日向ぼっこが気持ちのいい日でした♪

    毎日暖かい日が続くので嬉しいね~♪
    このまま春に・・・はならんでしょうが(笑)
    この暖かさで木々も芽吹いてくるかな?、季節の移り変わりに敏感な植物たち。
    春の花が彩りを添えるのももうすぐ、あと少しあと少し、春はもうすぐそこまで来てるよ~

    暖かいとベランダに出せとウルサイうちの子たち。
    久しぶりにベランダに出て、外の空気を吸っては雄たけびを上げております(笑)
    冬の間は、外に出てもグルッと一周したらそそくさと飛び込んできていたけど、暖かいとお日様に当たるのが気持ちがいいらしい。
    目を細めて日光浴をしたり、鼻をくんくんさせて春の匂いを嗅いだり。
    長い冬の室内生活をしたあとは、外に出ると開放感があって気持ちいいんだろうね。
    そしてベランダに置いている新聞トイレ、暖かくなるとご用を足すのも外の方が気持ちいいらしく、並んで順番待ちをしております。
    寒い間は使いもしなかったくせに・・・ゲンキンなもんですわ(爆)

    しかし新しいストーブの火力が強いので、暖かくなったお陰で家の中が熱い!
    今頃買う私が悪いんですけどね、でも今日が粗ゴミの日なので捨てるのにあわせて買ったわけでして・・・
    何かのきっかけがないと動かないという・・・かなりのズボラ人間なんです(笑)

    「マイク兄ちゃんはどこ行ったの?」と聞いても、「ウギャァ~」とかすれた声でしか返事できないスピカ。
    あれ?あんなにかわいい声をしてたのに?、なんでそんなダミ声になったの?
    いやほんと、なんかおっさんのような声になっているスピカ、今って声変わりの時期?(爆)
    駅前にもいないマイク、どこか新しい遊び場を見つけたのかな?
    なんて言ってないで早く去勢せねば!、だからお願いフェンスの外で食べてくれ~!

    もう暖かくなってきたのでシーズンは終了なのか?
    マメサブは今日も待っていた、今年の夜遊びはもう終わったのならいいけどね。
    ここのところ落ち着いているのは、今年の侵入猫が少なかったせいかもしれない。
    侵入猫が来たら帰りたくても帰れなくなる臆病者なので、昨年は出入りが激しく怖くて帰れなかったが、今年は誰も入って来ていないので安心しておれるのだろう。
    その点ではユキちゃんの方が度胸が据わっている、やはり自分のテリトリーを守る意識はメスのほうが強いのかな?
    マメサブ、ユキちゃんに喧嘩の仕方を教えてもらえヾ(@^▽^@)ノわはは

    駅前に行くと道路の真ん中に猫が座っていた。
    茶ブチの時々やってくるオス猫だが、微妙に人馴れしているのでそんなことを平気でするのだ。
    モカの母ちゃんの所へ餌を持ってくることを知っているから、道路の真ん中に座って様子を見ているらしい。
    車が来たらどうするんだよ!

    自転車で目の前で急ブレーキをかけて脅したが、「ん?」という顔をしてよっこらしょと立ち上がり、道路の端まで行っただけ・・・お~い!
    このままではまた道路の真ん中に座る、だから慌ててモカの母ちゃんにだけ餌をやり、先に駐輪場へ行った。
    通路を自転車で走る横を小走りについてきたが、そんなときだけ走るなよな。
    この子も去勢をしたいのに、ほんの時たまにしか来ないので捕まえれない。
    自転車で行くときは捕獲できないんだよ!、お願いだから毎日来て・・・
    餌場の定着をしてくれないので捕まえれない、ほんまにどいつもこいつも!\(`0´)/キイッッ

    ここで寝てますが、なにか?

    さくらはテーブルの端っこが寝床なのだが、猫ベッドの周りにホーローのブレッドケースやティッシュを置いてやっている。
    物を置くと少し高さが出来るので、寝転ぶと周りが見えないから安心するらしく、この場所がお気に入りでいつもさくらはそこにいる。

    この場所でしか熟睡できないさくら

    たまにウロウロしている時は、誰か他の子が寝ていて行けなくて困っている時だ。
    プーさんだったりミーだったりトムだったり、仕方が無いので「ちょっとどいてやってね」と下ろしてやる。
    するとそそくさとさくらが行く・・・指定席でないと安心できないさくら、猫嫌いの子がいると手がかかりほんと大変ですわ・・・

    あ、誰か来たからちょっと可愛く鳴いてみよう

    甘夏が中々馴れないので、今はケージから出さないようにしている。
    隣にキクママのケージがあるので、キクママのところへ行くと最上段にいる甘夏が「ニャァ~ン」と甘えた声で鳴く。

    ち、ちょっと~あんまり近づかないでよ!

    「なっちゃん」と顔を近づけるとシャーッ!、遠のくとニャ~ン・・・いったいどっちやねん(爆)
    でも少しは進歩してきていて、カリカリを足してやったり猫缶をやると、私が見ていてもベッドから出てきて食べるようになった。
    月齢が増すごとに少しずつ知恵がつき、人間は怖くないを学習できてきてるのかな?
    まだ若いから時間は十分ある、急がず慌てずで甘夏が納得するまでゆっくりと付き合いましょうかね・・・




    管理者にだけ表示を許可する