭かったんだろう?
    改善されだすとあっという間によくなったが、やっぱり子猫はフードの影響を受けるのが大きいね。
    もうこれで安定したから大丈夫でしょう、多分ね。


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。