しばらく寒いらしい

    天気予報で寒さが2月まで続くと言っていたが、まだそれほど寒いとは思わないけど?
    今が一年で一番寒いときなのに、寒中という気がしない。
    寒の水は美味しいと言われたのも今は昔、それほど冷たくはないような気がする。
    もっとも水道水を直接飲めないので、寒の水も味わえませんが(笑)

    時代とともに変わっていく生活内容、現代の子に寒の水の美味しさ云々を言うこと自体、もうナンセンスなのかもしれないね。
    自然に湧き出る水を飲んでこその寒の水の美味しさ、もう夢か幻になっていきつつある。
    宅地開発で山を削るので、深い山を通って流れてくる湧き水が少なくなった。
    近くにある名水と言われた湧き水も、今では何か沈殿物が混じっている。
    まあ今の子はお水は買うものと思ってるでしょうしね・・・
    自然回帰が叫ばれて長いが、益々自然から遠ざかっていってるのでは?

    八われ君がニャーニャー鳴きながらやってくる、こら~静かにしろってば!
    通る人が見てるだろ?、そこにいつもいることが分かったら、物を投げられるよ?
    なんであの子はあんなに五月蝿いんだろう?
    外で生きていくのなら、鳴いていたらそこにいることが分かってしまうじゃなのさ。
    気の荒い子が来たら追いかけられるし、猫嫌いの人に苛められちゃう・・・

    ミミが来ていたらバッティングすると思って、公園では餌をやらずずに雫の母ちゃんの所へいく通路の入り口でやった。
    呼んでもミミが出てこないのでいないと思っていたら、ミニ缶をやりにギズオの所へ行くと、どこかから猫の鳴き声が聞こえる。
    あ~あ、やっぱりミミが来ていた、八われ君がいたので茂みに隠れていたらしい。
    こうなるからじっとしていて欲しいのに、八われ君は落ち着きなくウロウロと動き回るんだよね・・・
    大声で鳴きながらウロウロ、もう最悪な子ですわ!(_ _ ;;

    帰りも容器を引き上げに行くとまだいて、「来た!」とばかりに美声を張り上げてくれるし~
    焼きささみをやってから急いでギズオの所へいくと、姿が見えると道路を渡ってきた。
    そして急いで焼きささみを食べた八われ君がやってくる・・・もっとゆっくり食べてくれ!
    鳴きながらやってくるのでギズオが驚いていたが、道路の側なのでギズオが怖がって道路に飛び出さないかとヒヤヒヤする。
    ビビリンなので人の側に来れない、でも元飼い猫なので人の側がいい。
    近づくと飛んで逃げて、遠ざかると追いかけてくる・・・ただ今問題児の八われ君・・・どないせえっちゅうねん!!(´ヘ`;)ハァ

    最初に行った時はユキちゃんが待っていて、帰りによるとマメサブが待っていた。
    おバカなマメサブはお腹がすいたら帰ってくるらしい(笑)
    こちらもウニャウニャと鳴きながら寄ってくるので、やはり通る人がじっと見ている。
    出来るだけ知らん顔をしてるが、マメサブは私目指して一直線・・・
    鳴いて歓迎いしてくれるのは嬉しいけど、人目につくのでやめて欲しいんですが?
    人目につかないようにと深夜に行く私の努力、だ~れも分かってくれまへん・・・。゜(T^T)゜。

    レトルトの袋を開けるピリという音、猫缶を開けるパカンという音。
    最近ではとみに耳ざとくなったあんこが、おくれ~と走ってくる。
    薬の関係もあるが、それにしてもよく食べるなぁ・・・
    気が弱いので横から食べに来ると、食べるのを止め逃げて行ってるけど?
    その気の弱さがストレスの元なんだよ!、もっと頑張って取り返しておくれよ・・・

    なっちゃんを見てるのかな?

    その点ネーブルはいやしんぼうじゃない。
    かえって好き嫌いがあって、猫缶も嫌いなのは食べようともしない。
    もっともそんな子の方が、決まったのをやればいいので楽だけどね(笑)
    どちらかというとカリカリの方が好きなよう、楽といえば楽なんだけど、水分が不足する恐れがあるのでこれも良し悪し。
    まあよくお水を飲んでいるので、多分大丈夫でしょう。
    オス猫は尿管結石になりやすいので、特に冬場は飲む量が気になりますなぁ・・・


    管理者にだけ表示を許可する