餌やりのときだけ雨なんて・・・ヒドイ!

    朝はひんやりしていたが午後からは暖かく、帰宅時に10℃ほどあったのでかなり気温が上がってきたかな?
    これからは朝夕の気温差があるからね、こうやって段々と春らしくなるのかな?

    10時半頃から雨が降り出した、また今日の餌やりは雨かい!
    出て行ったときは小降りだったのに、なんで私が外に出たら降りだすかなぁ・・・
    仕方が無いので配る順番を替え車で行ったが、こんな日は雨に濡れるギズオが気になるので先だ。
    やっぱり来てないよなぁと思って待っていると、駐車場の車の下から走ってきた、来てたんだ~
    ベンチの下なら少しくらいは雨が凌げると思って置いたのに、いつもの所へ走って行ってしまった・・・こら~!

    ビーム発射中のギズオ(爆)

    雨に濡れてもそこが一番安心するのならしょうがないね、さすがにビビリンギズオだ(爆)

    そして大きな声で鳴いてるおバカ。
    家路を急いでいた若い男性が、立ち止まってフェンスの中を覗いている。
    だから鳴くなって言ってるのに!
    でも猫好きな人だったのかな?、一生懸命背伸びしてフェンスの中を覗き込んでいた(笑)
    後ろから「これ待ってるのよ」と言ってお弁当箱を見せると、びっくりしたような顔をしてたけど黙って行っちまった~(^w^) ぶぶぶ・・・

    スピカもいたので食べさせてから、またギズオの所へ行ったが・・・いない?
    呼ぶとどこかからか出てきたけど、ちゃんと雨宿りをしていたようでほっとした。
    外で生きている子はやはり逞しい、濡れない所を知ってるんだね。
    ミミが来ていなかったので、いつもミミのために置いてやっているベンチの下でミニ缶をやったが、ちょうどギズオの所へ行ったときが一番雨脚が強かった。
    今年の冬はよく雨が降るから、ギズオが一番被害に遭ってるんじゃないかな?
    雨に濡れない所もあるのに、そこへ行こうとしないこだわり派のギズオっちです(爆)

    今日は順番を替えていたので、ギズオにやってからキママの所へ行った。
    キママの所は雨に濡れないからいつでもいいし、キママは動かないので順番を変えても大丈夫なのだ。
    そしてまたもやマイクたちの容器を引き上げに・・・行ったり来たりと雨降りの日は余分な動きが多くて困りますわ。
    しかしマイクたちがいない、あれ?珍しいこともあるもんだ。
    雨が降っているので食べたら早々に引き上げたらしいが、あの子達はいつもはどこにいるんだろう?
    人家まで距離があるのにね、ひょっとして雫の母ちゃんがいた会社の方へ行ったのか?゛(・・ ンッ?
    広い範囲を動き回る子は、居場所を確認するのが難しいですわ。

    急いで駅前へ行ったら、雨が降るのにモカの母ちゃんが出てきていた。
    さては今日は雨が降る前からいたな、時々早い時間に通ると車の下にいたりするので、少し暖かくなったから早めに来てるのかも知れないね。
    でもすぐ側に通行量の多い車道がある、それだけが心配なんだけど・・・

    駅前で餌やりをして、さあ帰ろうと思う頃に雨が止んだ( ̄o ̄) え?
    空を見上げるとぼんやりとお星様が見えている。
    あんなに雨降ってたやん!、あの雨なんやったんや~?
    なんか騙されたような・・・だれじゃ騙した奴は(爆)
    しかし私はやっぱり雨女なのね、餌やりの間だけ雨が降って、帰るときには止むなんて!
    あんまりや~、と星空に向かって文句をいいましたさヾ(@^▽^@)ノわはは

    いかなごのシーズン到来。
    午前中仕事で出て行ってたので、帰りに大丸にいかなごがあるか見に行った。
    いつも11時過ぎくらいに店頭に出るけど・・・あった~♪
    今年のいかなごも高いと聞いていたけど、思ったほどでもないのでやれやれですわ。

    震災後「いかなごのくぎ煮」は全国区になったため、業者が買い占めるし毎年炊く人が増えているしで益々需要が増えている。
    そのお陰で乱獲が祟り年々漁獲量が減っている。
    その上に異常気象のせいで、産卵時期が暖かくて水温が高く稚魚が死ぬのだそうだ。
    元は寒い地方の魚なので、産卵と稚魚が育つのには水温が低い方がいいらしい。
    しかし最近の異常気象の高温のせいで水温が高く、毎年のように稚魚の生育数が減っているとか。
    そのうちに「昔瀬戸内ではいかなごって魚がいたらしいよ」と言われるようになるのかもしれない。

    日本はなんでも獲り過ぎるそうだ、底引き網など根こそぎ獲るんだもんね。
    魚だけに限らず熱帯地方の樹木しかり、はげ山だらけにするのが日本らしい・・・
    熱帯地方の水災害が大きくなってきたのも、樹木の伐採が原因とか。
    資源は限りあるもの、だから将来のためを考ないと!

    明石海峡の衝突事故で沈没した船から油が流れて、いかなごの漁場を汚染しつつあるようだ。
    海苔網にも油が付着したらしいしで、このまま広がるといかなご漁はどうなるんだろう?
    一番の漁場の鹿の瀬近辺にも油が流れてる、シーズン真っ盛りなのになぁ・・・大丈夫なのかな?



    管理者にだけ表示を許可する