ゴマ不調

    寒さもちょっと和らいだかな?、でも風は冷たいけど。
    それでも太陽が出ている日中は暖かく感じるが、これから冬至を過ぎると太陽の位置が低くなるので、日中でも寒くなっちゃうね。
    餌やりのときは風も止み、比較的暖かく感じられてのでよかったよ~
    冬の風は体感温度をより寒くする、外の子達のために風は吹かないでやってほしいな・・・

    年が明ければ老母を引き取るつもりなので、いらない物を処分したり押入れを片付けたりしている。
    心筋梗塞の手術後に飲んでいる心臓の薬の副作用で、眼球の中の血管が破れ目が見えなくなってしまった。
    本当は一人暮らしをしてくれてる方が嬉しいんだけどね、目が見えなくなってきたら引き取らないと仕方ないさね・・・

    ごそごそしていたら長女から電話で「植え替えをするから手伝って~」、あれ?そういえばそんなことを言ってたっけ?
    まあ休みのうちに少し片付ければいいかとそのままにして、まずは植木の剪定や植え替えの手伝いに行った。
    巨大化しているカサブランカの花の茎は、まるで木の様になってました~(爆)
    昨年と今年は球根を掘り上げなかった、増えてもね・・・

    うちから持って行った南天も棕櫚竹もカポックも巨大化してる、地植えにするとあっという間に大きくなるね。
    婿殿に「この枝切って」「この茎を切ってもう少し風通しをよくしなきゃ」
    そして秋にはこれでもか!というほど群がって咲いた彼岸花、キレイに球根を分けてやったので来年は一列に並んでくれるでしょう(笑)
    などなど、最近バラに凝っている長女はバラ専なので、他のことは任されましたさ・・・ほんまは任せていらんけど(爆)

    ゴマはサビ猫です

    やっと植え替えも片付いて、ご飯でも食べに行こうと用意をしていたら、今度は次女から電話があった。
    出かけていて帰ってきたらゴマの様子がおかしい、足がしっかり立たなくてヨロヨロしているとか・・・
    ゴマは心臓が悪くなっていて薬を飲んでいる、また調子が悪いようなので病院へ連れて行きたいのだけど、横で鳴いて暴れるのでキャリーを持っていてほしいということだ。
    ご飯は・・・朝からコーヒーだけで食べてないのに・・・病院って・・・ (><。)。。

    結局長女も一緒に行ったが、ゴマ1匹に三人がぞろぞろと(笑)
    車の中でずっと鳴いて興奮したからか耳の中が赤い、そして心拍数も早かった。
    まあこれは外が怖いゴマなので仕方がないけどね。
    胸水が溜まっていたら大変とレントゲンを写したが、今のところは大丈夫なようだ。
    超音波で心臓を見たけど、猫の心臓は小さくて弁がはっきり出なくてよく分からない。
    血液検査も貧血は無し、クレアチニンが1.5と少し高いけどぎりぎりかな?
    7月で14歳になってるからね、あちこち悪い所が出てきても仕方がないか・・・

    ゴマは神経質で、ちょっとしたことでも神経がピリピリになる子だ。
    次女がいないときに何かで興奮し、軽い心臓発作を起こしたのかもしれない。
    検査結果がそんなに悪くなくても、心臓ならいつどんなことが起こるか分からないなぁ・・・
    年齢的にも持病が出ても仕方がない年齢だし、ゴマの性格からいうと心臓病なのはちょっと不安。
    脱水は起こしていないが、今日のところは体が楽になるように皮下輸液をしてもらった。
    これでしばらくは落ち着いてくれたらいいんだけど・・・

    走り回ってます

    こちらは若さ爆発中のグリコ(笑)
    走るスピードも早くなって捕まらない、もちろん逃げ足ですが(*´▽`*) プッ

    ごんたくそ健在(笑)

    黒猫ってフラッシュをたいて写すと光が反射して、なんか変な毛色に写っちゃうね。
    写真を写すのは難しいです・・・なにせ迷カメラマンですから(爆)


    管理者にだけ表示を許可する